外に出たくない話と、今週のアニメ感想

暑いし、外出たくない。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

今日はそうだな。
今週が色々都合上、外に出る必要があってね。
なら今日は出なくていいじゃない。 

ってなりました。  

今日は、眠くて2時間動けなくなってました。
眠くて全く頭が働かない時が一週間に何日かある。
休みの日は、気が緩んでいるからなのかな。

仕事の時も眠くはなるけど。 

ゲームやってると、時間は潰れていくね。
いつの間にか、ブログ書いて寝る時間だわ。


ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

リゼロ  未来編  モブサイコ  プリヤ3  絶望編  ジョジョDU
のラインナップでお送りします。



リゼロ  

謎の怪物:白鯨に襲われるスバル達。
一緒にいた者達がいなくなり、
そしてレムが囮となっていなくなってしまう。
馬車(馬ではないが)の持ち主は、レムという存在を知らないという。
ボロクソにされたスバルだが、なんとかロズワール邸に辿り着く。

ラムとエミリアに看病してもらったが、
実の姉であるラムもレムの事を記憶していないらしい。
エミリアと対話し、自らの能力の事を喋ろうとしたらエミリアが死んだ。
ベアトリスに屋敷から追い出され、そこで魔女教の一味に襲われる。
エミリアと契約していた精霊、パックが怒っていた。


という話ですね。
まだまだツラい・・・
2クール目に入ってから、ツラい展開しか無いんだけど。
この世界厳し過ぎィ!! 
死なないのもツラいよね・・・ 

白鯨は、人を襲うだけではなく、
食らった者に関する記憶までも奪うチート能力を持っているのでは?

状況から推測するとそんな感じになるんだけど。

存在そのものを食べる・・・
なんか歴史を食べて無かった事に出来る東方の妖怪がいたような・・・
なんかそういうのを思い出した。

スバルくんも精神的余裕が無いのは分かるけど、暴れ過ぎでしょ。
醜態を晒し過ぎて、どうやって盛り返していくのかが分からん。
めっちゃ詰んでる。



未来編  

朝日奈さんが死んだと思ったらそんな事は無かったぜ!
しかし、グレート・ゴズが殺されていた。
苗木は、話し合いをするために、放送室に行き、
今までの事などを演説する。 
未来機関も一枚岩ではないようで、各地でコロシアイが勃発。
宗方は苗木に襲い掛かる。 


これはゲームではない。 
そう、人が死ぬアニメなんだ。 
アニメだからこそ出来る話だなぁ・・・
アニメってやっぱ引きが重要だなと感じる。


まぁ、完全にネタバレなんだけど。
誰が死ぬのか分からない・・・
ゲームの主人公としての苗木は死ななかったけど、
アニメの苗木は生き残る事が出来るのかこれ?
何かしら邪魔が入るんだろうけど。



モブサイコ 

肉体改造部に入ったモブ少年。 
電波部は部室を使わせてもらってるようだ。
意中の女の子と仲良くしたいモブ少年だったが、
どうすれば良いか分からなくて悩んでいた。
そんな時、怪しい宗教団体に勧誘される。

騙されたモブは、強制的に入信させられる。
そこは、信者を笑顔にさせる怪しい宗教だった。
教祖は能力者だったが、より強い超能力者のモブの敵ではなかった。
空気を読めない奴だとバカにされ、モブ爆発。
教祖に取り付く悪霊を完全粉砕した。


という話か。
モブくん騙されやすい少年だこれー! (ガビーン 
真面目なんだよなぁ・・・ 
普通じゃないからこそ苦労してきただろうに。
まぁ、普通にブチギレるわ。

霊幻よりクズが出まくってるせいで、
霊幻が相対的にマシに見えてきた。

モブくんの味方になってあげられない時点でね。
好感度が違うんだよなぁ・・・

そういや、ワンパンマンでもウザい一般市民出てきたなぁ。
サイタマ先生の一撃のような爽快感が無いから、
私の思う面白さは感じない。 
ただ、曲的には最高。



プリヤ3  

クロエ&バゼットと合流したイリヤ。
廃墟の学校を拠点とする。
麻婆店主によるラーメンで腹ごしらえをしたが、
イリヤは一人不安に押しつぶされていた。
クロエは弱虫イリヤを見かねたのか発破をかける。
クロエは魔力不足のため、イリヤで魔力補給(意味深)をする。


という話かね。
原作だとグダグダしてて、あんま好きなシーンじゃないんだけど。
アニメは派手だったので結構マシになってたかな。

語る事は少ない。 面白くなるのに1クールかかるだろうしな。
あ、イリヤとクロエのキスシーンは濃厚でした。



絶望編 

転校してきた九頭龍妹はかなりのトラブルメーカーだった。
予備学科の同級生と衝突していた。
そして、九頭龍妹が殺されてしまう事件が起きる。
日向は本科の生徒に話を聞きに行こうとするが、
警備部に邪魔されて門前払いされる。
友達の七海に胸を張りたかった日向だったが、
才能ある者とない者の闇は深くて・・・
日向は、あるプロジェクトへの参加を決めた。


という話か。
血生臭くなってきやがったぜ。
希望ヶ峰学園は、闇が深いからな。
才能ある生徒だけを集めようとするとな。
裕福な存在が、それだけじゃないよ。
って言っても、嫌味になるんだよね。


ま、詳しい話は、ダンロン2をやれ!!
としか言えない。 
この事件に関しては、ダンロン2 である程度語られている。
ゲームと若干の違いはあるみたいだけどね。
さて、絶望のカウントダウンが始まったか。  



ジョジョDU

仗助は金欠という危機的状況に陥っていた!!
銀行の自販機の隙間から、小さなスタンドを見つけて追いかける。
その小さなスタンドは、ハーヴェストという群衆スタンドだった。
本体は中学生で、重清という少年。 重ちーと呼ばれている。

彼のスタンドは小銭を集めるのにすごく便利で、
仗助は彼と同盟を結び、金を稼ぐビジネスを考える。
金を稼げた結果、重ちーは分け前を渋る。
拾わせた宝くじを億泰が調べた結果、500万が当たっていた。
重ちーはなんとか金の独占を試みるが・・・?


という話だね。
スタンドを使って悪巧みをしようという。
4部は、スタンドをバトル主体じゃなくて、
己の欲望に使うというか、下らない事に使うのがメインなのが持ち味w

結果的にバトルにはなるんだけどね。
日常系な感じなのがやっぱり好きだな。
重ちー、それなりに重要なキャラである。

でも、金に汚くなってしまう。
金は人を変えてしまうな・・・






では。  アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示