甘党騎士の事件簿、今週のアニメ感想(一部特撮)

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

いやー。
鬼のように首が痛かったです。
昨日から激痛が走ってましてね。  


シップ貼ってなんとかそこそこ良くなりました。
本当に首だけが燃えるように痛いという。
今日は本当に首が壊れたのかと思うくらい痛かったです。
首だけがおかしいんですよね。  


頭痛にならなかったのが幸いかな。
もうどうにもならないんじゃないかな。


で、雪がそこそこ積もったので、家族で除雪してました。
いやー、体力がもうすぐ尽きるのでダメですね。
倒れてました。  休憩挟まないと動けなくなるんですよね。


体調崩す前までは、やはりそれなりに体力カスでも、
まだまだ普通だったんだなと。
体力がマジで戻らないです。  そろそろ体調崩して2年になります。
治らねぇ。 
 


ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

弱ペダ3  デミちゃん  アッカ  セイレン  絶狼1~4話  幼女戦記
のラインナップでお送りします。

特撮の絶狼(ぜろ)を会社の同僚に強くオススメされたので、
1クール作品なら見てみようと思いました。

カッコ良かったので。 
牙狼シリーズを知らないんだよな・・・ 

銀魂は個別記事で感想を書いてます。
こちらでは内容に触れてますぞ。



弱ペダ3  

クライマーのレースがスタート。
スランプ中の小野田くんだったが、比較的普通に走れていた。
パーマ先輩の中学時代の友人で箱根学園のノッポがやってきた。
ノッポは脳内でクラシックを慣らしつつメトロノームのようなダンシングが得意技であった。
パーマ先輩とノッポの走りで彼らに追いつきたいと感じた小野田くんはギアを上げる。


って感じかな。
箱根学園のノッポ、怪物を呼び覚ましてしまったな・・・
小野田くんのエンジンがようやく灯ったような気がする。
どうなるのか楽しみだわ・・・

王道枠は銀魂と弱ペダがあるから満足。



デミちゃん  

サキュバス先生は、催淫電波を出してしまうため、
人との接触を出来る限り避けていた。
高橋先生は、サキュバス先生に触れたが平常心を保った。
サキュバス先生にも気に入られる高橋先生。


って感じかな。
サキュバスってエロいな~。
でも、セリフだけだと伝わらないな~。

テントを張ったセイレンはすごかったんだな。



アッカ  

ジーンは女性本部長に誘われ、秩序を守る協力をする事にしたり、
王子が成人を迎えるため、大規模な式典が行われたり、
そこでクーデターのパイプ役として疑われ注目されたり、
王子はナルシストなバカだったり、妹がモテモテだったり。


なんかそんな感じだった。
話をうまくまとめられない。

オサレ枠なんだけど、話がよく分からないな。
ジーンの日常がどんどん崩れていく。
バトルをするわけでもない気がするし、
謎解きってほどでもない気がするし。 難しい作品やな。



セイレン  

耀ルートラスト。
バイトを密告したのは耀の友人だった。
海に行けなかったからと、耀を海に誘う正一。
思いを伝えようと思ったが、耀は料理の道を進む決意をしていた。
耀は外国へ飛んでしまうので1年だけ恋人なんて中途半端は出来ないと拒否される。
耀が前に進んだ事で、正一の進路も決まった。
大学生となった正一はかつて耀のバイト先でバイトをしていた。
ヘルプでやってきたのは、外国帰りの耀だった。


って感じかな。
恋が始まりそうで始まらない話だった。
これからも波乱がありそうというか。
不完全燃焼だったなぁ。 小悪魔系の彼女は。
女心の難しさと、女性の戦いのエグさ。 


荒木先輩がズーフィリアでわろたw
これは生身の彼女出来ないわ・・・
男キャラが濃いな。  親友もいいキャラしてるし。



絶狼1~4話  

1話。
とあるホテルでは、宿泊客をスイートルームに誘い、
仮面の男や女が人を食っていた。
カメラを持つ少女も、その人食いホテルに宿泊する事となる。
主人公の青年:零は、怪物であるホラーを狩る使命を持つ戦士だった。
ホテルに巣食うホラーを倒し、ホテルマンのホラーと戦う。
零は絶狼に変身し、ホラーを倒す。


2話。
とある劇場では、人気ダンサーと人気の無いダンサーがいた。
人気の無いダンサーはホラーに取りつかれ、人気ダンサーを食う。
そして人気ダンサーとなった女性はファンを魅了して食っていた。
カメラ少女も劇場にノコノコやってきてしまい、危険な目にあう。
そして零も到着。 ダンサーのホラーと戦う。
零は絶狼に変身し、苦戦しつつもホラーを倒す。


3話。
息子と生き別れた父親に出会った甘党戦士:零。
息子はギャングに襲われ、生き残りたいがためにホラーと同化してしまっていた。
人間で無くなった息子を父親と会わせるわけにはいかない。
零は絶狼に変身し、息子ホラーを消滅させる。
父親には、息子は遠くへ行ってしまったと嘘をつく他無かった。
一方、竜騎士が復活した。


4話。
カメラ少女に付きまとわれる零。
零の行きつけのバーに住み込んでしまった。
竜の卵を封印するという任務を受ける事となった零。
仲間の女性戦士と魔道具のおいてある所へ入る。
カメラの少女も井戸に落ちて零のいる所まで到達してしまった。
竜騎士がやってきて、竜の卵を狙っていた。
戦闘が始まり、竜騎士と絶狼が戦う。
竜の卵に籠をかけたが、カメラの少女がカギとなってしまった。



って感じかな。
牙狼シリーズを全く見た事が無いが、
一ヵ月分くらいを一気見した。

最初に感じた事としては、実写デビルメイクライかな?
っていう。 

ダークファンタジーというように見えた。
日本語なんだけど、風景が日本に見えないから、
異世界感が半端ない。

ヒロインの娘が現役高校生らしいんだけど・・・
演技力がアレで、なんとも言えない。
そこだけが微妙かなー。  

面白いかどうかは分からないけど・・・
3話の父親と息子の話はすごい良かったです。
めっちゃつれぇ・・・  

絶狼のシルバーメタリックなアーマーカッコいいですね。
生身アクション多くて、いつ変身するんだろう?
って思ったけど、変身には制限時間があるっぽい。 
そんなに危険なのか・・・  
甘党騎士の零がすごい良いキャラしてますね。



幼女戦記

ターニャは帝都に戻り、軍大学で学んでいた。
ようやく前線から離れられたと思ったが・・・
偉い人との面談で、色々喋っていたら、
戦争に勝つために、魔導士の戦闘部隊の考案をする事になり、
安全な昇進を狙っていたら、危険な戦闘部隊を率いる事になってしまった。


って感じかな。
口を滑らせて、死なないために取り繕ったら、
危険地帯に自分を誘ってしまったというアレ。
優秀で頭は切れるけど、何か空回りしているな。
存在X の介入を感じる。 







では。  アディオー!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示