魔法使いの未来は続く、あとエグゼイド感想

突然の吐き気!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。

今日というか昨日はですね。 
色々楽しみな事が出来て妄想とかしていたら、
突然の吐き気に襲われ、1時間眠れませんでした。  
思わず、吐き気止めを飲んだよね。  こういう不測の事態があるからなぁ。



少し眠るまでに時間がかかったので、
朝はちょっと地獄でした。  
なんとか起きる事には成功したけどね。  

しばらくアニメ見ながらツイッターで暴れて、
昼寝してました。

祖母の体調が良くないので、母が急遽帰省しました。
なので、今日明日はメシを買って食べます。


ニチアサ感想に入るか。
まずは、まほプリ。 今回で最終回。  

大学生になったみらいさんとリコだが、
十六夜の夜にもう交わる事は無いと思っていた二つの世界が交わる。
別の惑星で神のような事をやっていたはーちゃんも戻り、
モフルンも動ける魔法がかかり、昔の3人と1匹に戻れた。

いちごメロンパンを食べていると、
ドクロクシーから発生したスイーツ好きの怪物ヤミーが生まれていた。
みらいさん達は、中学時代のプリキュアの姿に何故か戻る。
ヤミーは色々な食べ物を食べては異世界に飛ぶ迷惑な存在になっていた。
バッティや、昔出会った人魚の子供達は、魔法学校の生徒になっていた。

パティシエの女の子と出会ったり、
チクルンにはーちゃんの魔法の杖を取り戻してもらったりして、
みらいさん達はプリキュアに変身。 ヤミーと戦う。 
彼の虫歯を治し、穏便に終わった。  
みらいさん達の日常は、これからも未来(あした)へ向かって進んでいく!



って感じでした。
お祭り回というか、次のプリキュアとのコラボ回でした。
最終決戦を前倒しでやってたからこそ出来た展開だねこれ。


まほプリは、日常を大事にする話だったからなぁ。
プリキュアとしての戦いは、前回で終わり。
そして、日常は決してこれからも終わらない。
っていう、なんかまほプリらしい終わり方でしたよ。


なんか最近やってる仮面ライダーのコラボ回みたいで笑ったw
プリキュアの場合は、映画オールスターズで共演するし、
世界観はそんなに違わない方が・・・ いいよな・・・
次の映画は、少し出すプリキュアを絞って、ムービー大戦みたいになるようだが。

いやー・・・ 途中までは微妙だと思ってましたが。
最終的に、めちゃくちゃ良い話になってて、おじさんビックリよ。
プリキュアおじさんになっていて良かったと感じるここ最近ですね。  

今年は、プリキュアおじさんをメインでやりたいっすね。  
まほプリは、多分毎週頑張って感想書いてたと思う。 ゴープリはたまにサボったからな。


エグゼイド。
永夢はバグスターウイルス感染者(ゲーム病患者)である。
ヒイロは永夢のバグスターを分離するため、屋上に呼び出しボコろうとした。
が、ニコから出てきたリボルバグスターがエグゼイドを守ろうとする。
どうやら永夢が、患者のニコのストレスになっているらしい。

そんな戦いに、ゾンビ社長が乱入。 
ヒイロとエグゼイドを蹴散らし、ヒイロのガシャットを回収。 
エグゼイドのガシャットも回収しようとするが、永夢の中のバグスターが
力を発揮し、ゾンビ社長を退ける。 

ニコは、永夢が大学時代にゲーム大会で倒した天才ゲーマーNだった。
ゲームに敗れた事で、永夢をずっと敵視してゲームで打ち負かそうとしていたらしい。
ニコは仮面ライダーになりたいと言うが、大我は猛反対。 
ゲーム医療は、単なるゲームではない。 一つしかない命を使って必死に戦うものだ。

ニコのストレスの原因が自分にある事が分かった永夢は、
大我に、ニコのゲーム病治療のオペ(リボルを倒す事)を依頼する。
大我は永夢のゲーム病をも治そうと、スナイプに変身する。

リボルと戦うスナイプの前に、ゾンビ社長とパラドがやってきた。
社長はゾンビゲンムに、パラドはパラドクスへ変身。
エグゼイドはパラドクスに、スナイプはゾンビゲンムに圧倒されるが、
エグゼイドを守ろうとしたリボルはパラドクスを攻撃。
パラドクスは怒り、リボルを倒し、ニコのゲーム病が治った。

ゲーム病が治っても、永夢に対して敵意むき出しのニコ。
大我と共に廃病院に帰っていく所を見た永夢と明日那は、
「先が思いやられる」と、憔悴した顔になった。



って感じですね。
永夢とニコの過去を明かしつつ、
大我の信念的なものも見えて、
そして大乱戦になるという話でした。  情報量多いんだよな・・・

ニコは見た目がダンサーだったんだがな・・・
鎧武のビートライダーズかと思ってた。
普通にゲーマーでした。  なんというクソガキ。
大学時代のゲーマーM もかなり調子こいてたからな。 


ニコも今じゃプロゲーマーみたいだけど。
エグゼイドの世界では、ゲーマーは職業みたいなものかな。
日本だとまだ理解されてなさそうだけどなー。  


ゲーム病医療をメインにした話であれば、
基本は人助けの話になるので・・・
色々細かい所に目をつぶれば、結構マシな話ではあったな。


もうキリヤが消滅するという、ゲームオーバーを見てるんだ。
初期永夢は、ゲーム医療をゲーム感覚でやっていたが。
2クール目は、ゲーム感覚でやってるニコが登場。
ゲームメインの話は、不快感が強いな。  


ヒイロ、大我が面倒なツンデレになってる。
なんでキリヤ消えてから、人間味が出てきてるんだよ!

1クール目の無意味に争わせていたのがクソ煮込みで私は無理ですね。

ゲーム医療は、素人が手を出していいゲームではないからな。
死ぬという大事な事を言わずに、このゲームは遊びじゃない!
って事で、ニコをライダー化させようとしない大我はいい奴だった。


ニコがライダー化したら、エグゼイド絶対殺すマンになるだろうからな。
確実にウザそう。  そんな展開は見たくないなぁ。


ニコが仮面ライダーに変身するためには、二つほど問題がある。
一つ目は、エグゼイド世界でのライダーになるためには、
 適合手術を受けなければならない事。  これはまだいけるかもしれない。


二つ目は、ゲンム社長の協力が得られなさそうな事だろうか・・・
ドライバーとガシャット無いと変身出来ないし。 
今の社長、テストプレイが終わったから、ガシャットを回収する。
って、テストプレイヤーからガシャット奪おうとしてるんだよね。
ニューチャレンジャーを増やそうとは思ってないでしょ。



こんな所かな。
ま、ニコが暴力的でクソガキでした。
好きにはなれないですね。 
 
エグゼイド世界は、クソガキが多いから仕方ない。
小児科である、永夢の管轄だろこれ。  ニコがガキ臭いし。




では。  アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示