無能将軍の大量粛清 ~転倒でマジギレ~

怒りが有頂天になった。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。

今日はね。 
最悪でしたよ。 

今朝いきなり、家の前で転びました。
完全に滑りましたね・・・

カバンが雪に付きました。
ちょうど無防備な所を狙われた形ですね。

ウォークマンで音楽聞くために、
イヤホンを付けようと思いながら軽く歩いていた所で
すっ転びました。  ぶち殺されたいのか。


で、この時点で怒りが沸々と湧いてるんですが、
地下鉄駅に向かって歩いていたら、また横に滑りました。
同じ転び方を2回するという。  ブチギレですね。

怒りで周りが見えなくなってて、足元がお留守になっていたようだ。

怒りで頭に血が上って、カバンを叩き付けましたよ。
そこらへんにあった雪山蹴っておけばよかった。

すごい蹴りたい気分だったから。  

雪山くらい蹴っておけば良かった。 
やらない後悔ってでかいね。
ちょうど人もいないくらいの時間だったし。
他の家とか施設の所はアカンけどな。

今日は2回も転んで、股関節が今痛いというくらい災難でした。
今年に入ってまだ1ヶ月ちょっとですが、3敗しているようだな。 
2日続けて転んだので、怒りで我を忘れましたね。 



今日はブチギレたくらいしかネタ無いな。
明日に面接日がズレたので、事業所に連絡して聞いた所、
履歴書の日付二重線で訂正しても大丈夫との事だったので。
履歴書無駄にせずに済みました。  

あとはデイケアでゆるゆると過ごして、
整体寄って帰ってきました。  


銀魂感想に入ろう。
ネタバレ注意っす。


銀魂4  第43話  「鬼が哭いた日」


茂々将軍が暗殺された。 
国を上げての国葬が行われる。
真選組は局長の近藤さんを除き、隊士は警備を任されていた。

新将軍となった喜々は、
茂々派を続々と粛清していく。
将軍を死なせた罪を被せられたのは、
警察庁長官:松平と、真選組局長:近藤さんの二人。
二人は、斬首刑を言い渡される事に。
新長官には、佐々木が選ばれた。 

銀さんは、真選組屯所に呼ばれる。
そこでは、局長の近藤さんが一人で稽古をしていた。
真選組局長と攘夷志士の白夜叉が二人で酒を飲む事に。
こういう時でもないと飲めないからと。 

銀さん、近藤さん、そして今は亡き茂々将軍の三人で飲む。
そして、近藤さんは見廻組に連行されていった。
他の隊士がいると、暴動が起きてしまうため、
近藤さんは部下を別の所に移動させていたようだ。 

真選組は解体され、散り散りになってしまう。
現在では、喜々派の警察しか残っていない。 
真選組副長の土方さんは、同心:小銭形の元へ配属された。
張り込み最中にイヤな夢を見る。  近藤さんが斬首された夢だ。

真選組のメンバーは、大将を救うために暴動を起こそうとする。
副長である土方さんは、部下を守るという責務があるため、
止める事が出来ない。  
近藤さんが斬首されるまで、あまり時間は無い。 



みたいな感じかな。
「さらば真選組篇」がスタートしました。
59~61巻びっちりやる話です。  


今回もシリアス長編。  
銀魂は終わるための準備に入り、
伏線回収を行っている段階です。  
まぁ、分かりづらいんだけどね・・・  


さて、喜々政権になって、
茂々派がどんどん粛清されるという話なんだよ。
で、近藤さんが有罪判決を食らって逮捕、
処刑まで時間がありません。  

今回の、近藤さんの斬首シーンは、
本誌で読んでても、叫んでしまうほどの衝撃シーン。
一応、土方さんの悪い夢なんですが・・・


銀魂完結篇の別ルートだったりするのかな? みたいに思ってました。
まぁ、今回も重たい話ですが、最終的に面白くなりますよ。

コミックスを確認するとだな・・・
一応原作2話分なんだけど、
なんかやっぱり細かいセリフカットされてるな。

一応ギリギリ分かるけど、そのセリフあった方が分かりやすいんじゃない?
ってセリフが多分カットされてる。
なんかコミックスで確認すると、ちょっと残念だな。

3月末までで、9話は出来そう。  



では。   アディオー!

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示