マッドマックス 怒りのデス・ロードの感想

首がいてぇー!! (挨拶)


はい。   こんにちは。
木曜でした。  

なんか面白い感じの夢を見た気がしますが。
あまり覚えてないな・・・
現実によく似た所で、色々な所に行った夢かな。
夢の中ではアクティブなんだけどな・・・  
夢で引きこもっててもつまらないし。 
 


軽い頭痛がしていました。
仕事は普通でした。  

なんだろう・・・  アレかな。
私はある程度、人の話を覚えられるようになってきたのかな。
なんか似たような話をよくしているような気が。  



まぁいいや。
ここからは、映画感想。
グーグルプレイで、ある特定の映画が100円で購入出来たので。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見てきました。


文明が崩壊した世界が舞台。
何でも、核兵器による戦争が勃発し、生活環境が汚染されてしまったようだ。
生存者達は、物資と資源を武力で奪い合う世紀末。

砂漠化した荒野で、マックスという青年がいた。
過去に救えなかった命の幻覚と幻聴に悩まされていると、
流浪の途中で暴徒に襲撃され囚われ、砦に連れて行かれる。
車を奪われ、マックスは輸血袋として奴隷のような扱いとなった。
砦では、イモータン・ジョーを首領とした独裁国家のような所だった。
砦は地下水をくみ上げ、農作物も栽培している結構な所だった。

ある日、大量のガソリンと何かを砦と他の集落で取引が行われるようで、
女隊長は、秘密裏にジョーの5人の妻を連れ出そうとしていた。
部下の裏切りと妻と我が子を奪われたと知ったジョーは怒り、
配下のスキンヘッド戦闘集団:ウォーボーイズを引き連れて追跡を開始。
マックスはウォーボーイズのハゲに連れられ、
車に括りつけられてジョー勢力の追跡争いに巻き込まれる。

追跡劇の最中に砂嵐に遭遇し、マックスはなんとか自由の身となる。
女隊長を襲撃し、一人で逃げようとするが、車は改造され、
女隊長でないと動かし方が分からなかったため、一緒に逃げる事となる。
また、マックスを連れてきたハゲもジョーの命令をミスしまくったため、
見捨てられて、マックス達の仲間となった。

女隊長の目的は、生まれ故郷の「緑の地」。
かつての仲間である女達に出会ったが、
土壌汚染の影響で、目的の地が失われている事が判明。
それでも尚、女隊長はあてのない旅をしようとするが、
マックスは、ジョーと配下の過激戦闘集団を排除し、
生き抜いていける可能性がある砦に戻る事を提案。

マックスの提案に同意し、主不在の砦に向かって激走する。
ジョーの軍勢との戦いが始まり、犠牲も大きかったが、
激闘の末、ジョーを殺す事に成功。 
ハゲのファインプレーもあり、渓谷の突破&道をふさぐ事に成功。
ジョーの配下達も排除される。 
女隊長は傷ついて死にかけたが、マックスの輸血によりなんとか助かる。
マックスは自分の名前をここで明かす。 
一行は砦へ凱旋し、ジョーの圧政から解放された事で、女隊長達は歓迎される。
マックスは一人、砦から去っていく・・・



って感じの話だったらしい。
いまいち分からなかったけど、Wiki の方に大体の流れが書いてあった。
もはやあらすじじゃなくて大体の話だけど。

それを参考にして、まとめました。


まぁ、世紀末の話ですね。
北斗の拳かな? って思いました。
やっぱり、核戦争が起きた後の世界か・・・

文明崩壊し過ぎでな。 人類は滅びるまでいかなかったのか・・・
生き残った人大変やな・・・

色々感想をタドルクエスト! してみたら、
マッドマックスが先で、北斗の拳はインスパイアされた方らしいけど。
核戦争後の荒廃した世界・・・ ってのは大変だね。

マッドマックス2 が、1981年公開の映画で、
北斗の拳は1983年からスタートのようだ。
なるほど。 北斗の拳のヒャッハーは、マッドマックス2の影響なのか。



純粋な感想としては、「人めっちゃ死んでそう!」でした。
スタントマンがどう考えても爆発で死んでる気しかしないですね。
死者が出てないとは考えられない・・・
それほどまでに過激でした。

炎のギタリストがインパクト強すぎる・・・
ウォーボーイズがめっちゃヒャッハーしてました。
モヒカンではなく、スキンヘッドの集団。

怖すぎるでしょ。 大体の人は開幕30分までに死にます。


身体のどっかを欠損していたり、
五体満足とは言えない身体の人が多くてな。

実にリアルというか。  大変な未来っぽくて良かったよ。
ツラい気持ちになりました。  

まぁ、障害者用の施設で働いてるから、
身体のどこかが不自由な人とかよく見かけるんだけどね。


私の好みとは違ったので・・・
そうだなぁ。  個人的な評価を付けるなら、「78点」くらいだと思う。
よく分からなかったけど、なかなか悪く無い映画でした。





では。  アディオー!


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示