思い込みの力と衝動性の怖さ ~選択はギャンブル~

クッソォォォッー!! ギャンブルに負けたァァァー!! (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。


今日はそうだな。
一つ特大のネタが出来たので。

私は、ADHD(注意欠陥・多動性障害)なんですけどね。
障害特性として、「不注意」「思い込んだら変えられない衝動性」
があります。 あと、多動性は貧乏ゆすりが激しいです。


この私の抗えない特性が大前提としてあります。
多分ここを日記帳として使ってるので・・・ 
色々な失敗談のネタを書いていたと思うんですが・・・

大抵、失敗の原因は「不注意」と「思い込んだら即行動(相談出来ない)」
という点に尽きます。 


で、事件は今日の晩飯の時間で起きました。
最悪な事に、私と弟マーク2 の飯を食う時間がほぼ一緒だった。
というか、私が先に飯を食ってた。  

父が買ってきてくれた弁当があったんですが・・・
「同じもの」で、「弁当の量」が違うという些細な点が違いました。


で、私の「不注意」と「相談出来ない衝動性」が発動します。
手に取ったものを食おう(同じものだから問題ないはず)。
と思ったんです。  しかし、「量が違う」という決定的な違いがあった。

確認しなかった私が悪いんですが。  


まぁ、私は少食なのに、量が多い方を(何の疑問も持たずに)食べてた。
という結果となりました。  
まさか同じだと思ってたのにそんな些細なトラップがあったとは。

弟マーク2 の指摘で気付きましたよ。 
私に必要なのは、事前の情報だった。  
「弁当」があるという事実は知ってたけど、「量の違い」という
情報までは知らなかった・・・  



量も同じだとばかり思い込んでました。
まぁ、手にしたのが少ない量の方だったら良かったんですけどね。
しばらくショックで、かなり精神的なダメージが大きかったんですが。

結論としては、「ギャンブルに負けた」。
運が良ければ、失敗せずに済みましたから。  
2分の1なのに、普通に失敗したからアレですね。 
50% だから、分の悪いギャンブルではあったんですけど。
私、ギャンブル弱いんだよなぁ・・・  本当に引きが弱い。



確認しない私が悪かったんですけどね。  
食い物関係で失敗する事って結構あってな・・・ 
ショックでかいんですわ。  

もう、そういう病気だから仕方ないじゃないか!!
って、病気のせいにしておかないとやりきれないよね。

病的なまでに実害があると、障害と判定されます。


失敗談は、ネタに出来る。  
とりあえず、ブログのネタにはなったから良かったです。
ツイッターでもかなり荒れてました。  

この抗えない衝動性がヤバいんですよね。
相談せずに行動するせいで、仕事でも何度も失敗しました。
「Q. なんで相談しないの?」
「A. そういう障害特性を持っているからです。」


思い込みの力って怖いですよねぇ。
障害のせいで、失敗から学べないんだよなぁ。 
しばらくすると失敗した事忘れて、また似たような失敗をすると。

しばらく考えて思った事としてはだな。 
私は、自分で出来るぞ! 分かるぞ! って思った事は衝動的に行動する。
って結果に陥りやすいと考えている。 


自分の判断だけでは分からない事は聞いていた。 
まぁ、聞くの面倒で、突発的に行動してめっちゃ怒られてたりしたんだけどな。
分からない事があった方がまだ聞いてる確率高いわ。
ただ、何回も分からなくなると、聞くの面倒になるんだよね・・・


お題的なものでもやろうと思ったけど、
完全に一本ネタが出来たので良いです。
今日はここまで。  




では。  アディオー!


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示