悪路木夢砕のネタをいつやるか?今でしょ!

今日は両親の結婚記念日でした。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。

今日はそうだな。 
宿題やりたくねぇ・・・
って言いながらやってた感じですね。 


診察は結構時間が押していました。
1時間待ちくらいになってました。 
とてもだるかった・・・
で、整体に寄って帰ってきました。


今日は両親の記念日だったようで。
とんかつ屋のロースカツ弁当を食いました。
結婚26年経ったみたいですね。 
平成元年に結婚式挙げたみたいです。 
 


銀魂感想に入ろう。


銀魂4  第33話 
 「担当編集は一人で足りる/Gペンは気まぐれ屋さん丸ペンは頑固者」



前半。
極悪囚人だった鯱は、漫画家の夢のために模範囚となっていた。
銀さんと鯱で、共同PN「悪路木夢砕」を使って漫画を描いている。
そんな鯱が、刑務所にある医務室で漫画を描いていると・・・
自分の漫画を読んで面白いと言ってくれる、成滝先生という女性に恋をした。

囚人と医務室の先生なので、あまりにも違い過ぎる。
女性経験も無い鯱なので、ものすごいビビっていた。
銀さんの勧めで、漫画を使って告白しようとする。 

しかし、先生は自分が告白されている事に気付かず、
作品内の話だと勘違いして、どんどん話がカオスになってきてしまう。
作中の先生が死んでしまい、意味が分からなくなった。
巻末コメントで鯱は告白したが、成滝先生はすでに結婚していた・・・

後半。
刑務所の面会室で、銀さんは衝撃の事実を鯱に教える。
悪路木夢砕のジャンプデビューが決まったのだ。
ギンタマンの作者が逃げたので、代理原稿という形で載る事に。

しかし、地獄のスケジュールが待っていた。
明日までにネーム原稿を、ペン入れした完成原稿にせねばならない。
鯱は一人奮闘するが、全く終わらない。 
そんな鯱の所に、監獄から連れてきたアシスタント、悪路木組が登場。
皆、ただのパンツ泥棒だった。 

銀さんと悪路木組で原稿をなんとか仕上げる事に。
ペン入れだけならなんとかなると思ったが、
パンツ泥棒達は、パンツを描き足すアホな事をやっていた。
なんとか原稿は完成したが、大事なページは顔が隠れていた。
 


って感じでした。
銀さんと、漫画家囚人:鯱の「悪路木夢砕」の話です。
47巻、50巻収録の話でした。 

まぁ、元ネタは、バクマンのサイコーとシュージンの
共同PN「亜城木夢叶」のパロディです。 


バクマンの実写映画が今公開されてるので、そろそろやるべきでしょw
って思ってたら来たよ! まじかー。  
パクマンをいつやるか? 今でしょ!! って感じでした。


バクマンがやってた頃に多分やってたからなぁ。
バクマンが終わった今、鯱のネタも無くなりましたからね。

今シリアス長編やってるし、終わった後にギャグ回やってくれるのかな。
来週のギャグ回の後は、シリアス長編が始まります。 


今回もギャグ回なんで、セリフコーナーはお休みです。
まぁ、面白かったわ。 
来週はギャグ回と良い話の2本立てっぽい。



では。  アディオー!



スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示