2017年01月の記事 (1/4)

外付けHDDをテレビに接続したとか今週のジャンプ感想

せっかくテレビが変わったわけだし。 (挨拶)


はい。  こんにちは。
月曜でした。  

この前テレビを買い替えたのでね。
前のテレビ、もはやうんともすんとも言わないレベルで壊れてたらしいよ。


テレビにUSB接続して、HDDに番組を録画出来るようになったので。
私が去年8月ごろに買った外付けHDD(1TB)をフォーマットして、
テレビに接続して録画出来るようにしました。

しばらくは、昔買った250GB のHDDでいきます。
250GB だと少ないけど、1TB は多過ぎた。
テレビ番組を録画するのだと、約90時間くらいは録画出来るみたいです。
しかし、あのHDDを買ってから半年近く経過してるとは思わなかった。
3ヵ月くらいだと思ってた。 


半年近く放置しても動くHDD には感謝ですわ。
すぐ壊れられても困るけどね。  
どこのメーカーかも分からないクソHDD を買った時は、
結構早くに壊れたからなぁ。  「2011年1月」でした。
もう6年くらいは前になるのか・・・
今使ってるHDD も、同時期だった。 すごいな。



まぁいいや。
月曜なので、ジャンプ感想に入ります。
ネタバレ注意っす。


週刊少年ジャンプ 9号




大銀魂展

銀魂の展覧会、地方にも進出らしい。
8月には札幌来てくれるみたいだから、
行こうかなー。



銀魂

今回の巻頭カラー。
連載13周年突破。 つまり14年目。

本編。
かぶき町防衛線。
キャバ嬢が人質に取られた。
ナノマシンを使った犯人捜しで、ヤクザ、ホストが名乗りを上げる。
キャバ嬢達はビルから突き落とされるが・・・
そこに現れたのは、かぶき町の元番人:泥水次郎長!!


って感じ。
はい。 かぶき町四天王篇で泣いた私が来た!!
最高のタイミングで帰ってきやがってwww
次郎長親分好きなんだよね。 お控えなすってぇ!!
四天王篇はもう何年前だ。 

巻頭カラーで盛り上がる展開持ってきたなー。
最終章が本当に盛り上がる展開が多くてたまらん。
いつ終わるのかは分からないけど、今年中には終わりそうだしな。




ボルト

ボスと戦うボルト達。
影縛りの術で、ボルト以外動けなくなっていた。
ボルトは螺旋丸を発動。 ボルトの螺旋丸は消える魔球だった。
ナルトの協力で、巨大な螺旋丸を作り、ボスにぶちあてる。


って感じかな。
前の話忘れたわ!w
月1 だと覚えていられないな・・・
体調に問題が無いのであれば、月に2回くらいは掲載して欲しい。
週刊誌で月1連載はちょっと・・・ 病気の人以外お断りだわ。


親子螺旋丸はいいと思う。
敵がいつも通り魅力ないんだけど。
主人公を演出してくれればいいのかな・・・
岸本先生の絵柄に慣れてるから、この作画担当の絵柄に慣れない。
岸本先生っぽさ出せないんだから無理すんな。



芸術高校映像科

今回の読切。
複雑な家庭で育ち、映画ばかり見ていた少女がいた。
少女はとある芸術高校の映像科に入る。
そこの教師は、売れない映画監督で、自分の表現したいものを撮影する男だった。
映画監督に連れまわされ、少女が到達した映像は、
自分と母の対話を撮ったものだった。


って感じかな。
なんというか、難しい話だ。
いまいち掴み切れない。 

ジャンプっぽさが無いね。 別の雑誌なら成功するんじゃない?
何故ジャンプに来たんだ・・・
漫画だと、大体ハードな家庭環境のキャラが出てくるけど。
普通だとネタにならんからなの? 



ブラクロ

無属性の男が、
魔力を吸収してアスタ達を攻撃。
マルスとファナは倒れる。 
アスタは、空に舞う無属性の男に
魔力を吸収する剣を突き刺して自滅させた。


って感じかな。
カズレーザーのキャラが濃いなw
意外と強キャラだった。 
しかし、パスタさんの前では・・・
そういえばアンチ魔法と、魔力吸収の剣があるもんな。



サモナー

ネビロスは受肉しようとしたが、
小さいプラモしか素体が無かった。
猫の素体があったので、ネビロスは猫に受肉。
猫の橋下っちゃんと仲良くなり、猫好きのサーモンと出会った。
ゴビニャンと名付けられたネビロスは、
猫好きのサーモンのいたずらを止めたら好青年になった。
が、バイト先の店主がネビロスを待っていた事とかに気付き元に戻る事にした。


サーモンは決して悪人ではないんだよな。
猫が好きという少年なんだよな。  (腹立つけど
プラモクソワロタwww
悪魔であれば、猫になるのも容易・・・ 便利設定過ぎる。

いやー、安定の面白さだった。
しばらくネビロスが人型を辞めててわろたwww
悪魔への迷惑が軽減したもんなw



火ノ丸

火ノ丸VS天王寺、続き。
技の掛け合いが続く。
両者共に、仲間との相撲で色々な手を出せた。
天王寺は強い。 一人では勝てない。 
だから皆の力で勝つ。 決まるか、百千夜叉墜。


って感じかな。
そろそろ決まるかな。
熱い流れが続いていくなー。



磯部

天草とお茶していたら、
モテモテの天草の矢が引き抜かれた。
正気に戻った天草は、奇跡を連発し、
徳川幕府を倒すために人を率いて反乱軍を成してしまった。
絶望した磯部が矢を投げたら天草の頭にヒット。
江戸は救われたで候。


って感じだな。
磯部はたまにミラクルを出す男。
この世界は意外と滅びないんじゃないか。



今週全体

ヒロアカはそうだな・・・
パックマン先輩が強かった。
技術を鍛え上げるのって大事だよね。


すじピンは、多分終わるなこれ。
まとめに入ったように思える。
円満終了ってのは、綺麗でいいんじゃないかな。

来週から新連載6連発らしい。
流石に6本終わるわけではないと思うけど・・・
ハンタとワートリの枠は空いてるわけだし。
4本は終わるかもしれない。

デモンズ、ゴラッソ、すじピン、アマルガム
辺りが終わりそうだなぁ。
ナンバーワンが終わったらツラ過ぎて爆散する。
ソーマはいつ終わるのん? 円満終了でいいから展開巻いていけ。


べるぜの人と黒バスの人が復活かー。
どうなるだろうね。 







では。  アディオー!
スポンサーサイト

魔法使いの未来は続く、あとエグゼイド感想

突然の吐き気!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。

今日というか昨日はですね。 
色々楽しみな事が出来て妄想とかしていたら、
突然の吐き気に襲われ、1時間眠れませんでした。  
思わず、吐き気止めを飲んだよね。  こういう不測の事態があるからなぁ。



少し眠るまでに時間がかかったので、
朝はちょっと地獄でした。  
なんとか起きる事には成功したけどね。  

しばらくアニメ見ながらツイッターで暴れて、
昼寝してました。

祖母の体調が良くないので、母が急遽帰省しました。
なので、今日明日はメシを買って食べます。


ニチアサ感想に入るか。
まずは、まほプリ。 今回で最終回。  

大学生になったみらいさんとリコだが、
十六夜の夜にもう交わる事は無いと思っていた二つの世界が交わる。
別の惑星で神のような事をやっていたはーちゃんも戻り、
モフルンも動ける魔法がかかり、昔の3人と1匹に戻れた。

いちごメロンパンを食べていると、
ドクロクシーから発生したスイーツ好きの怪物ヤミーが生まれていた。
みらいさん達は、中学時代のプリキュアの姿に何故か戻る。
ヤミーは色々な食べ物を食べては異世界に飛ぶ迷惑な存在になっていた。
バッティや、昔出会った人魚の子供達は、魔法学校の生徒になっていた。

パティシエの女の子と出会ったり、
チクルンにはーちゃんの魔法の杖を取り戻してもらったりして、
みらいさん達はプリキュアに変身。 ヤミーと戦う。 
彼の虫歯を治し、穏便に終わった。  
みらいさん達の日常は、これからも未来(あした)へ向かって進んでいく!



って感じでした。
お祭り回というか、次のプリキュアとのコラボ回でした。
最終決戦を前倒しでやってたからこそ出来た展開だねこれ。


まほプリは、日常を大事にする話だったからなぁ。
プリキュアとしての戦いは、前回で終わり。
そして、日常は決してこれからも終わらない。
っていう、なんかまほプリらしい終わり方でしたよ。


なんか最近やってる仮面ライダーのコラボ回みたいで笑ったw
プリキュアの場合は、映画オールスターズで共演するし、
世界観はそんなに違わない方が・・・ いいよな・・・
次の映画は、少し出すプリキュアを絞って、ムービー大戦みたいになるようだが。

いやー・・・ 途中までは微妙だと思ってましたが。
最終的に、めちゃくちゃ良い話になってて、おじさんビックリよ。
プリキュアおじさんになっていて良かったと感じるここ最近ですね。  

今年は、プリキュアおじさんをメインでやりたいっすね。  
まほプリは、多分毎週頑張って感想書いてたと思う。 ゴープリはたまにサボったからな。


エグゼイド。
永夢はバグスターウイルス感染者(ゲーム病患者)である。
ヒイロは永夢のバグスターを分離するため、屋上に呼び出しボコろうとした。
が、ニコから出てきたリボルバグスターがエグゼイドを守ろうとする。
どうやら永夢が、患者のニコのストレスになっているらしい。

そんな戦いに、ゾンビ社長が乱入。 
ヒイロとエグゼイドを蹴散らし、ヒイロのガシャットを回収。 
エグゼイドのガシャットも回収しようとするが、永夢の中のバグスターが
力を発揮し、ゾンビ社長を退ける。 

ニコは、永夢が大学時代にゲーム大会で倒した天才ゲーマーNだった。
ゲームに敗れた事で、永夢をずっと敵視してゲームで打ち負かそうとしていたらしい。
ニコは仮面ライダーになりたいと言うが、大我は猛反対。 
ゲーム医療は、単なるゲームではない。 一つしかない命を使って必死に戦うものだ。

ニコのストレスの原因が自分にある事が分かった永夢は、
大我に、ニコのゲーム病治療のオペ(リボルを倒す事)を依頼する。
大我は永夢のゲーム病をも治そうと、スナイプに変身する。

リボルと戦うスナイプの前に、ゾンビ社長とパラドがやってきた。
社長はゾンビゲンムに、パラドはパラドクスへ変身。
エグゼイドはパラドクスに、スナイプはゾンビゲンムに圧倒されるが、
エグゼイドを守ろうとしたリボルはパラドクスを攻撃。
パラドクスは怒り、リボルを倒し、ニコのゲーム病が治った。

ゲーム病が治っても、永夢に対して敵意むき出しのニコ。
大我と共に廃病院に帰っていく所を見た永夢と明日那は、
「先が思いやられる」と、憔悴した顔になった。



って感じですね。
永夢とニコの過去を明かしつつ、
大我の信念的なものも見えて、
そして大乱戦になるという話でした。  情報量多いんだよな・・・

ニコは見た目がダンサーだったんだがな・・・
鎧武のビートライダーズかと思ってた。
普通にゲーマーでした。  なんというクソガキ。
大学時代のゲーマーM もかなり調子こいてたからな。 


ニコも今じゃプロゲーマーみたいだけど。
エグゼイドの世界では、ゲーマーは職業みたいなものかな。
日本だとまだ理解されてなさそうだけどなー。  


ゲーム病医療をメインにした話であれば、
基本は人助けの話になるので・・・
色々細かい所に目をつぶれば、結構マシな話ではあったな。


もうキリヤが消滅するという、ゲームオーバーを見てるんだ。
初期永夢は、ゲーム医療をゲーム感覚でやっていたが。
2クール目は、ゲーム感覚でやってるニコが登場。
ゲームメインの話は、不快感が強いな。  


ヒイロ、大我が面倒なツンデレになってる。
なんでキリヤ消えてから、人間味が出てきてるんだよ!

1クール目の無意味に争わせていたのがクソ煮込みで私は無理ですね。

ゲーム医療は、素人が手を出していいゲームではないからな。
死ぬという大事な事を言わずに、このゲームは遊びじゃない!
って事で、ニコをライダー化させようとしない大我はいい奴だった。


ニコがライダー化したら、エグゼイド絶対殺すマンになるだろうからな。
確実にウザそう。  そんな展開は見たくないなぁ。


ニコが仮面ライダーに変身するためには、二つほど問題がある。
一つ目は、エグゼイド世界でのライダーになるためには、
 適合手術を受けなければならない事。  これはまだいけるかもしれない。


二つ目は、ゲンム社長の協力が得られなさそうな事だろうか・・・
ドライバーとガシャット無いと変身出来ないし。 
今の社長、テストプレイが終わったから、ガシャットを回収する。
って、テストプレイヤーからガシャット奪おうとしてるんだよね。
ニューチャレンジャーを増やそうとは思ってないでしょ。



こんな所かな。
ま、ニコが暴力的でクソガキでした。
好きにはなれないですね。 
 
エグゼイド世界は、クソガキが多いから仕方ない。
小児科である、永夢の管轄だろこれ。  ニコがガキ臭いし。




では。  アディオー!

甘党騎士の事件簿、今週のアニメ感想(一部特撮)

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

いやー。
鬼のように首が痛かったです。
昨日から激痛が走ってましてね。  


シップ貼ってなんとかそこそこ良くなりました。
本当に首だけが燃えるように痛いという。
今日は本当に首が壊れたのかと思うくらい痛かったです。
首だけがおかしいんですよね。  


頭痛にならなかったのが幸いかな。
もうどうにもならないんじゃないかな。


で、雪がそこそこ積もったので、家族で除雪してました。
いやー、体力がもうすぐ尽きるのでダメですね。
倒れてました。  休憩挟まないと動けなくなるんですよね。


体調崩す前までは、やはりそれなりに体力カスでも、
まだまだ普通だったんだなと。
体力がマジで戻らないです。  そろそろ体調崩して2年になります。
治らねぇ。 
 


ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

弱ペダ3  デミちゃん  アッカ  セイレン  絶狼1~4話  幼女戦記
のラインナップでお送りします。

特撮の絶狼(ぜろ)を会社の同僚に強くオススメされたので、
1クール作品なら見てみようと思いました。

カッコ良かったので。 
牙狼シリーズを知らないんだよな・・・ 

銀魂は個別記事で感想を書いてます。
こちらでは内容に触れてますぞ。



弱ペダ3  

クライマーのレースがスタート。
スランプ中の小野田くんだったが、比較的普通に走れていた。
パーマ先輩の中学時代の友人で箱根学園のノッポがやってきた。
ノッポは脳内でクラシックを慣らしつつメトロノームのようなダンシングが得意技であった。
パーマ先輩とノッポの走りで彼らに追いつきたいと感じた小野田くんはギアを上げる。


って感じかな。
箱根学園のノッポ、怪物を呼び覚ましてしまったな・・・
小野田くんのエンジンがようやく灯ったような気がする。
どうなるのか楽しみだわ・・・

王道枠は銀魂と弱ペダがあるから満足。



デミちゃん  

サキュバス先生は、催淫電波を出してしまうため、
人との接触を出来る限り避けていた。
高橋先生は、サキュバス先生に触れたが平常心を保った。
サキュバス先生にも気に入られる高橋先生。


って感じかな。
サキュバスってエロいな~。
でも、セリフだけだと伝わらないな~。

テントを張ったセイレンはすごかったんだな。



アッカ  

ジーンは女性本部長に誘われ、秩序を守る協力をする事にしたり、
王子が成人を迎えるため、大規模な式典が行われたり、
そこでクーデターのパイプ役として疑われ注目されたり、
王子はナルシストなバカだったり、妹がモテモテだったり。


なんかそんな感じだった。
話をうまくまとめられない。

オサレ枠なんだけど、話がよく分からないな。
ジーンの日常がどんどん崩れていく。
バトルをするわけでもない気がするし、
謎解きってほどでもない気がするし。 難しい作品やな。



セイレン  

耀ルートラスト。
バイトを密告したのは耀の友人だった。
海に行けなかったからと、耀を海に誘う正一。
思いを伝えようと思ったが、耀は料理の道を進む決意をしていた。
耀は外国へ飛んでしまうので1年だけ恋人なんて中途半端は出来ないと拒否される。
耀が前に進んだ事で、正一の進路も決まった。
大学生となった正一はかつて耀のバイト先でバイトをしていた。
ヘルプでやってきたのは、外国帰りの耀だった。


って感じかな。
恋が始まりそうで始まらない話だった。
これからも波乱がありそうというか。
不完全燃焼だったなぁ。 小悪魔系の彼女は。
女心の難しさと、女性の戦いのエグさ。 


荒木先輩がズーフィリアでわろたw
これは生身の彼女出来ないわ・・・
男キャラが濃いな。  親友もいいキャラしてるし。



絶狼1~4話  

1話。
とあるホテルでは、宿泊客をスイートルームに誘い、
仮面の男や女が人を食っていた。
カメラを持つ少女も、その人食いホテルに宿泊する事となる。
主人公の青年:零は、怪物であるホラーを狩る使命を持つ戦士だった。
ホテルに巣食うホラーを倒し、ホテルマンのホラーと戦う。
零は絶狼に変身し、ホラーを倒す。


2話。
とある劇場では、人気ダンサーと人気の無いダンサーがいた。
人気の無いダンサーはホラーに取りつかれ、人気ダンサーを食う。
そして人気ダンサーとなった女性はファンを魅了して食っていた。
カメラ少女も劇場にノコノコやってきてしまい、危険な目にあう。
そして零も到着。 ダンサーのホラーと戦う。
零は絶狼に変身し、苦戦しつつもホラーを倒す。


3話。
息子と生き別れた父親に出会った甘党戦士:零。
息子はギャングに襲われ、生き残りたいがためにホラーと同化してしまっていた。
人間で無くなった息子を父親と会わせるわけにはいかない。
零は絶狼に変身し、息子ホラーを消滅させる。
父親には、息子は遠くへ行ってしまったと嘘をつく他無かった。
一方、竜騎士が復活した。


4話。
カメラ少女に付きまとわれる零。
零の行きつけのバーに住み込んでしまった。
竜の卵を封印するという任務を受ける事となった零。
仲間の女性戦士と魔道具のおいてある所へ入る。
カメラの少女も井戸に落ちて零のいる所まで到達してしまった。
竜騎士がやってきて、竜の卵を狙っていた。
戦闘が始まり、竜騎士と絶狼が戦う。
竜の卵に籠をかけたが、カメラの少女がカギとなってしまった。



って感じかな。
牙狼シリーズを全く見た事が無いが、
一ヵ月分くらいを一気見した。

最初に感じた事としては、実写デビルメイクライかな?
っていう。 

ダークファンタジーというように見えた。
日本語なんだけど、風景が日本に見えないから、
異世界感が半端ない。

ヒロインの娘が現役高校生らしいんだけど・・・
演技力がアレで、なんとも言えない。
そこだけが微妙かなー。  

面白いかどうかは分からないけど・・・
3話の父親と息子の話はすごい良かったです。
めっちゃつれぇ・・・  

絶狼のシルバーメタリックなアーマーカッコいいですね。
生身アクション多くて、いつ変身するんだろう?
って思ったけど、変身には制限時間があるっぽい。 
そんなに危険なのか・・・  
甘党騎士の零がすごい良いキャラしてますね。



幼女戦記

ターニャは帝都に戻り、軍大学で学んでいた。
ようやく前線から離れられたと思ったが・・・
偉い人との面談で、色々喋っていたら、
戦争に勝つために、魔導士の戦闘部隊の考案をする事になり、
安全な昇進を狙っていたら、危険な戦闘部隊を率いる事になってしまった。


って感じかな。
口を滑らせて、死なないために取り繕ったら、
危険地帯に自分を誘ってしまったというアレ。
優秀で頭は切れるけど、何か空回りしているな。
存在X の介入を感じる。 







では。  アディオー!

雨降りと好きな鶏肉料理

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。  

今日はそうだな。
雨降りでした。  
雪にならなかったという事は・・・ そんなに寒くなかったのかな?


最高気温が4度まで上がったみたいなので、
暖かい方だったんでしょう。  
雨はイヤになりますね。  濡れるので。
びちゃびちゃですよ。  傘をさしていましたが。



仕事の方はいつも通りでした。
あ、そうだ。  今日は細かい失敗をする一日でした。

外靴のままオフィスの中に入ったりとか。
上靴に履き替えるのを忘れましたね。


あとなんだっけ。  
とりあえず、たるんでるのか失敗しましたね。
仕事に関わる話だからここでは書けなかった。 
細かいミスですね。  水筒がったーんって倒したりとか。


ネタも無いので、お題的なものでも。
「今年は酉年!どんな鶏肉料理が好きですか?」
だそうです。

そうだな。
鶏肉料理かー。  
鶏肉は普通に好きですね。 


から揚げもいいし、照り焼きにするのもアリ。
照り焼きのタレが好きなんだよね。 
鶏肉は大体好きかなー。  マヨネーズとかかかってなければ。

骨付きチキンとかは、食べづらいのであまり好ましくないかな。
ケンタッキーとかのチキンは・・・  
多少パサパサしてる感じがするな。  骨は食えないのでね。
食べられない部分があると、萎えるのでダメです。





では。  アディオー!



片足の男に気を付けろ、~小説宝島感想~

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。  

今日はそうだな。
晴れた良い日でした。  
明日は天気が悪いという予報が出てるけどね。


家の屋根に積もった雪がすごい事になってます。
落ちてきたらヤバいだろうな・・・
50センチくらいにはなってるだろうか。


仕事はいつも通りでした。
腕が痛くなるな・・・  ずっとカチカチしてるから。
データ入力の作業が厳しい人もいるだろうし、
アレだな・・・ って思わない事もないです。


今日は天気が良かったので、
整体に寄ってから帰りました。  
首はいつでも痛いからね。  


で、何かネタが無いかな・・・
と思ったが、小説感想のコーナーを突然始めよう。

青空文庫より、スティーブンソン氏の「宝島」を読みました。
病院の待ち時間とかに。  長いから2ヵ月くらいかかった。

4、5年くらい前に一度読んだとは思うんだけど・・・
感想記事が見当たらないので。  
新しく書くか~ って思いました。  
ジキルとハイド書いた人だったのかー。


ある海辺の宿屋に、ビリー・ボーンズという大きな箱を抱えた海賊が現れた。
宿屋の息子である、主人公のジム・ホーキンズ少年は語り手である。
ボーンズは「片足の男」に酷く怯えており、ジム少年に「片足の男に気を付けろ、
 片足の男を見つけたらすぐ俺に知らせろ」と言いつける。

やがてボーンズの周囲に彼を追ってきたチンピラが多く出没するようになる。
ボーンズは酒浸りになり、ある晩に一枚の紙きれを見せられるとショック死した。
ジム少年は、医者のリヴジー先生と共にボーンズの大きな箱を調べ、
ボーンズが、かつてフリント船長という海賊の一味である事と、
フリント海賊団が集めた財宝を大西洋のある孤島に埋めた事を知り、
そして島の宝の地図を見つける。

地主はブリストルで船を仕立て、宝島へ財宝を探しに行く事にする。
航海には素人の地主は、ジョン・シルヴァーという片足の男の力を借りて
船の乗組員を集め、シルヴァー自身も料理人として船に乗り込んだ。
ジム少年や他の乗組員を乗せた船は宝島へと出航する。

一行は航海の末、宝島へとたどり着くが、
シルヴァーが実はフリント海賊団の元一味であり、
シルヴァーの集めた海賊仲間と共に反乱を起こす。 
幸運にもジムが反乱の相談を耳にし、スモレット船長に通報していたおかげで
ジム、地主、スモレット船長、リヴジー先生らは辛くも脱出し、島で海賊と戦う事になる。

海賊達の間でももめごとがあり、ジムが一人で色々立ち回った結果、
昔に島に取り残された海賊団の一味のベン・ガンと知り合ったり、船を取り戻したり、
色々あって一行は海賊達を撃退し、財宝を手に入れる事に成功する。

生き残ったシルヴァーは降伏し、ジム達と共に島を離れるが、
イギリスへの帰り道の途中で宝の一部を持って消えてしまう。
イギリスに着いた一行は財宝を分配し、それぞれの道を歩んだ・・・



って感じの話ですね。
Wiki のまとめを参考にしました。

冒険小説です。
主人公のジム少年がすごい。
少年ながら、行動力がめっちゃすごい。  


殺し合いに巻き込まれる殺伐とした世界なので、
何度も死にかけるんだけど、ギリギリ生き残って、
重要な話を聞いたりとか、船を取り戻したりとか、
大体主人公らしい活躍をしてくれる。  すごかった。  


シルヴァーも悪役なんだけど、
頭が切れるし、憎めないキャラしてるんだよね。 
有名な小説で、海賊のイメージの元になった。
ってかなり影響力のある作品ですごかったですね。  

面白かったです。
冒険小説の主人公の少年は、
かなり活躍するな・・・  当たり前だけど。




では。  アディオー!

昼からの眠気と、未確認生物に出会ったらという謎の話題

ねむい・・・  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。

今日はそうだな。  
寒かったです。
昨日の方が寒かったみたいなんだけど、
個人的な体感は、今日の方が若干寒いね。  



仕事の方は普通でした。
が、やっぱり単純作業なので・・・ (データ入力
文字列を多く見る事になるのでね・・・

結構大変かなぁ。
画面遷移が結構あるので、マシな部類だとは思うんだけど。
若干手が疲れてきたなこれ・・・ 

同じ画面ばかりだとキツいですね。  

そして、昼からの眠気が結構キツいわ。
寝てるつもりではあるんだけどね。
昨日は少し眠るのが遅くなったかもしれない。


気晴らしとして美人を眺める頻度が減ったからか・・・
パソコンに向かわざるを得ないし・・・
ビデオテープをくるくる回すのも飽きてきたしなぁ。 

手が痛くなってきたし、違う仕事も頑張るぞ。
って感じである。
ある程度声掛けも必要になってくるので、若干そこがめんどいな。
自分の中で、効率を上げたい・・・ 考えねば・・・ 



お題的なものでもやろうか。 久々になったかも。
「未確認生命物体に遭遇したらどうしますか?」
だそうです。

わけわからんお題でわろたwww
普通に死ぬ気がする。

例えば、捕まえたら懸賞金がもらえたとする。
でも、捕まえるには装備とかが必要じゃん。
無理じゃん。  
変なのに出会わないためにも、変な所にはいかない。
ってのが一番だろうねー。  





では。  アディオー!

大らかなO型だァ!!今週の銀魂感想

疲れた・・・  (挨拶)


はい。  こんにちは。
火曜でした。  

今日はそうだな。  
まぁ、病院の日でしたね。  


寒かったけど、いつも通りって感じでした。
デイケアに参加して、担当と面談して、診察して、
それで夜のグループワークに参加してきました。



夜が遅くなるので、疲れるし、アレなんですが・・・
就職者の色々な状況を知れたり、
結構奥深いですよ。  自分の会社の事ばかりじゃなくて。
他の社会も知るきっかけになるのは結構面白いです。



さて、ここからは銀魂感想のコーナー。
ネタバレ注意っす。


銀魂4  第3話(319話) 「武士の唄」



鬼兵隊の緊急集合場所であり、神楽の故郷である烙陽にやってきた銀時達。
しかし万斉の指し示す寺院が軒並み爆砕されてしまう。
烙陽はすでに、宇宙海賊「春雨」の手が伸びていた。

春雨の軍団が襲ってきたが、銀時達は銃撃の雨をかいくぐり、
ものともせずに倒していく。
銀時、ヅラ、辰馬達は、春雨でも危険人物である三凶星と戦う事となる。

鬼兵隊と第七師団の残党は、星海坊主の忠言により、
落合場所から逃げていた。
春雨は、十二師団の内半分の6師団を烙陽に放ったようだ。
そして、星海坊主を狩るために3師団が投入された。

ヅラは、三凶星の一人である猿公と戦う事に。
相手の肩書の長さにケチを付け、自分の言いたかった事を短くまとめろと諭す。
第四師団団長の猿公は大らかなO型らしい。
ヅラVS猿公の戦いが始まろうとしていた。



って感じかな。
まとめるの難しいから概要だけになったけど。
烙陽決戦篇の3話目。 
62巻収録。 最後の方は63巻だな。

なんだ。
ここら辺から面白くなってくるから。
銀さんと高杉とかは、この前戦ったから分かるだろうけど。
ヅラ、辰馬、そして星海坊主の力が発揮される話です。


バトルとしても面白いし、
話の構成も上手いと思うよ。  
ここらへんからはかなり面白くなってくるから見て?


印象に残ったセリフコーナー。

銀さん「見ろ。 キャバ嬢もお前んとこの姉ちゃんと大差ねェし。」
新八「ただのゴリラだろーが!!」
銀さん「そこへ向かう客の近藤も同じだし。」
新八「ただのゴリラだろーが!!」
銀さん「それを描いてる漫画家も。」
新八「ただのゴリラだろーが!!」

銀さんと新八の掛け合いから。 まぁ天人の惑星にやってきたわけでね。
ゴリラの天人もいるわけですよ。
ゴリラ先生の自虐ネタわろた。 ゴリラ先生はどれだけのゴリラなんだ。


敵の弾丸(たま)に当たらぬ方法を教えてやろうか。 簡単だ。
走れ。 敵の弾丸より速く。
走れ・・・ 背中に追いすがる死神より速く。

多分ヅラのセリフ。 
とんでもない事言ってるけど、銀さん達はクソ強いから仕方ないね。
辰馬のアクションシーンが原作より描かれててわろたwww
弾丸切れからのリロードを戦闘中にしっかりやる所がカッコいい。





では。  アディオー!

ゴーレムと少年神、今週のジャンプ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
月曜でした。  

さて、新たな一週間の始まりだ。 
起きる事は可能だけど・・・

やっぱり寒いなぁ・・・  

寝てる間に積もってたみたいです。 
歩きづらくて仕方ないですね。
落雪がヤバい所があって怖かったですね。 
もし頭に何か降ってきたら怖くないですか? 
 


仕事の方は普通でした。
データ入力の作業をやってました。  
パソコンに向かって作業しているので、
気晴らしが結構難しいです。


作業がひと段落しないと休めないですし。
そういう意味で、休憩を取るのが下手な方ではあるかな。
それもあって、結構疲労してますし。  

私は別に、人と喋らなくても大丈夫ではあります。
たまーに話したくはなりますけど。  
話しかけたくなる人と、別に話しかけたいとは思わない人がいる。
というのは、違いは何なんだろうなーみたいな。 
 


まぁいいや。
月曜なので、ジャンプ感想のコーナー。
ネタバレ注意っす。  内容には触れてるからね。


週刊少年ジャンプ 8号



ネバーランド

表紙&巻頭カラー。
イザベラ(ママ)はシスターを呼び出す。
別の農園への出向命令のようだ。
上役からの通達のため、逆らう事は出来ない。
イザベラは上役にも気に入られていたようだ。
シスターは負けを認め、子供達に置き土産を残して退場。


って感じかな。
シスター、悪い奴だったけど憎めない奴だったよ・・・
みたいな感じだった。 

イザベラが怖い。  

最後にクソガキ達に餞別を残して消えるとか、
なかなかカッコいい事するじゃねーの。
どうなるかは分からないけど。
脱獄するまでは面白さが続きそう。 どう考えても未来は暗いけど。



火ノ丸

火ノ丸VS天王寺続き。
読み合い、ぶつかり合いにおいて負けた火ノ丸は一時退却。
真正面からぶつかり合った鬼丸が引いた。
しかし、それは次なる攻撃への溜めであった。
ユーマさんの突き技、そして三ツ橋の気迫ある変化技。
仲間と共に、火ノ丸は次の一手を狙う。 
修羅の相は姿を変える。 火ノ丸が持つのは鬼炎万丈の相。


って感じか。
クッソ熱い。
心も体もこれ以上伸びないなら、技を磨かなければならない。
って前に言ってたよな。 
仲間がいたから前に進めたって所がすごく良い。

がむしゃらに攻めても、格上の相手には通じないからね。
引いて別の攻撃をするのもいいんじゃないかな。
火ノ丸が良い意味でプライドを捨てられたのかもしれないなー。



ゴーレムハーツ

今回の読切その1。
ゴーレムという魔術人形がある。
主人公の少年は、とある島へ向かった。 
そこはよそ者の立ち入りを認めていない独裁体制の所で、
領主は16歳の少女を1年間だけ嫁に取る変態であった。
今回も一人の少女が嫁に行く事になったが、少女のゴーレムが引き留めた。
領主のゴーレムが少女のゴーレムを壊す。
そして、主人公も領主を止める。 少年はゴーレムだった。
領主のゴーレムを無に帰し、領主は捕まってめでたしめでたし。


って感じかな。
ジャンプっぽい話だねー。
悪くはないと思うけど、連載には向いてない話ではあるねw



ナンバーワン

まさかのセンターカラー。
生徒会長選挙が開幕した。
難波は迷わず出馬。 バカが実現出来ない公約を並べて面白がられていた。
北斗は難波を阻止するために、アンヌを出馬させる。
同率順位だったので、何故か早押しクイズ大会がスタート。
ハイスペックなハチを全力で止めるマッポ。
アンヌが生徒会長になったが、無茶な事を言ったので一日で退任となり、
3位の生徒が会長になった。


わろたwwwwwww
まぁ、確かにこれは青春だな。 
何故かフィクションの生徒会長は権力者だけど。

アンヌがポンコツ過ぎてわろたwww
可愛いけど、なんかダメだwww
マッポの方がなんか卑怯に見えて笑っちゃう。
北斗と難波の掛け合いがいいんだよね。 ハイスペックなハチ。



すじピン

時は流れ2年後。
元部長カップルは、世界で戦っていた。
先輩は東京で、プロとして頑張っていた。
そして、1年生だったつっちー達は3年生となり部長となっていた。


って感じ?
タイムジャンプした・・・
これは綺麗に終わる事を重視した結果かな。
流石に終わりそうだ・・・  終わる準備に入ったようにしか見えない。
つっちー大きくなっててわろたwww



ウィム

今回の読切その2。
主人公の少年は俗に言う神だった。
人間の姿をしてまぎれているため、超能力少年のようなものだが。
隕石が大量に落ちる事が決まっていたので、世界は滅びようとしていた。
しかし、少年は女の子と色々と話す事で、今日の滅びは阻止する事にした。


だろうか。
斉木がいるから、出来るでしょうね!
って感じであった。 
神と人間の話ってのも別に珍しくもないし。
斉木がやっぱり強すぎるんだろうなw



サモナー

温泉旅行後編。
アンリは、夜中のコイバナとか青春を謳歌しようとする。
サーモンとアンリはどうなるのであろうか。


サーモンとてっしーの関係は奇妙なものだよね。
よく分からない。 
アンリの方が好きではあるけど、恋愛感情ではない。
難しいね。



疾駆先生の講座

今回は、悪役について。
気持ち良い主人公を描く事を優先するらしい。

まぁ、疾駆先生のやり方は間違ってないんだろう。
ソーマの問題点は、顔芸メガネ先輩との食戟が長引いたりしたせいかな。
クソ展開を引き延ばして決着を先延ばしにする所がクソだなと思いました。
面白くないのに、決着を引き延ばし過ぎるんだよな。 スカッとしねぇ。




今週全体

ソーマは、一時期のクソ展開に比べれば・・・
やりたい事をやってるけどマシではあるけど・・・
ソーマの持ち味は、決して諦めない不屈の精神なんだよな。
天才とはまた違った強さである・・・
綺麗に終わらせて構わないから、終わりに入ったと言ってくれ。


ゴラッソは結構面白くなってきた。
やっぱりちゃんと試合をやらないとなー。
まぁ、全てがウザかった東京湾は何だったんだろう。
もはやほとんど不快さしか覚えてないけど。

身体が強い奴は、役に立つという事だな多分w








では。   アディオー!

奇跡の再会、今週のニチアサ感想

虚脱感がヤバい。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。
なんか休みが終わってしまったぜ!


今日はそうだな。
朝からヤバかった。  

2015年のジャンプ選別が終わりました。
この年は、読み返したい漫画がほとんど無くて、
例年より少ない時間で終わりましたね。



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、まほプリ。

終わりなき混沌:デウスマストと戦うみらいさん達。
戦いは宇宙規模となり、はーちゃんは巨大化して地球を守る。
「混沌よ! あっちへいきなさい!」
次元の彼方へと、デウスマストを幽閉する。

そして、人間界と魔法界は再び二つに分かれた・・・
はーちゃんは世界を再構築する神の役割を担う事となり、
みらいさんは人間界、リコは魔法界へと戻される事になる。
モフルンは普通のぬいぐるみに戻った。 いつか再会を願って・・・ 

時は流れ、みらいさんは大学生へなっていた。
十六夜になったある日。 みらいさんは「皆と会いたい」と願う。
一度は諦めてしまうが、思いは溢れて・・・  そして、奇跡は起きる。
成長したリコ、変わらぬはーちゃん、そして再起動したモフルンに再会した。


って感じでした。
最終回と思った? あとまだもう1話あるんだよ!
っていう・・・  恐ろしい話でした。  
従来のプリキュアなら、今回で最終回だよ! ってくらい最終回だった。

前半 → すごくクトゥルー神話だよ! これ!
中盤 → ツラい。 1話に展開被せてきてるねこれ。
後半 → キュアップ・ラパパ! 泣くでしょこんなのォォォ!! (号泣

まぁ、簡単に言えば、マジ泣きしました。 思ったよりドパドパ出た。 
ここ数年は涙腺がゆるゆるなので、仕方ないんだけどね。

前作のゴープリ(姫プリ)は、熱すぎるバトルの連続だったので、
泣けるというか、燃えまくってたんですけど。  
今年のまほプリは、泣いちゃう作品でしたね。  奇跡も、魔法も、あるんだよ。

中盤くらいで、ラストは泣いちゃうんだろうなぁ・・・
ってネタで言ってましたけど、思ったよりも泣いちゃいました。
バトルがあっさりめで、話も微妙だと思ってたんだけどねー。

ラストがすさまじくて、キャラの関係性の描写で殴られました。
脚本は決して下手ではなかったんだな。 緩急の付け方が上手かったんだと思う。
1年前はゴースト見てたから、ゴーストほどではないけどガバガバって言ってたし。

キュアップ・ラパパ! とかw って笑ってたのになー。 

まさか成長したみらいさんが見られるとは。 JDみらいさんクッソ美人。
美しく成長しててヤバかったですね。 
大学生プリキュアになるんだろうか・・・ 最終話で変身はあるんだろうか。
大学生がプリキュアに変身したら、すごい興奮します。 性的な意味で。

プリキュアおじさんをやってて良かったと思う感動でしたね。


エグゼイド。
大我の元に転がり込んできた少女:ニコ。
ニコの狙いは、永夢を倒す事だったらしい。
しかし、大我が永夢を狙わないので、ドライバーとガシャットを盗み、
永夢に喧嘩を売るが・・・ ニコはゲーム病を発症した。
そして、リボルバグスター(レベル5)が分離。 
永夢、ヒイロ、大我は、エグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。
しかし、エグゼイドの攻撃だけが、バグスターに通用しない・・・

大我は、永夢の血を調べ、バグスターウイルス感染者である事を突き止める。
そしてゾンビ社長に問いただすと・・・
永夢が世界で初めてゲームウイルスに感染したゲーム病患者である事を喋った。
2人の会話を盗み聞きしたヒイロは、その事実を永夢に伝えようとするが・・・
大我から永夢が多大なストレスを感じる危険性がある事を仄めかされ思いとどまる。

大我は、永夢を「ニコの荷物がウチにあるから取りに来い」と呼び出す。
そして、荷物はやるからガシャットおいてけ。 と襲い掛かった。
永夢もエグゼイドに変身し応戦する。 ヒイロも乱入してきたが、エグゼイドを攻撃した。
襲われる理由が分からないエグゼイドは追いつめられる。

そこへパラドが登場。 新たなデュアルガシャットで仮面ライダーパラドクスに変身。
なんとレベル50の力で、ブレイブ、スナイプを圧倒。
エグゼイドも軽くあしらい、余裕の笑みを浮かべて去っていく。
変身を解除すると、頭痛に襲われた永夢。  ヒイロと大我も見つめるだけで・・・


って感じの話でした。
公式サイトを参考にまとめました。

ついに、平成G の話が本編でも入ったか。
って感想ですね。  

大我、ドライバーとガシャット奪われてて、
クッソ不用心で笑いましたwww  
適合者じゃない限りはドライバー装備出来ないとかでもないんだ。
ドライバー自体は、普通の人でも装着出来るらしい。


変身用ガシャットが特殊なんだな。
素人が扱うと、バグスターウイルス感染症になるんだな。
ライダー、バグスターと同じ力で変身してる気がするな?


ネクストゲノム研究所が出てきた。 
6年前(永夢18歳の時)に、実験台になったようだが・・・
格闘ゲーム大会の後にでも拉致されたんだろうか。 
永夢の記憶がすげぇ曖昧で怖いんだけど。 


ゲーム大会にニコがいたという事は、
永夢と対戦していた人が、ニコの兄とか肉親だった可能性があるな。
次回なんかやるだろうけど。  
ゲームの腕ばかり伸ばしててわろた。  
18歳からいきなりゲームを封印して、医学部合格とかやべーな。


ネクストゲノムが開発してたのは、ゲームウイルスらしい。
ゲームウイルスを永夢に投与して、進化したのがバグスターウイルスって感じ?

研究者がデジタルデータ化して、この世界から追放されてしまったんだけどね。

永夢は知らないままに、バグスターウイルスをばらまいてた発生源かもしれないね。
ネクストゲノムの研究は、その後ゲンムコーポレーションに引き継がれてる気がするなw
バグスターがゲームキャラの姿をしているのは、ゲーム好きの永夢から生まれたからかも?
みたいな事は思いました。 
 




では。  アディオー!

ブルーレイディスク見るの苦労した、今週のアニメ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

今日はそうだな。
休みなので・・・  
ゆっくりしてました。  
首が痛いんですが、シップを貼るのを忘れてました。


2015年のジャンプを読み返す作業が、
大体7割くらい終わりました。
ほとんどの漫画はパラ読み程度で、
ブラクロとハイキューとブリーチしか読んでないんですが。


火ノ丸、ワートリはコミックスを買ったので。
1年前は、ワートリ買ってなかったので、
ワートリを読み返す場でしたけど。
今はハイキューの復習になってますね。 
 

で、読む漫画ほとんど無いからいけるかな?
って思ってたんですが。  流石に頭が痛くなってしまって。
少し横になってました。  
あと12、13冊くらいなんだけどなぁ。 明日で終わるといいんだが。 


さて、ここからはあにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

弱ペダ3  デミちゃん  アッカ監察課  セイレン  ダンロン2.5  幼女戦記
のラインナップでお送りします。
今期は8本(銀魂、エグゼイド、まほプリ含む)見てるのでこれでいいかなって感じ。

銀魂は個別記事で感想をまとめています。
こちらではアニメの内容に触れてるのでネタバレしてます。
苦情は受け付けておりません。 




弱ペダ3 

巻島先輩が外国へ行ってしまった事で、
アドバイザーを失った小野田くんは不調に陥る。
総北は3年生が引退し、箱根学園も3年生が引退。
新たなチームが生まれようとしていた・・・
クライマーのレースが始まり、全国王者となった小野田くんは大注目を浴びていた。


って感じかな。 
小野田くんは自分を取り戻せるんだろうか。
小野田くんの持ち味は、窮地からの逆転だからな・・・
絶対トラブルに見舞われるな。 


しかし、今までキャラが薄かったパーマ先輩、
ついに目立ってきた感じがある。
才能はあまりないが、努力で登ってきた人なのか・・・
パーマ先輩もクライマーだったんだな・・・



デミちゃん 

デュラハンの女の子と高橋先生が話す。
高橋先生はえらい好かれてしまい、
実験的生首デートをする事になる。
高橋先生は善意で応じてくれた。 


って感じだろうか。 
生首を持って歩いているいかついおっさんがいた!
ってなんか事件にならないのかね。

まぁ、亜人が一般化した社会だから普通の光景か。

いやぁ、生首だけだと、結構怖いわw
身体にえっちないたずらをするのは、
モン娘のいる日常でも見たw

高橋先生いい人だな。
ちょっとゴツいな・・・ って思ったけど。
教師とJK はあまりにも犯罪的だから、
そういう意味では良くないけど。 大問題だ。




アッカ監察課  

ライターを置き忘れた所で、
オカッパに盗まれ、放火魔に仕立て上げられそうになったジーン。
が、オカッパも色々黒い事をやっていたようで、
ライター返してもらう事に成功。
ジーンは各支部に出張しまくる事で、テロリストとの繋がりを疑われていた。


って感じかな。
よく分からないな・・・
ジーン嫌われてるのかな?
って思ってしまうw 

話が分からない枠だけど、
OP がクッソオサレなので見る。




セイレン 

耀ルート3話目。
夏期講習に参加した正一は、耀に性的にからかわれる日々を送っていた。
水着姿を見たり、二人で男湯に入っていたら、竹刀講師とばったり出会ってしまう。
正一は、ホモみたいな感じで講師を追い払う事に成功した。
耀は誰かにバイトの事を密告されたようで、正一の事を疑っている?
夏期講習が終わり、日常に戻った正一。
しかし、耀は話しかけてこなくなった。


って感じだろうか。
ホモパワーを感じる話だった。
いや、耀がエロ過ぎるんだけど。
興奮して下半身が元気になるのは仕方ない。


流石に夏期講習は今回で終わるでしょ・・・
って思ったが、恋はまだ始まってなかったw
気になるけど先に進めないまま3話目が終わっちゃったよ!
女心が難しすぎて、よく分からないキャラだなぁ。



ダンロン2.5  

狛枝くんは、少し不運な普通の高校生!
友達と楽しい日常を過ごしていたが、
世界の破壊者を名乗るカムクラにより、クラスメイトが殺されていく。
狛枝は正気に戻った! 電脳世界での話だったらしい。
カムクラ日向は全員の脳内に入り、仲間を正気に戻していった。
仲間を全員生還させ、日向達は未来へ進む。


ダンロンV3特典の、ブルーレイディスクアニメです。
弟マーク2 が買ったので、見ました。
まさに、ダンガンロンパ2.5 でした。
ダンロン2 をプレイしてないと、意味が分からないと思う。
つまり、ゲームをやれって話なんだよね。


なんかおかしいな? って思ったけど、
やっぱり電脳空間での話だったか。
ダンロン2 をプレイしてないと理解は出来ないと思う。

ゲームでは、生存者は6人だったと思うけど・・・ 
七海以外の15人生き返るとはなぁ・・・
こういうの見ると、希望編が許せる出来には見えるね。
アニメでは出られなかった色々なキャラが見られたしさ。
未来編は面白くなかったけど。 




幼女戦記

勲章を授与されたターニャ。
技術部に配属され、試作機のパイロットになるが・・・
ドクトルが、革新的で危険な兵器を作るマッドサイエンティストだった。
存在X が久しぶりにやってくる。 神への信仰心が一向に芽生えないと嘆かれる。
超危険な兵器が出来たが、ターニャが神に祈ると制御出来る奇跡が起きた。
そうして、ターニャは怪物のような実績を打ち立てる事が出来たのだ。
神に祈る呪いをかけられたターニャだが、なんか昇進して学校に行く事になったようだ。


って感じかな。
よく分からないけど。
ここで1話に繋がるのか。 ようやく意味不明な1話が理解出来た気がする。
なかなか良い構成ではないだろうか。 






では。  アディオー!