これが上条当麻だッ!!~新約禁書17巻感想~

俺がブースト! 奮い立つゴースト!  (挨拶)


はい。   こんにちは。
木曜でした。

今日はそうだな。
仕事の方は普通でした。
今やってる仕事がいつ終わってしまうのか、
割と怖くなってきましたね。  
今までやってた仕事が終わってしまうという事態に遭遇してますし。


8ヵ月くらい働いていたら・・・
6~8種類くらいの仕事をやってるのは、
まぁそういうもんだよね。  

重要っぽい仕事は回されないけど。  
やっぱり、無能の烙印を押されてるのでは? 
と思わない事もないけど。  どうだろうね。

私には向かない仕事が多いんだろうな・・・  と思っておく。


管理者の上司との面談をしていました。
週に20時間、月に80時間働くのが、
とりあえずの目標だな・・・  
休んでいるわけじゃないけど、思ったより月80時間働くのキツいな?



ここからは、ラノベ感想のコーナー。
先日、「新約とある魔術の禁書目録 17巻」が発売されまして。
禁書厨なので読みました。 
ネタバレ注意っす。


前回までのあらすじ!(16巻)
謎の大熱波と、エレメントという怪物に襲われ壊滅状態になった学園都市。
エレメントは上里をおびきよせるための木原唯一の作戦で、
大熱波は上里勢力のフランが行った宇宙からのマイクロ波によるものだった。
上条さんは上里と上里勢力と共に、唯一との激突をする。
そして、唯一の最終攻撃で上条さんと上里は死にかけるが、
上里の理想送り(ワールドリジェクター)で何とかなる。

しかし代償は大きく、上里が新天地に飛ばされてしまった。
唯一は上里の右手を人質に、上里勢力を支配。
理想送りさえあれば、上里を取り戻せるかもしれないという呪い。
そして唯一は、上条さんの命を取れと上里勢力に命令する。
上条さんは命からがら逃げ、フランの協力を取り付け、
暴走する上里勢力を止めるため、上里を取り戻す事を決意した。

(ここから17巻本編)
これは、甚大極まる大災害から、学園都市が復旧する48時間に及ぶ物語。
生存不可能と思われた、上里を救おうとする一人の少年の物語だ。

上里勢力は、色々なスペシャリストが揃っている。
魔神の事、幻想殺しを持つ上条さんと上条勢力の事を調べ上げた事。
そして学園都市に辿り着き乗り込んだ実績がある。
上空からは幽霊少女のメイア、あらゆる痕跡から追跡が可能なエレンがいる。
フランと上条さんは、バルーンで中空を飛んで脱出した。

学園都市を駆け回っていると、
エレメントが消えた事で、車が走るようになっていた。
学園都市復旧のため、「ユースフル・スパイダー」という復旧部隊が組まれたようだ。
だが、上条当麻とフランは重要参考人という扱いで、指名手配されてしまっていた。 
学園都市側からも、追われる身となってしまう。

学園都市の避難所で情報収集を開始。
避難所の一つでは、ある男が殺されかけていた。
その男を助けると、避難所では「スフィア」というSNSのようなものが出来ていた。
学園都市のインフラが全て停止したため、
極限下の状況では、情報サイトが上手く機能しているようだ。
スフィアに流された情報を、学園都市の人々は鵜呑みにしていた。
上里勢力は、上条さんとフランを捕らえるため、
情報を握って、あぶり出しにかかった。

上条さんは、インデックス&オティヌスに協力を取り付けようとするが、
上里勢力が集合場所を見張っていたために断念。
上里勢力の魔術サイドの人間を引き抜く事に。
海賊少女(魔術師)のルカが選ばれ、上条さんとフランが連れ去った。
そして、上条さんは上里のように後押しをする事で説得した。

上里が理想送りで飛ばした新天地は、
全くの異世界では無かったりする。
現実世界の認識出来ない部分が新天地で、
現実世界を元にした世界である。
上里は新天地で、飛ばした魔神達にフルボッコにされていた。
魔神大戦に巻き込まれた上里は、ネフテュスと娘々と共に
破壊が繰り返される破滅した新天地で死なないように切り抜ける。

現実世界と、新天地で同じものがあると、魔術で呼び戻せるかもしれない。
というのが、ルカの見解だ。 
上里が倒した木原脳幹のAAA(アンチ・アート・アタッチメント)が、
学園都市にもあり、新天地にも飛ばされたとっかかりだった。
現在AAAを持っている美琴に協力を取り付けるために動く。

美琴と合流し、常盤台のお嬢様が世話になっている避難所の病院へ。
そこは、今まで散々お世話になったカエル顔の医者のいる病院だった。
そこには、魔神ネフテュスに救われた少女パトリシアもいた。
上里勢力の事とエレメントと大熱波の話をして、
AAA のオリジナルがある場所へ。
AAA を起動した美琴は、アレイスターの魔術により倒れてしまった。

復旧部隊は、力押しで避難所を襲った。
ばたばたと学園都市の人々が倒されていく。
武器を取り上げるための措置のようだ。
このまま学園都市を制圧されたら、
武器の塊であるAAA も取り壊されてしまう。
復旧部隊の本拠地を狙う事にした上条さん達。
山岳地帯へ向かう。 
復旧部隊の本拠地で爆発騒動を起こそうとするが・・・
トラブルにより、爆弾が取れない所に落っこちる。
復旧部隊の警戒レベルも上がり、脱出出来なくなってしまった。
上里勢力は、復旧部隊も敵と認定。 上里の邪魔をする者は排除する。

エレンは、フランが魔術師のスパイではないのかという所に行きつく。
上里勢力の裏切り者として、フランを批判。
しかし、上条さんはフランを励ます。
例えスパイだったとしても、上里と上里勢力といた時間は嘘じゃないと。
フランは上里を救う事を何よりも重視した事からも明白だ。
フランは上里を救うために、スフィアに書き込みをする。
自分の恋を終わらせるために。 協力をして欲しいと。

復旧部隊の本拠地から脱出した上条さん達。
上里勢力に追われる事に。 
巨大化した幽霊少女に襲われ、追跡少女に襲われた上条さん。
ルカは乗り物で、一筆書きで六芒星を形作り、
AAAを依り代に上里を呼び出す魔術を行った。
幽霊少女により邪魔をされ、上里は戻らず、希望は絶たれたかに見えた。

上条さんは思考する。 こちらの世界と新天地に共通する何かを。
そして思い当たる。 ネフテュスは大部分を飛ばされ、
1割がパトリシアを助けるために使われた事を。
復旧部隊に助けられながら、巨大化幽霊少女を撃退し、
ルカは魔術を発動。 ついに上里をこちらの世界へ呼び戻す事に成功。

上里の右手を人質にしていた木原唯一の運命も決まった。
唯一がどうなったのか、それは劇中では語られていない。
しかし、上里勢力は上里の右手を取り戻していた。
唯一は上里勢力を操り、凶暴性を発露させていた。
実験は成功だったと言えるだろう。

イギリスの魔術師スパイだったフランは、
アレイスターに捕らわれそうになった。
そこに学園都市とイギリスの二重スパイである土御門が登場。
義理の妹を全く助けてくれなかったアレイスターに見切りを付け、
イギリスに飛ぶ事にした。
そのための人質として、クラスメイトの上条さんが選ばれてしまった。
次回に続く!



って感じですね。
長ェェェーよ!! 
今回の17巻も濃密でした。  

前回の16巻が前編、そして今回が後編って感じかな。
壊滅した学園都市が、復旧するまでの話です。
14巻から始まった上里編も終わりかねぇ。

上里勢力怖すぎィ!! 

キラキラネームばかりの上里勢力の掘り下げ回でもありましたね。
4冊使って、何人か出てきました。
上条さんが救ってきた女の子と同じくらい数がいる・・・
っていっても、上条さんはシスターズ9000人くらい救ってるんだよな。
クローン人間を救った時点で上条さんが最強過ぎる。


クソムカつく存在だった上里と、
不気味だった上里勢力だったけど・・・
最終的に結構魅力的なキャラになりましたね。


話がなかなか前に進まないけど・・・
今までやってきた物語を使ってきたのは良かったなぁ。
上条さんと上里の話は濃密だな。 
付き合いが長いわけではないが。

13巻の上里VS脳幹AAA、
14巻のネフテュスとパトリシア とか。
今までの戦いは、決して無駄でも蛇足でも無いんだよ。
ってくらい、意外と作りこまれてるんだよね。


上条さんの柔軟な発想で、色々何とかなってるよな。
魔術の知識も無いし、科学の知識も、一般教養も無い。
だから、専門家の話を元に思考する。


このくそったれな世界に「上条当麻」を見せてやるッ!!
窮地に立たされた時にこそ、上条さんは真価を発揮するんだよな。
頼れる味方は1人か2人。 そして、決して自分になびかない女の子。

上条さんの評価は、上里を救った事でそれなりに上がったと思いたいね。

ここ最近の上条さんは、ちょっとパンチが弱かったからな。
幻想殺しじゃどうにもならない敵が多過ぎた。 
魔神なんて、マジで勝てない存在だし。  
今まで後悔してきたから、今回の上条さんは超怪物でした。 
上条さん節を久々に見られた気がして、結構気持ち良いです。



んー・・・ 16巻は怪獣映画のような大災害だったけど、
17巻は、大災害からの復興をテーマにされてましたね。
インフラが止まってるから、情報サイトがすごい重要になってきたり。
大震災とかそういうのがあったからこそのネタだったのかなー。 

災害に直面した時、人は変わってしまう。  
なんかそういう所も描いていた気がしますよ。  
学園都市は、かなり治安悪い所だしね。  

市民の大体が、学生だもんなぁ・・・  


病院と、久々にカエル顔の医者が出てきて、
すごい安心感がありました。  
冥土帰しを久々に見られて、ファンとしてはすごい嬉しかったです。

しれっとエレメント対策しててわろた。  

常盤台に関しても、新約16巻で結構色々出たし。
学園都市に関して知りたい事とかは、
結構分かってきたかなぁ・・・  


で、いつの間にか消えてた土御門だよ。 お前久しぶりだなオイ!
上里には普通にやられてたんだよな。  
雲川先輩を襲って、それでボコボコにされてスナイパーやらされてたんだっけ。

フランは、イギリス魔術師と上里勢力の二重スパイ。
で、土御門も、イギリス魔術師と学園都市の二重スパイなんだよな。
土御門とフランは、立ち位置が似ていたのか・・・ 気付かなかった。

スパイ生活も破綻したから、一般人の義妹をイギリスに逃がすのが次回かな。
これもまた面白くなりそうだ・・・  


旧約禁書は、上条さん、アクセラレータ、浜面の話で進んでいったんだよね。
で、ロリータさんと浜面の話は、ほぼ終わったようなものなんだよな。
ロリータさんはまだ出来るかもしれないけど。 今の所は上条さんの面倒なファン。

で、新約は上条さんだけでなく、上里が新たな主役になったんだろうな。
みたいな事を思いました。 
上条さんだけの話でもいいんだけどね・・・ 
でも、14~17巻の濃密な話も面白かったわ。  

あ、美琴の闇落ちがあるかどうかはまだ微妙ですね。
頭おかしくなってるけど。  鼻血は能力者の魔術使用による副作用だったか。
完全に忘れてた。


とりあえずこんな所だな。
新約禁書読んでる人少ないんだけどさ・・・
禁書を読んでる人、是非読んでみてくれ!  
微妙な感想記事だけどさ。  しかし、禁書が濃密過ぎて、要約が出来ない。




では。  アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示