音速の戦士が掴んだものは何か~小説マッハサーガ感想~

雪積もったァー!!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はそうだな。 
ニチアサも無かったので・・・
朝起きて、新聞のテレビ欄見て、
ニチアサ無い事を確認してから寝直しました。



朝起きて窓の外を見たら、
真っ白な世界が広がっていた。  

雪がもっさり積もっていました。  

うん。 11月だし、そろそろ来るとは思ってたよ。
この前も雪が降りましたけど、その後は溶けたけどね。
20センチくらい積もったので、溶けるのも時間かかるでしょう。 

今週末くらいまでは保って欲しかったなぁ・・・
月末は無理だったとしてもさ・・・  


雪がかなり積もったので、家族で除雪してました。
一人では無理な物量でした。  3人でなんとか。
私は体力がすぐ尽きる、体力クズですし。  
ダメなおっさんになっています。  雪国にはいらない人材。


冬は除雪という作業もあるので・・・
一応、運動という事にはなります・・・
が、毎日続けられるわけもないので、筋肉痛を誘発するだけ。
身体を壊すものでしかないですね。  またこの季節が巡ってきたか。 (憤怒


さて、ここからは小説感想。
半年前くらいに発売されて積んでた、
「小説仮面ライダードライブ マッハサーガ」を読みました。
ネタバレ注意っす。  (大体の話を書いてます


「小説ドライブ マッハサーガ」


とある仮面ライダーに恨みを持つ者が、
ネットワークで怨念として、人間に対して復讐を誓って暗躍。
刑務所にいた、西堀は元犯罪心理学者である。
西堀は人の心を掴むのが上手く、看守を抱き込んで色々な品を手に入れていた。
ロイミュードのボディとなるバイラルコアも手にしていた。
進ノ介と霧子が結婚する事を知り、結婚式の最中に、
テロのデマ情報を流してパーティーを潰すイヤがらせを行っていた。

ドライブ本編終了から2年後の2017年12月。
剛は、渡米から日本へ帰ってきた。
久々に特状課メンバーと出会う。 
2年の間に、追田さんとりんなさんの関係性にも進歩があったようだ。

2年経ち、ようやく結婚パーティーの再開をする事になった。
その間に、息子のエイジが生まれた。
そしてまたパーティーの最中に、大規模停電が発生、
刑事関係者の携帯電話が鳴る。
警察が出動となり、パーティーはまた中止となった。

かつて起きた事件、「暗黒の聖夜」のようだった。
そして、もう一つ重大な事件が起きる。
暗闇に乗じて、複数の刑務所から数人の囚人が脱獄。
ジャッジの浅村、ストーカーの坂木、ソードロイミュードの多賀、
オープンロイミュードの根岸。
そして、進ノ介の父を殺した真犯人:仁良。
ロイミュードの犯罪に関わった犯罪者が集まっていた。

警視庁の剣道場に、臨時の特状課が出来た。
いつものメンバー+早瀬、白バイ隊員の狩野が揃っていた。
ミスターX と名乗る怪人から、犯行予告動画がネットに流れていた。
仮面を付けていて、警察関係者には、そいつが西堀である見当がついていた。
西堀は、犯行予告動画で、犯行予告をクイズ形式で出していく。
過去のロイミュード関連事件の模倣犯罪が続く事になった。
(詳しく書くと長くなるので、省く)

捜査が難航したと同時に、剛はとある人物の元へと向かった。
かつてシーカーロイミュードとなった西堀の娘だ。
一度は、西堀娘の挑発に乗り、激昂した剛だったが、
何度か事件の度に面会する事で、西堀娘との対話が進んだ。
怪物を親に持つ子供として、剛と西堀娘には奇妙な共通点があった・・・

剛には渡米していた時に、親友が出来た。
自然の写真を撮っていたら死にかけ、そこを救ってくれた男がいた。
彼の名はイーサン。 自称冒険家で危険が大好物な男だった。
イーサンにはネイティブ・アメリカンの親友がいて、
その親友を死なせてしまった事で、自然にのめり込み、
罪悪感で苦しんでいた所で死にかけた剛に出会ったようだ。

イーサンはロイミュードによって殺された。
これが、剛が仮面ライダーマッハとなる直接のきっかけである。
ある日、剛はイーサンと会う約束をしていた。
しかし、そこにはマフィアの死体が転がっていた。
そしてイーサンを追跡すると、イーサンも死んでいた。
イーサンの事を調べていく内に、犯人はマフィアの兄弟である事が判明。
マフィア兄弟は、ガンマンロイミュード、マフィアロイミュードだった。

窮地を、ハーレー博士に助けられた剛。
ドライブシステムとロイミュードの事を教えられ、
剛は仮面ライダーになる事を志願。
仮面ライダーになるトレーニングを始めた。
剛はマッハに変身する事に成功し、
まだ実戦は早いと止めるハーレー博士に内緒で、
マフィア兄弟に戦いを挑んだ。 
しかし、まだシグナルバイクも出来てなかった頃なので、
マッハは大苦戦。 またもハーレー博士に助けられる。

そして、ハーレー博士の資料を調べていた剛は、衝撃の事実を知ってしまう。
ロイミュードの開発者はクリムと蛮野の2名。
そして、蛮野が剛の実の父親である事。
ロイミュードの撲滅を誓った剛は、訓練が完了してないにも関わらず、
日本へ飛び、独自に訓練を続け、力を蓄えた。
そして、ガンマンとマフィアのロイミュード兄弟を倒した。

捜査も先に進んだ。 
犯罪者達には、あるゲームを遊んでいた共通点がある。
「ラビリンス・オブ・アニマ」というオンラインゲーム。
このゲームは、黒幕のコマとなるための洗脳が仕込まれていた可能性がある。
最終ステージをクリア出来た者だけが、犯罪者となる。
西城もこのゲームをクリアしていたが、最終ステージをクリア出来なかった。
最終ステージをクリアした者は108人。 ロイミュードの数と同じだ。

アニマシステムという、人間の意識をネットに流す技術があった。
クリムが己の意識をベルトに流した事と似たようなものだ。
それを元に、ネットワークの怨念は生まれた。
そして仮面ライダーとロイミュードの事件を観察し、
今回模倣犯罪を次々繰り出し、時間稼ぎをしていた。

西堀娘は、ヒントを残して脱獄。
八王子の方に、西堀の別荘が昔あって、そこに行っていたらしい。
八王子の別荘に向かうと、西堀と娘が対峙していた。
家族と休息を取っている裏で、西堀は実験をしていた。
とある犯罪の模倣。 そして娘は西堀の犯罪を阻止していた。
西堀は、娘の才能が怖くなり、それからは娘を避けた。
娘にとっては、父親に愛されたいという気持ちがあった。

しかし、西堀にとって愛など存在しなかった。
蛮野と同じ、クズだった。
西堀はアニマシステムを使い、自らの精神をネットに流そうとしたが、
機械がショートして、西堀は死んだ。 
事件は終わった・・・ かに見えた。

西堀親子は模倣犯罪者ではあるが、
多くの人々を統率するゲームを作り、
大規模な犯罪を起こすなどという事は不可能だ。
つまり、強大な何かが西堀を操っていた黒幕である。
西堀娘が毒で死にそうになった。 
そして、ピースサインのようなものを残していた。
黒幕の正体を理解した剛は、とある場所へ向かう。

ある大学の研究所。 そこにはりんなさんがいた。
仮面ライダーが必要な時が来た。
クリムのコア・ドライビアが封印された今、
ネクストシステムも完全ではない。
りんなさんの元には、マッハドライバーのプロトタイプがあった。
変身は1度きり。 そして5分が限界である。
前にチェイスが使っていた、金色のバイラルコアも渡される。

黒幕の怨念の正体はロイミュード005。
かつて西堀をコピーしたロイミュードだった。
プロトドライブに撃破され、その後コアまでもドライブに破壊された。
しかし、意識だけが残ってネットを漂っていた。
かつてボルトロイミュードが自分の亡霊を復活させたように、
005もいつか復活する事する事を目論むようになった。
そのためには長い時間が必要だった。
歪んだ心の持ち主のみが先に進めるオンラインゲームを作り、
復讐心と恐怖心を大量にかきあつめた。
人々の復讐心を使って復活した005は、リベンジャーロイミュードに進化。

剛は、シグナルチェイサーを使い、
チェイサーマッハに変身。 蛮野を倒した姿である。
リベンジャーに苦戦するが、チェイサーマッハは
次の変身があった。 金色のバイラルコアを装填。
超デッドヒートマッハへと変身した。
リベンジャーを撃破し、プロトマッハドライバーは砕け散った。

人は何度でもやり直せる。 
間違い続けた剛は、ついに自らの呪縛から解き放たれた。
コアを破壊されても復活した005。
彼がいたから、チェイスが復活するのも夢ではない。
剛は、西堀娘の笑顔をようやく見られた。



って感じでした。
ロイミュード事件がかなり入ってます。
昔の事件の総集編みたいな感じですね。
懐かしいわ・・・ なんとなくしか覚えてねぇ。

かなり圧縮したんですが・・・
話をまとめると、かなり長くなりますね。 
重要な所だけをまとめてます。  

ドライブの三大クズ(人間)は、
蛮野、仁良、西堀 で決まり
だなw 
西堀(狂ったおっさん)が、蛮野クラスにまで上がってくる話だった。

でも、最後には娘を救ってくれたから、蛮野や仁良よりはマシだな。
蛮野と仁良は、絶対変わらないクズさがある。


しかし、上手い本編補完になっていた。
マッハ関連の話はよく分かってなかったからなぁ。
ドライブの過去の話が、チェイサーとマッハサーガでかなり理解出来た。

1話以前の話が、よく分からなかったからね。

本編が終わって、ようやく理解が深まるというか・・・
まぁ、なかなか作り込まれた話ではあるよね。
小説鎧武ほど盛り上がらなかったけど、なかなか面白かった。
満足のいく話でした。  


しかし、テレビ本編見てただけじゃ分からん所いっぱいあるなぁ。
外部作品(本筋に絡む)多すぎるよ。  
本編に絡む話を、ガンガン突っ込むのやめて欲しいな。


ゴークソもそんな感じの作り方だったし。
エグゼイドも似たようなもんだね。  
ゴークソは、作れば作るほど、最初に作った設定と矛盾が出来る、
破綻した話だけどさ。  世界構築が上手くいってなかったな。
ドライブは面白かったからまだ許せた感じ。


不満は色々あったけど、
まぁ面白かったから良しとする。  
マッハとハートの外伝にここから繋がるのか・・・

あ、チェイスのコピー元である狩野がいて良かったです。
チェイスくん復活は、出来ればやめて欲しいかな・・・
ハート復活は、もはや確定された未来なんだけどさ。 
うーん・・・ 納得のいく理由の未来編になるだろうか。 そこが不安だ。


ま、外伝本編が来る前に読んでおいた方が良い作品ですね。
リベンジャーが復活するのは確定みたいだけど。
というか、マッハドライバーも壊れてんじゃん・・・  
仮面ライダーの変身者が、変身能力失ってて困ったよ。  




では。  アディオー!


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示