2017年05月02日の記事 (1/1)

【再掲】かたわ少女(エロゲ)感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
月曜でした。

今日はそうだな。
ジャンプの無い一週間が始まりました。 
ジャンプの発売日はたまに変動するので、
そこらへん把握しておきたいね。  



仕事はいつも通り。 
バカ話してたら楽しいですね。  
今日と明日仕事行けば、連休休めるので・・・
頑張りますよ。  結構疲れてしまった・・・
 

整体に寄ってから帰りました。
今日は、椅子に座りながら電気マッサージでした。
胸に対する圧迫が無いので、気楽ではありますね。 


ネタが無いので、エロゲ感想の再掲。  (2015年のもの
エロゲ「かたわ少女」(完全版、日本語バージョン)をプレイしまして。
まぁ、「かたわ」という名の通り、主人公、
ヒロイン共に身体のどこかに障害があるって事です。

日本人か外国人か分からないけど、
一人の描いた同人誌の妄想ページを元に、
一本のエロゲを作ってしまうという・・・
外国人が有志を集って作ったゲームなんですよね。
なので、最初に外国語版が出来て、日本語翻訳版もようやく出来たという。


かたわ少女の体験版をやったのは、2012年です。
で、完全版の日本語バージョンが出来たのが今年みたいで。 (2015年の事
テキスト量が多いので、翻訳に時間かかったみたいですね。


公式サイトは「こちら」から
 (無料でダウンロード出来ます)



架空の障害児向け学校「山久高校」という所を舞台にしたエロゲです。
ビジュアルノベル系ですね。
選択肢を選び、フラグを立ててヒロインルートに分岐させるタイプのやつです。

平凡な生活を送っていた主人公、中井久夫が女の子に告白された時に心臓発作を起こし、
長期間の病院生活の後に、障害児向けの学校へ転校し、
そこで新たな生活をし、5人のヒロインの誰かと恋人になるゲームです。




主人公とヒロインについて。

・主人公:久夫
 不整脈で稀に心臓発作が起きる。(デッドエンドもあり)
 よく死にかける。 

・笑美
 事故により、両足が無いが義足で走っている陸上少女。
 女の子女の子してる。

・琳
 (多分生まれつき)両腕が無いが、足で絵を描く芸術少女。
 すごく分かりづらい独特なセンスを持つ。

・華子
 幼少時の事故により身体の半身に火傷痕が残る文学少女。
 バッドエンドになりがち。

・リリー
 生まれつき盲目の金髪ハーフ少女。
 個人的イチオシ。

・静音
 生まれつき耳の聞こえない生徒会長。
 眼鏡っ娘。 

・ミーシャ(非攻略ヒロイン、エロシーンはアリ)
 手話を使う静音の通訳の女の子。
 静音を攻略する場合は主人公が手話を学ぶ必要があるが、
 他ルートだと主にミーシャが通訳してくれる。 

・岩魚子(冒頭だけ登場する非攻略ヒロイン、割と重要人物)
 最初に主人公に告白した女の子。
 ただ、その出来事が主人公の人生を大きく変えてしまう。
 名前の読み方は「いわなこ」らしい。
 すごい名前なので一応紹介。 

って所ですね。
結局概要だけで結構な文量になってしまったw



感想が長くなりそうなので、結論から書くとするならば・・・
フリーのエロゲとしては結構面白い部類だと思います。

R指定なので、勿論未成年はやっちゃダメと言っておきますがw
マイミクに未成年いたかどうか覚えてないけど。

昔は単なる好奇心でやってたんですがね。
精神をやっちゃって、心が折れて障害者手帳を取得するためにメンタルクリニックに
通ってる現状としては、感情移入度が半端ない事になりました。

人は決して、順風満帆な人生を送れるわけではない。
何が起こるか分からないのが人生である。
何が自分の人生を変えるか分からない。 そこが怖くも面白いような。


まぁ、結構なマニア向けのゲームなんですけどね・・・
普通の女の子がいないし。 全員が何かしらのトラウマ持ちです。
興味を持った方は是非プレイしてみて下さい。



・ストーリー&システム&キャラ
・音楽
・グラフィック
・総評

って構成で書きたいと思います。
ここからはネタバレアリの感想になります。



・ストーリー&システム&キャラ

面白かったです。
テキスト量は多めですね。 
そこそこスキップしたので、総プレイ時間は12~16時間とかそれくらいかな。


体験版ではありませんでしたが、
完全版では一度選んだ選択肢にチェックマークが入ります。
なので、選んだ選択肢かどうかは分かります。
そこらへんは便利でした。

シーン進捗率100%するの面倒ですが、
100%にすると、イベントCGに100%記念のグラが増えます。
システムは結構良い感じだったかなー。

Act1 の分岐と、琳ルートと、華子ルートが結構大変でした。

セーブ数の上限が無さそうな所も良かったです。
選択肢の数だけはセーブしておきたかったので。

選択肢前でセーブ → まずはバッドな方の選択肢を選択し、次の選択肢でセーブ
→ 一つ前の選択肢に戻って正しい選択肢を選択 → 繰り返す

って感じのプレイスタイルでやってます。
56個くらいセーブデータ作りました。


私がプレイした順番は、
静音 → 琳 → 笑美 →華子 → リリー
という感じ。 好みではないキャラから先にプレイしていくやり方です。


面白かった順番で並べると、
リリー>静音>華子>笑美>琳
って感じでした。

基本、バッド、ノーマル、グッドエンドがある感じですね。

エロシーンで比べると、
リリー>笑美>静音>華子>琳
って感じです。


琳ルートは、かなりやきもきさせられます。
意味分からない女の子を好きになると大変そうだなぁ。
笑美ルートは恋人になるまで早いんですが、一線を越えるのがすごい大変でした。

静音ルートは、ミーシャと静音の仲に溝が出来るのがキツかった。
けど、ラストがかなり良かったです。
ミーシャを選べないのがキツいですね。
華子ルートはデリケートで、バッドエンドになりがちでしたがラストが良かった。

リリールートはとにかく良かった。
華子ルートと重複した展開ではあるけど。
恋人になる所から分岐してく感じ。
ラストのグッドエンドがバッドエンドかと思うくらい心臓に悪かった。



・音楽

良かったです。



・グラフィック

絵はそんなに上手くないし、
安定感は無いんですけどね。
よく頑張っていたと思います。

ハイクオリティではないにしろ、グッドな感じのクオリティでした。



・総評

まぁ、こんな感じで。
面白かったです。

点数を付けるなら、「82点」って所かな。
前半で気力を使い果たしたので、
後半すごくサラッとまとめました。



では。 アディオー!
スポンサーサイト