その他の感想・考察の記事 (1/11)

寝るぞー!!、ユメミーワールド感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
金曜でした。


今日はそうだな。
寝坊しました。
9時に起きたので、朝の余裕はありませんでした。

ま、15分くらいで出勤出来るので、寝坊しても余裕はあるけどね。
9時まで寝てても何とかなるのは強みですね。


仕事の方はそうだな。
毎日車運転する人は大変そうだなーと。
私は責任という重圧に負けて、車を運転出来ないです。
そんな事やってたら、運転の仕方もほとんど忘れてしまったよ。


そんな事やってたら、金曜が終わっていた。
なんとか平日5日終わったなー。  
色々あった・・・  しかし首が痛くなった。


今回は、映画感想。
クレしん映画「ユメミーワールド」が放送されました。

1年前の映画ですね。
ユメミーランドだと思ってた。 ヘンダーランドとダブったか。
昨年の、サボテン映画は怖かったなー。


「爆睡! ユメミーワールド大突撃」


ある日、巨大な魚に飲み込まれる夢を見たのをきっかけに、
カスカベ市民達は夢の中で巨大な魚の中にある不思議な世界へ迷い込む。
そこではやりたい事が自由に出来る夢の世界で、市民達は自分の夢に浸っていくが、
いつしか大人達は幸せな夢を奪われ、巨大魚から追放されてしまう。
魚の外は悪夢の世界で、次々と現れる恐ろしい悪夢により大人達は次第に元気を失くす。
日にちが経つにつれ、子供も夢のエネルギーがなくなり悪夢を見るようになってしまう。

一時期、近くの地域で集団悪夢シンドロームが流行っていた。
そして、幼稚園に謎の幼女:サキが転入した頃から、
カスカベ市民は夢の世界の中に入るようになっていた。
カスカベ防衛隊のしんのすけ達は集団悪夢の原因を探るため、
サキを仲間に入れて夢の中に入り、
不思議な世界は「ユメミーワールド」という名前である事、
元凶はサキの父親である事を突き止める。

サキの父は、悪夢しか見られない娘のために他人の夢を奪い、
そのパワーでサキの悪夢を中和していたのだ。
風間くん、マサオ、ネネ、ボーちゃんも悪夢を見るようになる中、
真相を知ったしんのすけはサキの幸せのためにバクに悪夢を食べさせる
という作戦を考え、野原一家は揃って夢の中へ入っていく。

悪夢の世界を探っていく中で、サキの母は研究中にサキを守って死んでしまった事、
サキは目の前で母が死んだ事により、母は自分を恨んでいると思い込んでいる事、
悪夢の世界の巨悪は母の怨霊とそれを操っている昔のサキである事が分かる。
ユメミーワールドは壊れたが、カスカベ防衛隊は皆で枕を囲み、
サキの悪夢の中へ入っていく。
カスカベ防衛隊だけでは悪夢に苦しみ、みさえも夢の中へ入る。
母親が子供を恨むわけない! サキは母の愛に触れ、ようやく己の闇を乗り越えた。

サキは短期の転入で、新天地では友達も出来、幸せに過ごしているようだ。
また夢の中で会えたらいいな・・・



って感じでした。
いやー・・・ 
何だろうね。 面白かったけど、悪夢シーンがエグくてな・・・
恐ろしい出来事が起きるから、悪夢なんだけど。
悪夢としては正しい。 ただ、見てる方からするとキツかったです。


しんのすけの尻力ってやっぱりすごいね。
競女を見た後だと、競女っぽさを感じてしまったw
尻万力とか、金剛尻とか。  
競女に脳を汚染されると、頭おかしくなってくるな・・・
アホな事言ってないとキツかったわ。 クレしんと競女は親和性が高い。

ちょっと設定が重たすぎるかな。 
5歳くらいで、母親の死に直面したら、
トラウマになって悪夢を見続けるのは確かに分かる。

野原一家が良い家族を描き続けてる所はやはり強かったなと思った。
母の愛。 母の力。 本当の愛はここにある。

爽快感に欠けたかな・・・
道中の戦いが、負けか引き分けばかりで。
気持ち良くないんだよね。 
終盤だけ良かった。 オチは良い感じだね。


そうだなー。
あまり好みの作りではなかったので・・・
「75点」って所かな。  面白かったけどね。




では。 アディオー!
スポンサーサイト

雇用保険をよく知らないのでググってみた

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。

今日はそうだな。
寒かったです。  

凍える寒さだったし、
今日こそ腹巻をしておくべきでしたよ・・・
しばらく装着してなかったから忘れてました。



仕事の方はいつも通りでした。  
会社の同僚と、色々話す機会が増えた気がしますね。
入社して1年くらい経って、ようやく慣れてきたという事か。


職員の人とはそんなに話さなくなりましたね。
色々な人がいますが、話す人はそんなにいませんけど。
それでも、ある程度は分かってきました。  
1年が経過しそうで・・・  時間の経過が早いですね。


さて、なんとなく「雇用保険」の話でも。
いまいち分かっていなかったので、
ググってみました。  


雇用保険とはどんな制度? 「参考サイト」
参照したのはここです。


雇用保険とは、従業員の雇用の安定や促進を目的として作られた公的な保険制度です。
様々な給付制度があり、失業した際に一定期間給付金を受け取ることができる
「基本手当(失業給付)」がよく知られています。
以前は失業保険や失業手当と呼ばれていたものです。



そっかー。 雇用保険に入っていれば、手当がもらえたのかー。
手当を受け取るためには、条件もあったようだが。


基本手当を受給資格を得るためには、以下の2つの要件を両方満たす必要があります。

1. 失業日直前の2年間に、雇用保険に加入していた期間が合計で1年以上あること
  (例外あり)
2. 現在失業しており、かつ、すぐにでも働く意思があること
  (求職活動を行えること)



うーん。 最初に働いていた会社は1年くらいいたけど・・・
1年いたのに、保険を拒否されていたのは、やっぱりアレだったんじゃ。
色々と法律に違反していたのが分かっていたからなんだろうね。


理解した上で、最低賃金以下で働く事になっていたのか・・・
「合意の上だからいいよね?」とか言われましたけどね。
私としても、半年くらいはいいかと思ったんで愚かでしたけど。


「給料を上げて欲しければ、自分の成果を言葉で説明して下さい。」とか、
あの手この手で、昇給を拒まれたからな。 

パソコンを買い替えたし、要求には答えたつもりとか言ってたような。
私への給料上げるのは拒む代わりに、備品には金を使ったって感じ。

「給料を上げざるを得ないと判断するまでは上げない。」
みたいな事言われたし。
  正直この時点で信頼は出来ないよね。

僕が欲しかったのは、給料が少しずつでも上がる。
という実績だったんだな・・・ ってのは、辞めてから気付きました。

実績が無ければ、ずっと最低賃金以下で働く事になるとしか思えないよね。

これから続けても、給料は上げる事は出来ないって言われて数年経つと思った。
信用出来ないってそういう事だよ。
ほとんど詐欺でしょ。  


まぁ、酷い会社で働いたら、働く意欲も失せるってこれ。
働く意思を持つ事って大変だねぇ。  

という事で、失業手当は受け取れる資格持ってたかは分からないな。


で、雇用保険に入る事が出来る規定の話に入る。
最初に入った会社が酷過ぎて、愚痴ばかりになってすまない。

私の入れる枠としては、
「一般被保険者」
フルタイムで働く一般社員や、勤務日数・時間が一定水準を超える派遣社員や
パートタイマーなどの非正規労働者。


であろう。

「加入条件」
派遣社員やパートタイマーなどの非正規従業員が雇用保険の一般被保険者となるには、
以下の条件をすべて満たす必要があります。

1. 一週間の所定労働時間が20時間以上
2. 31日以上継続して雇用される見込みがある


「2」の雇用期間の条件を満たすのは以下のようなケースです。

・特に雇用期間が定められていない
・雇用期間が定められいて、その期間が31日以上
・雇用期間の定めが当初は31日未満の見込みだったが、
 途中から31日以上雇用されることが決まった
 → 31日以上の雇用が決まった時点で要件を満たすことになる
・雇用契約に更新規定があり、31日未満で雇止めとなるような規定がない



だとさ。
私が現在いる、就労継続支援A型は、アルバイト・パートと同じ扱いかな。

一週間の働いてる時間が20時間以上で、
1ヵ月以上働く見込みがある必要があるみたい。
私はまだ、週20時間働けてないので、保険外にいる。

今年は、雇用保険がかかるくらいまでは働くつもりです。
休めないし、ちょっと圧力かかるけどねー。
もうちょい働いても大丈夫かなーと思ったので。

働いて一年になりそうなので、そろそろ大丈夫でしょう。  


昔の会社の、名前は出さない契約を交わしてるから出さないけどさ。
当人が見つけたら、分かりそうだなー。  
ま、見つけても知らんぷりして下さい。 名指ししてないから。

10年以上経ったら、流石に時効って事で、
昔こんな酷い会社があったんじゃよ・・・
って、吹っ切れて書くかもね。  その時は恨まないでね。


とりあえず、あなた(昔の上司)の事は信頼出来なかったし、
私も、信頼に背く事をしてしまったのは事実なので、
まぁお互い様なのでしょう。  

お互い無かった事にして忘れてるという設定になっているので、
ま、気にしないで欲しい。  


こんな所だな。
雇用保険、とりあえずかかったら後でお得になりそうだなー。
頑張ってみよう。  
祝日があると、週に20時間働くのが難しい事に気付いた。






では。  アディオー!

タイムスリップとウエスタンな夢、こどグルお正月SP感想

休みが終わった・・・ (挨拶)


はい。  こんにちは。
火曜でした。  

今日まで休みでした。  
明日から仕事だよー;;
7日ほどの休み、堪能したぜ・・・  


休み過ぎると、行きたく無さがマックスブラボーになるので。
そろそろ会社に行かないとな。  
3が日(大晦日、元日、2日かな?)しか休まないのもアレだし。
来年以降はもうちょい働かないとヤバそうだけど。
少しずつ働く時間を増やしていこう。  


今日は、「がんこちゃんエピソード0」を見たり、
「仮面ライダーゴースト&ドライブ ムービー大戦ジェネシス」を見たり、
「孤独のグルメお正月SP」を見たり、
とりあえず、色々見ていた一日でした。  


有意義な一日だったと思う。
タイムスリップものを見ていたな・・・ 

「がんこちゃん エピソード0」はそうだな。
超未来の世界の、がんこちゃんが、
遠い昔の人間がいた時代にタイムスリップする話でしたね。
より正確に言えば、学校の大掃除をしていて、
大きな柱時計によりタイムスリップ。 
両親の若い頃の時代に一度行って、
その後に人間のいた時代で、生き残りの人間と交流する話でした。


核戦争をした世紀末なんだろうね。 
一部だけ残った楽園。  
人間は、なんか最終的に死ぬと砂になるらしい。 
これ子供向け人形劇なんだが!? 人形劇すげーなー。

異世界設定を使わず、現実的に考えて、
もっともらしい理屈を作るとこうなるんだろうなと・・・

子供には理解出来ないと思うw  こんな鬱エピ見せられてもw
意味が分かると怖い話でした。  
人間は愚かだから滅ぼすべき。 という教訓かな・・・


さて、ここからはドラマ感想。
昨日、「孤独のグルメ 2017年お正月SP」がありまして。
感想にいきたいと思います。


「孤独のグルメお正月スペシャル ~井之頭五郎の長い一日~」


井之頭五郎は何故か荒野に立っていた。
何もない土地を歩き続けていると、一軒のレストランを見つけた。
入ろうとした途端、強盗らしき二人組が走り出てきて、その後に銃を持った男が・・・
五郎が絶叫したその時、愛車の中で目が覚めた。
企画書を見返していて眠ってしまったらしい。

アポまでまだ時間があり、先に何か腹に入れようと車を走らせた。
工業地帯に差し掛かり、焼き肉の「つるや」を思い出し行ってみると、なんと満席。
諦めて倉庫に向かうと、倉庫近くにある定食の渋い店「アトム」を思い出し、
立ち寄ってみるが今度は閉店していた。

中野で仕事を済ませた五郎は腹がたまらなく空き、
中野の街を彷徨っていると、突如「上海家庭料理」の看板に目が奪われた。
五郎は迷わずその店に入ると、店員さんに案内されるまま席に着く。
「スペアリブの黒酢ソース炒め」や「焼豚とレタスの炒飯」など、
グッとくるメニューの文字にかなり迷いつつも、
レバニラ炒め、トマト卵炒め、バイツェーチ、それに水餃子を注文。
飾らないグッとくる美味しさ。 タレ・レバ・ニラ、この三位一体の破壊力。
デザートにゴマ餡団子まで注文し、上海家庭料理をしっかりと堪能した。

店を出るともう一仕事、取引先の杉原商事へ向かった。
調子の良い社長。 社長はアメリカに明日飛ばなければならないらしい。
アメリカの料理長は日本語を読めないものだから、
企画書の英訳という仕事を明朝までに任されてしまい、事務所に泊まり込む羽目に。

日付が変わる頃、空腹で仕事が進まない五郎は何か腹に入れる事を決意。
街に繰り出すも、店が見つからずうろうろ・・・。
そんな時、ステーキ店を見つけ、肉の引力に勝てず入る。
注文を取りに来た店長に、リブステーキ300g とガーリックライスのハーフを頼む。
五郎は鉄板の上でジュージューしている肉にステーキソース、
粒マスタード、ニンニク、オリジナル薬味を交互に乗せ、充分に味わう。

全て食べ切り、締めのコーヒーを飲んでいる時に我に返り、
慌ててオフィスの書斎(物置のような倉庫)に戻ると、なんとか朝までに仕事を終えた。
その途端に、別の規格が決まったとの電話も入り、
今年も忙しくなりそうだと喜ぶ五郎であった。



って感じですね。
公式サイトを元に、まとめました。


いやー・・・
正月からのメシテロ! 
去年もやってたなぁ・・・

シーズン5 は2015年だったんだよなぁ。
2016年からは半年に1回くらいでした。
シーズン6 はまだかフォイ!? って荒ぶってました。
今回の放送後、シーズン6制作決定! の告知が出て、テンションが上がった。



焼き肉の「つるや」は見てなかったけど、
公式ツイートを見る限り、5年前に入ったらしいからシーズン1かな。
倉庫近くの「アトム」、シーズン5かと思ったが、
公式サイトを参照すると、シーズン4 だった。  

閉店したんだなぁ・・・  過去に出た店を出してくるのは熱いな。


冒頭のウエスタンな夢も笑ったけどwww
今回は外国ロケか!? って思っちゃったもんw 
日本でも外国人のやってる店はあるかー。  
荒野・・・ どこだ・・・? ってなった。

実際、後半パートの前振りになってたんだよね。
深夜で、どこにも飯屋が無い。 
そんな中、テキサスでステーキな店を発見する。

今回はなかなか良い演出でした。  作りがいいね。  


ゴローちゃんのよく分からないまとめ方も好き。
仕事ほっぽってメシを本気食いしてて笑ったwww

仮眠エンドか・・・  また変な夢を見るフラグだな。
またねゴローちゃん(松重さん)!  シーズン6 で!!
6期が出来るってのは、超人気がある証拠だよねぇ。





では。  アディオー!

ベイマックス、もう大丈夫だよ

雪が積もってクソ重たかった。 (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。

今日はね。
昨日からもりもり雪が積もっていたので、
昼頃に除雪をやったんですが。


この前と同じで、50センチ以上積もってました。
雪が質量の暴力を発揮してましたよ。
クソ重たかったです。


家族で除雪やってました。
私はまぁ・・・ 身体壊してから、体力が戻らなくてね。
元々体力がカスだったんだけど。 
病人より少し元気なくらい。

マッスル>常人>カス>病人
と4種類にカテゴリーを分けると、カスになります。
2回くらい背中から滑って転げ落ちました。  もうダメだ。



休みなので、ゆったりしてました。
除雪で疲れたし。


本日は、金曜ロードショーで、「ベイマックス」を見ました。
結論から先に書くと、面白かったです。


本編。
近未来のアメリカと日本を混ぜたような街に住む、少年ヒロ。
彼は天才的な頭脳を持ち、飛び級で高校を卒業した事で目標を失い、
ロボットファイトという違法ギャンブルで遊ぶ自堕落な生活をしていた。
見かねたヒロの兄貴は、自分の通っている大学のラボを見せる。
兄の開発した白いマシュマロボディを持つケアロボット「ベイマックス」と、
尊敬する教授と出会った事で、大学に行きたいという目標を持つ事に。

大学に合格するためには、大学の発表会で、
教授に研究を認めてもらわなければならない。
兄貴の所属する大学の仲間達に協力してもらい、ヒロは発明品を完成させる。
ヒロの開発した発明は、「マイクロボット」。

指先ほどにしかない小さな部品だが、多くのマイクロボットが合わさり、
神経トランスミッターで色々な事が出来る。 そんな画期的な発明をした。
大学の切符を手に入れたヒロだったが、発表会現場が爆発炎上。
兄貴は残された教授を助けるために会場に飛び込み、帰らぬ人となってしまう。
ヒロは一夜にして、兄貴と教授とマイクロボットを失う。

兄貴の死以降、心を閉ざしたヒロは引きこもりの生活を送っていた。
「痛い」という言葉で、兄貴の残したベイマックスが起動。
一つだけ残っていたマイクロボットがどこかへ行こうと動いていたため、
ベイマックスと共に街の探索をする。
そうすると、謎の施設で大量のマイクロボットが生産されていた。
謎のマスクマンに襲われ、命からがら逃げる。

一連の出来事から兄貴の事故はマイクロボットを狙った者の犯行なのでは?
そう思ったヒロは、マスクマンを捕らえる事を決意。
道中で、兄貴の仲間のラボメンバーと出会ったり、
マスクマンの正体が、実業家ではないかという予想に至ったり、
ラボメンバーと共に戦う力を順調に付けていく。 
マイクロボットを扱うためには、神経トランスミッターが必要。
マスクマンからマスクを奪えば問題ない。 

街をスキャンして、マスクマンは謎の孤島にいる事が分かった。
バージョンアップしたベイマックスは空を飛べるようになった。
そこでは過去に、実業家が国と極秘プロジェクトを進めていて、
ワープホールを作って実験をしたら、研究員が消息不明になる。
という事故が起きていた事を、映像記録で知る。
そこにマスクマンが現れ戦うと、正体が教授である事が判明。

兄貴が見殺しにされたという事実にヒロは激怒。
ベイマックスの看護データを抜き取り、バトルデータのみにし、
教授を抹殺しようとする。 
しかし、仲間に取り押さえられた。 
復讐に取りつかれたヒロだったが、ベイマックスは兄貴の過去データを見せる。
「人々を救うために」ベイマックスの本来の使い方を痛感したヒロは反省。
今度は、教授をちゃんと捕まえるために行動する事を決意する。

映像記録を洗っていくと、実験で消息不明になったパイロットは、
教授の娘である事が分かる。 教授は娘の仇討ちをしようとしていたのだ。
ちょうど、実業家は完成パーティーをしていて、マスク教授はそこに現れた。
マイクロボットで、実業家を襲うマスク教授。 巨大なワープホールを作る。 
ヒロ達は、マスク教授&マイクロボットと戦う。

強すぎるマイクロボットだが、発想を転換。
マイクロボットをワープホールの中に吸い込ませる事に。
教授からマスクを奪い、復讐を止める。
その時、ベイマックスのスキャンで、異世界の中に女性がいる事が分かる。
ヒロは兄貴のように人助けをする事を決意し、ワープホールの中へ。
ベイマックスと共に異世界へ入るヒロ。 教授の娘を見つける事には成功するが、
途中でベイマックスが破損。 ロケットパンチでヒロと娘の命は助けられる。
ベイマックスは異世界の中に取り込まれてしまう。 

時は流れ、ヒロもしっかり大学生となっていた。
ある時、ベイマックスの置き土産であるロケットパンチが何かを握りしめてる
という事に気が付き、中を開いてみる。 そこにはベイマックスの看護データが入っていた。
ヒロは自力でベイマックスを完成させ、再会する事が出来た。



って感じだなー。
Wiki の情報を元にまとめました。 
めっちゃネタバレだったwww  
本編見てない人が読んじゃいけないね。


いやー、あまり期待はしてなかったけど、
面白かったわ。  

序盤の話は結構なミスリードだった・・・
どう考えても、実業家が怪しいじゃん! 
でも、よく考えると、教授は実業家を毛嫌いしてたんだよな。
娘をみすみす犠牲にされたのにのうのうと生きてたら腹立つよな。


なので、一応教授も怪しかったんだな。  
って事に、落ち着いて考えた今は分かったわ。


映画の紹介だと、ハートフルなストーリーみたいに感じさせられたけど。
アメコミヒーローアクション映画だった。 
劇伴もいいしなー。  音楽が良い映画は良い映画。 


一応、感動作なのは間違ってないな。
終盤だけ見たら、涙の別れがあるしなぁ・・・
ラストの展開は卑怯だよ。  
構成が上手かった・・・ ロケットパンチがただのロマン砲じゃなかった。



ロボットが人格のようなものを持ってるとなー。
プログラムで出来ていたものだとしてもなー。
やっぱり、犠牲にしたくないですわ。  
卑怯ではあった。  

だけど、ロボットには頭脳データってものが存在する。
頭脳さえ残っていれば、身体を作り直せばほとんど蘇生に近い事が出来る。
バックアップが大事。 っていう教訓になるね。


アレだな。 ファンが考えた、ドラえもんの最終回。
あんな感じの話が結構近いなー。
過去の思い出のロボットを復活させるって話が。
二次創作的なものだけど、アレは結構出来が良いよな。  


面白かったー。 
総合的に言えば、どうだろう。 82点くらいにしておくか。
劇伴が良かった。  




では。  アディオー!


マッドマックス 怒りのデス・ロードの感想

首がいてぇー!! (挨拶)


はい。   こんにちは。
木曜でした。  

なんか面白い感じの夢を見た気がしますが。
あまり覚えてないな・・・
現実によく似た所で、色々な所に行った夢かな。
夢の中ではアクティブなんだけどな・・・  
夢で引きこもっててもつまらないし。 
 


軽い頭痛がしていました。
仕事は普通でした。  

なんだろう・・・  アレかな。
私はある程度、人の話を覚えられるようになってきたのかな。
なんか似たような話をよくしているような気が。  



まぁいいや。
ここからは、映画感想。
グーグルプレイで、ある特定の映画が100円で購入出来たので。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見てきました。


文明が崩壊した世界が舞台。
何でも、核兵器による戦争が勃発し、生活環境が汚染されてしまったようだ。
生存者達は、物資と資源を武力で奪い合う世紀末。

砂漠化した荒野で、マックスという青年がいた。
過去に救えなかった命の幻覚と幻聴に悩まされていると、
流浪の途中で暴徒に襲撃され囚われ、砦に連れて行かれる。
車を奪われ、マックスは輸血袋として奴隷のような扱いとなった。
砦では、イモータン・ジョーを首領とした独裁国家のような所だった。
砦は地下水をくみ上げ、農作物も栽培している結構な所だった。

ある日、大量のガソリンと何かを砦と他の集落で取引が行われるようで、
女隊長は、秘密裏にジョーの5人の妻を連れ出そうとしていた。
部下の裏切りと妻と我が子を奪われたと知ったジョーは怒り、
配下のスキンヘッド戦闘集団:ウォーボーイズを引き連れて追跡を開始。
マックスはウォーボーイズのハゲに連れられ、
車に括りつけられてジョー勢力の追跡争いに巻き込まれる。

追跡劇の最中に砂嵐に遭遇し、マックスはなんとか自由の身となる。
女隊長を襲撃し、一人で逃げようとするが、車は改造され、
女隊長でないと動かし方が分からなかったため、一緒に逃げる事となる。
また、マックスを連れてきたハゲもジョーの命令をミスしまくったため、
見捨てられて、マックス達の仲間となった。

女隊長の目的は、生まれ故郷の「緑の地」。
かつての仲間である女達に出会ったが、
土壌汚染の影響で、目的の地が失われている事が判明。
それでも尚、女隊長はあてのない旅をしようとするが、
マックスは、ジョーと配下の過激戦闘集団を排除し、
生き抜いていける可能性がある砦に戻る事を提案。

マックスの提案に同意し、主不在の砦に向かって激走する。
ジョーの軍勢との戦いが始まり、犠牲も大きかったが、
激闘の末、ジョーを殺す事に成功。 
ハゲのファインプレーもあり、渓谷の突破&道をふさぐ事に成功。
ジョーの配下達も排除される。 
女隊長は傷ついて死にかけたが、マックスの輸血によりなんとか助かる。
マックスは自分の名前をここで明かす。 
一行は砦へ凱旋し、ジョーの圧政から解放された事で、女隊長達は歓迎される。
マックスは一人、砦から去っていく・・・



って感じの話だったらしい。
いまいち分からなかったけど、Wiki の方に大体の流れが書いてあった。
もはやあらすじじゃなくて大体の話だけど。

それを参考にして、まとめました。


まぁ、世紀末の話ですね。
北斗の拳かな? って思いました。
やっぱり、核戦争が起きた後の世界か・・・

文明崩壊し過ぎでな。 人類は滅びるまでいかなかったのか・・・
生き残った人大変やな・・・

色々感想をタドルクエスト! してみたら、
マッドマックスが先で、北斗の拳はインスパイアされた方らしいけど。
核戦争後の荒廃した世界・・・ ってのは大変だね。

マッドマックス2 が、1981年公開の映画で、
北斗の拳は1983年からスタートのようだ。
なるほど。 北斗の拳のヒャッハーは、マッドマックス2の影響なのか。



純粋な感想としては、「人めっちゃ死んでそう!」でした。
スタントマンがどう考えても爆発で死んでる気しかしないですね。
死者が出てないとは考えられない・・・
それほどまでに過激でした。

炎のギタリストがインパクト強すぎる・・・
ウォーボーイズがめっちゃヒャッハーしてました。
モヒカンではなく、スキンヘッドの集団。

怖すぎるでしょ。 大体の人は開幕30分までに死にます。


身体のどっかを欠損していたり、
五体満足とは言えない身体の人が多くてな。

実にリアルというか。  大変な未来っぽくて良かったよ。
ツラい気持ちになりました。  

まぁ、障害者用の施設で働いてるから、
身体のどこかが不自由な人とかよく見かけるんだけどね。


私の好みとは違ったので・・・
そうだなぁ。  個人的な評価を付けるなら、「78点」くらいだと思う。
よく分からなかったけど、なかなか悪く無い映画でした。





では。  アディオー!


【長文注意】赤いアイツの感想まとめ

首痛いわー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
朝は本当にクソ寒くて死ぬわ。  
なんか変な寝方してたっぽい。 

これからゴッサムが続くと考えると悲しいですね。
冬なんだなぁ・・・



仕事の方は、どうもかったるい。
張り合いが無いんだよなぁ・・・  
適当に時間潰しながら仕事やってます。 

違う事やりたいけど、難しい事とか、
個人情報取り扱う事とかはやりたくないなぁ。
そうなると、今のように末端の仕事をやってくのはいいのかな。



今年4月から、40年近く前の作品「レッドマン」が
YouTube で復刻配信されました。
1話3分程度の短い動画だったので、見続けました。

全138話を見終わったので、感想をまとめたいと思います。
簡単な感想は、ツイッターに書いてたので、加筆・修正しています。


いやぁ、短いけど長かったわ。 
平日5日間、18時に配信だったかな。
それで、半年くらいかかった。


「レッドマン(全138話)」


1~4話。(最初はまとめて)
荒地を散歩している怪獣に粘着する赤い通り魔が
主人公のレッドファイトな作品。 

レッドマンが悪役にしか見えないんだけどw

5話。 
怪獣をぶちのめし、レッドフォール! って感じで
死体を投げ落とす外道っぷりを見せてくれた。 
まさに外道!


6話。 
怪獣にレッドアロー(槍)を突き刺す。 なるほど、ゲイ・ボルク・・・!! 
レッドマンはランサーだった。 自害せよランサー。 

レッドアローもレッドナイフも生々し過ぎる。 ビーム使えよ。

7話。 
竹林で怪獣と戦うレッドマン。 
普通のバトル回。 まぁ、怪獣にも戦う意思があるなら仕方ないよね。 
とりあえず、せめてナレーションくらいつけて欲しい・・・


8話。 
怪獣との死闘。 まともな手だと不利だと見るや、
死んだふりをしてレッドアローを滅多刺しするという凶悪なバトル回だった。 
すごい! 手段を選んでない! 
ヒーローじゃなくて殺し屋だ!! レッドエクスタシー!


9話。 
怪獣と格闘、レッドナイフを怪獣に奪われたが、
レッドナイフはもう一本あったぜ! 
って話だった。


10話。 
怪獣と戦うレッドマン。 レッドナイフが池ポチャしたけど、
落ちた場所と爆発した場所が本当に違ってて笑ったwww 
一体どんな操作したんだ・・・ 
レッドナイフは当たった所を爆撃する能力があるもんなぁ。

11話。 
怪獣と戦うレッドマン。 ギリギリの接戦だったが・・・ 
レッドアローの殺傷力がすごかった。

8話のレッド滅多刺しのインパクトはしばらく更新されないんじゃないだろうか。 
とりあえず突き刺しとけ。

12話。 
怪獣と戦うレッドマン。 執拗に首を攻撃する。 
そしてとどめのレッドナイフ! 

無駄にラストがカッコ良くてわろたwww あの首攻めやべーわ。

13話。 
今回は怪獣の喧嘩に割り込んでくるレッドマン。
えげつないぜ・・・ 
バルタン星人は、ウルトラ怪獣に詳しくない私ですら知ってる
有名な怪獣(多分正確には怪獣じゃない)だわ・・・

14話。 
二人の怪獣と戦うレッドマン。 
前回と似たような泥臭い戦いだったが、レッドナイフ二刀流が炸裂! 

って感じだった。 二刀流の演出がカッコ良かったので良しとする。

15話。 
エリマキトカゲのような怪獣と戦うレッドマン。 
とどめのレッドアローがめっちゃ刺さっていた。 

む、むごい・・・!!

16話。 
怪獣とバルタン星人が協力してレッドマンと戦うが・・・ 
怪獣が友を逃がしたのか、バルタンは逃げていく・・・ 
赤い通り魔から逃げ切る事は出来たのだろうか。

怪獣が共闘しててわろたw 
赤い方が悪役っぽいじゃん!w

17話。 
毛むくじゃらの怪獣と戦っていたレッドマン。
相手が戦意喪失して逃げようとしても、
あの赤い男に慈悲など無かった。 無慈悲なレッドフォール!


18話。 
流石に怪獣に恐れられてきたのか、逃げられそうになる所を
レッドワープしてレッドファイッ!! 危ない場所での戦いだった。
 
確か前にどっかでワープ技はしてきた気がするなぁ。

19話。 
がま口と毛むくじゃらの怪獣と戦うレッドマン。
普通に相手に戦意は無かったようだが、
普通に殺した。


20話。 
2体の怪獣が結託してレッドマンと戦う。 
怪獣の友情パワーでレッドマンを追い込むも、無慈悲なレッドダブルキック。 
って感じだった。 レッドキック強い。


21話。 
怪獣を1体ずつ倒すレッドマン。 今回の怪獣は善戦したが・・・ 
レッドアローの殺傷力は強かった。 ズブシュ! 

もみくちゃになってる所で刃物突き立ててる感じ。

22話。 
二人の怪獣が喧嘩している所に横入りしてくるレッドマン。
決め技はレッドナイフダブルショット!! 

まさか一瞬で2本投げて命中させるとは・・・ 決め技が鮮やかだった。

23話。 
今回も二人の怪獣と戦うレッドマン。 
2対1だが、レッドアローダブル脇刺しの威力はすさまじかった。 

まともなファイトではあったと思うけど。

24話。 
モップみたいな怪獣とレッドファイッ! するレッドマン。 
怪獣がステルス能力を使うが、レッドナイフで炙り出す。 
そして決め技3カメラレッドチョップ! 

完全に肘が入っててレッドエルボーだこれー!!

25話。 
茂みから卑怯にも襲ってきたので応戦するレッドマン。 
なんて毎回泥臭い戦いなんだ・・・ 
合気道のような投げ技が華麗だよね。

26話。 
怪獣2体の喧嘩に割り込んでくるレッドマン。 
1体は多分喧嘩で死亡、もう1体と戦う事になる。

27話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
怪獣の攻撃で火薬使われてたからいつもよりは普通の特撮に見えた。

28話。 
2体の怪獣が殺し合う所を腕組んで静観する恥知らずな超人がいた! 
残った1体を殺すという残虐ファイト。 

腕組んで戦いを見守った後に勝者を殺すとかえげつねぇwww

29話。 
怪獣と戦い1体を殺したと思った時に不意打ちされるレッドマン。 
怪獣も学習しているというわけか・・・

30話。 
怪獣もワープ能力を使っている。 しかしそんなの関係ねぇ!
という感じに殺していくレッドマン。 

腰を押さえた場面があったから痛かったんだろうなぁ。

31話。 
2体の怪獣が、挟み撃ちの形でレッドマンと戦う。 
レッドマンは戦いなれたチンピラ戦法で怪獣を殺していく。  

32話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
1体は死亡、逃げようとした怪獣に襲い掛かるレッドアロー。 
逃げる者にも容赦しない! それがレッドファイト!


33話。 
怪獣2体がタッグを組み、レッドマンに挑む。 
火薬を使うと特撮っぽく見えるな・・・ 
いつもは残虐プロレスみたいな感じだし。 
レッドアローのダブル投擲。 もはやゲイボルグ。

34話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
今回は普通の泥臭いレッドファイトだった。 
武器を使わないと、やはり泥臭く見えるな。

35話。 
3体の怪獣と戦うレッドマン。 
ぶっちゃけトドメが雑だった。 
レッドナイフのレッド爆破で3体死んだぞwww

36話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
とりあえず、いきなり「レッドファイト!」する場面があるくらいで、
最近は通り魔感は薄れてきたかなぁ。 普通のプロレスっぽく見える。

37話。 
鼻が長い? エレファントな感じの怪獣と戦うレッドマン。 
相手に戦う意思が無いんだけどwww

38話。 
怪獣が入れ替わり立ち代わり、そして2体の怪獣と戦う不思議な回。 
なんだこれは。 説明しろ苗木!


39話。 
2体の怪獣がワープして襲ってきたので、
「ファイッ!」で即レッドファイトを仕掛けるレッドマン。 

2対1じゃもう普通に大丈夫になってきたな。 死体が残らないなんて!

40話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
怪獣同士戦っている所を1体ずつ撃破する。 
そしてレッドフォール!


41話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフを滅多刺しにしたり、
打撃で殺したり。


42話。 
鼻の長い怪獣と坂のような所で戦うレッドマン。
いやいや。 めっちゃ危険な所で戦ってるゥー!

43話。 
モヒカンのようなトサカを持つ怪獣と戦うレッドマン。 
大体殺害フィルムを見せられてる気分になってくる。

44話。 
怪獣に「レッドファイッ!」仕掛けるが逃げられたので
時を戻して殺しにいくレッドマン。
 
トドメはレッドキックの脳震盪だろうか。 
時を戻してきたwww

45話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
1分過ぎてからレッドマン登場って遅いwww しばらく怪獣が喧嘩してた。 
レッドフォールは怪獣を武器にする事も出来る。

46話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
いつも通りのレッドファイトだった。

47話。 
3体の怪獣を1体ずつ抹殺していくレッドマン。 
武器も使わないし、怪獣は喧嘩せず1体ずつだし・・・

48話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
泥臭い地味な殺しだった。 
やはりレッドナイフかレッドアローでも無いと派手さに欠けるな。

49話。 
煙の中、2体の怪獣と戦うレッドマン。 
すごく・・・ モクモクです・・・ 
ここまで武器を使わないなんて・・・

50話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
怪獣の1体は動かなくなり、もう1体は逃げようとしてる所を
レッドマンに殺害されるって感じかな。

51話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
動きにキレがあり、レッドナイフもレッドアローも使う。


52話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
アクションを決めてレッドキックで怪獣を殺す。

53話。 
鼻の長い怪獣に開幕レッドナイフダブルを食らわせるも苦戦するレッドマン。 
レッドアローを刺しただけじゃ死亡と認めず、怪獣を崖からレッドフォール!!
 
伝説の残虐ラスト。

54話。 
1体の怪獣が横たわっていて、1体の怪獣が使う棒切れみたいなやつと
レッドアローで戦うレッドマン。 
レッドチェックをした上で、念を押すレッドアロー刺し。

55話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
1体倒して終わろうとしたら、背後からもう1体の怪獣迫る・・・! 

56話。 
3体の怪獣と戦うレッドマン。 
1体ずつ確実に殺していく。 
念入りに3体連続レッドチェック。


57話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
投擲レッドナイフが結構跳ね返される確率高くなってきた気がする。

58話。 
砂地で怪獣と戦うレッドマン。 
そういや最近「レッドファイッ!」を聞かないなぁ。 
マウント取って執拗に首を攻める所がガチで殺しにいってる感あってすごい。

59話。 
砂地でダサい走り方をしながら怪獣に突進するレッドマン。 
ショック死クソワロタwww

60話。 
エレキングさんと戦うレッドマン。 
レッドナイフを奪うまでは良かったが・・・ 

結局殺された。

61話。 
ここ最近のサムネがマウント取ってタコ殴りwww 
レッドマンの残虐ファイトヤバいわ・・・

62話。 
海辺で和風の怪獣と戦うレッドマン。 
海辺にロケ地が変わったwww 
荒地とか斜面地ではなくなったか・・・

63話。 
海辺で怪獣と戦うレッドマン。 
いや、本当に最近「レッドファイト!」の掛け声なく戦闘が始まっちゃうなぁ。

64話。 
海辺でモップみたいな怪獣と戦うレッドマン。
開幕いきなりレッドアローを奪われ、ファイヤー的なのを浴びせられる。 
波打ち際で拷問プレイをして怪獣を殺した。


65話。 
レッドビーチで、逃げる怪獣を追いかけ回すレッドマン。 
怪獣が消えたと思ったら、地中から現れた! 
普通に捕まるレッドマンはアホであった。 

レッドアローで刺した後に投げるという残虐技。

66話。 
レッドビーチで怪獣と戦うレッドマン。 
戦っていたらもう1体の怪獣が出てくる。 
応援ダンスを踊る怪獣は岩に叩きつけられて死んだ。 
ナイフでSATSUGAI!


67話。 
レッドビーチで2体の怪獣と戦うレッドマン。 
レッドアローを持ち出すも、怪獣に取られて刺されそうになる。 
同士討ちさせて戦意喪失した所を殺る!


68話。 
レッドビーチで2体の怪獣と戦うレッドマン。 
とりあえずgdgdやって、レッドナイフのショットでショック死させる。 
死んだかどうかは分からない。

69話。 
レッドビーチで、怪獣と戦うレッドマン。 
もう1体の怪獣に追撃を食らってしまう。 
レッドナイフが効かないので、暴力でなんとかした。

70話。 
レッドビーチで怪獣と戦うレッドマン。 
もう1体の怪獣も出てくる。 トドメはレッドアロー! 

怪獣視点でアロー複数回刺されるとか、残虐過ぎるでしょwww

71話。 
砂地で怪獣と戦うレッドマン。 
最近は武器を怪獣に取られる事が増えてきたな・・・ 
怪獣も学習しているのか・・・ 複数回ナイフでの刺殺!

72話。 
砂地でモップ怪獣と戦うレッドマン。 
レッドアローを奪われるも、奪い返してフィニッシュ。


73話。 
砂地急斜面で、怪獣2体と戦うレッドマン。 
殺した上で転がす所が何ともアレだった。

74話。 
またもレッドビーチで2体の怪獣と戦うレッドマン。 
特に意味の無さそうな動きで笑うwww 
勝手に転がる所が面白いと思う。

75話。
レッドビーチで2体の怪獣と戦うレッドマン。 
とりあえずいつものgdgdバトル。

76話。 
レッドビーチで、2体の怪獣と戦うレッドマン。
ウーはモップ怪獣にしか見えない。

77話。 
レッドビーチで、2体の怪獣と戦うレッドマン。
レッドマンに疲れが見える。

78話。 
レッドビーチで、2体の怪獣と戦うレッドマン。
レッドアローは奪われるもの! 
何故レッドマンを仕留められない!w 
レッドアロー1本で2体同時処理の雑っぷりにわろたwww

79話。 
レッドビーチで、怪獣と戦うレッドマン。 
久々のタイマンか・・・ 怪獣も瞬間移動出来るから、
レッドナイフの投擲は決定打とはなりづらいか。

80話。 
草原で怪獣と戦うレッドマン。 
30秒で1体倒し、久々に「ファイッ!」の掛け声でバトルスタート。 
久々に「ファイッ!」が聞けただけで価値のある話だと思う。


81話。 
草原で怪獣と戦うレッドマン。 
もう武器は最初は通じなくなってるwww 
レッドアローを両手に突き刺してから投げ飛ばす。 
なかなかの残虐プレイ。

82話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフの投擲ははじかれるもの! 
切れたレッドマンは、ナイフを念入りに突き刺す!


83話。 
怪獣とタイマンで戦うレッドマン。 
レッドアローを持たせたが折られたらしい。(よく見えなかった) 
怒りに震えるレッドマンは怪獣の首を完全に折った!

84話。 
怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフと白刃取りで奪われた。 
とどめはレッドキック!

85話。 
主題歌に乗せながら怪獣と戦うレッドマン。 
普通のヒーロープロレスだったかな・・・ 
レッドナイフを念入りに複数回刺してたけど。

86話。 
岩場で怪獣と戦うレッドマン。 
久々の「レッドファイッ!!」 とりあえずこれだけで割と満足。 
ジャンピング・レッドエルボー・・・

87話。 
変な顔の怪獣と戦うレッドマン。 
キックが鮮やか。 
ケンタウルス星人とは一体・・・

88話。 
いきなり怪獣に踏まれてる所から始まるレッドマン。 
普通のレッドフォール。

89話。 
斜面で怪獣と戦うレッドマン。 
レッドアロー失敗! からの、蹴り。 
見事な連携コンボ。


90話。 
斜面で怪獣2体と戦うレッドマン。 
めっちゃ蹴って転がしていく。 
1体を仕留めて、さらにレッドフォールで追い込む。


91話。 
主題歌に乗せて、2体の怪獣と戦うレッドマン。
レッドマンって光ったっけ・・・? 
レッドアローの投擲は最近はもう通用しなくなったので、
そのまま刺し込むというのは良い判断。

92話。 
2体の怪獣にリンチされているレッドマン。 
レッドナイフ失敗! からの~ 
レッドアロー&とんぼ返りキック。


93話。 
斜面を頑張って降りて、3体の怪獣と戦うレッドマン。 
パンチ、キックで怪獣を倒し、
イカみたいな怪獣を担いで崖からレッドフォール!! 

生きたまま落としたよね・・・

94話。 
岩場で怪獣と戦うレッドマン。 なかなか決まらない。
最近使ってたとんぼ返りキックも受けられる。 
怪獣を倒したが、別の怪獣が出てきた。 つづく!


95話。 
前回からの続き。 
岩場でトゲトゲ怪獣と戦うレッドマン。 
決め技はワープしつつレッドキック! 
そしてまた怪獣が出てきた! つづく!(ババーン!)

96話。 
続きもの。 6連戦の3回目かな? 
急斜面を降りて怪獣と戦うレッドマン。 
gdgd戦って、とんぼ返りキックで締め。 まだつづくようだ。

97話。 
前回からの続き4連戦目。 
鎧怪獣と戦うレッドマン。 
即レッドナイフを出すが弾かれてしまう。 
飛び上がっての決め技レッドキック! 


98話。 
続きもの5回目。 2体の怪獣と戦うレッドマン。 
急斜面から怪獣を蹴り落とす。 2体が相手でも特に問題は無く・・・ 
ワープしつつのレッドキックで雑に倒したwww

99話。 
6連戦ラスト。 2体の怪獣と戦うレッドマン。
開幕レッドアローをしたが、ザ・ワールドのような感じで止められる。 
ダブルボディプレスで苦戦したが、久々のレッドナイフダブル!


100話。 
岩場で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
開幕レッドアローはやはり避けられる。 
ワープレッドキックと、レッドチョップでフィニッシュ。


101話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 普通に肉弾戦を行う。 
怪獣のボディプレスを受けるが・・・ 
とんぼ返りキック&レッドキックでフィニッシュ。


102話。 
2体の怪獣と岩場で戦うレッドマン。 
1体はなんとかレッドアローで倒したが、
もう一体にはアローを取られたのでとんぼ返りキック。

103話。 
急斜面を下りながら、2体の怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフで1体を殺し、もう1体はぶん投げてからのレッドフォール。


104話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
サムネがめっちゃ殺害現場。 
1体をレッドナイフでグリグリしつつ殺し、
もう1体はレッドキック。


105話。 
岩場で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
開幕レッドアロー爆撃だが、怪獣のワープ攻撃でかわされる。 
ボコボコにされつつも、とんぼ返りキックとレッドナイフでフィニッシュ。


106話。 
岩場の穴場で2体の怪獣にボコられるレッドマン。
とりあえず穴場から出てきて戦う。 
レッドアローでフィニッシュ。


107話。 
4体の怪獣に襲われるレッドマン。 
3分で倒すのは至難の業と思われたが・・・ 
レッドアローの爆撃が思ったより広範囲だった!

108話。 
2体の怪獣にボコられながら戦うレッドマン。 
色々あったが、レッドキックととんぼ返りキックでフィニッシュ。

109話。 
いつもの岩場で2体の怪獣と戦うというかもう開幕ボコられているレッドマン。 
レッドキックとレッドチョップでフィニッシュ。

110話。 
荒地で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
gdgd戦闘やって、ラストはレッドナイフで刺殺! 
2体共に刺殺! 

111話。 
2体の怪獣と戦うレッドマン。 
怪獣が突進してきた所をしゃがんで転ばせるテクニカルなプレイ。 
そしてレッドナイフを構えて、唐突な新技:レッドショット!!


112話。 
草原で、3体の怪獣と戦うレッドマン。 
ボコボコにされて劣勢かと思いきや・・・ 
レッドキックで1体、とんぼ返りキックで1体、
レッドチョップ(グーパン)で1体を倒した。

113話。 
草原で、2体の怪獣と戦うレッドマン。 
1体をレッドナイフで早々に仕留め、
もう1体はレッドキックでフィニッシュ。


114話。 
草原で怪獣とタイマンをするレッドマン。 
動きがキレッキレで、完全に超人プロレスだった。 
プロレス見た事ないけど、これはプロレスだよ!


115話。 
森でトゲトゲ怪獣と戦うレッドマン。 
開幕レッドナイフはすべて弾かれた。 
殴ってとりあえずレッドフォールでフィニッシュ。

116話。 
草原で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
1体をレッドチョップで倒し、
もう1体は持ち上げてレッドフォールでフィニッシュ。


117話。 
森で3体の怪獣と戦うレッドマン。 
開幕レッドナイフ投擲するも、受けられる。 
1体をレッドエルボーで仕留め、2体目をとんぼ返りキックで仕留め、
最後の1体はレッドナイフを口に刺して殺した。


118話。 
森で4体の怪獣に襲われるレッドマン。 
流石に4体は多いので、結構不利になってしまう。 
色々あったが、最後はレッドナイフ爆撃で爆殺!

119話。 
森で5体の怪獣と戦うレッドマン。 
開幕レッドナイフ投擲をするも、謎の返却をされる。 
ボコボコにされながらレッドマンの取った行動は、レッドナイフ爆撃! 


120話。 
岩場で、2体の怪獣と戦うレッドマン。 
狭い所で戦ってるようで、劣勢。 レッドアロー投擲は失敗。 
レッドキックでフィニッシュ。

121話。  
岩場で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
とんぼ返りキックと、レッドキックでフィニッシュ。

122話。 
岩場で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
とりあえず、脳天レッドナイフと、とんぼ返りキックでフィニッシュ。

123話。 
岩場で2体のコウモリみたいな怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフを投擲したが弾かれる。 
そして落ちてるレッドナイフを急いで拾って刺殺! 
もう1体も刺殺!

124話。 
山で怪獣と戦うレッドマン。 機敏なイカルスファイト。 
そしてもう1体の怪獣が急斜面を転げ落ちてきた。
レッドアローとワープレッドキックでフィニッシュ。 


125話。 
山で3体の怪獣と戦うレッドマン。 
とりあえず、レッドアローで1体、普通の蹴りを1体、
とんぼ返りキックで1体撃破でフィニッシュ。 

126話。 
岩場で、3体の怪獣と戦うレッドマン。 
くぼみでハメ殺されそうになるも、脱出。 
レッドナイフを構えてレッドショットで3体を撃ち殺した。


127話。 
岩場で3体の怪獣と戦うレッドマン。 
無駄に洗練された無駄の無い無駄な動きわろたwww 
最後にはレッドアローを投擲して爆撃! 

128話。  
岩場で怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフを出すが、怪獣のワープで落とされてしまう。 
飛び上がってのレッドキックでフィニッシュ。


129話。 
荒地で怪獣とタイマンで戦うレッドマン。 
ゼットンさんは強いので、
強引に持ち上げてレッドフォールでフィニッシュ。


130話。 
山で怪獣と戦うレッドマン。 
掴み合い、投げ合う。 
歌に合わせてレッドキック(ワープ)でフィニッシュ。

131話。 
荒地で怪獣と戦うレッドマン。 
gdgdやって、レッドキックでフィニッシュ。

132話。 
荒地で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
開幕ジャイアントスイングで投げられる。 
ドラコが3段テレポートタックルを繰り出してきたり。 
とんぼ返りキックと押し倒してからのレッドナイフでフィニッシュ。


133話。 
荒地で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
レッドナイフ投擲はキャンセルされた。 
レッドアロー直刺しと、とんぼ返りキックでフィニッシュ。


134話。  
荒地で4体の怪獣と戦うレッドマン。 
リンチされながらも戦う。 
ラストはレッドアロー爆撃。

135話。  
荒地で怪獣と戦うレッドマン。 
遅れてもう1体が現れる。 
レッドナイフを投擲するも、ドラコに受け止められて逆に投げつけられる。 
レッドアローでフィニッシュ。


136話。  
荒地で2体の怪獣と戦うレッドマン。 
レッドマンさんはいきなり分身を使い、2体になる。 
レッドナイフを使ってフィニッシュ


137話。 
荒地で怪獣と戦うレッドマン。 
1体倒して勝利の余韻に浸ってる所で、もう1体に不意打ち。 
殺意を打ち込み、光線技:レッドサンダーでフィニッシュ。


138話。 今回がラスト。 
ラスボスのエレキングさんとのタイマンバトル。
レッドアロー投擲や、3段ワープレッドキックも効かない。 
最後はレッドナイフの切り裂き! 首を落としてフィニッシュ。




とまぁ、まとめただけでこんな感じ。
138話分あると圧倒的だな。

いつの間にか、「レッドファイッ!」の掛け声が無くなっててそこが残念だったかな。
様式美くらいは守って欲しかった。

昔の作品に何を言っても仕方ないが。

まぁ、初期のレッドマンは、戦意の無い怪獣を一方的に襲って殺戮してたからな。
中盤からは、開始から即ファイトが始まっていたり。
通り魔感は消えたので良かったと思うよ。
初期レッドマンは、通り魔の犯行フィルムだったからね。


中盤、海辺(レッドビーチ)でのロケが多くなってて面白かったな。
残虐ファイトは結構多かったけど、残虐ファイトじゃないとレッドマンって感じしなかったな。
普通に面白い超人プロレスな回もあったと思うけど。

119話の5体の怪獣に襲われるのが一番ピンチだったのかな。
流石に数の暴力だったからね。 尺も足りないし、
一気に倒せるからいいんだけど。  
続き物があったり、なかなか面白い時は面白かったよ。

終盤、いきなり分身してきたり、
ようやく出てきた光線技とか。 
ラストの方は見応えがありました。  
半年間オツカーレ!  ありがとうございました!




では。  アディオー!

陰陽師は高層ビルをパルメザンチーズ状のものに出来る

木曜が休みだと・・・ 何を書いていいやら。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。  

なんかもう、毎朝軽い頭痛な気がするんだけど・・・
大丈夫なのかこれ・・・  

首がとりあえずやられている。 
 
明日、頭痛がするようなら、整体に行く事も考えておこう。
勿論、雨が降るならやめるけど。

どうなるかは明日になってみないと分からない。


今日は特にネタが無い・・・
しょうがないから、突発的に、最近見た動画で面白かったやつを紹介。

クトゥルフTRPGリプレイ動画「風変わりな旅行」
リンクからマイリストに飛べます。
実際にあったプレイを、キャラに演じさせるというリプレイ動画です。


シナリオの内容としては、
舞台は、2012年のノルウェーのとある都市「ティアメゴ」。
サブカルチャーの発展により、日本の秋葉原のような町へと変貌した。
そんなティアメゴで、「コミックマーケット in ティアメゴ」略してコミティアに
参加しようと思った探索者だったが・・・?


って感じの話です。  
まぁ、ぶっちゃけると、謎の水晶時計で、
1時間(60分)時を戻したら、60年前にタイムスリップしていた・・・

って話です。 時計の特殊能力で、1分ごとに1年進んだり戻ったりするようです。
時間が跳躍します。


一風変わった旅行となるが、
一番風変わりなのは、探索者であるというね・・・

探索者は2人いて、
一人は普通の刑事って感じなんだけど、
もう一人は、宗教家。 陰陽師をやっているおっさん。
饅(まん)さんっていうんだけどね。  

饅さんめっちゃ面白いんだわ。  

現代とは別の世界線みたいでな・・・
饅さんの世界の日本は、時計やカレンダーがなくて、
陰陽師や忍者がめっちゃいるらしい。  
陰陽師こわい!!  



4年ほど前(2012年)のロールプレイだけど・・・
非常に面白かったな。 
コミケだけどコミティアとか別イベントになっている小ネタとか。
2525大百科にも「記事」になってるので見て下さい。

意外とよく練り込まれたシナリオだったり。
ま、まだ見てない人のためにネタバレはやめておこうか。

このサークルのTRPGリプレイ動画を見るのに、最近ハマってるんだけど・・・  
面白いな・・・  手頃な長さというのも良い。



トラップだらけのシナリオで、
よくグッドエンドに辿り着けたなぁという。
後味が良い展開だったので、すごく面白かったです。

主に陰陽師ゲーでした。  



では。   アディオー!



Re:Re: ~僕だけがいない街(原作)感想~

寝ていた。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。

今日はそうだな。 
眠かった気がする。


仕事の方はね。
9月から週4 で働こうか。
みたいな話をしていました。 


週3 だと、固定席ではなく、席が変わるってのがね。
地味にストレスだったのよね。 
ここは自分の席。 って感じではなく、
誰かの席を一時的に借りてるに過ぎなかったから。 


さて、週4 で私の首は保つのか・・・ 
常時痛みを発していますからね。  
ストレスから解放されると良いのだが・・・ 


仕事も終わり頃に差し掛かる(14時頃)と、
やる気が起きなくなってきてね。 
家に帰ってきても、無気力でベッドで横になっていたら、
なんか眠ってました。  

寝るぞー!! って、思うと眠れないのに、
普通にだるいな・・・ って思っていたら眠れる不思議。 



さて、今回はネタが無いからどうしようかな。
「僕だけがいない街」(全8巻)
原作の感想を書いてなかった気がするので。  書いていこうか。

流石に読んでから時間も経っているのでね・・・
書くタイミング逃していたな。  
ツイッターの呟きを元に書いていきます。  


1巻。
売れない漫画家:藤沼悟はリバイバルという能力を持っていた。 
小5の時に身近で起きた誘拐殺人事件。 母が刺されてしまう所まで。

2巻。
小5の時代(18年前)までリバイバルで戻った悟は、
誘拐殺人事件を思い出し、雛月と仲良くなる所からスタートする。 
雛月にばかり構い過ぎてたせいで失敗する所まで。

3巻。
雛月を助ける事にこそ失敗したが少し歴史を変える事に成功、
悟は現在に戻り殺人容疑で警察に追われる身となる。 
アイリに助けられたり、母の知人と出会って事件の概要を知り逮捕される所まで。 

4巻。
もう一度18年前にリバイバルした悟は、
ケンヤやヒロミの協力で雛月を助ける所に成功する所まで。

5巻。
雛月を救う事に成功した悟は、気が抜けてしまう。 
しかしリバイバルは終わらない。 
誘拐殺人事件の他の被害者の子供を一人ぼっちにさせないように行動する悟。 
そしてついに真犯人が? という感じ。

6巻。
悟は一つ重大なミスを犯してしまった。 
信頼していた人の中に真犯人が紛れていたのである。 
真犯人の過去と、そして植物状態になった悟は15年ぶりに目を覚ます。

7巻。
長き眠りから覚めた悟の記憶の扉は深く閉ざされていた。 
この世界線では出会った事のない少女:アイリを見てから
失われた記憶が戻ってくる。

8巻。(完結)
真犯人との最終決戦。 
病院で出会った幼女と遠足のようなレクリエーションへ。
西園は、幼女と悟を殺すために暗躍する。 
ケンヤや記者と協力し、携帯電話を逆に利用して西園を追い詰める。 
一人ではなく皆で西園の逮捕に繋げる事に成功。
時は流れ、悟は漫画家となっていた。  
雪が降る中、アイリと出会う。 ここから先の未来は誰にも分からない。


って感じかね。
ツイッターだとほぼネタバレ無しで書いてたからなぁ。
早めに記憶が残ってる内に、ブログにネタバレ入り感想を書かないとなぁ。
若干忘れてしまっている。 


前にミクソーで書いたアニメ感想を元に、
原作とアニメの対応も書いてみる。

原作1巻 = アニメ1話(超詰め込み)
原作2巻 = アニメ2~4話
原作3巻 = アニメ5~6話
原作4巻 = アニメ7~8話
原作5巻 = アニメ9話
原作6巻 = アニメ10話
原作7巻 = アニメ11話(途中まで)、12話はオリジナルな結末。
原作8巻 = アニメではやらず


という感じになるのかな。
10話くらいまではカットされたエピがありつつ、
原作に沿っていた。  アイリ関連の話がほぼオミットされたんだよな。
じっくり2クールでやって欲しかったな・・・

記憶を失ってから、記憶を取り戻すまでに時間かかってるしね。
アニメだと、尺の都合で早めに覚醒していた。
前の世界線での唯一の繋がりである、アイリが重要な人物だった。



原作の方が、ラストまで無理無く進んでいたなぁ。
まぁ、アニメは1クールしか無かったからね。
最終決戦の読み合いとかは面白かった。  

違う未来を進みつつ、過去に戻って過去改変をしたから、
前の世界線には戻れないけど、違う世界の記憶が残っていた故に、
西園に手が届いたようなものなんだよね。  
携帯電話を使ったギミックはなかなか面白かった。 



とりあえずこんな所にしておこう。
4ヵ月前に読んだばかりなんだけど・・・
細かい所忘れてるなー。  
まぁ、原作がかなり面白いので、オススメですぞ。



では。  アディオー!

東北に出張した男、ゴロー!~孤独のグルメSP感想~

仕事の効率化が出来ると、少々楽になれるな。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
木曜でした。  

今日はですね。  
クソ暑かったなぁ。 
8月はずっと暑いんだろうか。 
イヤになってきますね。  



仕事はまぁ、良い感じで出来ましたよ。 
いつもビクビクしてるのはアレだけど。
一応慣れてきたかなぁ。 
時間短縮を図れたので、良い感じです。  

今日はネタが無いので、
↓ からドラマ感想を書いていきます。


さて、昨日「孤独のグルメスペシャル」が放送されてました。
昨日は時間無くて書けなかったんですが、
今日感想を書きます。


孤独のグルメSP 真夏の東北・宮城出張編


その夜、井之頭五郎は、仙台の牛タンの店にいた。
ぶっきらぼうな店主とお客さんの会話を聞きながら、
昼間、旧友の岸本と会った時の事を思い出していた。
新しい商業施設「シーパルピア女川(おながわ)」での秋のイベントを紹介された。
久しぶりの旧友からの仕事、しっかり頑張らねば。

「明日、良い仕事をするためにも、牛のパワーを注入しておきたい・・・」
暫くして「牛タンセット」がやってきた。 牛タンをゆっくり噛みしめる。
麦飯が定番だが、この店は白米であった。 それもまた良い。
やがて「テール焼き」が来た。 どえらいものだった。
テール焼きをほぐしてご飯に乗っけて食べると、
残りの牛タンをご飯に乗せてとろろをかけて食べ、
最後にスープも飲み切って充分満足するのだった。

翌日、ゴローはレンタカーを借りる事に。
しかしあいにく乗用車は出払っていて、軽トラのみとなっていた。
久々のマニュアル車でエンストを起こしつつ、女川へ向かった。
シーパルピア女川の担当者と打ち合わせをする。
社員、商店街の人に商品サンプルは気に入ってもらえたようだ。
ほっとすると、急に腹が減って来た。

急ぎ軽トラ号に乗り込み、店を探す。
しばらくして「ニューこのり」「食事処」の看板を発見。
山道に入ったが、海鮮丼のある店に辿り着く事が出来たゴローであった。
お店は、老若男女で賑わっていた。

ゴローは「海鮮五色丼」と「アナゴの天ぷら」を頼む。
しばらくして五色丼が出て来た。
数えてみると、なんと6種類以上のネタが乗っている。 どれも新鮮で本当に美味い。
合間に出て来た「あら汁」も素晴らしかった。

その時、アナゴの天ぷらが登場。 
あまりの大きさに驚くも、追加で「殻うに」まで注文してしまう。
揚げたてサクサクのアナゴに食らいつき、力がみなぎるゴロー。
やがて、「殻うに」がやってきた。
ゴローはそれを丼の上に乗せ、海鮮丼を平らげた。
そしてご飯を追加し、残りのアナゴを乗せて頂いたタレをかけて食べ切った。

全て食べ切ったゴローは、店を後にする。
海岸沿いの道を走っていたゴローは、「サバ出しらーめん」の
のぼりに惹かれ、食堂に立ち寄ってしまう。 
東北出張の締めに「サバ出しらーめん」をズルズルと食べる。
あまりの美味しさに、またも全て平らげてしまうゴローであった。



という話ですね。
公式サイトのエピソード紹介を参考に書きました。
大体こんな感じだったから仕方ない。

牛タン&海鮮丼&ラーメン
って感じでした。
3店舗に行くって話だったからなぁ。

2つの店で終わりそうになっていたが、
EDを流しつつ、「終わるかと思った? まだだよ!」
をやってくるとは思わなかったwww
スタッフロール流れないから、何かやりそうとは思っていたが。


半年ぶりのこどグル5。
一応、シーズン5の延長戦だよね。
久々で、感動しましたよ。 

仙台って事で、杜王町みたいなものじゃん。
ってツイートもありまして。
実質ジョジョ4部とのコラボ回でしたね。


仙台市って何県だっけ?
って、ググるまで忘れてたわ・・・
宮城県が今回中心でしたね。
仙台と石巻か。 


面白かったのは、レンタカーのやり取りかな。
店員さんが若くて、軽トラをゴリ押ししてた。
MT車だったのは、エンストさせるためなんだろう。
エンストが一種の芸だった。


東北だから、大震災の影響は受けてるんだよね。
宮城の被害どれくらいなのかはよく分からないんだけどね・・・
震災から5年ほど経過しているが・・・
それなりに復興はしているのかなという印象。


ゴローちゃんの謎感想は今回も健在。
よく分からない感想が結構あったw

まぁ、こどグルが合う人は下戸の方な気がするなぁ・・・
酒飲まなくても、楽しめるというか。
酒が入ると、酒メインになっちゃうからね。
食事メインにしづらい気がするんだ。


酒が好きなら、「昼のセント酒」を見るのが良いんだろうな。
すまん。 シゲちゃん主演だったけど見なかったわ。


たらふく食った後に、締めにラーメンとかねwww
ゴローちゃんはそれだけいけるのは理解出来るんだけどさ。
これは普通の人が演じる実写ドラマだからな。
松重さん大丈夫か! 胃袋大丈夫か!!


まぁ、こどグルはね。
劇伴がいいんですよ・・・
やっぱ最高だなぁ・・・ 面白かったわ。
不快感も少ないしね。 心が若干暖かくなったわ。 






では。  アディオー!

よく分からなかったけど、バケモノの子を見た感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
金曜でした。  

今日はそうだな。
朝から頭痛でした。  
軽い頭痛だったので良かったんですが。


バファリン飲んでしばらく横になっていたら、
なんか良くなってました。  
また夜になってから首と頭が悲鳴を上げてきたけどな。


2525 で動画でも見ようと思ったんですが、
どうも最近はほどほどの長さの動画しか見なくてな。
30分くらいまでが、私の精神の限界になっている。
時間があれば、もうちょい長くてもいいんだけど。 



今日は、金曜ロードショー「バケモノの子」を見ました。
話がよく分からなかったので、詳しい感想は無理です。

親に見捨てられたか何かで、ひとりぼっちとなった少年が、
突然バケモノの住む異世界にやってきてしまって、
それで、ひとりぼっちの獣人のおっさんと罵りあいながら、
数年かけてかなり強くなる。 

で、なんか師匠のおっさんと仲違いして、
人間の世界に帰ってきてから、知り合った少女と勉強をする。
人間の世界では本当の父親とも出会ったが・・・

闇に囚われた少年と人間の世界で戦い、
師匠のおっさんが刀になって胸の中に入って、
それで襲ってきた闇の少年の闇だけを切り取って、
それで人間世界で生きていく・・・


みたいな感じの話でした。
多分細かい所は違うけど。  
ものっそい適当に見ていたからな・・・

ツイッター見ながら映画見てるとな。  
21~22時くらいはピクシブ見る時間だし。
この時間に映画を見ると、ピクシブ見ながら映画みなきゃキツいんです。
なので、見落としてる部分は結構あるのかもね。 


まぁ、二つの世界を描くなら、
色々あるんだろうけど・・・  
少年と師匠の濃密な時間を描く所とか、
要所要所は結構光るものがあって、なかなか面白かったよ。



気持ち良さというものは、あんまり無いから・・・
私の思う「面白さ」とは若干違うけどね。
キュー太が、才能を発揮して強くなっていく所とかは良かったけど。


人間の世界での描写は、割と適当な気がするんだよな。
異世界の方がメインなんだろうけど。 
でも、前振りがきちんと生きてるから、
結構綺麗な流れが出来ていた。  そこは素晴らしい。 


人間の少年が、異世界で成長しつつも、
元の世界で残りの人生は生活していく。
そして、心の中には神になったもう一人の父親である師匠もいる。

って感じだから、元の世界に戻るのは、王道ですね。
ま、異世界漂流ものって感じだろうな。

結局は元の世界に戻る事にはなるし。 


では。  アディオー!