祖母の告別式編、お経ロックを感じた

イエアー! 帰ってきたぞ!  (挨拶)


はい。 こんにちは。
木曜でした。
昨日の記事は携帯から書きました。


今日はそうだな。
まぁ、0時くらいに眠ったと思うんですが。
3時くらい、5時くらいに2度目覚めました。
どんな夢を見ていたかは忘れた。


流石に夢に祖母は出てこなかったなぁ。
いつか出るかもしれない。  


朝早くて、7時前に起きました。 
朝飯を食って、告別式。
昨日の坊さんは声に威厳が無くて残念だったけど、
今日担当の坊さんは声が渋くて良かったです。
これぞ読経って感じがした。


火葬場に行ったんですけど、火葬場が埋まってまして。
控室は多くあったので、しばらく待機させられました。
虚無時間がツラかったですね。  帰る時間が延びるわけですし。
朝早かったから眠くて、30分くらいは寝ちゃった気がします。



まぁ・・・ 火葬後がね。  
葬式の中でも一番のショックポイントだと思う。 
故人が冷たくなっているのに、お別れをした後は骨で出てくるわけで。

もはや蘇生は無理だけど、骨だけになると本当に蘇生は無理だなと思ってしまう。

祖母の下半身の骨が結構残ってましたよ。
足の骨が硬くなる病気だったらしいので、
母の予想通り結構綺麗に残りましたね。
上半身はあまりなかったけど・・・  骨盤がしっかり残っていた。


残しておいても肉は腐るだけだから、
焼いて骨だけにしておいた方が色々良いのは分からなくもないけど。
心情的に、結構厳しいよね。  骨だけにになるのはやはりショック。

焼かれている時、意識は無いものだと信じたい。
自分が死んだ場合、本当にどうなるんだろうか。 
魂が抜けて、自分が焼かれている所とか見る事になるんだろうか。
死に直面すると、死んだらどうなるんだろうな・・・ 
という、どうしようもない命題が浮かんできてしまいますね。 
永眠しないと実感出来ないのがどうしようも無い。



繰り上げ法要とやらをやって終わりました。
読経が2倍速になった感じがして、
お経ロックとはこういうものなのか・・・ と感じました。
木魚を激しく叩いてビートを刻む坊さん・・・  ロックだった。
耳が痛くて仕方ねぇ・・・


で、16時半くらいに全て終了。 
17時半の電車に乗って、19時半に帰ってきました。
キツかった・・・  体を壊しているので、体が悲鳴を上げていた。 
主に首なんだけどね。  薬で押さえ込んでなんとかなりました。
薬が多分効いて良かった。



今日はここまでにしたいと思います。
昨日今日と、アニメを全く見られなくてツラいっすね。 
明日は仕事や・・・  
明日は予定を変更して、オーズ感想をやりたいと思います。

今日やろうと思ったけど、葬儀関係でいい感じにまとまった。





では。 アディオー!
 

祖母のお通夜編、非日常の鐘

もう起きないのか…  (挨拶) 

 

 

はい。   こんにちは。

本日は、母方の祖母の家に来ております。 

 

今日の朝刊のお悔やみ欄に祖母の名前があった。

結果はもう確定なんだなと。 

 

 

で、遠征。 

色々ありましたが、平和でした。 

便秘で苦しんでるのはあるけど。 

いつ出るか分からないのは怖い。

トイレにはいつでも入れるわけではないから。

 

 

永眠した祖母ですが、ほとんど眠った状態で。

何か起きて来そうな感じだったんだよな。 

 

 

お通夜終わりました。

眠くなってしまって地獄でした。

読経が眠くなるのかな。

丁度眠くなっただけかもしれない。 

 

 

今日はこんな所で。

明日は告別式です。

 

 

ああそうだ。 

法事でよく使う小さい鐘あるじゃないですか。 

あの鐘の音を聞くと非日常な感じがします。 

 

 

では。   アディオー!