すでに暑くなってきた事と、今週のアニメ感想

頭痛くなってきたー。 クソ暑い。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  
そうか、今日は土曜なのか。 
となってました。  昨日金曜だから今日は土曜なんだけど。


今日はですね。  
やはり暑くなってきた事がありますね。
これ、夏どうなるんだろう・・・  言っても札幌30度くらいだけど。


部屋にあるストーブはもう使わないであろう。
という事を理解して、扇風機を出しました。  
面倒だけど、自分でやるしかないからね。  
信用出来るのは自分だけとも言える。 
 

流石にここから気温が冬に戻る事は考えづらい。
もう5月だし、流石に春だからな・・・ 
最高気温29度いってたみたいだよ。  
すでに夏のような暑さとはどういう事だ。 説明しろ苗木!



帰省していた母も帰ってきましたし。
昨日の大失敗くらいがネタになったくらいかな。 
あとは特に変わらず過ごしていたよ。  

食べる飯は、やっぱり見た目から違っていた方が分かりやすいわ。
私が確認する事を怠るのが悪いんだけど、
必要な情報を教えてもらえない事が多いので、人を信用しない。
それが例え肉親だとしても。 って感じですね。 

聞かないと、人は教えてくれないものです。  そこ学べよそろそろ。


ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

はいふり  リゼロ  ふらうぃ  坂本  うしとら2  ジョジョDU
のラインナップでお送りします。

ゴースト、まほプリ は、別枠の記事で書いています。




はいふり  

武蔵が錯乱して教師の艦がやられ、はれかぜも危険に。
戻ってきたミケを拾って、戦線から離脱。
謎ネズミの影響で電子機器がやられ、現在どの位置にいるか分からなくなる。
そうすると、機雷地帯に来ていた。 
機雷の除去作業をしていると、クルーが危険になりミケが助けに行く。


って感じかな。
うーん。 乗り切れない。
単純に、話の作りが致命的なまでに好みじゃないんだろうなぁ。
全く何やっても面白いと思わないんだもの。
ダメだ。 話が頭に入ってこねェ!!

なんというか、主人公のミケちゃんを艦長にした事が間違いな気がする。
何で艦長自ら、自分の船をほったらかしてどっか行くの。
責任ある立場の行動じゃないよね。 

副艦長の言う通りなんだよ。

切り込み隊長的な前線に出る役職にするべきだったと思うな。
人助けは尊い事だと思う。 しかし、艦長自らやるべきではない。
ミケちゃんのキャラクターは良いだけに、
艦長という役職が邪魔をしている。 評価しづらい。



リゼロ  

襲撃者レムにあらぬ疑いをかけられ、スバルは殺されてしまう。
3度目の死を迎え、4度目の朝。 
心が折れたスバルは屋敷の者が怖くなり、ベアトリスに協力を依頼。
5日目の朝を迎えたが、スバルが死なない場合は何故かレムが死んでいた。

何も喋る事が出来ないスバルはやはり疑いをかけられラムの恨みを買う。
屋敷から逃げたスバルは自殺しようとするが、5度目は無いかもしれない。
うなされていた時に握られた手、レム・ラム姉妹を思い出したスバルは、
未知の領域である5度目の「死に戻り」に賭けてダイナミック自殺。


うん。 ちょっと君、面白すぎない?
7話目にして、とんでもない盛り上がりを見せた。
最初の3話はそれなりに面白い程度だった。
というか、欲張りな設定のせいで胃もたれ起こしてたし。
3話以降、尻上がりに面白さが増していく。

自分を殺した相手を助けようと思うだろうか。
せっかく拾った命を、殺した相手のために投げ出せるだろうか。
否、断じて否。 スバルもぶっ飛んでるね。

ただ、今回は色々失敗したルートだと思う。
2話で、エミリアを魔女の名で呼んで恨みを買った時のような。

スバルが死ぬ時の犯人は、多分レムかラムのどちらかなんだよ。
なのに、今回は何故かレムが死ぬという・・・
屋敷の中に犯人がいる茶番だと思うんだけどなぁ。
ガチで第三者の襲撃はありえるのかな。

能力を他人に話す事を封じられてるし。
能力は嫉妬の魔女からもらったものなんだろうな。
魔女でもないと他人に能力は授けられないか。
難易度上がったけど、大丈夫なのかこれ。
面白いけど、半端な解決法じゃ納得出来ないよ。
どうやって解決するかすげー気になる。 



ふらうぃ  

茜さんに弟子入りしようとする妹。
茜さんの簡単な魔術講座。
笑い上戸と泣き上戸になるおかしなお菓子を作る事に。


という感じか。
安定感あるなぁ。
ゆるくて良い。 たまに出る魔女要素。
感想を書きづらい。 
茜さんがしばらくいるようで何よりだ。 



坂本  

小学生の遊びすらスタイリッシュ! に物理法則を超越してくる坂本くん、
盗撮少女と心霊写真そして心霊現象もスタイリッシュ! に受け流す坂本くん、
学食メニューのナポリタンをサブリミナルで流行らせる坂本くんの3本。


坂本くんつええwww
アニメになったからこその面白さもあるな。
動く、そして音楽が付いた事により退屈させられない。

劇伴がいいなぁ。 
音楽がすごい良い味出してると思う。
単調なシーンでも、彩りが生まれている。
坂本くんのテーマ曲的なやつ、すごい印象的でカッコいい。



うしとら2  

海底に沈んだ潮は、とある人物の長い人生を追体験する。
白面の者に偶然選ばれ、呪われた子供として生きた人物。
白面を育て生み出してしまった人物であった。
その人物は死ぬ事はなくなり、獣の槍を使って字伏となった「とら」だった。


という感じやね。
ついに、この話をやる事になったか。
キンクリされて、話の積み重ねが無くなったけど、
話のクオリティは高いんだよなぁ。

尺が無い所だけがクソなだけで・・・ 

実際、藤田先生はキャラの作り方上手いよね。
印象付ける話作りも上手い。 
共感出来るかどうかは別として・・・

やっぱうしとらはすごいんだよなぁ。
多分一番ファンも多いしね。 何故3クールとか中途半端な枠でやったの?
分割で何故4クール出来なかったの?



ジョジョDU

康一くんは、由花子さんという可愛い女の子に愛の告白をされる。
しかし由花子さんは、思い込みが激しく愛が重たい恐ろしい人物だった。
由花子さんに拉致られ教育を受ける康一くんは一体どうなるのか!


という話。
やっぱり由花子さんやべえwww
アニメになる事で、ヤバさが分かるというか。
漫画の時も引いたけどさ。 動くとすごいね。

教育ママってヤバいよね。
自分が正しい。 ってどうして思えるんだろう・・・
って思ったけど、そう思わないとやってられないか。

能登さんの熱演もあって、素晴らしいヤバさだった。
最近の能登さん怖いお姉さんの役を結構見るようになってきた感じある。
由花子さんはヤバいけど、康一くんというチョイスは素晴らしい。
人を見る目はある。







では。  アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示