アフロじゃない、カツラだ!!

柱じゃない、桂だ!!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。

今日はそうだな。 
とりあえずあんまり体調良くありませんでした。
腹痛はあったし。  だるいし。


診察の日でした。 
体温測ったら、少し微熱でした。
なんか、夕方頃から身体がぽかぽかしてました。


あとはネタも無いので、銀魂感想に入ります。


銀魂4  第29話  「生と死のアフロ」


ヅラは、真選組に新人として入るための試験を受けていた。
剣術の腕は申し分ない。 逸材として見られていた。
変装のため、ヅラは桂ではなく、柱(はしら)アフロウと名乗っていた。
そこで、真選組三番隊隊長であり、アフロの狼と呼ばれている
斉藤終(しまる)に目を付けられた。 

ヅラは、真選組の試験に合格し、
三番隊の副官となる。 
三番隊は、アフロ隊長しかいない沈黙の部隊と呼ばれていた。
何でも、局中法度に背いた組織の離反者を粛清する特殊部隊らしい。

ヅラが万事屋に相談に来ている所に、
アフロ隊長がやってきた。  
極度の無口で何も喋らなかったが、トイレを借りに来ただけだった。
そして、万事屋に依頼書が置いてあった。

アフロ隊長は、ネガティブで喋るのが怖いという、
とてつもないシャイなキャラであった。 
極度の緊張で、腹をよく下してしまうため、トイレによく行くらしい。
己のキャラを見直すために、万事屋に相談しに来たようだ。

友達になりたい人を日記につけていたら、
やましい心を持った仲間が離反して、それで仕方なく粛清していたらしい。
仲間をもう斬りたくないようで、友達になれるのはヅラだけだと思ったようだ。
ヅラは、真っ先に斬らなくてはいけない攘夷志士である事を彼は知らない。

銀さんはアドバイスとして、笑顔を提案するが、
喋りが慣れていないアフロ隊長は、笑顔も凶悪だった。 
ヅラはアフロ隊長の命を狙っていたが、なんとかなった。
アフロ隊長は、エリザベスと仲良くなっていた。 
ヅラの真選組乗っ取り計画は頓挫したかに見えたが・・・
1ヶ月後、真選組の三番隊はアフロになっていた。  



って感じでした。
真選組の名前だけ出ていたキャラ、斉藤終の登場回です。
55巻収録でした。


変装の名人であるヅラが普通に潜入出来てる所に笑いますねw
色々な所に潜入しているからなぁ・・・
バレてる時もあれば、ボロが出ない限りバレてない事もある。

昔に、山崎が攘夷志士の試験を受けるために潜入した話がありましたが・・・
今回はその逆ですね。
真選組ガバガバやん・・・ とか思ったりした。 
今の所、柱がヅラって気付かれてませんからね。 



今回のアフロ潜入編に入る前に、
原作ではマダオが証明写真撮る話が入るんですが・・・
これをやって欲しかった・・・  

一応、この話が前フリみたいな感じだったのに・・・

佐村河内氏のネタとかあったから、
時事ネタとして古いから無理だったりするのかなぁ。
アニメ化無理かもしれませんね。  


今日はこんな所で。
銀魂面白かったです。




では。   アディオー!


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示