仮面ライダーエグゼイド感想の記事 (1/2)

俺は世界一のドクターだ!、今週のニチアサ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
日曜を満喫してましたよ。


ゴッドイーターオンラインには入れましたが・・・
鯖が混雑してますね。  これは一度入れても次は入れないかもしれないな。
そして、クッソ操作しづらいですw  スマフォゲーでやる事じゃねェだろ!



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

いちかとひまりが歩いていると、
ライブステージで、ロックバンドがライブをしていた。 
ボーカルの少女:あおいは、いちか達と同じ中学生であった。

あおいは、バンドコンテストに出る事になる。
新曲を作り、あおいは歌詞を考えていたが、
憧れの人が審査員のため、気が急いて良い歌詞が浮かばず、
コンテスト当日を迎えてしまう。  

いちか達が作ったライオンアイスを見て、
あおいは己の原点を思い出し、バンドの演奏がスタート。
そこで敵がやってくる。 キュアホイップ、キュアカスタードに変身。
二人じゃ抑えきれなかったので、あおいがキュアジェラートに変身。
3人で敵を倒す。  
そして、歌い足りないから歌った。  


って感じですねー。
面白かった。  ロックバンドって最高だな。
ってのが今回の感想です。 
 
ロックな曲が好きな私は、今回の挿入歌めっちゃ好きですね。 

音楽厨の私も思わずニッコリしてしまう話でした。
良い曲は、全てにおいて優先される。 面白い。
キュアジェラートの変身バンクが動き過ぎててな。
変態が描いたとしか思えなかったです。



エグゼイド。
元社長によって、自らがバグスターウイルス感染症である事を知った永夢。
莫大なストレスがかかり、ゲーム病を発症するが、消滅という最悪の事態は回避する。
が、疑問が残る。 何故バグスターが現れない? ヒイロも大我も不審を抱く。

日本舞踊の女性がバグスターウイルスに感染。 ロボットダンスを披露する。
意識を取り戻した永夢だが、ゲームもしてないのに攻撃的な性格の
ゲーマーMになってしまった。
ガットンバグスターが現れても、患者の治療ではなくゲーム感覚でエグゼイドに変身。
レベル3 で上手くアイテムを使い、レベル30のガットンを圧倒する。
しかし、患者の事はどうでもいいと問診も拒否。 ヒイロは慣れない患者の問診をする事に。

ガットンがゲーム病患者の女性の身体をまた乗っ取った。
ヒイロの忠告を無視して、永夢はエグゼイドに変身。 ゾンビゲンムが邪魔に来た。
ガットンとゾンビゲンムの力で、窮地に追い込まれていくエグゼイド。

ゾンビゲンムがタドルファンタジーガシャットを起動。 魔王キャラが出る。
ガシャットを奪われそうになるエグゼイドだったが、ヒイロが生身超アクションを繰り出し、
タドルファンタジーデュアルガシャットを奪取。 
ヒイロはタドルファンタジーを起動。  ブレイブレベル50へとレベルアップ。

レベル50の強大な力を何とか制御し、ゾンビゲンムを圧倒。
ガットンを倒し、患者の治療を成功させる。 
永夢もヒイロの熱い思いが通じ、ドクター永夢の人格が戻ってくる。 
無礼を詫びる永夢に、ヒイロがかけた言葉は「せいぜいメンタルを鍛えておけ」だった。
マイティアクションXガシャットを再び手にした永夢だったが、その顔に笑顔は無く・・・
パラド「おかえり・・・ 永夢。」



って感じですね。 
1クール目は、ドクター要素いらねぇだろ・・・ って批判してましたが。
2クール目は、ドクターに慣れてきたのか・・・
ドクターは患者を救う事がメインですからね。 一応正義の行いをしてるんだよね。

ま、1クール目は下らない理由でライダーバトルが起きてたからな。 

ゲーム要素が、逆にムカつく要素になってました。
命がけのゲーム医療なのに、ゲーム感覚で医療行為をやる。 
やっぱりキリヤがゲームオーバーで消えたからこういう気持ちになるんだろうな。
今は結構ドクター要素も悪くないよねってなりました。  ゲーマーが等しくウザい。


ま、今でもドクター要素とゲーム要素の相性は最悪って思ってます。
なので、脚本はある程度いいけど、なんかおかしいっす。 批判はする。


ヒイロ、やっぱりかっけーわ。  
研修医の事はひたすら名前で呼んでやらないけどwww
それでも、患者を笑顔にするという信念は認めていたんだなぁ。 

そういえばヒイロは、恋人をゲーム病で失ってるんだよな。
で、恋人には「世界一のドクターになって・・・」
って言われてたんだよね。  

今回のヒイロの「俺は世界一のドクターだ!」
は、本当にカッコ良かった。  

ブレイブファンタジーゲーマー(レベル50)は、魔王だったなwww
戦い方がエグいwww  
バグスターの部下を呼ぶし。  オーバーロードインベスかよ。 


私は永夢がどうしても共感出来ない嫌いなキャラなので・・・
永夢うぜぇ・・・ のままエグゼイドを見ると思いますね。
どんな事になっても、永夢を認める事は出来ないと思います。


ヒイロを主人公にした方が面白かったんじゃね。 
とは、今でも思ってます。
ヒイロも、1クール目で大我とグラファイト絶対殺すマンの時はヤバかったが。
2クール目だとめっちゃツンデレ。 大我もいい奴オーラ隠せてない。 
永夢だけがヤバい世界になってる。  社長も頭おかしい。 
 





では。 アディオー!


スポンサーサイト

ゲームで勝てないから真実を喋る器の小ささ、今週のニチアサ感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
ゲームやってたら時間が過ぎてた。 
もう書いてる時間、0時過ぎちゃったので手短に。

休み終わってしまった。


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。  

いちかは、有栖川さんと出会う。
小動物みたいな少女だった。 スイーツは科学というのが彼女の信条らしい。
有栖川さんは、スイーツの事になると早口になるのが特徴で、
あまり友達がいないらしい。 
いちかに対しても、スイーツトークを思わず出してしまった。

いちかはスイーツ好きなので、有栖川さんのトークが楽しかった。 
敵がキラキラルを狙ってやってきたので、いちかはキュアホイップに変身。
有栖川さんも、キュアカスタードに変身して、敵を倒した。


こんな感じかな。
好きな事に対して饒舌になるオタク特有のアレが出てて・・・
やめろォ!! ってなった。 
 
可愛い女の子だから何とかなりそうだけど、 
キモオタが早口だったら、本当に気持ち悪いだけだよね。

闇を感じる中学校だな・・・
ワクワクもんだった、まほプリの学校って平和だったのでは。
かなり一般的な中学って感じがする。 

クラスメイト、あんまり好きになれないかもしれない。


エグゼイド。
永夢が自らの身体の異常に気付き始めた。
「僕に何か隠していますよね?」と、ヒイロに詰め寄る永夢。
ヒイロは、「俺にガシャットをよこせ」と言うだけ。
永夢はヒイロに対して、不信感を募らせていく。

ゲンムコーポレーションの開発部のおっさんが、元社長に出会い、
バグスターウイルスをぶっかけられてまたゲーム病に感染した。
永夢と大我が現場に駆け付け、エグゼイド、スナイプに変身。
エグゼイドは、おっさんから分離したモータスバグスターを追跡して走る。
まんまとスナイプを孤立させたゾンビゲンムは猛攻を仕掛け、
大我を変身不能にし、大我のガシャットを奪っていく。 残りは永夢だけ。

エグゼイドが逃がした、モータスがまた現れた。
永夢が駆け付けると、ゾンビ元社長もそこにいた。
ゾンビ元社長は、新たなガシャット「タドルファンタジー」を起動。 レベル50に変身。
エグゼイドを一撃で倒し、ゾンビゲンムになってモータスをも排除。 

バグスターが囮だと!? 非情なゾンビゲンムのやり方に、パラドは激昂。
パラドクスに変身し、ゾンビゲンムを圧倒。 
しかし、元社長は、パラドの望みを絶つ。 という事で邪悪な笑みを浮かべ・・・
宝生永夢は、世界初のバグスターウイルス感染者であるという、
皆が隠していた事実を告げてしまう。  永夢は暴走して消えてしまいそうになった。



こんな話ですね。
公式サイトを元にしてまとめました。 

ゾンビ元社長がクソ過ぎるwww 
結局、ゲームプログラマーじゃ、あんまり頭良さそうに見えないんだよな。
人体実験を乗り越えた、トップクラスの頭脳を持つ、
鎧武のプロフェッサーってカリスマとウザさがあるし、いいキャラしてたよな。


かなりの頭脳を持っているのに、人間性が最悪だった蛮野ってのもいるけど。
元社長は、結婚してないちょっと頭おかしい蛮野みたいな感じ。
蛮野の方がまだ頭脳は上だわ・・・  猫の被り方もうまい。

まぁ、社長役の人は、かなり演技が上手くなった気がする。
かなりフラグを建築したので、2クール目で死ぬのは元社長かもしれない。
クソゲークリエイターが、他のゲームを見下しててもな・・・
説得力が無さ過ぎてわろた。  



ドクターライダー。 
ヒイロと大我、1クール目の頭おかしさから解放され、
かなり良い人っぽさが出てきて笑ったw  
キリヤが生きてる時に出して欲しかったよw  口が悪すぎる。 

ま、何が起きても、キリヤが一番カッコいいという事実は揺るがないな。
バイクだけど。  
1クール目の無理矢理な展開は、流石にドン引きした。 

なんだあのツンデレ。  本人に心配の言葉をかけてやれw 


しかしまぁ・・・ サイコゲーマーなパラドもいいキャラしてるな。
ゲームで遊びたいからクソ社長に手を貸しているが・・・
流石に同族を囮にされるのはダメだったか。  

2828 して、心が躍るな! しか言ってなかったからね。
パラドクスが今の所一番強いでしょ。 
パーフェクトパズルのエナジーアイテム複数がけが強すぎる。



永夢はあまり好きじゃないので、割とどうでもいいです。  
次回は、サイコゲーマーなM が出てくるみたいね。  
患者なんか知るかwww  ドクターの心を持った永夢が消えたのか? 





では。 アディオー!

ホイップ、ステップ、ジャンプ!エグゼイドとキラプリ感想

飯を食いに行った。 (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はそうだな。
朝起きてライダーとプリキュアを見て、
眠くなって寝て、夕方から家族で飯を食いに行きました。



まぁ、普通の回転寿司屋ですよ。
北海道の回転寿司屋でもトップクラスに美味しい所みたいですけど。

私は寿司苦手なので・・・
玉子を食べましたけど、ネタがでかかったですね。
で、早くに食事すると後で腹が減るので、
コンビニでおにぎり買ってきて、後で食べました。



まぁいいや。
ニチアサ感想に入るか。  

まずは、キラキラ☆プリキュア アラモード(キラプリ)。
主人公の宇佐美いちかは、元気な少女。
道場で師範をしている父と、世界の小さな街を回る医者の母がいる。
母が久々に家に帰ってくるという事で、
昔母が作ってくれたケーキが大好きで、ケーキを作ろうとする。

どこかでは、妖精と敵が戦っていた。 
ホイップクリームが各地へ飛ぶ事件があった。
敵は、スイーツに入っている謎のエネルギー「キラキラル」を集めていた。
キラキラルを奪われると、スイーツは灰になってしまう。

いちかは、謎の妖精ペコリンと出会う。
ケーキが上手く作れなかったが、かき混ぜ過ぎていたようだ。
キラキラルのたくさん詰まったスポンジケーキが焼けたが、
母が急病の患者のためにいつ帰る事が出来るか分からないようだ。
気落ちするいちか。 

敵に襲われ、自分の気持ちに気付いたいちか。
一度は敵にケーキ(キラキラル)を渡そうとしたが、
いちかはうさぎのショートケーキを完成させ、キュアホイップへ変身。
敵を生クリームで倒した。


って感じだったな。
結構情報量多いんだよねぇ・・・
まぁ、理想的な1話だったと思う。  

キラキラル。 キルラキルと間違えられててわろたwww
私も正直間違えるわwww  (前やってたアニメ
キルラキルの方が、ツイッターでトレンド入りする珍事件。

キッズ(女児)向けアニメって感じするな。
プリキュアおじさんとしてはどうなるか分からない。

ま、期待しておきますよ。  味方サイドに無能キャラがいなければいいや。

で、ダイヤル式の黒電話があってわろたwww
流石に現代ではほとんど見なくなったな・・・
多分、やり方分からん人の方が多いんじゃないかな。  



エグゼイド。
永夢はしばらく体調を崩していたので、ポッピーの勧めで休みを取っていた。
ゲームで遊んでいると、バガモンバグスターに出会う。
逃げるバガモンを追うと、ゲーム病患者と出会った。
永夢はエグゼイドに、駆け付けた大我はスナイプに変身しバガモンを攻撃するが、
何故か患者が苦しみ始めて・・・
患者が差し出した「ジュージューバーガーガシャット」でエグゼイドはレベル4へチェンジ。
バガモンを逃がし、患者をCRに連れていく。

患者はゲンムコーポレーションの開発部の人間で、
ジュージューバーガーのゲームの開発中にバグスターウイルスに感染したという。
生み出されたバガモンバグスターに、戦意は無い。
バガモンを溺愛する開発者に、永夢も頭を抱えてしまう。

自分の存在が開発者のゲーム病を悪化させると考えたバガモンは突如人を襲い始めた。
どうやら敵キャラを演じ、開発者の健康のために倒される事を望んでいるようだ。
バガモンの意図を見抜いた永夢は再びレベル4へレベルアップ。
特製ジュージューバーガーを完成させ、バガモンを笑顔にしたらゲームクリア。
開発者のゲーム病も治った。

そこへ現れた、ゾンビゲンムとパラドクス。 
パラドクスはエグゼイドをいたぶり変身解除させ、ジュージューバーガーガシャットを回収。
そして、ゾンビゲンムの攻撃で、バガモンも消去してしまう。 
怒りに震え、永夢の眼が赤く光り輝いた。 
「バグスターに肩入れするとは・・・ 君の身体がそうさせたか。」という言葉を
永夢に投げかけ、去っていった。


って感じだな。
クリスマスの惨劇ほどではないけど・・・
なかなか悲しいエンドだったな。  予想は出来てたけど。  

ゴーストはクッソぬるい世界だったのかもしれないな。  

めっちゃ狂気を感じる話でしたwww
前半のギャグ回はヤバかったですね。  
永夢の転び芸は、寒いからやめて欲しいんですが。
上手く転んでいるんじゃないかね。  普通に危険。  

天才ゲーマーM(永夢)と、N(ニコ)がイラっとするキャラなので、
この二人は多分好きになれないなぁ。 
主人公がなんかムカつくから好きになれない・・・

ってのは結構でかいですが。  話はそこそこ面白い。

バガモンが姿をくらました時に、「置きピクルス」を置いていって笑ったwww
ピクルスの状態を見て、食べて「まだ瑞々しい・・・」
って謎の推理をする永夢は頭がおかしいと思いました。 

お前をハンバーガーの具にしてやろうか!  

ガチで戦闘用じゃないバグスターはレアかもなー。
一応、音ゲーキャラのポッピーがいるんだけどさ。
ポッピーは何で存在を許されているんだろう・・・
過去に色々あったのかな。 
 

前回のリボルも結構面白いキャラしてたと思うんだけどなー。
感染者の身体を乗っ取る気でいたから、害悪ウイルスではあったか。
バグスターとの共存は無理じゃないかな・・・ 

倒されるだけが敵キャラの役目じゃない!
ってのは、確かにその通りだなと思ったね。 
 
倒すだけがゲームクリアではない。 その事を表現出来たのは良かったと思う。
まぁ、死神ゲンムに爆殺されたんだけど。  ゲンムえげつねぇ。  





では。   アディオー!

魔法使いの未来は続く、あとエグゼイド感想

突然の吐き気!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。

今日というか昨日はですね。 
色々楽しみな事が出来て妄想とかしていたら、
突然の吐き気に襲われ、1時間眠れませんでした。  
思わず、吐き気止めを飲んだよね。  こういう不測の事態があるからなぁ。



少し眠るまでに時間がかかったので、
朝はちょっと地獄でした。  
なんとか起きる事には成功したけどね。  

しばらくアニメ見ながらツイッターで暴れて、
昼寝してました。

祖母の体調が良くないので、母が急遽帰省しました。
なので、今日明日はメシを買って食べます。


ニチアサ感想に入るか。
まずは、まほプリ。 今回で最終回。  

大学生になったみらいさんとリコだが、
十六夜の夜にもう交わる事は無いと思っていた二つの世界が交わる。
別の惑星で神のような事をやっていたはーちゃんも戻り、
モフルンも動ける魔法がかかり、昔の3人と1匹に戻れた。

いちごメロンパンを食べていると、
ドクロクシーから発生したスイーツ好きの怪物ヤミーが生まれていた。
みらいさん達は、中学時代のプリキュアの姿に何故か戻る。
ヤミーは色々な食べ物を食べては異世界に飛ぶ迷惑な存在になっていた。
バッティや、昔出会った人魚の子供達は、魔法学校の生徒になっていた。

パティシエの女の子と出会ったり、
チクルンにはーちゃんの魔法の杖を取り戻してもらったりして、
みらいさん達はプリキュアに変身。 ヤミーと戦う。 
彼の虫歯を治し、穏便に終わった。  
みらいさん達の日常は、これからも未来(あした)へ向かって進んでいく!



って感じでした。
お祭り回というか、次のプリキュアとのコラボ回でした。
最終決戦を前倒しでやってたからこそ出来た展開だねこれ。


まほプリは、日常を大事にする話だったからなぁ。
プリキュアとしての戦いは、前回で終わり。
そして、日常は決してこれからも終わらない。
っていう、なんかまほプリらしい終わり方でしたよ。


なんか最近やってる仮面ライダーのコラボ回みたいで笑ったw
プリキュアの場合は、映画オールスターズで共演するし、
世界観はそんなに違わない方が・・・ いいよな・・・
次の映画は、少し出すプリキュアを絞って、ムービー大戦みたいになるようだが。

いやー・・・ 途中までは微妙だと思ってましたが。
最終的に、めちゃくちゃ良い話になってて、おじさんビックリよ。
プリキュアおじさんになっていて良かったと感じるここ最近ですね。  

今年は、プリキュアおじさんをメインでやりたいっすね。  
まほプリは、多分毎週頑張って感想書いてたと思う。 ゴープリはたまにサボったからな。


エグゼイド。
永夢はバグスターウイルス感染者(ゲーム病患者)である。
ヒイロは永夢のバグスターを分離するため、屋上に呼び出しボコろうとした。
が、ニコから出てきたリボルバグスターがエグゼイドを守ろうとする。
どうやら永夢が、患者のニコのストレスになっているらしい。

そんな戦いに、ゾンビ社長が乱入。 
ヒイロとエグゼイドを蹴散らし、ヒイロのガシャットを回収。 
エグゼイドのガシャットも回収しようとするが、永夢の中のバグスターが
力を発揮し、ゾンビ社長を退ける。 

ニコは、永夢が大学時代にゲーム大会で倒した天才ゲーマーNだった。
ゲームに敗れた事で、永夢をずっと敵視してゲームで打ち負かそうとしていたらしい。
ニコは仮面ライダーになりたいと言うが、大我は猛反対。 
ゲーム医療は、単なるゲームではない。 一つしかない命を使って必死に戦うものだ。

ニコのストレスの原因が自分にある事が分かった永夢は、
大我に、ニコのゲーム病治療のオペ(リボルを倒す事)を依頼する。
大我は永夢のゲーム病をも治そうと、スナイプに変身する。

リボルと戦うスナイプの前に、ゾンビ社長とパラドがやってきた。
社長はゾンビゲンムに、パラドはパラドクスへ変身。
エグゼイドはパラドクスに、スナイプはゾンビゲンムに圧倒されるが、
エグゼイドを守ろうとしたリボルはパラドクスを攻撃。
パラドクスは怒り、リボルを倒し、ニコのゲーム病が治った。

ゲーム病が治っても、永夢に対して敵意むき出しのニコ。
大我と共に廃病院に帰っていく所を見た永夢と明日那は、
「先が思いやられる」と、憔悴した顔になった。



って感じですね。
永夢とニコの過去を明かしつつ、
大我の信念的なものも見えて、
そして大乱戦になるという話でした。  情報量多いんだよな・・・

ニコは見た目がダンサーだったんだがな・・・
鎧武のビートライダーズかと思ってた。
普通にゲーマーでした。  なんというクソガキ。
大学時代のゲーマーM もかなり調子こいてたからな。 


ニコも今じゃプロゲーマーみたいだけど。
エグゼイドの世界では、ゲーマーは職業みたいなものかな。
日本だとまだ理解されてなさそうだけどなー。  


ゲーム病医療をメインにした話であれば、
基本は人助けの話になるので・・・
色々細かい所に目をつぶれば、結構マシな話ではあったな。


もうキリヤが消滅するという、ゲームオーバーを見てるんだ。
初期永夢は、ゲーム医療をゲーム感覚でやっていたが。
2クール目は、ゲーム感覚でやってるニコが登場。
ゲームメインの話は、不快感が強いな。  


ヒイロ、大我が面倒なツンデレになってる。
なんでキリヤ消えてから、人間味が出てきてるんだよ!

1クール目の無意味に争わせていたのがクソ煮込みで私は無理ですね。

ゲーム医療は、素人が手を出していいゲームではないからな。
死ぬという大事な事を言わずに、このゲームは遊びじゃない!
って事で、ニコをライダー化させようとしない大我はいい奴だった。


ニコがライダー化したら、エグゼイド絶対殺すマンになるだろうからな。
確実にウザそう。  そんな展開は見たくないなぁ。


ニコが仮面ライダーに変身するためには、二つほど問題がある。
一つ目は、エグゼイド世界でのライダーになるためには、
 適合手術を受けなければならない事。  これはまだいけるかもしれない。


二つ目は、ゲンム社長の協力が得られなさそうな事だろうか・・・
ドライバーとガシャット無いと変身出来ないし。 
今の社長、テストプレイが終わったから、ガシャットを回収する。
って、テストプレイヤーからガシャット奪おうとしてるんだよね。
ニューチャレンジャーを増やそうとは思ってないでしょ。



こんな所かな。
ま、ニコが暴力的でクソガキでした。
好きにはなれないですね。 
 
エグゼイド世界は、クソガキが多いから仕方ない。
小児科である、永夢の管轄だろこれ。  ニコがガキ臭いし。




では。  アディオー!

奇跡の再会、今週のニチアサ感想

虚脱感がヤバい。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。
なんか休みが終わってしまったぜ!


今日はそうだな。
朝からヤバかった。  

2015年のジャンプ選別が終わりました。
この年は、読み返したい漫画がほとんど無くて、
例年より少ない時間で終わりましたね。



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、まほプリ。

終わりなき混沌:デウスマストと戦うみらいさん達。
戦いは宇宙規模となり、はーちゃんは巨大化して地球を守る。
「混沌よ! あっちへいきなさい!」
次元の彼方へと、デウスマストを幽閉する。

そして、人間界と魔法界は再び二つに分かれた・・・
はーちゃんは世界を再構築する神の役割を担う事となり、
みらいさんは人間界、リコは魔法界へと戻される事になる。
モフルンは普通のぬいぐるみに戻った。 いつか再会を願って・・・ 

時は流れ、みらいさんは大学生へなっていた。
十六夜になったある日。 みらいさんは「皆と会いたい」と願う。
一度は諦めてしまうが、思いは溢れて・・・  そして、奇跡は起きる。
成長したリコ、変わらぬはーちゃん、そして再起動したモフルンに再会した。


って感じでした。
最終回と思った? あとまだもう1話あるんだよ!
っていう・・・  恐ろしい話でした。  
従来のプリキュアなら、今回で最終回だよ! ってくらい最終回だった。

前半 → すごくクトゥルー神話だよ! これ!
中盤 → ツラい。 1話に展開被せてきてるねこれ。
後半 → キュアップ・ラパパ! 泣くでしょこんなのォォォ!! (号泣

まぁ、簡単に言えば、マジ泣きしました。 思ったよりドパドパ出た。 
ここ数年は涙腺がゆるゆるなので、仕方ないんだけどね。

前作のゴープリ(姫プリ)は、熱すぎるバトルの連続だったので、
泣けるというか、燃えまくってたんですけど。  
今年のまほプリは、泣いちゃう作品でしたね。  奇跡も、魔法も、あるんだよ。

中盤くらいで、ラストは泣いちゃうんだろうなぁ・・・
ってネタで言ってましたけど、思ったよりも泣いちゃいました。
バトルがあっさりめで、話も微妙だと思ってたんだけどねー。

ラストがすさまじくて、キャラの関係性の描写で殴られました。
脚本は決して下手ではなかったんだな。 緩急の付け方が上手かったんだと思う。
1年前はゴースト見てたから、ゴーストほどではないけどガバガバって言ってたし。

キュアップ・ラパパ! とかw って笑ってたのになー。 

まさか成長したみらいさんが見られるとは。 JDみらいさんクッソ美人。
美しく成長しててヤバかったですね。 
大学生プリキュアになるんだろうか・・・ 最終話で変身はあるんだろうか。
大学生がプリキュアに変身したら、すごい興奮します。 性的な意味で。

プリキュアおじさんをやってて良かったと思う感動でしたね。


エグゼイド。
大我の元に転がり込んできた少女:ニコ。
ニコの狙いは、永夢を倒す事だったらしい。
しかし、大我が永夢を狙わないので、ドライバーとガシャットを盗み、
永夢に喧嘩を売るが・・・ ニコはゲーム病を発症した。
そして、リボルバグスター(レベル5)が分離。 
永夢、ヒイロ、大我は、エグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。
しかし、エグゼイドの攻撃だけが、バグスターに通用しない・・・

大我は、永夢の血を調べ、バグスターウイルス感染者である事を突き止める。
そしてゾンビ社長に問いただすと・・・
永夢が世界で初めてゲームウイルスに感染したゲーム病患者である事を喋った。
2人の会話を盗み聞きしたヒイロは、その事実を永夢に伝えようとするが・・・
大我から永夢が多大なストレスを感じる危険性がある事を仄めかされ思いとどまる。

大我は、永夢を「ニコの荷物がウチにあるから取りに来い」と呼び出す。
そして、荷物はやるからガシャットおいてけ。 と襲い掛かった。
永夢もエグゼイドに変身し応戦する。 ヒイロも乱入してきたが、エグゼイドを攻撃した。
襲われる理由が分からないエグゼイドは追いつめられる。

そこへパラドが登場。 新たなデュアルガシャットで仮面ライダーパラドクスに変身。
なんとレベル50の力で、ブレイブ、スナイプを圧倒。
エグゼイドも軽くあしらい、余裕の笑みを浮かべて去っていく。
変身を解除すると、頭痛に襲われた永夢。  ヒイロと大我も見つめるだけで・・・


って感じの話でした。
公式サイトを参考にまとめました。

ついに、平成G の話が本編でも入ったか。
って感想ですね。  

大我、ドライバーとガシャット奪われてて、
クッソ不用心で笑いましたwww  
適合者じゃない限りはドライバー装備出来ないとかでもないんだ。
ドライバー自体は、普通の人でも装着出来るらしい。


変身用ガシャットが特殊なんだな。
素人が扱うと、バグスターウイルス感染症になるんだな。
ライダー、バグスターと同じ力で変身してる気がするな?


ネクストゲノム研究所が出てきた。 
6年前(永夢18歳の時)に、実験台になったようだが・・・
格闘ゲーム大会の後にでも拉致されたんだろうか。 
永夢の記憶がすげぇ曖昧で怖いんだけど。 


ゲーム大会にニコがいたという事は、
永夢と対戦していた人が、ニコの兄とか肉親だった可能性があるな。
次回なんかやるだろうけど。  
ゲームの腕ばかり伸ばしててわろた。  
18歳からいきなりゲームを封印して、医学部合格とかやべーな。


ネクストゲノムが開発してたのは、ゲームウイルスらしい。
ゲームウイルスを永夢に投与して、進化したのがバグスターウイルスって感じ?

研究者がデジタルデータ化して、この世界から追放されてしまったんだけどね。

永夢は知らないままに、バグスターウイルスをばらまいてた発生源かもしれないね。
ネクストゲノムの研究は、その後ゲンムコーポレーションに引き継がれてる気がするなw
バグスターがゲームキャラの姿をしているのは、ゲーム好きの永夢から生まれたからかも?
みたいな事は思いました。 
 




では。  アディオー!

テレビの不具合と、今週のニチアサ感想

休みが終わった。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はですね。
色々あったわ・・・ 
テレビがまた動かなくなった。 
前も、地デジ受信カードが読み取れなくて、テレビ動かなくなったけど。


今回は、「しばらくお待ち下さい」って出て、
うんともすんとも言わなくなった。 地デジを受信出来なくなってるね。
テレビの電源を落としてコンセントも抜いて、2分くらい置いて、
カードを綺麗にして、なんとかつきました。  


テレビがダメになったかもしれないね。 
あまり金は無いんだけど・・・
新しいテレビを買うというのも、選択肢の一つとしてはありなんじゃないかな。
ソニーにはあんまり信頼してないんですよ。 Vitaとか買ってるけど。



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、まほプリ。

人間界と魔法界が混ぜ合わせた世界になった。
現代的なビル群の中に、浮遊した島が飛んでいる。
そして、二つの異なる世界の人々が、この異常な状態に気付いていない。
記憶改ざんを受けていないのは、主人公のみらいさん達のみであった。

終わりなき混沌:デウスマストがついに牙を剥く。 
ダイヤとエメラルドの精霊が、なんか色々喋り、
レインボーキャリッジの魔法陣が完成。 
魔法つかいプリキュアVSデウスマスト、一体どうなるのか?


って感じの話だった。
まぁ、終盤ですね。  これが混沌・・・
異世界が滅びてなかったけど、こんなカオスな世界になるとは。

そして、終わりも示唆された。
二つの世界は、もう二度と出会う事は無いかもしれないと。
これは、次回泣いちゃうかもしれませんね。  


で、デウスマストがだな・・・  どうしても、無貌の神:ナイアーラトテップに見える。
多分、クトゥルー系モチーフのゲームのやりすぎなんだと思うけど。
貌が無い人型の怪物に見えるんだよな・・・  眷属=化身ともとれるし。
アラビアンナイトかな? って思ったけど、まさかのコズミックホラーだったよ!


エグゼイド。
永夢は、パラドにもらったダブルガシャット:マイティブラザーズXXガシャットを完成。
エグゼイドが、オレンジと緑の二人に分裂した。
二人のエグゼイドは、ゲンムを倒すかアランブラバグスターを倒すかで大げんか。
その間にゲンムらに逃げられてしまい、エグゼイドは変身を解除。
二人は一人の永夢へと戻り、頭痛に苦しみ気絶する。

永夢はゲーム病患者の外科医の膵臓がんの手術をヒイロに依頼。
オペの是非は患者が望む次第と断るヒイロであったが、
ヒイロがアランブラに狙われたのは、外科医がヒイロの手術を望んでいるからと指摘。
ヒイロも、「俺に切れないものは無い」とオペをやる気になる。
ヒイロは外科医として困難な膵臓がんの切除手術を、
永夢はエグゼイドとしてアランブラを倒しゲーム病の治療をする事を誓う。

再び現れたアランブラの前で、永夢はエグゼイドに変身。
さらにマイティブラザーズXXでエグゼイドレベルXXにレベルアップすると、
ゲンムとアランブラを超協力プレイで圧倒する。 
アランブラを撃破し、ゲンムを退かせる事に成功。 

ヒイロの手術も成功。 生きる望みを取り戻した外科医に、笑みを返す永夢。
しかし、永夢の血液を採取していた大我は、解析の結果恐るべき事実を知る。
「宝生永夢は、バグスターウイルス感染者」だ。



って感じですね。
今回は結構良かったなー。  
1クール目が無理矢理だったからね・・・
かなり無理矢理激突させて、争わせてたよね。  

なんでキリヤいなくなってから、
そこそこ良い関係を築けるようになってるんだよ! (激おこ

まぁ、永夢はヒイロを焚きつけるために煽っていたがwww
キリヤ返して。  


アロワナなOP。
ついに映画ネタバレ映像では無くなっていた。
で、完全にキリヤ消えてしまったよ・・・ (ただしレーザーバイクはある
レーザーはただのバイクとして召喚可能みたいだね。 

単なるバイクになるライダーだったし、消滅してもガシャットで召喚出来るし、
いてもいなくても良い扱いからのスタートだったんだな。
かなり愛されるキャラになってて、本当にすごいわ。  キリヤ返して。

今回の何が良かったかって、
がんを患っている患者のオペを外科医がやって、
ゲーム病部分は、ドクターの心を持ったゲーマーがやるという、
分業が出来ていた事なんだよね。  

今回はドクター要素があった部分も割と良かった部類じゃない?

まぁ、ゲーム病以外に、大病を患ってる人ばかり出ても困るけどなw
エグゼイドのヤバい所は、まずはメインストーリーを進めるために、
患者とバグスターを放置する所だからね。 次回が患者の病気を直すパート。


今は、ゲンムというテストプレイヤーからガシャットを回収しようとする、
悪役キャラが邪魔をしてくるパターンだけど。 
ゲンムはなかなか良い悪役だと思うよ。   キリヤ返して。 


全てを褒める事は出来ないけど、今回は久々に良い感じに見られた。
批判は少な目になりましたね。  
1クール目の地獄のクソ煮込みはマズかったけど。 
2クール目からは、色々出来るのかなー。 
 

ま、デザインが悲惨なレベルなんだけど。 
デザインと変身音のセンスが無さすぎて、
多分そこは放送終了まで批判するわ。  どうにもならんけど。
脚本が頑張ってるのに、デザインがチープ過ぎるせいで、素直に楽しめないよ!


そこそこ美味しい料理が出てくるんだけど、
店の見た目がかなりみすぼらしい・・・ って感じかな。
まぁ、穴場みたいな所だよね。  そこそこ面白いんじゃないかな。




では。 アディオー!

気楽にゲームを楽しもうぜ、機種変更とニチアサ感想

機種変更してきたナーウ!!  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はなかなかに激動の一日でした。
携帯(ガラケー)のバッテリーの減りが激しくて。
充電が1日くらいで切れるようになったので、
機種変更するか~ ってなりました。


で、家族とデパート(最寄りのソフトバンクショップ)へ。
近くのスーパーにソフトバンクショップあったんですが、
無くなってしまってね。  徒歩5分から徒歩15分くらいに増えました。


私はガラケーじゃないとダメな人なので・・・
ガラケーモデルを探しました。  
もう、私が持ってたモデルが在庫無しになってまして。


アクオスの、ガラケーとスマフォを掛け合わせたタイプしかありませんでした。
ショボいスペックのガラケーはあるんですけどね。
ガラケーじゃないガラケーですね。
今まで使ってた携帯は、SIMカードが生きてるので、アラーム専用機にします。


で、家に一度戻って弟マーク2 を連れて、ビッグボーイへ。
昼飯を食いに行きました。  


170108_ビッグボーイざく切りステーキ


↑ 熟成角切りステーキ(125g)

でした。
ざく切りステーキだと思ってた。 
メニューを見たら全然違いますね。 


多過ぎず、少なすぎず、良い感じに食べられました。
この前のこどグルSPで、ステーキ食いたかったんだよね。
こんな所で叶うとは・・・  


さて、ここからはニチアサ感想に入ろう。
簡素にいきます。

まほプリ。
冬休みが終了。 神社でお参りをするみらいさん達。
皆で一緒に過ごしたい・・・ その夢は、叶うのか。
元は異なる世界にいた者同士である。 
ベニーギョさんが本気モードで襲ってきた。 
オーバーザレインボーで、虹の彼方に送るが、
ついに敵の親玉:デウスマストが復活する。 
人間界と魔法界、二つの世界が混ぜ合わせられた。


って感じだな。
地味に終盤なんだよね。  
ついに、敵幹部を全て倒してラスボス登場か。

1月末終了だから、あと3回しかないのか。
地味に1年経ったんだなぁ・・・ 

話が進んでるのか進んでないのか分からんかったから、
なんか実感が無いwww


エグゼイド。
衛生省は、バグスターウイルス感染症:ゲーム病を公式に発表。
小児科研修が終わり、外科研修に入った永夢は、ヒイロの指導の下で修業する。
そんな二人の元に、ゲーム病に感染した外科医が搬送されてくる。
外科医の身体から、アランブラバグスター(レベル5)が分離。
永夢とヒイロは、エグゼイド、ブレイブに変身。 アランブラレベル5と戦う。

エグゼイドらの戦いの場に、ゲンムレベルX も乱入。
ライダーガシャットを回収しようとやってくる。
「お前のせいでキリヤさんは・・・!!」激昂する永夢は、レベル5にレベルアップ。
猛攻撃をしかけるが、ゾンビゲンムには歯が立たない。

ブレイブになんとか救われるが、未熟さを咎められガシャットを没収されてしまう。
さらに、外科医はがんに冒されており、死を待つ運命である事が明らかに。
キリヤに続いて、また人の命が・・・。 無力感にひしがれる永夢。
そんな永夢の元にパラドが現れた。 

パラドは永夢に謎のガシャットを手渡し、「そいつでゲンムを倒せ」と言い捨て去っていく。
アランブラレベル5とゲンムレベルX がまたやってきた。
ブレイブとスナイプを追いつめていく。
そこに謎のガシャットを持って現れた永夢。 「運命を変えるんだ!」
永夢は大量のバグスターに汚染されながらもマイティブラザーズXXガシャットを出現させ、
エグゼイドレベルX に変身。 そして、レベルXX にダブルアップ!
その姿は、なんとエグゼイドが2人に・・・?



って話ですね。
公式サイトを元にまとめました。

とりあえず、永夢が暴走しまくりな最近ですね。
1話からドクター失格な事をやってたけど・・・
大体、ドクター失格な事をやってるな。  
キャラとしては悪くないんだろうけど・・・ ドクターとしては残念だな。


ドクターなんて辞めちまえよ! と、パラドは言い寄ってくるし。
天才ゲーマーとしては、ドクター辞めちまった方がいいんじゃないのか?
ドクターでゲーマーなんて、流行らないよ。  (ドクター要素否定
僕は、多分ずっとドクター要素不要だって批判を続けるだろうね。


恋人の仇討ちをしたヒイロが、一転してまともに見えてきて笑った。
外科医は冷静である事が大事だしなぁ・・・ 
オペ中に、死んだ知人の事を思い出して手が止まったりしたらヤバいでしょ。
そういう意味で、患者に深入りするのは良くないってのは正論だろうな。


オペの最中に、私情を挟んで患者を放置って舐めてんのか。 
1クール目は、グラファイト絶対殺すマンだったヒイロが、
患者を放り出してライダーバトルしてたけどさ。
2クール目は、永夢が暴走するのかねぇ。  
ドクターは、多くの患者の命を預かってるんだ。  舐めてんのか。


さて、マイティブラザーズ。 
謎のガシャット(パラド用)として登場しちゃったwww

まぁ、そうでもしないと2枚ガシャットは出せないか・・・
映画だと、マイティとプロトマイティが変化したんだけどね。
ゲンムがもうプロトマイティ使わないから、それもいけそうなんだけど。


ゲンムゾンビゲーマーがレベル10。
そして、マイティブラザーズが通常でレベル10で互角。
ダブルアップをすると、レベル20になる。  
自分に敵う者などいない。 って言ってて即上回られててわろたwww





では。   アディオー!


楽しくツラいクリスマス、今日のニチアサ感想

パピプペクリスマス! (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

今日はそうだな。
しばらく外に出ざるを得ない時期だったので・・・
今日は家にいました。 多分外には出てないはず。 



ニチアサ感想に入ろう。
今日はちょっとな・・・  
色々あって、東映を批判したりとかしてました。

会社の垢が、ネタツイートをする・・・
という事の、難しさが分かりますね。
会社に所属するものとしては、あまりやっちゃいけない気がするな。

良いネタを考え付いた! と思ったのかもしれないけどね。


まずは、まほプリ。
クリスマス回。 
魔法界では、サンタが多く活動していた。 
人間界を担当する魔法使いもいるらしい。 
老体のアイザック先生が腰をやっちゃって、
みらいさん達がサンタを代行する事となった。
魔法界のプレゼントは、物体テレポートでどうにかしていた。

早く予定のプレゼントを配り終えたみらいさん達は、
人間界の子供たちにもプレゼントを配る事に。
魔法は使えないので、両親に家に招いてもらい、
子供の枕元に置いていくという届け方をするようだ。
ついでにベニーギョさんに襲われたので撃退した。


って感じだな。
平和なクリスマス回だったよ。  
後述しますが、ライダーのクリスマス回が陰惨だったので。

魔法使いである事と、異世界である事を上手く使ってたな。
魔法界では、魔法が使えるけど・・・
人間界では、便利なアイテムが使えないとか不便だな。


子供を持つ親は、サンタがいる事を知っているんだなぁ。
みたいな感じで、子供の夢を壊さない作りがすごく良かった。
ただ、プリキュアは1月末終了なので、もう尺が無い。 


エグゼイド。
ゲーム病患者の少年の笑顔を取り戻そうと奔走する永夢は、
その原因がパティシエの両親にある事を突き止める。
少年は、クリスマスの度に多忙となる両親に構ってもらえず、
寂しい思いをしていたという事が判明した。

永夢はそんな親子を和解させるため、エグゼイドに変身。
ソルティレベル3 に挑む。 そしてブレイブも戦いに加わると、
クリスマス限定のアイテムをゲット。 サンタ姿のコスプレをしながら戦う。
エグゼイド、ブレイブ、そしてポッピーもサンタクロースのコスプレをする事に。
ポッピーによるクリスマスソングが流れながらソルティを倒した。
母と和解した少年も笑顔になる。

一方、キリヤは刑務所にいた。 ゲンムコーポレーション前社長と面会するためだ。
永夢に関する、ある恐ろしい秘密を聞き出す事に成功する。
キリヤは、永夢らライダー達に話したい事があるからと招集をかける。
全てを話そうとするが、永夢らが来るまえに社長がやってきた。
社長はキリヤを騙し、デンジャラスゾンビガシャットを使わせ体力を奪い、
自らはゲンムレベルX(10)にレベルアップ。 
永夢に関する秘密を闇に葬るため、レーザーを粉砕する。

レーザーのライダーゲージはゼロとなった。
変身を解除し動けなくなったキリヤは、到着した永夢らの前で消滅してしまう。
世界の人類の運命と、ドライバーと、激励を託して・・・ 



って感じですね。
公式サイトを参考にまとめました。 
まぁ、なんだ。  ギャグ回とシリアス回を同時にやるな!! (半ギレ

って事で、一番好みのキャラである、キリヤが退場しました。
これが、本来のゲームオーバーか・・・
どっかで、ライダーゲージがゼロになってゲームオーバーになるキャラは必要だしな。
それがキリヤであった事が、不運過ぎる・・・ 



何から書こうかな。
メインストーリーを進めるために、
バグスターと患者は結構放っておかれるよねwww
まぁ、良かったね。 ってなるからあんまり印象に残らないわ。 
今回も子供が救われたな・・・ ってくらい。

クリスマス回。 
多分、キャラデコクリスマスの、限定商品が使われてたな。
クリスマスアイテムを本編に組み込むってのは、
高橋さん、なかなかやるなーって感じ。 ブレイブが翻弄されてて草。



まずは、ポッピーから。
前半で一番のネタバレは、
ポッピーピポパポは、ドレミファビートから生まれたバグスターである事。

どう考えても人間じゃないし、バグスターだろうな・・・
とは思ってたんだけどね。 予想はある程度当たっていた。
ゲーマーには常識なのかもしれないけど、
視聴者は「ドレミファビート」を知らないんだよ!! 

多分、元ネタはポップンミュージックかな。
 
ポッピーの格好はふざけてるけど、
ギャグ回では結構輝くかなー。
真面目にやろうとすると、どうしても浮いてしまうけど。


バグスター話。
まだ多くの人々に、バグスターウイルスが潜伏してるようだ。
潜伏期間って長いのかなー。

何故毎年のようにインフルエンザが流行するのか?
これは、ワクチンにウイルスが対応して変異するから・・・
みたいだね。  ウイルスも年々進化してるらしいからなぁ。

医療関係の人は、大変だと思うわ。  


で、キリヤの話。
とてもツラい。  

せっかく分かり合えたと思ったのに・・・
キリヤは知り過ぎたのだ・・・  
知り過ぎた者は、口封じで殺されるのがセオリーだからね。

ゲンム前社長も出てくるし。  
なんか、ゼロデイの責任取らされて逮捕されたらしいが。
ゼロデイの話、本当に本編でやってくれないと分からねぇ。 

ニコとかいう変な女が、ストリートダンサーのような感じで・・・
ビートライダーズにいそうな感じのファッション。
つまり、鎧武から出てきてそうな見た目だったわ。 


キリヤにとっての救いは、永夢らに看取られた所かな。
最後のセリフまで言えたのが救いだった。  
真実はあえて告げず、永夢を激励した。  救いの言葉だった。


これから先、永夢を色々な事が襲うんだろう。
映画見てれば、すでに色々分かってるからね。
永夢に対して色々言ってくれるのは、キリヤくらいだろう・・・
ヒイロと大我はどうするかな。 


さて、一つ考察。
映画を見ていると、エグゼイド世界には「ゲーム世界」なるものが、
かなりの高い確率でありそうなんだよね。  
データになった者が、ゲームの世界に収容されてる可能性は高い。

つまり、キリヤは人間として蘇生は絶望的だが、
データの存在としては、復活可能だと思ってるわけよ。 
人間を辞める事にはなるけどな・・・ 
 
デジモンとしては、生きていけるんじゃない。  ほぼゴーストだな。




では。  アディオー!


一足先に見てしまった、平成ジェネレーションズ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
月曜でした。  

今日はそうだな。
首が痛かったです。


仕事の方はいつも通りかな。
この土日は結構アレだったからな・・・
映画館に行って首が限界に達した。
プライベートで、しばらく外に出てるのは自殺行為かもしれない。


ずっと首こりと頭痛でしたし。
今日は、そんなに酷くなかった。
仕事には支障が無いのがありがたいですよ。

プライベートの時間では、結構体調崩してるんですけどねー。
仕事には気合が入っているのかね。  
まぁ、何よりも金が欲しいしなー。  



今日は月曜なんですが、
先週のジャンプが合併号だったため、今週はお休み。
ジャンプありません。  来週はジャンプあります。


さて、ここからは映画感想のステージだ!
ネタバレ注意っす。

(映画で出たどえらいネタバレがあるので映画見てない人注意)

「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ
 Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」


を映画館にて見てきました。
正式タイトルなげーよホセwww


本編。
ゲンムコーポレーションが、謎の白衣集団に襲撃され、
プロトガシャットとガシャコンバグヴァイザーが奪われた。
彼らのボスはパックマンの被り物をしたドクターパックマン。
白衣の男がプロト激突ロボッツガシャットでロボルバグスターに変身。
警官隊を壊滅させて、逃走に成功する。

ドクターパックマンは、新種のウイルスであるパックマンウイルスを散布。
10万人程度が感染し、高熱を出し倒れるパンデミックが発生。
永夢(エグゼイド)やヒイロ(ブレイブ)、ポッピーが所属する
聖都大学附属病院がてんやわんや。
病室に収容出来ないほどの患者数となってしまう。

タケル殿(ゴースト)は高校生として勉強をしていた。
束の間の平穏を謳歌していたが・・・
アカリと御成が不可思議現象発生だとタケル殿を呼ぶ。
タケル殿は出動。

巷では「ハテサテパズル」という大人気パズルゲームが配信されていた。
そのパズルゲームは、高校生の天才プログラマーが作っていた。
作者である少年トーゴはパックマンウイルスに感染。
トーゴからハテナバグスターが生まれる。

現場に到着した、永夢とタケル殿。
お互いにドライバーを見て、以前出会った仮面ライダーである事を察する。
永夢はエグゼイド、タケル殿はゴーストに変身。
しかし、タケル殿はパックマンウイルスに感染し、変身能力を奪われてしまった。
パックマンを倒せるのはゴーストだけという理由からゴーストの力を奪ったようだ。

タケル殿とアカリと御成は、警視庁に行き、
以前の戦いで出会った進ノ介(ドライブ)に相談を持ち掛ける。
警察が手に入れた情報によると、白衣集団は「ネクストゲノム研究所」の研究員で、
不可解な事に、6年前に死亡しているはずだった。

トーゴはハテナバグスターに身体を乗っ取られ、
身体はデータとなり、バグヴァイザーの中に囚われてしまう。
そして、ハテナバグスター、ドラルバグスター、ギリルバグスターにより、
タケル殿とアカリはゲーム病に感染。
ハテナバグスターを倒さないと消えてしまう事態に発展。
スペクター、ネクロム、ブレイブ、スナイプ、レーザーで敵幹部と戦うが、
倒せずに逃がしてしまう。 

ゲンム社長がゴースト眼魂を解析して出来た
開眼ゴーストガシャットを手に入れる永夢。
エグゼイドゴーストゲーマーに変身。
タケル殿も以前の戦いで手に入れたエグゼイド魂に変身。
ゴーストとエグゼイドは、パックマンの世界で巨大パックマンを倒す。
パックマンを倒した事で、パックマンウイルスは浄化され、多くの患者の命は助かった。 
残るはネクストゲノムの研究者とハテナバグスターだけ。

ネクストゲノム研究所のアジトをかぎつけ、
晴人(ウィザード)は、他の仮面ライダーを滞りなく引き入れるため、
見張り番として引き入れてもらおうと提案。
警察を大勢ワープさせる魔法を使う。
そして、進ノ介、永夢、タケル殿も到着。 

ネクストゲノムの目的は、究極生命体を作る事。
6年前の実験中に、バグスターウイルスに感染。
ゲームの世界へと幽閉されてしまう。
トーゴを究極生命体にする実験体として選び、
ゆくゆくは全人類を病気にならない生命体にするというのが計画の全貌だった。
ドクターパックマン=財前は、ゲノムスに変身。
トーゴも怪物になりかける事態に。

そこで、鎧武がドライブドライバー(ベルトさん)と持って登場。
晴人、進ノ介、タケル殿、永夢は、ウィザード、ドライブ、ゴースト、エグゼイドに変身。
ネクストゲノムと仮面ライダーの大バトルが開戦。

ゲノムスは永夢の姿を見て、
「まさかあの時の高校生が仮面ライダーになるとはな。」
という意味深な言葉を放つ。
タケル殿が見た記憶によると、6年前の実験体となっていたのは永夢。
永夢は人類初のバグスターウイルスの被験者であったのだ。

ゲノムスは永夢のドライバーに、
マイティアクションXとプロトマイティアクションXガシャットを挿入。
その時、不思議な事が起きた。
二つのマイティアクションXガシャットは、
マイティブラザーズXX(ダブルエックス)ガシャットに変化。
永夢は仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマーレベルXXになった。
二人に分身し、ゲノムスを倒す。
しかし、マイティブラザーズを使った時の記憶は無いみたいで・・・?

なんとか生き残ったタケル殿だったが、
心肺停止してしまう。
永夢は懸命にタケル殿に心臓マッサージを行う。
しばらくすると、タケル殿は蘇生。
タケル殿は、永夢に救ってもらった命を大事にする決心を新たにした。
トーゴも救われ、笑顔になり日常に戻った。



って感じかな。
流石に2時間近くある映画は、情報量が半端ないね。
永夢に関する重大なネタバレもあるし。
後半にまとめてますけど・・・ マジでどえらいネタバレです。


うーん。 そうだな。
ゴーストとエグゼイドはいつも通り残念だったけど、
レジェンドライダーが良い感じだったので、
良いアクション映画だったと思います。

悪くない出来だったなー。 ウィザードはやはり最高だった。


生身アクション映画だったんですよ!
ちょっとくどかったかなー。
と思わなくもないんですが。

せっかくの生身アクション映画なのに、
鎧武役の佐野岳くんが出られなかった。
という事実がひたすらにショックです。

本人もアクション映画出たがってたのになぁ。
佐野岳くん本人はかなり悔しい思いをしたでしょうね。

佐野岳くんがいない。
ってだけで、マイナス100点です。 

ゴースト陣営はゴーストらしさ(存在がギャグ)をやってたので、
まぁそれは良いでしょう。 
カノンちゃんがとても可愛いので、+30点くらい。

ネクストゲノム陣営に、女性幹部がいてね。
拳法の使い手なんだけど・・・
足技を惜しげも無く使ってくれる所とか、
脚にプロトガシャット直刺しとかが、+60点くらい。

エグゼイドスタッフには脚フェチが絶対存在していると思う。


エグゼイド勢のデザインの全てがふざけてるせいでなー。
重たい雰囲気に全くならなかったのは良い事なのか悪い事なのか。
シリアスに耐える見た目してない。 

ポッピーの見た目がね。 
名前はもう仕方ない。 きゃりーぱみゅぱみゅをバカには出来ん。
ダサ過ぎて、本当にダメ。 
重たい話になれない。  見た目がギャグなんだよな。
そこらへんで、マイナス20点くらいです。 



永夢がズタボロになりながら、奮起した所で、
エグゼイド主題歌の「エキサイト」が流れた所は+50点くらいかな。

やっぱり良い曲だからね。
隣のお子様が、思わず歌ってしまうくらいには良い曲。

ウィザード、ドライブ、ゴースト、エグゼイドの一斉変身シーン。
鎧武の変身シーンが無かった所が残念でしたが・・・
色々なフォームを出してくれた所は嬉しかった。 

インフィニティーリングは、かつての映画で譲り受けたものらしいよ。
本編では手放してたもんなー。  
ゴーストのムゲン眼魂は消えてたと思うんだけど・・・
何故持っていたのか・・・  ムゲンだけ噛ませ犬で笑ったwww
天下統一魂が出るとは・・・ 

レジェンドライダーの、主題歌を乗せた、
フォームチェンジ&ラッシュは、素晴らしかったです。 +40点くらい。



永夢が実は、6年前(本編時は24歳なので、18歳の頃)に
ネクストゲノム研究所で、バグスターウイルスの実験体になっていた!
っていう、本編だけじゃ全く予想出来ない所に触れてる。

16年前の手術は、パンフによると交通事故によるもので、
ワンダースワン先生のオペは、本当に普通のオペだったっぽい。
永夢がドクターを志すきっかけでしかなくて、ミスリードを誘うトラップみたいだ。


公式の手術記録が1回のみってのは臭いよなー。
なんというか、もうちょい伏線張って欲しかったと思う。
後出しで重要な情報出てくるのはちょっとな。
本編でどうやって出すのか分からないですね。 気になるわ。

宝生永夢は多重人格説。
これは、ほぼ当たりといっても良いだろう。
マイティブラザーズXX すげぇ。  二人に分身するくらいは普通だけど。

本編でも人格変わる時に目が光ったけど、
これヤバいやつや!
ってなったよ。  
まぁ、色々ツッコミ所はあったけど・・・ 
勢いが良かったので、+14点くらいかな。



ま、総合的には・・・
「74点」って所になるでしょう。
なかなか面白かったですよ。  



では。  アディオー!

俺は人間を辞めるぞッ!永夢ー!今週のニチアサ感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。  こんにちは。
日曜でした。  

昨日、今日と、首の状態がクソ悪いですね。
首が燃えるように痛い。 

どうにもならないのでは。  


ニチアサ感想に入ろう。
ネタも他にないし。

まずは、まほプリ。
校長が人間界に来た。 
外で、炬燵を楽しむみらいさん達。
買い出しに行って戻ってくると、バッティさんがいた。

スパルダ、ガメッツと共に現れるオルーバ。
オルーバによると、ムホーの記述を色々な所に散りばめ、
それを一つに合わせたものがドクロクシーの辿り着いた闇の魔法らしい。

デウス・マストの眷属にとっては、ドクロクシー陣営は雑魚でしかない。
バッティさんは仲間を使い、ヨクバールで戦う。
プリキュアは、オルーバを虹の彼方に送った。


って感じかな。
ドクロクシー陣営も被害者だな。
バッティさんが主人公だった。 
もはや45話で終盤という現実が怖いわ。  


デウス・マストの眷属まだ残ってるんだよなー。
次回はクリスマス回で、日常回多めっぽいし。
緊張感が無いのが4クール通した感想だけど・・・
地味に良いよね。  


エグゼイド。
永夢の研修医生活ももう少しで終わるらしい。
クリスマス前に退院する事になった永夢の患者の少年だったが、
バグスターウイルスに感染していた。 
エグゼイドが前に倒したはずのソルティバグスター(レベル3)だった。
ゲンムに邪魔され、ソルティを逃がしてしまう。

社長(ゲンム)に、会社に呼び出された永夢、ヒイロ、大我、キリヤの4人。
社長は、黒エグゼイド(ゲンム)こそがウイルスをばらまいている首謀者だと言う。
永夢らはゲンムを倒そうと決意をするが、ゲンムの正体を知っているキリヤは
社長に「あんた何を考えている?」と迫る。

ゲーム病患者の少年を救うため、喜びそうなものをプレゼントしたり、
奔走する永夢であったが、社長にゲーム病患者を移送して欲しいと頼まれる。
言われたままに少年を連れていくと、そこに現れたのはゲンム。
永夢はエグゼイドレベル5に変身。
だが、ゲンムに恩人の日向先生のいる衛生省が怪しいと告げられ激しく動揺する。

その戦いに割って入ったキリヤは、「自分自身の心を信じろ!」とエグゼイドを叱責。
「永夢を信じる」と共闘を宣言。 ヒイロ、大我もやってくる。
ヒイロ、大我、キリヤは、ブレイブ、スナイプ、レーザーに変身。
ドラゴナイトハンターZガシャットはまた4つに分離し、レベル5にレベルアップ。
4人の連携で、ゲンムを倒す。

変身を解除したゲンム。 変身者が社長であった事に永夢らは激しく動揺する。
社長の目的は、究極のゲームを作るためという理由だった。
自らの身体で「死のデータ」を取った社長はデンジャラスゾンビガシャットを完成させ、
パラドと共に不気味な笑みを浮かべる。 


って話でした。
公式サイトを参考にまとめました。
患者の事は解決してねぇwww
ソルティ(レベル3)逃がしたままだよね。


今回は、社長=ゲンムを永夢達にバラす回。
キリヤの言ってた事が真実だと分かる回ではあるんだけど・・・
それが、悲劇の始まりになりそうで怖すぎる。 


先週の次回予告から、キリヤ死にそう!
しか感想が出てこないぞ・・・

「死のデータ」=キリヤ死ぬのかと。
まさかの社長が死んで、自分の魂? をガシャットに移すとは。
眼魔眼魂システムとは違った移し方だな。 
これでシャカスポ社長はゾンビ社長になったのかな?


ゲンムコーポレーションから出て行って、
どっか別の場所にアジトを地味に移してるし・・・
もはやゲンムコーポレーションにいる意味が無いのかな?
頭おかしい敵である事は分かったからね。
会社はどうなるんだ・・・  社長いなくなったらどうなるんだ・・・



まぁいいや。
キリヤの事でも書くか。  
今回も、かなりカッコいい見せ場があったなー。 

永夢だけは、何があってもキリヤを信じて欲しかったけどな。
キリヤも、言い方が悪いんだよな・・・ 
信用しちゃいけない相手ばかり信用する鎧武の貴虎よりはマシなんだろか。

今回は生き延びたキリヤだけど、
色々と知り過ぎたキリヤ・・・  
「君は知り過ぎた」とか、あまりにも不穏な次回予告。 
嘘だと言ってくれェェェ!! 
 

一番いいキャラしてるキリヤを殺したら、
正直、エグゼイドについていけるか心配だわ。 
途中で切るかもしれない。  
エグゼイドまでは、我慢して見ようかなとは思ってるけど。
決心が鈍りそうw  




では。  アディオー!