大人の言い分なんてどうでもいいんだよ

新しい朝が来た。 仕事が始まる朝だ。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
月曜でした。  

今日はですね。  
4月のラスト週か~ と思ってました。
なんかいつもより早く起きてしまったので、ぐったりしてました。

なんか頭がボーっとしていて、起きる時間忘れてたんですよね。
8時半くらいにアラーム鳴らしてるんですけど、
8時くらいに起きちゃいました。  目が覚めてしまったんだ。 


で、起きてから8時半に起きるんだった・・・ と気付いて。
8時半まで寝てました。 机に座りながら。  
座りながら寝る時の欠点は、腕が超痺れるという事ですね。


仕事の方は普通かな。  
特に問題も起きず。  仕事終わったから仕事下さい。
って感じで、仕事をもらってやってました。 
 

一応仕事ぶりを評価してもらってるという事なのかなぁ。
まだまだペーペーなので、何もかも分からないんですけどね。
挙動不審なので、変質者だと思われてないかが心配です。

障害者向け施設なので、大丈夫とは思いますが・・・
周りも良い人達ばかりですし。  
家の近くに、良い所があって良かったですわ。  
長く働いていきたいですね。  基本的には問題ないし。



明日は病院の日なんですが、
遅い時間しか取れなくて。  夕方に病院に行きます。
だるい事この上なし。  ファック!  

遅い時間だと、次の診察も遅い時間しか取れないジレンマ。
明日と、次が連休明けになるので地獄が予想されますね。


ジャンプ感想のコーナー。 
ネタバレ注意っす。  


週刊少年ジャンプ 21・22合併号


ブラクロ
海底へと入ったアスタ達。
海底にもフレンドリーな人達がいた。
魔石を持っているのは司祭のようで、
何かゲームのようなものを持ちかけられる。

軽いノリでわろたw
ギャグバトルだから、これくらいでいいと思うけど。
意外とアホみたいな話から、発展してく場合もあるからな。
しかし、変化魔法が使えるグレイってどんな人だったか覚えてねぇ。

ヤンキー先輩(マグナ)、痴女先輩(バネッサ)、食欲さん(チャーミー)、
バトルマニア(ラックだっけ?)、シスコン先輩(ゴーシュ)
だったっけかな。
名前が覚えられない系の人だから困る。


ハイキュー番外編
体育祭のような。
リレー対決があったが、
バレー部の職業病が出てしまった。
バレー部の後輩やべぇな。

本編。
音駒VS戸美の続き。
戸美は蛇のようないやらしさがある。
審判の判定を味方につける。

うーん。 
流石にだれてきたかな。 
じっくりやるのは良いけど、
引き伸ばしのようにも思える。 
音駒には勝ってもらわないと困るしね。


ハンタ
闘技場。
ヒソカVSクロロのデスマッチが始まった。
複数の能力を使うクロロは解説をしてくれる。

クロロってどんな能力者だっけ。
完全に脇道だよね。 
ヒソカVSクロロの話は、今必要なんだろうか。
今やらないとやる機会が無くなるなら仕方ないけどw

いつ休載するか分からない作品で、脇道に逸れられても困る。
ハンタが載ってるジャンプは売れるだろうから、
仕方ないとは思うけど・・・ 
売れる作品でもないと出来ないよね。 
ダラダラやらないならオッケー。


サモナー
てっしーは壁の落書きの清掃をする。
そこには、友達がいない内気な人の書き込みもあった。
サーモンの手により、内気な少女が好きな事が出来るようにされる。
少女は色々と影響されやすいようで、サーモンを完コピした。

なん・・・ だと・・・?
サーモンが主人公っぽかった。
彼は決して善人ではない。
だからこそ、救える人もいるという事か。
自分の領分を分かってる感じだよね。

初期だったら、サーモン調子に乗んなカス。
って思っただろうけど・・・
よくズタボロにされてる現在のサーモンなら、
これくらいはいいかも・・・ と許せるようになった。
これが左門マジック。 ナイスだクソ野郎! (中指


ナルト外伝
ボルトのいるチームの一人であるミツキは、
大蛇丸の子供だった。 
記憶を消され、普通の人間ではないミツキは、
仙人の力を使って外へ飛び出した。

いまいち話がよく分からなかった。
大蛇丸は相変わらずえげつないなと。
「自分がやる。」んじゃなくて、
子供に託すようになったのは成長なのかな。


暗殺番外編
今回でラスト。
借金をこさえていた盲目の女性。
彼女も殺せんせーを金目当てで狙った人物だった。
しかし、人智を超えた殺せんせーのチートは強かった。

まぁ、意外性があったような予定調和だったような。
悪くはないけど、良くもない。
やりたかったけど本筋まとめる事に忙しくて出来なかった。
って感じの事なんだろう。 

力も使い方次第。
正しく良い事に使いましょう。

って感じの事がテーマかな・・・
最後まで、殺せんせーTUEEEwww な作品だった。
嫌いじゃないんだけど、なんか乗り切れなかったな。
何故だろう。 分からない。


ゆらぎ荘
コガラシは、珍妙な術を使われ、
ボディソープに変化されてしまう。
女湯で、自分が使われてしまい女体天国。
いつも通り、天誅を食らわされた。

なんか、とらぶるとかでありそうな展開だ!
とらぶる枠だなこれは! 
人智を超えた展開によるエロ。
悪くはないと思う。  
とらぶるだこれー!? (ガビーン
という感想に帰結する。


ワートリ
玉狛第二VS柿崎隊VS香取隊の続き。
玉狛のペースのままだ。 
ワイヤーを操る修は弱いが、千佳のアシストもありすぐ潰されない。

スナイパーがいないと、大砲がヤバ過ぎるwww
玉狛第二の新たな戦術いやらし過ぎるでしょう。
これは相手すんの面倒だわw 
二宮には勝てるビジョン浮かばないけど。 
B級中位には普通に通用してるな。

人体じゃないトリオン体だから切断しても大丈夫だもん!
という、謎のグロさがある。
私、断面図ダメなんや。 
普通にバラしててわろた。 思い切り良すぎるw

いや、グロいけどグロ過ぎないから、
血も出ないし、僕もボーダーになって、
人の首飛ばしたり真っ二つにしてみてぇー!
って思うくらいのアレです。 


ソーマ
ソーマは四宮先輩との修行を思い返す。
ソーマの持ち味は、常人には無い発想。
ビックリ人間な所である。

四宮先輩の株が上がる話だった。
ツンデレメガネ四宮先輩いいな。
これはソーマ勝つ流れだ。
それじゃないと多分面白くない。 
疾駆先生真面目に滑るからなぁ。 


銀魂
銀さんVS神威。
空っぽな者と空っぽな中に何かが入った者。
銀さんは最強には程遠いが、それでもこの男は折れない。
強いだけの夜兎には無い凄みがあった。

肉体的には追いつかなくても、
精神的な部分で上回るって感じかな。
銀さんの底知れなさよ。 

失う怖さ、重みを知っていて、
それで得たものも知っている。
敵は己の中にいる。 
決して折れない怖さがあるという事かな。








では。  アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示