死を運ぶ八咫烏の首領参上

やっとクレカが届いたZ!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。  

今日はそうだな。 
仕事はまぁ普通でした。  
帰りに整体寄ってきましてね。  

マッサージされてる最中は、どうもゲップが出ない・・・
という危機的状況だったんですが。  
今日はなんとか出たので、休憩タイムは3分程度で済みました。
ゲップが出ないと、気分が悪くなるからなぁ。 ツラいのよ。



で、クレカの問題。  
即届かずに、本人限定の通知が届きました。  
郵便局に届いたから連絡よこせ。 っていう感じのやつ。
本人以外が受け取るのはダメみたい。  


面倒でしたが、電話しました。  (半ギレ
今日届けてもらう方向で頼みまして。
これで後日になったらブチギレでしたね。  
なんとか、クレカ届きましたZ!

DMM のキャンペーンは15日までだったので、
ギリギリアウトでした。  悔しいZ!!
まぁ、またどっかでキャンペーンやるでしょう。  
DMM だと、クレカ登録すれば、500ポイントもらえるしね。


そろそろ手に入れておく時期かなと思いました。  
10日くらいかかりました。  
長く苦しい戦いだった・・・  郵便局不信がありましたし。


銀魂感想に入ります。
ネタバレ注意っす。


銀魂4  第49話  「業」


黒縄島。 見廻組局長:佐々木異三郎も謀反人である事が明らかに。
見廻組と奈落が抗戦を始める。  

信女は見廻組全員に通信をする。
これより奈落を牽制しつつ、退却をするようにと。 
本物の死神(からす)がやって来る。

総悟、信女、神楽の所へ、異様なオーラを放つ男が登場。
3人がかりでも、全く歯が立たないほどの圧倒的な強さを見せる。
その男こそ、天照院奈落:先代首領にして天導衆の一員:虚(うつろ)であった。

真選組も撤退の合図が出た。 
黒縄島にいる真選組・見廻組の全員が撤退を開始する。
奈落は邪魔してくるのだが。

虚は圧倒的な力で、周りの戦士達を蹂躙する。
銀さんは、虚の乗っていた船のビームの余波で生き埋めになっていたが、
そこから虚へ攻撃を開始。  
圧倒的な虚の剣にギリギリで反応をしている銀さん。 

そう、それはかつての敗北の記憶。 
虚の剣さばきを知っている。 
銀さんのかつての師:吉田松陽と、虚がダブる。 
銀さんは全員の力を使ってなんとか虚を斬るが・・・ 
虚の傷は再生していく。  天に抗う限り、かつての師を斬る運命らしい。

銀さん達は撤退する。  
虚は・・・ あの男は一体誰だ?
それは、松陽先生であって松陽先生ではない存在。



って感じですね。
さらば真選組篇も7本目だったっけか。

60、61巻収録です。 
61巻ラストで、「さらば真選組篇」は終わりです。

アニメも3月末で終わりみたいですからね。
なんとか終わりまでいけそう。 

次回がこのエピソードのクライマックスかな。
今回の原作消化は、4本半でした。


今回のメインは真選組と見廻組のトップメンバーですね。
万事屋メンバーはオマケです。  

今回、ついに衝撃的な設定が明らかになるんですよね。
将軍暗殺篇では、銀さんが松陽先生を処刑する事になった事が明かされ、
さらばの方では、松陽先生は不死身の怪物である事が明かされ。


虚の詳細な設定に関しては、さらばが終わってからです。
アニメ4期ではやれないですね。  
原作62巻からの話に載っているので、気になる方は読んでみて下さい。

松陽先生に、山ちゃん(山寺宏一)がキャスティングされたんですけど。
昔からなんですよね。 ここまで考えられていたのなら、意味深ですよね。
山ちゃんボイスすごいですよ。  

松陽先生がラスボスとか無いでしょ・・・ とか思ってましたけど、
普通にラスボスクラスになってしまいました。  
死んだけど死んでなかったぜ! って、なんでやねん!
ですけどね。  とんでもない怪物なんですよ。






では。   アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示