虚とは一体どういう存在なのか、今週の銀魂感想

ヤバいかも。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
火曜でした。


今日はそうだな。
診察日なので、仕事は午前で早退しました。
今日早退しても、80時間は働ける見込みがあるからねー。

今月は結構疲れてしまったので、
まぁたまには早退も良いかなと。 
ま、ぶっちゃけるとアニメを見るための、
下準備みたいなものですけど。 
 


診察もあったりで、結構しんどいんですよね。
病院の方では・・・  ちょっとイヤな事が判明。
デイケアと診察で、同じ病院の別院を使ってるんですが。
グループワークの料金はデイケアの方の病院で払わないといけないようで。
今月参加したグループワークの代金、不払いだった可能性がある。


次に病院行く時は、デイケアの病院に行って払ってないものがあるか
確認をしないといけない・・・  なんて面倒な。  
こっちの都合なので、仕方ないんだけどね。 クッソ面倒だな。 


さて、ここからは銀魂感想のコーナー。
ネタバレ注意っす。


銀魂4  第12話(328話) 「希望」


烙陽にて。
虚とは何か、吉田松陽とは一体何だったのか、朧から語られる。
遥か昔から生きていた虚は、不老不死であった。
彼に名など無かったかもしれない。 唯一呼ばれた呼び名は「鬼」。
何度殺されてもその度に蘇り、人々に恐れられ牢獄に幽閉されていた。

無数の死と無数の生を繰り返しても、虚は消える事が出来なかった。
故に、虚は終わる事の無い苦しみを越えるために無数の自分を生んだ。
何故幽閉されていたのか知る者がいなくなり、檻が朽ちた頃、虚は外に出た。
虚の中の無数の人格は、殺戮を繰り返した。

虚は朝廷に捕らえられたが、処刑される事は無く。
暗殺組織「天照院奈落」が作られ、虚はそこで500年の間、首領をやり続けた。
虚の中にはいくつもの人格が生まれていた。
ならば、虚を止めるための人格が生まれるのは必定。
虚に抗ったただ一人の虚、それこそが「吉田松陽」である。
松陽は、無数の虚の衝動を抑え込み、変わろうと抗った。
虚は永劫の苦しみを終わらせるために、全てを殺そうとしていた。

そして、虚は天導衆に取り入る事となった。
不老不死の身体を調べる事と引き換えに、権力を手に入れたのだ。
天導衆は虚を仲間に加えたが、権利までは渡さなかった。
天導衆の特権は、アルタナを自在に操る力である。
各々の星にある「龍穴」と呼ばれるアルタナの噴出口を制御する門は、
天導衆でしか使用と停止は出来ない。
天導衆が持っているのは「鍵」と呼ばれる掌の刻印である。
「鍵」は天導衆の総意が無いと手に入らない。 引きはがしたら死ぬ。
そして所有者が死んだら「鍵」も消滅する。
虚が「鍵」を手にする事は出来ないはずだった・・・

ある惑星でのアルタナが暴走し、惑星が半壊状態になる事故が発生した。
アルタナを操る事は天導衆以外には出来ない。
虚は自らの不死の血を天導衆に与え、死なないから切り落としても
効力が失われない「鍵」を拾っただけと主張。
虚の不老不死に釣られ、何人もの天導衆が裏切っていた。
が、不死の血は不死の身体でないと安定しない。
裏切りの天導衆は、身体が朽ちるまで苦しむ道しかなくなっていた。

いくつもの惑星が壊れ、生き残った者は天導衆を恨むだろう。
天導衆には門を任せておけないと思うだろう。
宇宙の星々は、地球に向かって、地球を滅ぼしに来るだろう。
地球のアルタナで生きている虚が死ぬ方法。
それは、地球そのものを終わらせる事。
宇宙規模の軍隊が地球一つを襲う戦争が始まる。

松陽は、自らに抗っている間に、松下村塾を作った。
大きな影に抗う希望を世に残すためだった。
希望はまだ残っている。 虚を止めろ。
侍達の最後の戦いが始まろうとしていた・・・



って感じ。
烙陽決戦篇ラスト。
12話で終わったなー。 テンポが良かった。
ほとんど原作に追いついてしまったけど・・・
66巻収録で、今回は3話分でした。

原作3話分だけど、虚に関する情報が膨大でな。
情報量クッソ多いwww
大体こんな感じです。  まとめが長くなった。

ま、簡単に言えば、
・虚は永劫の苦しみに耐えきれずに自分の中に複数の人格を作った
・虚を止めようとした人格が吉田松陽
・不老不死という名目で天導衆を釣り、色々な惑星を壊して地球を恨ませた
・宇宙規模の戦争が始まる

って所です。 

銀さん達地球人とその仲間は、虚と宇宙軍どっちも止めないといけない
っていう絶望的な戦いになりました。
スターウォーズが始まります。  

ここまで最終決戦の規模がでかくなるとは・・・  
原作が今最終章の真っ最中なのでね・・・
実写映画が7月に開始するので、それまでは終わらせてくれないんだろうな。


来週から、「過去回想篇」として、
再放送をやるみたいです。  
とりあえず、感想記事をすでに書いてるものは書かない。
で、まだ感想記事書いてない話に関しては書こうと思います。

300話くらいやってる中で、約170本くらいしか書いてないですからね。







では。 アディオー!

世界は一度リセットされた、今週のジャンプ感想

新しい一週間が始まった。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
月曜でした。


今日はそうだな。
だるいなーって感じでした。
いつも通りでしたね。  
雪が積もりましたが、また溶けてました。  
このまま4月に入る頃には路面からは雪がなくなって欲しい。


今月は、明日の診察とかそれくらいしか出費はする気無し。
ある程度お金を残しておいて、4月はそこそこ金を使いそう。 


さて、ここからはジャンプ感想のコーナー。
ネタバレ注意っす。


週刊少年ジャンプ 17号



ブラクロ

街のお祭りに参加するアスタ&ノエル&海の知り合い。
迷子の少女を見つけた。 
アスタさんは曲芸で、仲間の力を借りて迷子の母親を見つける。
ノエルは王族だが、庶民を見下さない。 そこがノエルの魅力だろう。
そして、茨使いの女性団長も現れた。


って感じ。
流石パスタさんだ。
パスタさんいい奴だよな。 
こういう話も面白い。



ストーン

最強の武力を持つ高校生が復活。
司は良い奴だったが、全ての人間を復活させる必要は無いという考えだった。
ストーンワールドで生き残りが取る道とは。


って感じかな。
良い奴なんだけど、ちょっと怖いかな。
でもまぁ・・・ 司の言いたい事は分かるな。
人類が滅びたんなら、滅びていたでいいんじゃないだろうか。
ノアの方舟みたいな事が起きたんじゃないかな・・・

病気=ゲームオーバーなこの世界では、
石鹸こそが、ドクターストーン。
ってのはなかなか面白い表現だったなと。



鬼滅

汽車では、乗客が鬼に幻惑されていた。
各々、幸せな夢を見る・・・
炎柱は、父親との確執のようなものがあったらしい。
鬼の術中にハマったままとなるのか?


って感じかな。
善逸と伊之助は楽しそうだなwww
炭治郎は、失ってしまった環境だからなぁ・・・
家族を失ってしまった所は覚えてるし。
こういう幸せな夢は壊せないから恐ろしいんだ。



留学記

ポロの所に、天使の少女がやってきた。
神の妹で、見た目は麗しい少女だったが・・・
実際の所はポロが大好きで、結婚出来ないなら殺してしまおう・・・
とする病んでる少女だった。 


って感じ。
まともな女キャラいねぇ・・・
許嫁の方は性に忠実過ぎるしなぁ。
愛に目覚めてる方が強いか。
強みも無いから、人気取れる感じしねぇ。 



ゆらぎ

年末。 
ゆらぎ荘の面々は里帰り。
コガラシくんと幽奈さん、女将さんが残った。
一年を振り返り、初詣に行ったり。


寝てる間に揉みまくる所に笑ったwww
ポルターガイストされるのは仕方ない。
いや、でも結構良い話ですぞ。 
幽奈さんの話をやると、なんか終わりが見えてきそうで怖いけど。



サモナー

サーモンは子供時代にネビロスを召喚。
アンリを倒すために、戦い方を教わる事に。
ライバルとして、父親のような存在としてサーモンに接していたが・・・
サーモンは、アンリを倒すために力を付けていった。
サーモンとネビロスはずっとライバル関係を続けている。


って感じか。
因縁浅からぬ関係・・・
ってやつだよな・・・
掲載順ヤバいけど。  約束の事は忘れたので言及しない。



ナンバーワン

ナンバー7が転校してきた。
調理実習をやる事になった。
北斗と組むのはナンバーズばかり。
アンヌは食物を蓄える性質があった。
美味しそうに食べる女の子は人気が出た。
難波の屁によって学校が炎上するが、
色々あってなんとかなった。


掲載順やべー!
面白いんだが・・・
なんとか打ち切りは回避して欲しい。
残念だが、新連載をいくつか生贄にするしか無いな・・・
せめて太臓くらいは続いて欲しい。

アンヌが食べるの大好きなギャグキャラになってしまったw
マッポもナンバーズもアホしかいないのかwww
イケメンが今回もイケメンで、これはもうイケメンだわって感じ。



今週全体

ネバーランド。
プラントを放火するという事で、逃げる名目で脱走か。
これでレイまで退場してしまう・・・
ノーマンとレイがいなくなって、話をどうするのか。


火ノ丸。
20秒の戦い。 
桐仁の猛攻もかわされ、取り直し。
蛍と同じ流れだな・・・ 
一度なら限界突破出来るかもしれんな。


U19。
ゴリラ教師を殴った主人公。
教師を変態扱いにして学校から追放か・・・
なんだろう・・・ やり方が稚拙で笑った。
このままクソ漫画として打ち切りまで頑張ってくれ。









では。 アディオー!