2016年07月の記事 (1/4)

外に出たくない話と、今週のアニメ感想

暑いし、外出たくない。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

今日はそうだな。
今週が色々都合上、外に出る必要があってね。
なら今日は出なくていいじゃない。 

ってなりました。  

今日は、眠くて2時間動けなくなってました。
眠くて全く頭が働かない時が一週間に何日かある。
休みの日は、気が緩んでいるからなのかな。

仕事の時も眠くはなるけど。 

ゲームやってると、時間は潰れていくね。
いつの間にか、ブログ書いて寝る時間だわ。


ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

リゼロ  未来編  モブサイコ  プリヤ3  絶望編  ジョジョDU
のラインナップでお送りします。



リゼロ  

謎の怪物:白鯨に襲われるスバル達。
一緒にいた者達がいなくなり、
そしてレムが囮となっていなくなってしまう。
馬車(馬ではないが)の持ち主は、レムという存在を知らないという。
ボロクソにされたスバルだが、なんとかロズワール邸に辿り着く。

ラムとエミリアに看病してもらったが、
実の姉であるラムもレムの事を記憶していないらしい。
エミリアと対話し、自らの能力の事を喋ろうとしたらエミリアが死んだ。
ベアトリスに屋敷から追い出され、そこで魔女教の一味に襲われる。
エミリアと契約していた精霊、パックが怒っていた。


という話ですね。
まだまだツラい・・・
2クール目に入ってから、ツラい展開しか無いんだけど。
この世界厳し過ぎィ!! 
死なないのもツラいよね・・・ 

白鯨は、人を襲うだけではなく、
食らった者に関する記憶までも奪うチート能力を持っているのでは?

状況から推測するとそんな感じになるんだけど。

存在そのものを食べる・・・
なんか歴史を食べて無かった事に出来る東方の妖怪がいたような・・・
なんかそういうのを思い出した。

スバルくんも精神的余裕が無いのは分かるけど、暴れ過ぎでしょ。
醜態を晒し過ぎて、どうやって盛り返していくのかが分からん。
めっちゃ詰んでる。



未来編  

朝日奈さんが死んだと思ったらそんな事は無かったぜ!
しかし、グレート・ゴズが殺されていた。
苗木は、話し合いをするために、放送室に行き、
今までの事などを演説する。 
未来機関も一枚岩ではないようで、各地でコロシアイが勃発。
宗方は苗木に襲い掛かる。 


これはゲームではない。 
そう、人が死ぬアニメなんだ。 
アニメだからこそ出来る話だなぁ・・・
アニメってやっぱ引きが重要だなと感じる。


まぁ、完全にネタバレなんだけど。
誰が死ぬのか分からない・・・
ゲームの主人公としての苗木は死ななかったけど、
アニメの苗木は生き残る事が出来るのかこれ?
何かしら邪魔が入るんだろうけど。



モブサイコ 

肉体改造部に入ったモブ少年。 
電波部は部室を使わせてもらってるようだ。
意中の女の子と仲良くしたいモブ少年だったが、
どうすれば良いか分からなくて悩んでいた。
そんな時、怪しい宗教団体に勧誘される。

騙されたモブは、強制的に入信させられる。
そこは、信者を笑顔にさせる怪しい宗教だった。
教祖は能力者だったが、より強い超能力者のモブの敵ではなかった。
空気を読めない奴だとバカにされ、モブ爆発。
教祖に取り付く悪霊を完全粉砕した。


という話か。
モブくん騙されやすい少年だこれー! (ガビーン 
真面目なんだよなぁ・・・ 
普通じゃないからこそ苦労してきただろうに。
まぁ、普通にブチギレるわ。

霊幻よりクズが出まくってるせいで、
霊幻が相対的にマシに見えてきた。

モブくんの味方になってあげられない時点でね。
好感度が違うんだよなぁ・・・

そういや、ワンパンマンでもウザい一般市民出てきたなぁ。
サイタマ先生の一撃のような爽快感が無いから、
私の思う面白さは感じない。 
ただ、曲的には最高。



プリヤ3  

クロエ&バゼットと合流したイリヤ。
廃墟の学校を拠点とする。
麻婆店主によるラーメンで腹ごしらえをしたが、
イリヤは一人不安に押しつぶされていた。
クロエは弱虫イリヤを見かねたのか発破をかける。
クロエは魔力不足のため、イリヤで魔力補給(意味深)をする。


という話かね。
原作だとグダグダしてて、あんま好きなシーンじゃないんだけど。
アニメは派手だったので結構マシになってたかな。

語る事は少ない。 面白くなるのに1クールかかるだろうしな。
あ、イリヤとクロエのキスシーンは濃厚でした。



絶望編 

転校してきた九頭龍妹はかなりのトラブルメーカーだった。
予備学科の同級生と衝突していた。
そして、九頭龍妹が殺されてしまう事件が起きる。
日向は本科の生徒に話を聞きに行こうとするが、
警備部に邪魔されて門前払いされる。
友達の七海に胸を張りたかった日向だったが、
才能ある者とない者の闇は深くて・・・
日向は、あるプロジェクトへの参加を決めた。


という話か。
血生臭くなってきやがったぜ。
希望ヶ峰学園は、闇が深いからな。
才能ある生徒だけを集めようとするとな。
裕福な存在が、それだけじゃないよ。
って言っても、嫌味になるんだよね。


ま、詳しい話は、ダンロン2をやれ!!
としか言えない。 
この事件に関しては、ダンロン2 である程度語られている。
ゲームと若干の違いはあるみたいだけどね。
さて、絶望のカウントダウンが始まったか。  



ジョジョDU

仗助は金欠という危機的状況に陥っていた!!
銀行の自販機の隙間から、小さなスタンドを見つけて追いかける。
その小さなスタンドは、ハーヴェストという群衆スタンドだった。
本体は中学生で、重清という少年。 重ちーと呼ばれている。

彼のスタンドは小銭を集めるのにすごく便利で、
仗助は彼と同盟を結び、金を稼ぐビジネスを考える。
金を稼げた結果、重ちーは分け前を渋る。
拾わせた宝くじを億泰が調べた結果、500万が当たっていた。
重ちーはなんとか金の独占を試みるが・・・?


という話だね。
スタンドを使って悪巧みをしようという。
4部は、スタンドをバトル主体じゃなくて、
己の欲望に使うというか、下らない事に使うのがメインなのが持ち味w

結果的にバトルにはなるんだけどね。
日常系な感じなのがやっぱり好きだな。
重ちー、それなりに重要なキャラである。

でも、金に汚くなってしまう。
金は人を変えてしまうな・・・






では。  アディオー!

スポンサーサイト

雨降りと、ゴジラよく分からなかった事と、かき氷の好み

雨降り。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。  

今日はですね。 
雨降りでした。  


今日はオフィスCUEのイベントが開催されるみたいで、
母がイベントに参加してるんですが。 
最近札幌で雨降ってるのは、雨男の洋ちゃんが
北海道にいるから説がそれなりにありそうだなこれ。 



母の帰りが遅くなるので、
晩飯を買いに行ったんですが。
近くのコンビニの弁当類が全滅してましてね。

仕方ないので、近くのスーパーに行きました。
雨も止んでいたし、降り続けなくて良かった。
天気がマシな時に外に出るべきですからね。

だるかったです。 


金曜ロードショーで、ハリウッドゴジラを見たんですけどね。
よく分からなかった・・・ 
Wiki って、概要を見たら、なんとなく分かったわ。

とりあえず放射線を摂取している怪獣が、
なんか復活してきて、怪獣が暴れてるから、
ゴジラさんも目覚めて戦ってくれる。
人間は翻弄されているだけだった・・・ 
 

みたいな感じだと思う。 
巨大ロボも無いし、勝てるわけがないからね。
ゴジラさんが結果的に人類を助けてくれたようなもんなのかな。
単純に大惨事で、燃えない・・・  難しい作品だな・・・ 



お題的なものでもやろう。
「好きなかき氷の味は?」
だそうです。

そうだな。
久しくかき氷なんて食べてないな。
子供の頃はまだ良かったんだけどね。

氷に味付けて食べてるだけだからなぁ。 
私はストロベリー苦手だからね。 
小学生時代だと、ブルーハワイ味を食ってた覚えがある。

レモンとかも苦手だし、緑色のは何味だっけか? 

ググってみたら、緑はメロン味のようですね。 
当時は、青色が好きだったんだなぁ。 
オレンジ味とか、カルピス味とか食ってみたいな。 


ブルーハワイ、ググってみると、
カクテルが由来的な感じのアレらしい。 
シロップはカクテルじゃないんだろうけど。 
子供が食べるものだからね。  青いのが似てるのかなー。




では。   アディオー!

【再掲】神を知ろうとしてはならない ~クトゥルフの弔詞感想~

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。 

今日はそうだな。
朝からしばらくは曇りって感じだったんですが。
帰りには雨降ってて、ブチギレでしたよ。


昨日の方がマシだった。
怒りに打ち震えながら、整体に行きました。
首も限界でしたからね。 選択ミス。 昨日行ったらどうなってたかな。


帰りには雨が止んでたので、機嫌が直りました。
結果オーライだったのかもしれません。 
昨日でも良かったんだけどなー。 


今日はゲーム感想でも。
ミクソーで書いてたんですが、
ミクソー記事の再掲です。


「クトゥルフの弔詞」 感想



これはフリーゲームです。
無料で楽しむ事が出来るので、興味がありましたら是非。

「公式紹介サイト」

2012年にプレイしているんですが、
感想記事を上げてなかったので、久々にプレイしたくなりまして。
それで感想を書こうかなと。

流石に数年前にやったゲームとなると、
ほとんど忘れてしまっていてね・・・
面白かった記憶はあるので、久々にプレイしました。




良質で、一本道のサウンドノベルゲームです。
ポイントごとに、文字入力の必要はあるんですが。

一応、クトゥルー系の作品ががコズミックホラーなので、
結構雰囲気が怖いです。
グロい描写もそれなりにあります。 
グラフィックがリアルだと私は無理だった・・・ 危なかった。
そこだけご注意を。


私の環境(Win10)では、ゲーム上では日本語を打てませんでした。
そういう場合は、メモ帳か何かにテキストを書いておいて、
それでコピペするのが良いですね。

一応攻略として書いておきます。
何度も間違えると、かなり詳細なヒントを出してくれます。
まぁ、私は今回はずっと間違えまくって、バッドエンドを迎えながらクリアしました。
結構分かりづらい問題あります。 表現の仕方が独特かな。


黄色文字は、「TIPS」として、作品独自の解説がされていて面白いです。
雰囲気がいいんだよな・・・
あぁ、プレイしてなくてもなんとなく伝わる程度にはネタバレしてるので。
ネタバレ注意です。 やる方は、是非プレイしてから読んで欲しいかなと。



ストーリー

主人公である探偵:堀口の元に、奇妙な依頼が届く。
フロッピーディスクに入った9つのメモ。
そのメモを書いた人物を探し出して欲しいというものだった。
封筒に差出人の名前は無く、悪戯とは思えない金額の
手付金のみが同封されていた。

堀口は探偵として行動し、メモについて探る。
メモが順不同で展開され、その怪奇現象と共にストーリーは進んでいく。
堀口が体験していく事は、はたして現実か夢なのか・・・
堀口の友人:新井は所々に現れるが、果たしてこの奇怪な依頼と
関連があるのだろうか・・・

(メモは順番通りに並べ、作中に出た順番は()内に記載)



メモ1 「ある朝、電車に乗って」
(作中8番目)

とある人物は、自分の身体を動かされ、死体を不慣れな手つきで切開し、
色鮮やかな器官の一つ一つを取り出しては、
興味深げに、こと細かく観察している。

始まりは今朝の通勤電車の中だった。
突然、途方も無い謎の声が頭の中で炸裂し、驚いた。
周りは何事もないかのように澄ましきっている。
倒れそうになった私だが、私の身体は倒れず電車を降りた。
私は、身体が何か違う存在に奪われたと悟った。

私の中にいる「私」は非常に勤勉な存在だった。
帰宅途中、電気屋や本屋に立ち寄っては、テレビや本で知識を吸収していく。
身体を乗っ取られ、精神が希薄となった私はもう何も感じなくなっていた。
かつて私の妻だった存在を「私」は解体し観察、そして息子までも・・・


登場怪物:イースの大いなる種族


メモ2 「マイナス30度の冷凍室で」
(作中1番目)

グリーンランドへ旅行に出かけた男の友人が突如消える。
振り返ると、赤く燃えるふたつの星が見下ろしていた。
後日、友人は北海道で重体となって発見された 
しかも体質が変化し、常温では生きられない怪物になっていた。

「もうじきお前の番だ。」
友人が収容されている冷凍室の気温はマイナス30度。
友人のいる冷凍室を開けると、そこには医師の死体があり、
俺の番が回ってきた事が分かる。 怪物に変貌した友人が襲い来る。


登場怪物:イタカ(風に乗りて歩むもの)


メモ3 「市民相談課の記録」
(作中2番目)

生活相談報告書として語られる。
相談者は38歳の既婚者の女性。
ここひと月前から夫が深夜に異常行動をしている。

相談者は夫を尾行。 夫は建物に入り、その中にある石像の前に
どこからか入手した血液らしき液体の入った容器を置く。
するとその石像は動き出し、その液体を吸飲するのだという。
石像は子供程度の大きさで、形状は象に似た鼻を持ち、
耳からは触手器官が伸びている。

夫に対して言及しても、そんな行動はとっていないと言う。
職員が夫に話を聞くと、相談者が寝言を言っていたという話だ。


登場怪物:チャウグナル・ファウグン


メモ4 「子供の会話」
(作中9番目)

二人の子供の会話劇。
子供は、謎の卵を見つける。 その卵から何か生まれたらしい。
ぴかぴかして綺麗なのに、ねばねばして気持ち悪いようだ。

子供がいる近くのアパートが今度壊されるとか。
人が住んでいないし、夜になると近くの草がうねうね動いて
光るとか変な噂があるという。
子供は、変な猫を見かける。 猫の尻尾が3本あった。


登場怪物:異次元の色彩


メモ5 「帰郷」
(作中5番目)

とある人物は、友人の家に呼ばれた。
この前親父が死んだんで、ちょっと故郷に帰ってたらしい。
その友人は次の家長に選ばれた。 村人に話を聞くと、
その友人の血筋は眠れる海神を祀る、魚人の一系だという。
なんでも、海神を目覚めさせるには生贄が必要らしい。

友人の話は冗談だったが・・・
とある人物は石で出来た笛を吹き、「はすたあ」という呪文を唱える。 
突如蝙蝠のような怪物が窓から飛来し、友人を襲った。


登場怪物:バイアクヘー


メモ6 「難局日誌」
(作中4番目)

南極観測隊の一員の体験談。
南極はウィルスですら生きる事が出来ない土地である。
先の見えない生活に疲れたある男は、
南極で死ぬためにキャンプを抜け出した。

南極点を目指し進んでいたが、一向に見えてこない。
どこでもいいかと思い、身を投げ出すと、
「テケリ・リ・・・ テケリ・リ・・・」
という鳥の鳴き声のようなものが聞こえた。


登場怪物:ショゴス


メモ7 「風景写真」
(作中6番目)

日記形式。
とある人物は、ある風景写真を見せられる。
撮った人物:三郷(みごう)は、風景を撮るつもりは無かったと言う。

先週、仕事でとある山奥に向かった時の事。
森の奥で発光する何かを見つけた。 
気配を殺して近づくと、突然巨大な甲虫が姿を現した。
小柄な大人ほどもある甲虫は4匹ほどおり、
それぞれが渦を巻く楕円の頭部を光らせていたという。
慌てて写真を撮ったが、甲虫は写真に写らなかった。

後日、三郷は虫を捕りに行ったが、記憶喪失で見つかった。
とある存在は、三郷の脳を保護していた。 
何でも同じ名を持つ偶然性に関心を抱いたという。


登場怪物:ミ=ゴウ


メモ8 「閉じた部屋」
(作中3番目)

日記形式。
とある人物は、部屋の全てを閉じた。
どんな所も抜かりなく。 外界からの一切の侵入を
完全に遮断するために万全を尽くした。

「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ」
何者かの声が聞こえた。 誰も入れないはずなのに。
しかしその声は、非常に近く、囁くように響いた。
そう、まるで自分の喉の奥から聞こえてくるかのように・・・


登場怪物:深きものども(ディープ・ワンズ)


メモ9 「夢見るままに」
(作中7番目)

「ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ」
とある人物は、毎夜悪夢を見ていた。
薄暗い宮殿で奇怪な魚人の姿となり、
同種の異形に囲まれて巨大な存在に祈りを捧げるというものだ。

夢の自分は、また人間の姿をしていたのかと思う。 
魚人の姿である方が真実だと言わんばかりに。
ルルイエの館にて、死せるクトゥルフ夢見るままに待ちいたり。


登場怪物:クトゥルフ


ゲームポイント攻略

1:ルルイエ
2:精神
3:北極
4:クトゥルフ
5:卵
6:ミ=ゴウ
7:石笛
8:血
9:ショゴス
10:おれ



総評 

まぁ、何だろう。 
主人公の堀口が、狂気の世界に翻弄される話ですね。
マジモンの神を知ろうとしてはならない。 
圧倒的な存在の前では、人間は無力・・・ 
という事を感じる話でした。


ゼル伝の「夢をみる島」みたいな話だなぁと。
今いる世界は、この世界そのもの(神)が見ている夢である。
っていうやつね。 
 
その世界を形成している夢から覚めたら世界は崩壊してしまうわけで。

クトゥルフ神話だと、アザトースという神が見ている夢がこの世界で、
宇宙の真の創造主らしいのね。
つまり、クトゥルフ的な話という事だ。 

で、神々の眷属のニャル様が、
作中で色々な姿になって、堀口を翻弄してくるって話。
どう考えても、ニャル様なんだよなぁ・・・
世界の真実を知っても、狂気でおかしくならない人間を探していたとか。

点数を付けるなら・・・ 「86点」かな。 (100点満点
面白かったです。



では。  アディオー!

遅刻の限度と、ミスしまくりクソワロタ

雨降りだった。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
水曜でした。  

今日はですね。
天気が悪く、雨降りだった。
これに尽きるでしょう。


首大丈夫かなぁ・・・
雨が小降りなら、整体に行く事も考えたんですが。
そこそこ降っていたので。  ちょっと厳しかった。


ただ、首も保つか分からないので、
明日には整体に行く事にします。
明日も天気は良くないっぽいんだよなぁ。


天気予報は信じてないんですが。
今日その日になってみないと分からないと思いますし。
天気予知レベルにならないと信じなくていいと思います。
勿論、準備はしておくべきですが。  


今日は、管理者の人と面談してました。
入社してから半年くらい経ちますからね。 
そういや、私が休んでる時に、またお世話になった人が、
会社から去ったみたいだな・・・ 


会社は入る人もいれば、去る人もいるんだよね。
循環しているな・・・ みたいな事は思います。
人が増えるだけじゃ、窮屈ですからね。 
それなりの人数ですし。  


ま、何かがあるんだろうけど、
良い意味、良い理由であるといいなぁと感じます。
悪い意味で会社を退社するのは、悲しいからね。


離職者としてはだな。  今日は離職って言葉が出てこなくて、
失職って言ってたわ。 今、離職って言葉がようやく出て来た。
今日は、仕事でいまいち頭が働かずに、アホな事やってました。
ミスしまくりだったぞ・・・  何故だ・・・ 


ミスしまくりの一日だったので、
割とマジで気を付けた方がいいなこれ・・・ 
二つか三つくらいの事を考えてると、
どれか一つは忘れてしまうんだよな。  

で、一つの事しかやってないのに、
忘れてしまう事もある・・・ 
ツラいね。  とりあえずチェックは忘れないように。 

備忘録として。  


お題的なものでもやろうか。
「遅刻はどのくらいの時間まで許せますか?」
だそうです。

そうだな。
30分くらいまでじゃないかな・・・
色々あるんだろうけどさ。  


私もなんかアホやらかして、
待ち合わせの時間に間に合わない・・・
遅れそうになって、半泣きで電話したりとかね。

私は時間配分が苦手で。
早く到着するか、少し遅れるか、
そんな感じになるな。  
ま、5分前到着くらいがいいんじゃないかとは思っています。




では。  アディオー!


人を名前で呼ぶのってなんか恥ずかしくない?

体調維持に全力を使った。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
火曜でした。  

今日はそうだな。 
体調が出来るだけ悪くならないように、
無理はしないようにしていました。 


ま、若干頭痛がしてて、キツかったんですが。
休みつつだったので、さほど酷くはならなかったです。
体調が悪いと、何も出来なくなりますからね。
ゲームとかしたり、アニメ見たりしてました。  


夕方から、病院に行きました。
少し遅すぎたかもしれない。 
時間猶予は、この前よりは無かったです。 

ま、本番は18時からなんだけどね。 
診察はいつも通り、17時くらいが混み混みなんだろう。
18時になってから、診察がスタートしました。

今回も、1時間待ちですね。  小説を暇つぶしに読んでましたけど。


で、そういえば昔から気になっていたけど、
あまり人に言わなかった事がありまして。 それを相談してみました。

私がリアルで、人の名前とかをあまり呼びたがらない事。
っていう事です。  
特に家族の事はほとんど呼んだ事がありません。 
両親の事は何て呼べばいいのか分からなくてな・・・ 



かなり迷走してましたよ。 
小学生までは「パパ」と「ママ」でした。
しかし、そろそろそれはどうなんだろう? って親に言われて、
自分がしっくり来る呼び方が見つからなくてね。

「父さん、母さん」が無難なんだろうけど・・・

「お父さん、お母さん」だとスタンダードだし、若干発音しづらい。
口が回るかってのが一番個人的には重要で。 
「おっとう、おっかあ」呼びの時もありました。 
「マザー、ファザー」も悪くはないけど、欧米か!! 
いや、本当に自分の心がしっくりこない・・・  



なんて呼べばいいか分からない人がそれなりにいてな。
結構苦しかったりはするんですよね。  
まぁ、一対一で話す時は、名前を出さずに喋れるからいいんだけど。

私は自分の名前も気に入ってないからなぁ。
一時期は病的で、名前で呼ばれると寒気が走ってツラかったもんです。
今はまぁ、しゃーないけど。 親に付けてもらった名だから申し訳なくてな。

名前負けしてるというのもあるのかな。 
今でも、自分と同じ名前のキャラがアニメやドラマなどに出てくると、むずがゆいです。 


自分の美意識と、自分を取り巻くものが乖離していると、
とてもツラいという事です。 
私は、私が美しいと思ったものを美しいと思って、
美しくないと思ったものは、徹底的にダメです。 


で、私の本名は、美しくないものなんです。 
いや、ブサメンの私には合ってるのかもしれませんがね。

ま、今は自分の身の程をわきまえたというか、
社会人になって、人の名前は出来るだけ呼ばないといけなくなってるので、
ある程度マシになりましたが。 
 

ちなみに、声に出すのが、謎の恥ずかしさを感じさせるだけなので、
ネット上で呼ぶというか書くのは全く問題ありません。
ま、ネット上でも、なんと呼べばいいのか分からない人はいますがね。


先生と話していた内容からすると、
日本人の奥ゆかしさ・・・ 的なものがあるのかもしれない。
みたいな感じの話になりましたね。 


家族だと、下の名前でわざわざ呼ばないしなー。
ウチの両親を見ても、父と母が名前で呼ぶ所はあんまり聞かないし。
たまーに聞けるくらいのレアさです。  
「おい、ちょっと、お前」とかそこらへんですからね。 
日本人なら仕方ないのかもしれないよね。  はい。



では。  アディオー!


痴女と将棋じゃやっぱアカン、今週のジャンプ感想

体調としては普通だけどどうだろう。 (挨拶)


はい。  こんにちは。
月曜でした。

体調は悪くはない・・・
首は痛いし、頭は若干張ってるんですけども。

痛いわけではないからなぁ。  


仕事の方はそうだな。 
ひたすらデータ入力でした。  
席が流動するのが本当にキツい。 

あと1ヵ月くらいの辛抱か・・・?
ただ、勤務日数を1日増やしても、
固定席は難しいという可能性も出てくる。
ストレスに苦しむ日が増えるだけになるかもしれない。


まぁ、明日は病院日なので、
色々相談してみようかなぁ。  
ここ2週間で、相談しておきたい事が色々出来た気がする。
あとは、当日覚えていられるかどうかという事だけど。


そして、17時くらいは込み具合が結構ヤバそう。
しばらく地獄を味わいそうだ。 
私は若干の無理はしているからね。 
仕事をして給料を得ているのだから、我慢すべき事はあるのだと思う。
短時間労働なのに、休んでられるかって話なんだよね。 



さて、月曜なので、ジャンプ感想のコーナー。
ネタバレ注意っす。
今週は死ぬほど魂を揺さぶられたのは特に思い浮かばない。


週刊少年ジャンプ 34号



ソーマ

舞台は札幌へ。
今回のお題は麺料理だ。
今回も小学生のようなイヤがらせを受け、
材料が無い状態だったが、調理を始める。


このまま小学生レベルのイヤがらせで行く気か?
学園の程度が知れるというか、
意図的に小学生のいじめになってるんだけど、
原作者の引き出しの貧困さが知れるなぁ。

まぁ、私はソーマの存在は作画以外認めてないから。
原作者の事は一切認めてないから。

だから掲載順高いのは気に食わないんだよな。
札幌市民としては、不愉快でしたね。



ゆらぎ荘

臨海学校が始まった。
海といえばエロ。
霊能力者と言えば、妖怪。
つまりエロ展開だった。

という感じ。
清々しいほどのエロwww
なんだこれは・・・
とりあえず女体が描きたいんだなぁと感じました。
エロ漫画家だっけこの人。


ガチな能力者なのに一般人には信じてもらえない。
なんかそんなキャラがいたような。 (前振り
コガラシの実力を知ってもらう流れにしたいんだろうか。



火ノ丸

インハイ2日目。
復活の火ノ丸、大太刀の勢いは止まらない。
堀さんが何故マネージャーになったのか、
その理由が明らかとなる。


なるほど・・・
そういえば、1話で火ノ丸は女の子を痴漢から助けていた。
メガネ少女ではあったんだけど。
それが堀さんだったとは・・・ その説は前に見た事あるが。



ブラクロ

絶望さんVSアスタチーム。
ボコボコにされるパスタさんだが、
パスタさんは絶望なんてしている暇はない。
絶望さんを超える悪魔の如き男だった。


という感じか。
もう、ここから乱入パターンは無いよね?
絶望さんを倒す所で綺麗に終わって欲しい。
リヒトさんとの戦いは、乱入がワンパになっててギャグだったからな。



カス虫祭と花火

祭りだァ!
とりあえずてっしー達は浴衣でソロモン祭りへ。
クズカスコンビは出店をやっていた。
ぼったくろうとしたが、逆らえない相手もいて。
ヤンキーが加護ちゃんをナンパしてたから皆で助けた。


という感じか。
面白い。
銀魂も通った道だな・・・ 詐欺出店w
祭りの出店なんて詐欺みたいなもんだしな。 (偏見

しかし、絵柄が可愛くて良い。
水木先生の妖怪のイメージを壊した妖怪ウォッチみたいに、
悪魔のイメージをぶっ壊したのがサモナーなんじゃないかと思っている。



こち亀

両さん主導で進めているアニメが、
なんかハリウッド実写化されるらしい。
戦車を使った作品で、リアルでやらかした。
色々被害は被ったが、後々利益になったから許された。


これが実写ボーイズ&パンツァー・・・
戦車は実写でも大丈夫だろうけど、
ガルパン自体はキツそうだよね。 
リアルだと、女子の嗜みにするには大変だし。

ほぼガルパンじゃねーか!!
女の子が出てこなかったくらいだよね。
ガルパンの狂った世界だと、
戦車で壊した店は、商売繁盛するから喜ばれる行い。



斉木

寺生まれの鳥束は、
心霊スポットに行く事にした。
オカルト部が久しぶりに活動する。
廃ビルには、普通の霊はいなかったが、悪霊がいた。
悪霊は小学生のようなイヤがらせをするらしい。
普通に解決したが、誰も鳥束を信じなかった。


あ、ここにガチの能力者なのに、
他人に信じてもらえない奴おったwww
寺生まれが割とまともに見える話だった。
悪い奴ではないんだよなぁ・・・
エロい奴だけど。 能力あるだけ厄介か。


悪霊の新たな価値観を出したような気がする。
ギャグは、違った視点を持つのがすごい気がする。



銀魂

江戸の治安は、天人によりグチャグチャ。
カッコつけたが普通にマダオはボコられた。
そして、何でもやってくれる万事屋が再来。


という感じか。
まぁ、マダオが活躍するのはね。
ちょっと無理があるよね。 はい。
久しぶりにバカ皇子もやってきたwww





VSバッハ。
卍解も普通に折られる。 
ヨン様も戦闘に参戦。 
チャン一がボコボコにされたと思ったが・・・
残念、それは幻覚だ。 ヨン様の幻覚!


チャン一が良い所を持っていった!
月牙天衝しか使えないのはどうかと思うの。
十字衝があるって? ノットオサレなんだよな。



将棋

今回でラスト。
前回から2年後。 
奨励会のメンバーはそれぞれの道を進んでいた。
信歩は少しずつだが前に進んでいた。


という感じだろうか。
打ち切り最終回によくある、
タイムジャンプが発動した!

みなとさんの痴女サービスだけじゃ、
なんか保たなかったね・・・
エロいというか、可愛い娘が単純に痴女だった。
という感じなんだよな。


まぁ、お疲れ様でした。
何か価値観がおかしいから、
スポーツとかそういうのやるのやっぱアカンと思うよ。





では。  アディオー!

奇跡? 運命? ベートーベン! ~今週のゴースト感想~

眠れない・・・  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はそうだな。
体調的には悪くない感じ。 
頭痛で苦しかったからなー。  



ただ、別の問題がありました。
日曜は都合上、早起きする必要があります。
いつもは起きるの8時半でいいのに、
日曜は7時半に起きますからね。  ツラい。 


空気が溜まり込むせいで、横になると苦しくなる。
という問題があります。
薬の力で眠くなっておかないと、寝付けないんですよね。
ここしばらく、昼寝に失敗している。 先週もダメだったし。



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、まほプリ。

夏だ! 海だ! かき氷だ!
と、何でも上手くいくわけでもなく。
製氷機が壊れたので、直している間に海で遊ぶ事に。
はーちゃんは皆を楽しませるために、魔法を使う。
みらいさんとリコはバレないように魔法で後始末をする。

かき氷のために、はーちゃんは謎の男に洞窟にさそわれる。
その男は、ヤモーで、ヨクバールを出してきた。
フェリーチェに変身。 洞窟から脱出し、ミラクルとマジカルも合流。
ヨクバールを倒す。 そして、氷も出来たので、皆でかき氷を食べた。


って感じの話でした。
なかなか面白かった。
魔法の力で、はちゃめちゃ大混乱だわwww
カオス過ぎて笑ったwww  去年の姫プリはどうだったかな。
魔法は完全にギャグとなっている。  


ゴースト。
タケル殿に残された、2回目の99日のタイムリミット。
残り19日まで減った。 
時間が流石に足りなくなってきたため、焦るアカリ。 
タケル殿も色々な力を手にして、人間ではなくなっている事に、
若干の不安を隠しきれないようだ。 

アカリは仙人に詰め寄るが、仙人はふざけて取り合わない。
タケルには、不可解な運命があるらしい。
運命という言葉で、ベートーベンゴーストがアカリに取り付いた。
運命に抗い、怒れ! というのがベートーベンの主張だった。

シスマコとアランも、なんとかタケル殿を助けようと動こうとする。
イーディスに連絡を取ると、アデルを止める事がタケル殿を助ける事に繋がるとか。
眼魔世界へ行こうとしたが、ゲートが封鎖されてしまい、転移出来なくなっていた。

一方、眼魔世界では、世界の根源に辿り着こうとするアデルを止めるイーディス。
アデルはイーディスも切り捨てる事を決意。
イーディスは、眼魔ウルティマ・エボニーへ変身。
アデルと一緒にゲートを開き、人間世界へとダイブした。
アデルはパーフェクト・ガンマイザーに変身。 ウルティマ・エボニーを撃破。

イーディスは大天空寺で治療される。 
イーディスは、色々と眼魔世界に関しての謎を喋ってくれた。
ガンマイザーは、世界の根源に容易に繋がれなくするために、
イーディスが作ったらしい。 しかし、自我を持ち始めている。 
アデルですら、ガンマイザーを制御出来なくなるのは時間の問題かもしれない。

アデルは、世界の根源に接続しようとして失敗。
ガンマイザーが言うには、鍵は天空寺タケルであるという。
もう一度アデルは人間世界に行き、タケル殿と戦う。
シスマコは、コピーシスマコと戦わされていた。 



という感じだったな。
そこそこ謎も明かされて、個人的にはそれなりに満足。
今まで考えていた事の答え合わせが色々出来た。


眼魔世界に関しては、
大体予想通りだったのかなぁ・・・ と思う。

・人の身体をカプセルに入れて、魂を眼魂に込める事で半永久的に生きる
という、タンクトップシステム。 
ここがまだ結構謎なんだよね。 どういう事が起きたら人が死ぬのか。
死ぬトリガーがまだ分からない。  寿命としては、数百年が限度かな?

・世界の維持に必要なエネルギーが足りなくなり、人間世界に資源を奪いに来た
・最終的な目的としては、荒廃した眼魔世界の再生

っていう所が、なるほどって思った所。 
まぁ、人間世界の人間がいなくなりそうだけどな・・・ 


ちなみに、アデル兄さんの理想の「完璧なる世界」というものが、
どういうものなのかは全くの謎。
 一度くらいは話してくれよwww
アデル兄さんは、一度自分の理想について演説すべきだと思った。

イーディスも、理想の世界を作ろうとしていたようだが。 
どういう世界を作る気なんだコイツら・・・  信用出来ねぇ。  
アホ兄さんは、やっぱラスボスの器ではないな・・・

話が分かりづらいから、コミュニケーションの大事さがよく分かる。
シスマコは、大事な話をなかなか喋ってくれなかったし。
アランは何も知らせてもらってなかったし。
アデル兄さんは、世界の秘密知らない内に、父親を殺すし。

知ってる人間を口封じしていく、なかなか邪悪なシナリオだと思う。
話の構成が最悪過ぎると思っている。 
あとからようやく、知ってる人間が喋ってくれたり、
アカリが色々分かってくれたりとかそんな感じ。  
知ってる人間が説明するのが一番だと思うんだが・・・  



では。  アディオー!

頭痛とお出かけと今週のアニメ感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
土曜でした。  

今日はですね。 
いつからだったかな・・・
起きたくらいから、頭痛があってですね。 

昨日も頭痛って書いてますね。
昨日の頭痛は、左側で昼頃には治まったんですけど。
今日の頭痛は、左側で長期的にガンガンしてました。


頭痛が長引くとツラいんですよね。
仕方ない事なんですけども。
治らない時は、本当に治らないからなぁ。
朝9時からカウントしても、16時間くらいは痛いからね。



で、現在はですね。
気付いたら、左側の頭の張りは割と治まっていて。
反対の右側が張っています。 つまり少々痛いです。


そろそろ切り替わる頃かと思ったけどさ。
昨日今日は同じ所だったから・・・ 
変なタイミングで切り替わるよね。 スイッチしたわ。
割と頭痛持ちだから困りますね。


で、体調があまり良くなかったんですが。
今日は出かけようと思っていてね。 
昨日と今日を振り返ると、昨日出かけるべきだったとは思うが。

でも、都合としては土曜出かける方が・・・
と思ったが、現在はそんな事はなかった。
漫画買いに出かけたんですが、写真は省略。  
土曜はアニメ感想の時間だった。 



ここからは、あにかん!(アニメ感想)のコーナー。
ネタバレ注意っす。

リゼロ  未来編  モブサイコ  プリヤ3  レガリア  絶望編  ジョジョDU
のラインナップでお送りします。



リゼロ

2回死んで、3回目となったスバル。
敵は、魔女教という集団組織。
戦力を確保するために、世話になっているクルシュに助けを求める。
断られ、他の王選候補者の勢力にも助けを求めるが、ボロクソにされた。
スバルは、他候補者に信頼されるものを何も持っていなかったからだ。
戦力の確保が絶望的なため、味方を襲撃前に逃がす作戦へ。
馬車のような業者と知り合い、味方を逃がすための交渉をする。
そして、ロズワールのいる領地へ向かおうとしたが・・・
謎の怪物に魅入られてしまう。


という感じか。
スバルくんがとりあえずボッコボコにされてる。
見てるこっちもツラいんだけど。 
鬱展開が続くとキツいなぁ・・・

理由を説明出来ないのがかなりの枷になってる。
こういうのって、説明しなきゃ分からないだろうしなぁ。
そんな縛りプレイをしなくてもいいのに・・・
今回はかなり情報を得たと思うから、良い失敗にはなったと思う。
スバルくんの心と情報で、状況は転がせるはずなんだ。




未来編(ダンロン3です)

未来機関に出されたコロシアイのルール。
・腕輪が付けられ、一定時間ごとに睡眠薬が投与される
・「襲撃者」一人だけが起きる事を許され、一人だけ殺す事が可能
・「襲撃者」らしき人物を殺すなりして、次の睡眠時間で人が死ななければそいつが裏切者
・NG行動というものが一人ずつ設定され、NG行動を取ると毒が注入されて死ぬ

というもの。 苗木のイメージは悪く、襲撃者扱いされていた。
苗木と朝日奈さんは逃げた。 未来機関のメンバーも散り散りに。
苗木と朝日奈さん、グレート・ゴズと月光ヶ原さんで密室にいた。
そして眠り起きた後、苗木が見たものは・・・ 朝日奈さんの死体だった。


やめろォ!!
再登場キャラが、またデスゲームに巻き込まれるとね・・・
死ぬ確率がまた上がるからイヤなんだよね。
ファンがいきなり絶望に落とされたぞ・・・

学級裁判は無いようだね。
多数決で「クロ」を決める事にはなりそうだが。
普通に人が死ぬサスペンスだこれ!
ダンガンロンパとは一体・・・?
ってなるけど。


今回は密室で数人しかいないのが仇となった。
これ、外部犯じゃなければ、
グレート・ゴズさんか、ゲッコウガさんやん。
ゲッコウガさんも無さそうだからなぁ。 
ゴズさんが裏切者だったりする? 
ダンロンだと毎回犯人は違うから、裏切者も一人じゃない可能性。



モブサイコ  

霊幻とモブ少年は、お嬢様学校で依頼を受けたため、潜入を試みる。
しかし、女装していたため、霊幻は捕まりそうになった。
一緒にいた女装モブは普通に通されたので、そのまま依頼人の元へ。
学校にいる悪霊を退治し、黄色い声援を受けるモブ。
モブは電波部という謎の部活に勧誘を受けていた。
自分のやりたい事を考えたモブは、肉体改造部へ入る事に。


という話かな。
女装回だった。
半分は違うけどね。 
霊幻はもうマッサージ師になれよwww
OP、EDともに最高で、今期最強である。

中学生はまだ子供という事か・・・
サイタマ先生は20過ぎからヒーローになったからな。
子供が強い力を持ってると、大変なんだろうな。
霊幻が師匠って所が引っかかるが・・・

似た立場の斉木は、高校生だが・・・
精神がかなり成熟したからな。
何度も世界を救ってるようだし。
コントロールが出来るかどうかで心も違ってくるんだろうな。



プリヤ3  

ギルVSアンジェリカ、
イリヤ&田中さんVSベアトリスの戦いが始まった。
ルビーがいないためズタボロになったが、
なんとかルビーと再会。 しかし田中さんの服が消失したため一時撤退。
エインズワースの主に逃がされ、仲間と合流。


という感じかな。
まぁ、戦闘は派手なんだけどね。
ベアトリス、アンジェリカと、エインズワースの勢力に魅力が無い。
アインツベルンを元にしたオリキャラがいてもなぁ。


美遊の兄が本格的に出てからが面白いんだよね。
今の所はgdgdが続くから・・・
アニメはマシだけど、そこまで面白いわけではない。
心理描写ってのは大事なんだけどね。 




レガリア  

奇術師のレガリアと戦うレナとユイ。
闇に飲まれてしまったが、
そこに白いレガリアが登場。 闇から助け出してくれたようだ。
王国では祭りがやっていて、ユイは友人の出店を手伝う。
そこで知り合った少女達もレガリアと契約者らしい。


という話かな。
多分こんな感じだと思うんだけど。
話が分かりづらい。 
私の「面白さメーター」は反応しないな。
どうも、波長が合わない。

OP、EDは共に良いんだけどなー。
今期はダンロンが2本もあるせいでな。
レガリアを視聴続ける理由が無いんだよね。

という事で、3話見て合わないから切ります。



絶望編  

弐大と終里がトレーニングで激突。
教室の半分を吹き飛ばす事態に。
雪染先生は、七海にゲームで友達を作る事を提案。
そうすると、教室で皆でゲームをやっていた。
花村の料理を食べたが、媚薬が入っていてカオスな状況に。
そんな中、予備学科の日向は何かの誘いを受けていて迷っていたようだ。
そして、予備学科に九頭龍の名を持つ少女が現れる。


という話だね。
パロディ多めwww
クソワロタwww 
ドーピング・コーン・スープとか、
ゴンさんでめっちゃ笑ったわwww
ゲームもスマブラ(64?)、ボンバーマンとかかな。

エロくて良かった・・・
ダンロン2 のノリだね!
そして皆(日向くん以外)揃っているという。
七海がいるのが最高だな・・・ 
まぁ、裏できな臭いプロジェクトが進んでるんだけどな。

やべえ! 九頭龍くんの妹が出る・・・
という事は、在学中に「あの事件」が起きるんだった!
一応いくつか事件起きるとは思うんだが・・・

ほのぼの出来るのはもう終わりかもね。



ジョジョDU

康一くんは露伴先生に道端で話しかけられる。
子供時代に住んでいた所を探していたらしい。
そして、地図には載っていない小道へ入ったが、そこは奇妙な場所だった。
杉本鈴美という少女と出会ったが、彼女は地縛霊だった。
殺人鬼が、まだ杜王町に潜んでいるらしい。
そして、奇妙な道を帰るルートを教えてもらったが、
決して振り向いてはいけない所らしい。
騙されて振り向いてしまった康一くんは、無数の手に囚われそうになってしまう。
露伴先生のヘブンズ・ドアーで助かった。


という話だね。
4部でも一番重要! といっても過言ではない話だな!
そして、ラストにはついに変態殺人鬼も顔見せ!
話に関わってくるか・・・ 話が動くな・・・

しかし、鈴美さん可愛いわぁ。
4部でも一番可愛い娘なんじゃないかね。

幽霊だけど。 僕は別に構わないよ。
そしてホラーだった。 
ここの話は重要なので、覚えておくと良い。

変な人に好かれる康一くんの受難はまだまだ続く。




では。  アディオー!

よく分からなかったけど、バケモノの子を見た感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。  

今日はそうだな。
朝から頭痛でした。  
軽い頭痛だったので良かったんですが。


バファリン飲んでしばらく横になっていたら、
なんか良くなってました。  
また夜になってから首と頭が悲鳴を上げてきたけどな。


2525 で動画でも見ようと思ったんですが、
どうも最近はほどほどの長さの動画しか見なくてな。
30分くらいまでが、私の精神の限界になっている。
時間があれば、もうちょい長くてもいいんだけど。 



今日は、金曜ロードショー「バケモノの子」を見ました。
話がよく分からなかったので、詳しい感想は無理です。

親に見捨てられたか何かで、ひとりぼっちとなった少年が、
突然バケモノの住む異世界にやってきてしまって、
それで、ひとりぼっちの獣人のおっさんと罵りあいながら、
数年かけてかなり強くなる。 

で、なんか師匠のおっさんと仲違いして、
人間の世界に帰ってきてから、知り合った少女と勉強をする。
人間の世界では本当の父親とも出会ったが・・・

闇に囚われた少年と人間の世界で戦い、
師匠のおっさんが刀になって胸の中に入って、
それで襲ってきた闇の少年の闇だけを切り取って、
それで人間世界で生きていく・・・


みたいな感じの話でした。
多分細かい所は違うけど。  
ものっそい適当に見ていたからな・・・

ツイッター見ながら映画見てるとな。  
21~22時くらいはピクシブ見る時間だし。
この時間に映画を見ると、ピクシブ見ながら映画みなきゃキツいんです。
なので、見落としてる部分は結構あるのかもね。 


まぁ、二つの世界を描くなら、
色々あるんだろうけど・・・  
少年と師匠の濃密な時間を描く所とか、
要所要所は結構光るものがあって、なかなか面白かったよ。



気持ち良さというものは、あんまり無いから・・・
私の思う「面白さ」とは若干違うけどね。
キュー太が、才能を発揮して強くなっていく所とかは良かったけど。


人間の世界での描写は、割と適当な気がするんだよな。
異世界の方がメインなんだろうけど。 
でも、前振りがきちんと生きてるから、
結構綺麗な流れが出来ていた。  そこは素晴らしい。 


人間の少年が、異世界で成長しつつも、
元の世界で残りの人生は生活していく。
そして、心の中には神になったもう一人の父親である師匠もいる。

って感じだから、元の世界に戻るのは、王道ですね。
ま、異世界漂流ものって感じだろうな。

結局は元の世界に戻る事にはなるし。 


では。  アディオー!


少女仕掛けのお伽噺 ~終末少女幻想アリスマチック感想~

眠たい・・・  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。  

今日はそうだな。 
仕事の方はまぁ、普通でした。
本の中から、変なものを発掘する事も無いし。

新しい仕事に入りました。  
ま、ブログで写真を追加するのと似たような事。
をやっているようなもんです。  

なので、私には特に難しいわけではないですね。 



今回は、エロゲ感想。
「終末少女幻想アリスマチック」というゲームをやりました。
昔(7年ほど前かな)、PS2版(エロ無し)をプレイしたんですけどね。

適度に忘れてきて、PS2も壊れてプレイ出来ないので、
DMMのDL販売で2700円で売ってたので買いました。

2006年発売の、10年ほど前のエロゲなんだよな。
今やると、絵柄が若干古いかなー。



はじめに

システム&音楽  世界観  キャラ&ルート感想  総括
という構成で感想を書いていきたいと思います。



システム&音楽

システムとしてはそうだな。
普通のエロゲという感じだろうか。

・セーブ&ロード
・スキップ、ネクスト(あんまり意味ない)
・バックログ
・ウインドウ消去ボタン
・システムボイス


セーブ領域は100個あります。
やはり100個くらいは無いとね。
70個くらい使いました。

独自のシステムとして、かるたシステムがあります。
タロットカードを集めていくシステムなんですけどね。
ルートを進めていくごとに埋まっていきます。


で、フラグを積み立てていくシステムなんですが。
最後に追加される「エピローグ」が、
累計フラグが一番多かったキャラのものに自動的になるという。
ヒロインは6人(1ルート双子)で、5パターンあるんですが、
若干面倒なシステムですね・・・

フラグをクリア(リセット)してやっていかないといけないからね。

音楽はかなり良いです。
戦闘用BGM がめっちゃカッコいい。
これだけでも推せる。



世界観

――世界は、静かに終末を迎えようとしている。

西暦2022年。
世界は原因不明の死に至る病に冒されていた。
隣接する多重次元世界が融合し、異空間化してしまうという
「散花蝕(ペトレーション)」と呼ばれる時空融合現象である。
汚染地域は人間が近寄る事を頑なに拒み、その領域は徐々に拡大しつつあった・・・

そんなある日。
九州の片田舎で普通の学生として生きていた「丸目蔵人」は
文部科学省の発行した召喚状で、突如として、東京湾の新規埋め立て地に
造成された新東雲学園都市に連れてこられることになった。
自分にどんな役割があるのか、それにどんな意味があるのか・・・
全く知る事の無いままに。

けれど、刻一刻とそれを許さぬように世界は滅亡への道を辿り始める。
手に携えるは幼い頃から鍛え続けてきた剣術と、ひと振りの刀剣のみ。
そして蔵人は、そこで自らの運命をそれぞれに斬り拓こうとする少女達と出会う――

逃れる術のない蒼き天蓋の下で――
今、少年少女達の未来への戦い、
「終末幻想」の物語が静かに幕を開けようとしていた・・・


という話です。
神話色が強い作品で、かなりの蘊蓄ゲーです。
注釈が色々出てくるのが面白い。
色々な神話、古武術、剣豪など。

昔は分からなかったけど、
クトゥルー神話がかなーり濃密に入ってます。
古代の遺物が、冥王星(ユゴス)で作られた物体(トラペゾヘドロン)とか、
ダゴン秘儀教団とか、深海に仕えし者(アビッサル)とか。
登場キャラの一人が「N(ナイアルラトホテップ)」だと思われるし。




キャラ&ルート感想 

りっちゃん → 白衣・黒衣 → 伊織先輩(BAD)
→ 小夜音 → 伊織先輩(TRUE)→ 冬芽

の順番でプレイしました。
小夜音を先にやるべきなのか、白衣・黒衣ルートで一部抜けがありました。

・蔵人
 主人公。 なかなかのイケメン。 強い。

・小夜音
 ドレスの少女。 一人だけローゼンメイデンに出てきそう。
 メインヒロインなので、小夜音ルートが一番燃えた。

・六花(りっちゃん)
 耳年増な女の子。 普通。 胸は控えめだけど、ツルペタではない。
 決して無いわけじゃないから、もにょるかな。

・白衣&黒衣
 双子。 物静かで料理上手な姉と、喧嘩っぱやい妹。
 妹の黒衣の方に秘密がある。

・伊織先輩
 素直なクールビューティー。 一人だけバッドとトゥルーエンドがある。
 ルートによって扱いがかなり変わり、結構死ぬ。
 クトゥルー色が強いキャラ。 インスマウス的な。


・冬芽
 盲目の少女。 巫女さん。
 冬芽自体が結構神話的なので、話が難しくなる。
 第2部だと、死ぬ可能性がマッハ。
 盲目の少女でも、性的な事をするのは興奮する。

・上泉信綱
 悪友キャラ。 でも結構重要。
 非攻略女性キャラのエロシーンがあったりする。
 剣豪であり、神話的な人物でもあるチートキャラ。 
 立場によって役割がかなり変わってくる。 味方でもありラスボスであり神である。

・小鳥遊
 ボーイッシュな女性キャラ。 魔術を使う。

・御影さん
 主任。 姉御キャラ。
 科学的、数学的な話をしてくれる。

・ソフィアー
 今回の重要人物。 不思議な力を使う。
 武器を呼んだら異空間から出してくれる便利キャラみたいな感じ。
 子供時代の幼女も出る。 



総括

まぁ、こんな所か。
面白かったですよ。

PS2版は追加シナリオもあったのでね・・・
PC版だと無くて、ちょっと物足りないんですが。

話がなんとなくしか分からないしね。 
ちょっと話が難しいかなぁって所はあります。

追加シナリオが入っているファンディスクもあるので、
とりあえず買おうかなと思いました。

色々チートが使われてますが、結構好きですね。

エロシーンがまぁなかなか。
性的に使えるかどうかは別としてね。
絵柄は癖があるけど結構好きだし。
かなり満足していますよ。  

総合評価としては、「88点」かな。




では。  アディオー!