仮面ライダーエグゼイド感想の記事 (1/5)

スポーツ中継に対する怒りとエグゼイド ゲンムVSレーザー感想

いやいやいや。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
金曜でした。

祝日だともう曜日感覚がなくなるね。
金曜だと思わなかった・・・ 


朝アラーム(平日時)で起きたんですけど・・・
しばらく起きていたら、眠たくなって、
12時~14時半まで寝ちゃいました。
よくよく振り返ってみたら、2時間半寝てたのか。 


しっかり眠れるくらい体力戻ってきたのかね。
眠りが浅かったりしたし。  
昼寝はしてしまうな・・・  
まぁ、ここしばらくは1時間くらいぐっすりだしなぁ。

夢の中でトイレに行ったと思うんだけど、
現実で何も起きてなくて良かったです。 
尿道解放されてたら本当にヤバかった・・・ 

寝る前にはしっかりトイレに行くようにしてますけどね。 
地味な事だけど、こういう地道な事は大事なんだよね。


で、こどグルを楽しみにしていたんですが・・・
卓球が白熱延長してて、0時を大きく過ぎてました。
起きていられるのか・・・  

困惑と怒りである程度は起きていられそうですが・・・ 
正直本編見終わるまで起きていられるとは思えません。

申し訳ないけど、尺は守って欲しいなぁ。
放送中止にならないだけマシなんだけど。 
以前、こどグルなんかの関係で放送中止になった時あったな・・・
スポーツだけが延長するわけでもないんだろうけど、
イメージとしてはスポーツだけが延長して他の番組に迷惑かけてるイメージ。



さて、ここからは、ライダー感想番外編。
「仮面ライダーエグゼイド トリロジー ゲンムVSレーザー」
を見てきました。 

3部作の3本目です。
色々思う所はあったけど、悪くはなかったよ。
面白かったと思う。 
という事で、感想書いていきたいと思います。


「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング
 ゲンムVSレーザー」



檀黎斗は新たなガシャット「ゴッドマキシマムマイティX」を創り出した。
黎斗が仕掛ける最後のゲーム「ゾンビクロニクル」により、
首都圏で多くの人々がバグスターと化し、未曾有のパニックに陥る。

「ゾンビクロニクル」は、仮面ライダークロニクルをゾンビゲームに作り変えたもので、
増殖したデンジャラスゾンビを1体倒すごとに、無作為に消滅した人間一人を
バグスターとして復活させるというルールだった。
ただし、デンジャラスゾンビにやられたプレイヤーはバグスターに変化し
ゲームオーバー扱いとなる。

キリヤは黎斗に挑むが、黎斗はキリヤにプロトジェットコンバットガシャットと
プロトギリギリチャンバラガシャットを提供する。
ゲンムはレベル10億(ビリオン)にレベルアップし、
レーザーを圧倒的な力でねじ伏せる。

復活した檀正宗も拘束を自力で破り黎斗が情けで恵んだバグルドライバーIIと
クロニクルガシャットでクロノスに変身。
しかしゲンムレベルビリオンは圧倒的で、クロノスもまるで歯が立たず・・・
正宗はゲームオーバーとなった。
キリヤにバグヴァイザーII を託して消える正宗。

レベルビリオンの力を手にした黎斗を止めるためのカギに気付いたキリヤは
一人ゲンムに立ち向かう。
キリヤはバグルドライバーとプロトギリギリチャンバラガシャットを使い、
レーザーレベルXに変身。
禍々しいカラーリングの新たな仮面ライダーレーザーとなる。
ゲンムレベルビリオンに押されるレーザー。
しかし、レーザーの攻撃を受け続けたゲンムは崩壊し、レベル0 に戻ってしまう。
正宗の残したバグヴァイザーII には、ゲンムを初期化する力があったのだ。

力関係を拮抗させたゲンムとレーザーは雨の中ぶつかり合う。
そして、両者相打ち。 
黎斗は時代の先を行き過ぎていた事を悟り、次に生まれる世界に思いを馳せる。
そして黎斗はゲームオーバーとなり消滅していった。
ゲーマドライバーとゴッドマキシマムマイティXガシャットを残して。

キリヤも永夢に看取られて消滅・・・ 
かと思いきや、キリヤは消滅せずに目を覚ます。
黎斗の残したゴッドマキシマムマイティXが使われ、
八乙女女医はキリヤの体はリプログラミングされたのだという。
バグスター(生命データ)と化した人々を人体に再生する医療技術の発展も見えてきた。



みたいな感じかな。
細かい所よく分からなかったけど。 
大体こんな話だったんじゃないかと思う。
大体神の才能を使った話じゃなかったかな・・・

檀黎斗神が本当に何でも出来る便利キャラだったから・・・
黎斗神の才能がないとエグゼイドの話が成立しなくなってる。
クロニクル編は一応、神の才能が良い方向に使われた話だったけど、
トリロジーの方は、悪い方向に神の才能が使われる事となった話かな。


一度消滅したからか、黎斗神が圧倒的過ぎるからか、
正宗が正気に戻ってて笑った。 
本編では特大ブーメランを投げて消えてったからなぁ・・・
突然正気に戻った正宗を見ると面白い。 
綺麗な絶版おじさんになるのはいいけど、過去の罪がでかすぎる・・・



面白かったんだけど・・・
アナザー・エンディングの良かった点と悪かった点を挙げていこう。
あ、これは3作全部合わせてです。



良かった点

・永夢が前に出すぎていない
・ポッピーが可愛い
・八乙女先生がドスケベ
・檀黎斗の神の才能がとにかくすごい
・劇伴がカッコいい
・作中ゲームが本当のゲームとしていくつか出てくる
・檀黎斗が全く悪びれずに最後まで我を貫き通した点



悪かった所

・バグスターの何が悪いのかいまいちピンとこない
・50分+50分+60分の160分(約2時間40分)で思ったより話が進んでいない
・エキサイトが流れないので相当エキサイトしない
・正宗が自らの責任を黎斗を生んだ事にした事(育て方間違ったでしょ)
・正宗が妻の命だけ大事にしようとした所(他人の命は弄びまくったので)
・綺麗事に逃げた挙げ句、話が解決に向かってない所
・綺麗に終わったようで話が解決してない所(あとは想像に任せると言われても)



という感じだろうか。
僕はまぁ、宝生永夢というキャラクターが好きじゃないので・・・
永夢がでしゃばり過ぎなかったので、そこは良かったですね。

ゴースト、エグゼイドと主人公が嫌いな感じが続いてたので、
続くビルドは不安になっていたんですが、
今の所戦兎は好きなので良かったです。  
役者に罪は無いんだけど・・・  脚本家の味付けかな・・・ 


さて。
黎斗神がまたクソゲー作ってきた・・・
っていうのが正直な感想ですね。  
面白そうなゲームが特に見当たらなかったのがエグゼイドの欠点だったかな。

どれもエグい作りで、マゾゲーとバカゲーばかりだったような。

黎斗神、それでもクリエイターだから、
プレイヤーが全くいなくなると不満になっちゃうんだよな。
攻略不可能なゲームを作ってしまった・・・ 
っていうセリフとかも、何か感じる所があった。 
キリヤというプレイヤーがいた事で、テンション上がってたし。
クリアさせる気ないでしょってなバランスは酷かった。 
ゲームは遊んでもらえなきゃ意味が無いもんな・・・ 



で、エグゼイドにおいてバグスターというものが、
悪い感じに描かれた事は少ないというか、なかった気が。
どう考えても人間の体より便利なんだよね。 
普通に飲食も可能だし、実体を持てるデータだし。 

まぁデジタルモンスターでしたね。  

命のデータ化に成功し、コンティニューが可能になったのは、
本当に命という概念を根本から変えるものだったんだよな。

黎斗のやり方とバグスターを、僕は否定出来なかった。 
人間としての倫理観のみで論破するのは材料が弱いかなぁ・・・

ドクターはどんなに悪い奴でも命までは奪えないというのも、
後半の枷だったし。  
エグゼイドはゲーム部分がヤバかった。 
確かに、倫理観がおかしくなってきたのは事実だと思う。
僕は人間とはそんな良いものじゃないと思ってるから。


まぁ、色々あったけど、
それなりに満足しました。  
次の作品のビルドが面白いから、救われた感じ。 
ビルドのデザインもカッコいいし。  
仮面ライダー見るのやめられなくなったのでアレだけどね。
うん。  高橋さん、お疲れ様でした。  




では。 アディオー!


スポンサーサイト

神の才能は大体色々出来る ブレイブ&スナイプほか感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
月曜でした。

今日はそうだな。
イヤな夢を見まして。 
寝覚めが悪くても最悪の気分で起きました。  

しばらく感情がどうしようもなかったんですが・・・
まぁ、なんかクソゲー動画とかを見ていたらどうでもよくなりました。



ネタに出来る系の話ならいいんですけど、
ネタに出来ない感じのアレなんですよね。 
ゾンビとか何か怪物に襲われる夢とかならネタに出来るんですけど。
とりあえず黒い感情に押しつぶされる夢でした。  
一線を越えたらノーフューチャーの精神になるんだろうな。


今日は月曜ですが、祝日のためジャンプはありません。
あぁそうか。 通常なら月曜祝日だからジャンプは28日土曜に出るはずなのか。
ただ、合併号だから変なタイミングで出るので次は5月2日水曜です。

7日の週は多分出ないかな・・・? 変則的過ぎて次いつになるか分からんな。
7日に出たら、次のジャンプは4日後なので楽しめますが。


ここからは、ライダー感想番外編。
「仮面ライダーエグゼイド トリロジー」の、
「ブレイブ&スナイプ」、「パラドクス with ポッピー」の2本を見ていました。


レンタルで400円になってたからね。 
確か円盤が出た後だからなぁ。
とりあえず見られればいいかーって感じで。
レンタル1500円の時は高すぎて見る気になれなかった。

2本まとめて感想書いていきます。
★あ、普通にネタバレしているので注意です。★
3本目の「ゲンムVSレーザー」は今週の4連休のどっかで見る予定です。


「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」
「ブレイブ&スナイプ」 「パラドクス with ポッピー」




ブレイブ&スナイプ

本編から2年後の未来。
檀黎斗がCRから脱獄した。 単身では脱獄は不可能。
つまり、内から手引きした人物がいるはず・・・

ゲーム病により消滅しデータとなったヒイロの恋人:小姫が突如ヒイロの前に現れる。
失った恋人の幻覚を見た事で困惑するヒイロだったが、
ラヴリカバグスターも同じくして復活していた。
小姫はラヴリカに心を奪われた形として。 
激昂するヒイロはブレイブに変身するが、
恋愛ゲームのバグスターは通常の攻撃は通じない。
みすみすラヴリカと小姫を逃してしまう。

ニコを追ってきたアメリカ人:ルークが大我の病院に駆け込んできた。
ルークはラヴリカのゲーム病を発病し倒れる。
ラヴリカはクロノスにより絶版にされたため、ワクチンが作られていない。
そのため、ラヴリカのゲーム病を治すためにはラヴリカ本体を倒さなくてはならない。

大我は仮面ライダークロニクルガシャットを使い、
バグスターウイルスに対する完全な抗体を作ろうと自らの体をいじめ抜いていた。
目的は大我はクロノスの力を手に入れて、小姫を救うためだった。
ヒイロは大我の体を心配するが、ヒイロは大我の命を救ったという借りがある。
ヒイロと大我は激突。 両者痛み分け。

ラヴリカが完全体になる(ルークが消滅する)まで残り数十分まで迫っていた。
大我はポッピーからガシャコンバグヴァイザーIIを奪い取っていた。
そして大我はラヴリカの前に現れ、仮面ライダークロニクルガシャットを起動。
大我は苦しみながらクロノスに変身。 ポーズを使って小姫を洗脳から解放する。
大我クロノスはラヴリカを追い詰めるが倒すまでには至らず、
クロニクルガシャットがどこかへ飛んでいった。

そしてヒイロがラヴリカ切除手術を引き継ぐ。
ヒイロはブレイブレベル100に変身。 
小姫に謝罪しつつ、ラヴリカを倒す。
ヒイロと小姫の別れの時間が迫っていた。
ヒイロは小姫に改めて世界で一番のドクターになる事を誓い、
小姫は笑顔で消えていく。

ニコは渡米する事を決めていた。 ルークも救われ、大我に感謝する。
大我とニコは別れ、アメリカに旅立っていった・・・

クロニクルガシャットは黎斗の手に渡っており、
正宗を蘇らせる準備が整ったようだ。 
戦いは次のステージへ・・・




パラドクス with ポッピー

再生医療に従事する女医・八乙女とゲンムコーポレーションが提携し、
バグスターを人間に育てる育成ゲームが作られた。
永夢はパラドを、八乙女はポッピーを育てる事になるが、
パラドはどこかいつもと違う雰囲気で・・・

ゲンムコーポレーションで永夢とパラドはゲームで対戦する。
永夢がパラドを圧倒するが、最後のゲームではパラドが永夢に勝利した。
永夢とパラドは同一の存在であり、ゲームの腕も互角のはずだが・・・
パラドは永夢はもう用済みとばかりにバグヴァイザーIIで永夢の肩を撃ち傷つける。

永夢の半身である本物のパラドは八乙女に捕まっていた。
八乙女にとってバグスターウイルスは人間の奴隷という感覚で、
アナザーパラドも人間の心を持ったパラドは失敗作だと罵倒する。
アナザーパラドの正体は、正宗から分離したバグスターであった。
アナザーパラドは黒いパラドクスに変身。
パラドもパラドクスに変身するが、黒いパラドクスに負けてしまう。

ポッピーも八乙女に捕まっていた。 
八乙女の計画は、正宗の体から分離したアナザーパラドと、
正宗の妻の櫻子から生まれたポッピーをかけ合わせ、
正宗と櫻子の息子である黎斗を蘇生させる事であった。

心を持ったパラドは永夢と繋がっており、
永夢の遺伝子の力を使って拘束をぶち破る。
そしてポッピーの前に現れ、ポッピーも助ける。
八乙女は、かつて永夢の前に立ちはだかった財前の娘であった。

八乙女はゲノムスバグスターを出現させ、アナザーパラドは黒いパラドクスへ変身。
パラドとポッピーは変身。 
パラドクスは劣勢になるも、黒いパラドクスを倒す。
ポッピーもなんとかパラドクスと共闘しゲノムスを倒す。

データを復元された正宗は、黎斗を生み出してしまった事を罪だと認識。
黎斗はもはや蘇生には興味をなくし、アナザーパラドを吸収。
天才クリエイターの力と天才ゲーマーの力を手に入れた黎斗は、
己の神の才能を使って、最強のガシャットを作る。
最悪の怪物が生まれてしまった・・・
戦いは次のステージへ。



という話。
大体こんな話でした。 

ブレイブ&スナイプは、まぁ小姫をNTRれた話かなぁ。
ヒイロと小姫の話も一応の決着は見せたのかなこれ。
なんかこう・・・ データ化した人間を復活させるまでいかない気がする・・・


大我は本当に不器用な男だな!
大我クロノスがまた出るとは思わなかった。
本編ではクロニクルガシャット2枚挿しでクロノスに変身したんだっけ。
一度はなれたのに、まだ安定してなれないのか・・・
クロノスになった正宗はすごかったんだなぁ。

バグヴァイザーII 使わないとポーズ使えないしね・・・
クロノスの力、チートである。
永夢じゃないとハイパームテキにはなれないし、
大我じゃないとクロノスにはなれないんやな。 


半年ぶりのエグゼイドは、まぁ悪くはなかった。
でも、キャラ付けの味が濃すぎるわやっぱり。 
なんかムカつくもん。  
面白いからまぁいいけど。 


パラドクス・ポッピーの方はそうだな。
コスプレポッピーが可愛かったかな・・・
ポッピーではもはやなかったけど。

黎斗の母の櫻子さんもついに登場。
普通そうな人だけど・・・ 
正宗も黎斗も頭おかしくなってたので、
おかしい人の可能性もゼロじゃない。


アナザーパラドの正体はなるほど~ってなった。
世界で初めてバグスターウイルスに感染した男は一人ではなかったからね。
永夢の他に、もう一人正宗がいたわけで・・・
バグスターウイルスのプロトタイプ的な存在だもんな。
パラドだけゲームキャラってわけでもないし。


新キャラの八乙女先生。 
ネクストゲノム研究所が出てきたし、
平成ジェネ無印のキャラの親族か・・・?
まぁ財前かな・・・ って思ったらそんな感じだったでござる。
財前の名前がしばらく思い出せなかったのはアレ。

ドスケベお姉さんだった。
朝放送出来ない感じのふいんきを醸し出していた。
ローアングルって最高だな・・・
 
でも、財前の娘なだけあってなんかヤバかった。 

まぁ、今回の2本は八乙女先生と黎斗神が組んで色々企む話でした。
黎斗神は本当に神の才能で何でもやっちゃうし、
とんでもないモンスターだよなぁ・・・ 
正宗という共通の敵がいたからこそ共闘は成立してたけど・・・
やっぱ正宗が消えるとそういうのもなくなるか・・・ 


おだてておけば神の才能を良い方向にも使ってくれたりするんだけどね。
平成ジェネファイナルとか。 
ゲンムレベルビリオンが出ちゃうのかぁ・・・

ゲンムVSレーザー楽しみになってきたな。  
今週のどっかで見ます。  木曜か金曜。 
今日はジャンプが無いから長い話見られたんだよね。

あ、そうだ。
ガシャットはやっぱりゲームソフトだった。
ゲンムコーポレーションで、
バンバンシューティング、ボーズ・オブ・テラ、ドラゴナイトハンターZ
が出たけど・・・ (やっと家庭用ゲームとして出た

面白くなさそうなゲームなのはしゃーないとして。
ボーズ・オブ・テラがついにお披露目されたのは良かったね。
作社長が作っちゃったのか・・・  
グラファイトもゲームキャラとして出てきて嬉しかった。





では。 アディオー!


神の才能に不可能は無い、今週のニチアサ感想

なんかゲップ出なくて眠るのに苦労した。   (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

一週間の本当の終わりか・・・
いやぁ・・・ なんか眠れなかったんですよね。
ゲップが出なくて、吐き気になっちゃって。  
胃の中の空気を出しておかないと、横になれないんだよな。



朝は7時くらいに目覚めました。
今日は寝坊したくなかったので、早く起きました。

PC 買い替えたので、再セットアップディスクを作ってました。
8.5GBのDVD-R で、3枚必要なんですが、1枚エラー吐きました。
昔ある目的で買った空のディスクが未だに使えてるのは良い事だ。

確かもう生産は終了してたディスクのはず・・・  

ブルーレイドライブのPC買ったので、
そろそろなんかブルーレイディスクの円盤でも見たいな。
今日も忙しかったです。  


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

ゆかりさんが祖母に頼まれ、抹茶でスイーツを作る事になった。
キラパティで何のスイーツを作るか? 話し合ったらマカロンを作る事になった。
ゆかりさんは孤独をこじらせていて、そこをエリシオに狙われる。
エリシオの作った鏡は、人の本心を映すもので、ゆかりさんが鏡の中に入ると、
寂しさの塊のような少女ゆかりさんが出てきて、ゆかりさんを襲う。
闇落ちしたゆかりさんだったが、自分で立ち直った。
  


って感じかな。
エグゼイド最終回ショックで、いまいち話をつかめてない。
エグゼイド見返してたら、キラプリ毎回見返す時間無いんだよな。

って事で、ちょっと簡素な感想になりますが。
ゆかりさん、めっちゃ美人だけど、めっちゃ面倒臭いなw
人間臭い所がいいと思うけど。  ともかく色気がとんでもない。
今回はゆかりさん回で、次回があきらさん回か・・・  



エグゼイド。
パラドが消滅し、永夢の変身能力が失われた事で、
「もはやクロノスに対抗する術は無い」と勝ち誇る正宗。
クロノスに変身し、ブレイブ、スナイプ、レーザーターボ、ゲンムを圧倒する。

怒りを爆発させた永夢は素手でクロノスに立ち向かうが、軽くあしらわれるだけ。
クロノスはポーズを発動。 最後の一撃が永夢を襲う・・・
とその時、永夢の目が赤く輝きエグゼイドレベル2 に変身する。
エグゼイドの登場に、ヒイロらもレベル2 に変身。
パラドによってウイルスを抑制されたクロノスを、「チーム医療」で圧倒する。
そして、最後はエグゼイドが決め技でクロノスを撃破。
負けを認めた正宗は、捨て台詞を吐いて自らの手で消え去っていった。

正宗の消滅と共に「仮面ライダークロニクル」も終了(ゲームオーバー)。
全てのゲーム病患者は完治した。
だが、クロニクルによって消滅した人は復活せず・・・
これからは消滅しデータとなってしまった人々を蘇らせる事が永夢達の仕事だ。
永夢とヒイロ、キリヤはCRのドクターとして、大我はゲーム病専門のドクターとして
新しい道を進み始めた。

永夢はクロニクルの被害状況報告記者会見で、
日向先生と共に、担当医として会見した。
消滅しデータとなった人々は、亡くなったように見えるゲーム病の症状であると解釈。
これから時間をかけて、患者全員の笑顔を取り戻したいと誓う永夢。

そして、黎斗神によって培養されたポッピーが復元され復活した。
更にパラドも、永夢が再びパラドに感染していた事で復活する。
永夢の体から分離したパラドと手を握り合う永夢。
CR に緊急通報が鳴り響き、永夢のドクターとしての新たな日々が始まるのだった。
終わりなきゲーム。  エグゼイドの戦いはまだまだ終わらない!



って感じでした。
公式サイトを参考にまとめました。

エグゼイド、全45話完走しました。 
キリヤが消滅した、1クール目で脱落しそうでしたが・・・
まさか持ち直すとは・・・  ま、僕も途中脱落はしたくなかったしね。
ま、ゴースト全50話を完走した僕に怖いものは無い・・・ 

本編45話+ドクターパックマン+トゥルー・エンディングの合計47本ですね。


批判するために見てたけど、3クール目から真っ当に面白くなっていったなぁ。
2クール目までは残念な展開が多かったから批判多めだったかな。
細かい不満はあるけど、概ね満足でした。  面白かったです。
1クール目の無茶苦茶な展開からよく普通レベルに戻したなぁ。 
赤点スタートだったので、比較的面白く感じた。 
 

エグゼイドの不満は、
・永夢が独善的でとにかく腹立つし最後まで好きになれないキャラだった
・全体的にメイン女性キャラが少ない、女幹部が足りなかった
・クロノスのラスボス芸がしつこかった
・ゲームサイドの倫理観がとにかく狂ってる
・エグゼイド世界のゲーマー愚か者が多すぎ(バカなゲーマーは死んでもしゃーない)

の5点かな。  


とにかく永夢が嫌いでしょうがなかった。 
これは好みだから仕方ないけど。  
永夢の倫理観と価値観おかしいと思うんだよな。
まぁ、よく胸ぐら掴まれてたから良しとするか。  もっと否定して欲しかった。


タケル殿、永夢と、好きになれない主人公が続いたから・・・
ビルド主人公の桐生はどうなるか・・・ 
天才キャラだから、なんか価値観ぶっ飛んでそう。  
ここ数年だと、進ノ介のキャラが一番好きだったかな。
ま、大体サブキャラを好きになる傾向があるからアレだけど。



ま、無難なラストに落ち着いたかなぁ・・・
テレビ本編は、ハッピーなノーマルエンドか。 
ハッピーエンドといっても良いだろう。  真のエンディングは夏映画で。

バグスターも新たな命(デジタルデータ生命体)として認識し、
これから長い時間をかけて、データになった人々を蘇らせていく。
ってのがエグゼイドの出したアンサーか。 
 
ま、ここで終わった方がキレイだよなぁ・・・  
バグスターの社会問題とか出したら、尺が足りなさ過ぎるもんね。

消滅した人々が次々に蘇っていく・・・ 
とか、ゴーストのような安易な展開にならなくて一安心。 
ゴーストはグレートアイという超常的な存在がいたから出来た事だしな。
エグゼイド世界においては、人間をデータ保存し、コンティニュー出来るという、
新たな生命を生み出した檀黎斗神という神がいるからな。  



冬映画の平成ジェネレーションズファイナルで、
消滅した人を蘇らせる方法とか出来てたりするかな。 
小姫ちゃんの復活と、大我とニコのラブコメが見たい。  


ポッピーとパラドの復活も、
今まであったような描写を使っていたので、唐突じゃなくて良かった。
バグスターで神の黎斗神すごすぎでしょ。  
バグスターの記憶処理とかどうなってんだとか細かい所は気になるけど。
永夢はパラドをサルベージ出来ていたんだな・・・  

まぁ、止まった時の中で動いた所は、ジョジョ3部だったけど。





では。 アディオー!

これよりバグスター分離手術を開始する、今週のニチアサ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。


今日はそうだな。
なんかいつの間にか一日が終わっていた。
そろそろデータ整理に飽きてきたので、
来週には新PC に移行したいです。  


なかなかデータ整理が終わらないのよね。
なんか10年くらい画像ファイル貯めてて、
35GB くらいいってて草なんだけど。  
バックアップ用HDD、250GB じゃ足りなくなってきたからなぁ。

500GB あれば、まぁ足りるけど。  1TB はまだまだ多すぎる。


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

スイーツは科学だと、愛読書を読みながらキラパティを支える少女ひまり。
そこに、愛読書「スイーツの科学」の著者である先生が現れる。
先生は、今度やるイベントの助手を探していたらしい。 
そして、ひまりは先生に認められ、イベントの助手をやる事になった。

イベントのテーマは、巨大スポンジケーキ作り。
緊張しながらも、ひまりは助手らしくスポンジケーキ作りをしていく。
焼きあがったスポンジケーキは、自重に耐えられず崩れてしまった。
自分を責めてしまうひまりだが、先生はこの実験は成功だといった。

スポンジケーキのキラキラルを奪いに来たグレイブ。 
ひまり達はプリキュアに変身。  敵を撃退する。
いちかのアイデアで崩れたケーキを加工して、一口サイズのスイーツを作った。
自分に自信が持てるようになったひまりは少し成長した。



って感じかな。
前回が結構苦しい話だったので、
今週は結構気持ち良い話で良かったです。 
 

3週目のキャラ担当回ですね。 
古のプリキュアから渡された謎のアイテムが変化するためのイベントかな?

来週は、マカロン(ゆかりさん)が闇堕ちか・・・
闇堕ちしたの、いちか(ホイップ)、シエル(パルフェ)、あおいちゃん(ジェラート)
に引き続いて4人目か・・・  全員やる気か?  



エグゼイド。
ゲーム病の患者が次々とバグスターウイルスに変貌し、人々を襲い始めた。
襲われた人々も、次々とバグスターウイルスとなり、街はパニックに。
が、下手にバグスターウイルスを切除すると人々の命も失われてしまう。
手を出せない永夢らは追い詰められる。

そんな中、ポッピーは自らの身体に「ドクターマイティXXガシャット」を挿し、
自らの身体を粒子化して街中にワクチンとして振りまいた。
人々のゲーム病は次々と治っていく。
ポッピーは永夢、ヒイロ、大我、ニコ、黎斗神に最期のメッセージを告げ消滅した。

人々を救うために犠牲となったポッピーに涙する永夢。
ゲムデウスの前に姿を現し、「マイティアクションXガシャット」でエグゼイドレベル1に変身。
クロノスからゲムデウスを分離するための攻撃を開始する。
そんなエグゼイドにブレイブらも協力、レベル1 になり、次々と攻撃を繰り出す。

そして、最後はパラドクスがエグゼイドらのフィニッシュをサポート。
変身を解除したパラドは、自らのドライバーに「ドクターマイティXXガシャット」を挿し、
ゲムデウスを消滅へと追い込む。 
「お前とゲームが出来て、最高に楽しかった。」と消えていくパラド。
これで永夢はエグゼイドへの変身能力を失ってしまった。

「君たちの運命はバッドエンドだ。」
と、最大の脅威だったハイパームテキを失った事で調子づくクロノス。
正宗は、永夢らの前で高らかに勝利を宣言する。  次回へ続く!



って感じだな。
いやー・・・  終盤の盛り上がり。  
色々と、嬉しい演出をやってくれて、満足度が高かった。  

公式サイトを元にまとめましたが・・・
ゲンムがエグゼイドに間違えられて、ビルドに襲われ、
ライフを1個減らした事には言及無しなのねw  
本編にはそんなに関係無いからな・・・

ビルドくん、エグゼイドの成分を手に入れようとする学者だからか、
やっぱ通り魔にしか見えないわぁ・・・  
実験大好きくんなのかな・・・  
1年前のゴーストでは、エグゼイドとゲンム間違えられたよな。
まさか1年ごしに、また間違えられるネタを見られるとは。



最初の方のパンデミック。  
ダンガンロンパみたいな世紀末な世界だ!
ダンロンは命が軽過ぎるので、人が簡単に死にます。

元々バグスターであるキリヤが、ザコバグスターになった意味が分からん。
ゲムデウスウイルスが強すぎるという事かな。
ゲムデウスウイルスを抗体作る段階で身体に浴びすぎたんだろうな。



ポッピーは人を救うために散ったのか・・・  
まさか自分を粒子にして、ワクチンをばらまくとは・・・
しんみりしちゃうよ。  
バグスターじゃないと出来ない事って結構あったな・・・

で、今回は人の命の大切さを分かった、
パラドまでもが、自己犠牲の精神で散っていった・・・

トゥルー・エンディング見てると、
ポッピーもパラドもいるので・・・
何か分からんけど、復元はされるんでしょ? 
とは思うんだけどね・・・  


パラドが消えたら、永夢のゲーム病が治る。
だから、エグゼイドに変身出来なくなるっていう論理なんだけど・・・
永夢の出自があまりにも特殊だからなぁ。 
もはや、永夢のゲーム病は自分の個性だと認識するくらいだしなぁ。
不知の病に見えるんだよね。  つまり、まだ治ってない可能性もある。


ウイルスキャリアって言うみたいだね。  
永夢の中からパラドが出て来る可能性も否定出来ない・・・
永夢のゲーム病が特殊過ぎるんだよな。 ゲーム病のオリジンだから。
永夢とパラドは切っても切れない関係だから、何かあるはず!



ここにきて、完全放置になっていた、レベル1 が出て来るのは熱い。
バグスターも進化して、分離する必要なくなったもんね・・・
融合型バグスターが出たり、クロニクルでウイルスそのものが出るようになったりで。
レベル1 の存在意義がマジで無くなってた。

そんな使えなくなってた設定が、こんな終盤で回収されるとは。
レベル1 って、一番アクロバティックな動きをするんだった・・・
初期エグゼイドの頃はだせぇ・・・ って思ったけど、
慣れたらこれもいいなと感じるよ。  熱いぜ!





では。 アディオー!

最強の医療チーム、今週のニチアサ感想

クソ眠い。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
夜中にトイレ起きするのがツラいです。 
夜中3時に起きるのは本当に辞めて欲しい。
そして、トイレ起きだと、起きなきゃヤバいんだよね。


普通に目覚めただけなら、寝直すのも可能だが。
トイレは起きて行かないといけないから・・・
寝る前にトイレに行ってるんだけどなぁ・・・  何故だろうね。


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

あおいが所属するバンド:ワイルド・アジュールは、ロックフェスへの参加が決まった。
急遽出られなくなったバンドの代役との事だが、大規模なイベントだった。
イベントには、あおいの尊敬するミュージシャンの岬さんもいた。
岬さんに推薦された事を知り、舞い上がったあおいは夢が叶ったと感激。
しかし、その言葉で岬さんの表情は曇り・・・  

ロックフェスは2つの会場があり、同時期に岬さんのバンドと、
ワイルド・アジュールが演奏する事になっていた。 実質音楽勝負である。
結果は、岬さんのバンドに大量にファンが集まり、あおいの方にはいつものファンだった。
敗北感、嫉妬に打ちひしがれてしまうあおい。  この苦しさは何なのか。
そこをエリシオに突かれてしまい、闇に染まってしまうが・・・
ホイップに止められ、音楽が好きな気持ちを思い出す。  
今回は完敗だったが、次は負けないと、岬さんに宣戦布告が出来たあおいであった。


って感じかな。  
まぁ、ぶっちゃけキツい展開でした。
鬱展開かよ・・・  みたいな。  

今回の話だけだとスッキリしないので、
次のあおいちゃん回で、リベンジ果たして欲しいなぁ。
まだ中盤だし、キャラのドラマ重視だし、可能性はあるでしょ。


エグゼイドがある内は、エグゼイドショックで、
話が頭に入ってこないんだわ。  5分くらい衝撃がでかい。


エグゼイド。
クロノスがゲムデウスを取り込んだ事で、人々のゲーム病が再発。
正宗はゲムデウスクロノスに変身。  
エグゼイド、ブレイブ、スナイプを圧倒すると、真のラスボスの挑戦権があるのは
ニコのみであると、ニコをラスボスのゲームエリアに連れ去ってしまう。

ラスボスと戦うゲームエリアに行けるのは、挑戦権を持つニコのみ。
しかし、5年前からバグスターウイルスに耐え続けてきた大我は、
CRに保管されたクロニクルガシャットを手にゲームエリアへ。
ニコに代わってクロノスに変身し、ゲムデウスクロノスに立ち向かう。

ゲムデウスクロノスに圧倒され、変身解除した大我。
ここまでか、と思ったその時、黎斗神が開発したチートコードを使い、
永夢とヒイロがゲームエリアに現れた。 
ドクターは多くの患者の命を預かる者で、ドクターには生き抜く使命がある。
永夢から白衣を受取り、大我は白衣を久々に着用した。

永夢、ヒイロ、大我は、エグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。
最強のチーム医療で、ついにゲムデウスクロノスを倒す。
しかし、ゲムデウスクロノスは「真のラスボスは一度倒され、最強の進化を遂げる」
と、雄叫びを上げると、キリヤらゲムデウスウイルスに感染した患者達が
一斉にバグスターウイルスに変貌。  最悪のパンデミックが起こってしまう・・・
エンディングの存在しないクロニクルに終わりは無いのか・・・?



って感じでした。
公式サイトを元にまとめました。

めちゃくちゃ面白かった・・・
んだけど、クロノス本当にいい加減にしろwwwwwwww
クロニクルは本当に死ぬほどクソゲーでしたね。  

ま、ネトゲだから、エンディングを作るかどうかは運営のさじ加減だしな。
エンディングがあるネトゲもあれば、アプデを続けて終わらないのもある。
サービス終了が、事実上のエンディングだもんなぁ・・・ 
 
クソゲーなので、はよ終わって欲しい・・・  クロニクル。  


開幕から、黎斗神の演説でしたからね。
人類の未来を、笑顔を取り戻したい。 ってイケメンが言ってた。
黎斗神は、すぐ綺麗事を言うからな・・・  
完璧なる悪人ではないんだけど、頭おかしいからな・・・ 


Q. ラスボスのゲームエリアに行くためには?
A. 黎斗神が作ったチートコードを使う

というアンサーは笑う。  
天才クリエイターで神の才能を持つ黎斗神だから出来る裏技だね。
運営側が、チート使いまくりだもんなぁ・・・  
まぁ、開発側もチートを使って、対抗するしかないよね・・・ 

黎斗神の顔芸は、今回も極まっていたわ・・・
イケメンに何させてんねんwww って思ったもんだけど・・・
黎斗神、大好き・・・  死なないで欲しい・・・  
トゥルー・エンディングを見たから、ギリギリ生きてるんじゃないかな?
とは思うんだけどね。  
黎斗神、あと1回か2回死にそうなんだよな。


さて、今回の主役は、大我とニコだな。  
妖怪ガシャットよこせだった大我も、立派になったなぁ・・・
ニコが参入してから、彼の良さが分かるようになったよね。  


どっちも好感度最悪だったから、
まさかこんなに愛せるキャラになるとは思わなかったわ。
ま、ヘイトは大体正宗にいったからな・・・  

大我クロノスだった。  
大我がクロノスになるの? 何で? って思ったものだが・・・
5年前からプロトガシャットにより、ウイルスの抗体は出来てたもんな。
細かい事は考察するしかないんだけど・・・  
白髪が交じるくらいには、身体がヤバかったみたいだし。 

納得させられました。

クロノスは、本当はプレイヤーが手にする力なんだけど・・・
前にクロニクルを調べてた時に見た、
おそらくクロニクルを攻略する事で、あらゆるバグスターのゲーム病に耐えながら、
全員のバグスターのゲーム病にかかって克服する事で完全な抗体が出来る。
っていう考察が面白かった。 
 

ニコは、確かリボル、バーニア、ラヴリカ、ゲムデウスのゲーム病にかかってたかな?
大我の抗体と、ニコのクロニクルガシャットを使ったからこそ、
クロノスに変身出来たんだろうな・・・  とか思うと、すごく熱いよね。


前回、キリヤに白衣が渡されてて、大我の医師免許も再発行してやれよ!
って思ってたけど・・・  今回、白衣を着用する大我が見られて満足した。


初期はあれだけいがみあっていた、永夢、ヒイロ、大我が、
最強の医療チームになるとか、熱すぎるでしょ。 




では。 アディオー!

キュウレンジャーとエグゼイド・トゥルー・エンディングの感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
金曜でした。

今日はそうだな。
祝日でした。  
8月11日が祝日になったのって、最近みたいだね。
去年からなってたらしい。  


今年は祝日が上手く作用してなくて、
連休が少ないから・・・  不作だとは思ったけど。
たまに三連休があるからありがたいね。  


今日は、映画館に行ってきました。
本日の後半の体調を生贄にする必要があるんだけどね。
首を酷使するので、確実に頭痛になり体調を崩すんだよな。
HP が70くらいあって、映画見て帰ってくるだけで50は削れる。 
なので、瀕死になってました。  



さて、ここからは映画感想のコーナー。
「劇場版キュウレンジャー&エグゼイド」を見てきました。
同時上映で、戦隊が30分くらい、ライダーが1時間くらいでした。

正直な所、どっちも密度がすごくて、倍くらいに感じました。


「宇宙戦隊キュウレンジャー ゲース・インダベーの逆襲」

キュウレンジャーはまともに見たのが今回が初なので・・・
とりあえず感想だけ。
ストーリーをまとめる事は難しい。 
パンフを参照すれば可能だけどね。

ラッキーがポジティブで、口癖が「よっしゃラッキー!」って言ってる事と、
キュータマを集めて、キュータマダンシングをしてる事しか知らなかった。
まぁ、ショウロンポー司令とか、鳳ツルギとかは知ってるけど。

メインキャラを意外と知らなかったな。

バイクバトルがあって笑ったwww
ライダーよりバイクに乗ってたかもしれない。
エグゼイドもゴーストもあんまバイク乗らなかったから・・・

プロレスシーンとか良かったですね。
牛ロボ、レスラーだったのか・・・
グリーンとピンクが女の子だったけど、
女の子が可愛かった・・・ 


意外と熱かったですね。  ケルベロスがカッコ良かった。
悪役は悪い奴でしたね。  マッドサイエンティストかな?
地球って、創作物で何回滅亡の危機にさらされてるんだろう・・・
1万回くらいは地球が危機に瀕してそうだよね。


「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」


外国のゲーム会社「マキナビジョン」の社長:ジョニー・マキシマが、
仮面ライダー風魔と忍者プレイヤーを使って、新たなバグスターウイルスを撒き散らした。
「マキナビジョン」の幹部:南雲がゲームプレイヤーに選んだのは、
難病で余命いくばくもない少女:まどか。

新型ウイルスに感染した人々は皆昏睡状態に陥り、仮想現実の世界で、
現実とは異なる時間を過ごしていた。
ヒイロや大我、更にはバグスターであるポッピーまでも感染する中、
まどかは仮想現実の世界で、元気に駆け回る。
「マキナビジョン」の目論見通りの結果が、そこに表れていた。

仮想現実の世界の舞台はまどかの小学校。
やっているのは運動会。 病気のため運動ができないまどかだったが、
ゲームの世界では、そんな制約は無い。
まどかの父は娘が幼い頃に失踪していて、ヒイロはまどかの父親役をやっていた。
大我は小学校の先生役で、かけっこのスタート役をやっていた。
人間は仮想現実の世界で割り振られた役割を演じるため現実世界の記憶は無いが、
ポッピーはバグスターのため、仮想世界に行っても記憶は保ったままだった。

宝生永夢は檀黎斗神やパラドの協力を得ながら、
現実世界で患者達の意識を取り戻させるべく、黎斗神の開発したVRゲーム
「マイティクリエイターVRX」を手に仮想現実の世界へ飛び込む。
そこには、マキナビジョンに乗り込んだがウイルスを打ち込まれたキリヤの姿もあった。

仮想現実の世界に入った永夢は、クリエイターゲーマーに変身。
風魔と戦うが、ゲームを作る能力で風魔を撃破。
仮想現実の世界には出口は存在しなかったが、
ゲームを作る能力があるエグゼイドが出口をクリエイトし、
VR ウイルスに感染した人々を現実に返していった。
ただ一人、まどかだけはゲームの世界から現実に戻る事を拒否して・・・ 

まどかが仮想現実の世界でやりたい事を達成していくたび、
ゲームクリアの力が溜まっていく。
その力を使い、ジョニー社長はゲムデウスマキナに変貌。
世界を滅ぼそうと現実世界で猛威を振るう。
エグゼイド、ブレイブ、スナイプ、レーザーターボ、ゲンム、パラドクスは
ゲムデウスマキナと戦うが・・・
ゲムデウスの能力を封じるために、黎斗神とパラドがゲムデウスの中へ入って消えた。

そんな中、まどかの病状が悪化。 
ヒイロは外科手術を執刀。 永夢と明日那は助手として手術室に入る。
意識が仮想現実にあるまどか。 ゲーム病を発症し、手術が続行困難になる。
バグスターウイルス抑制能力を持つプロトマイティXオリジンの力で症状を押さえ込んだ。

まどかが何故仮想現実の世界から戻るのを拒んだのか?
何故、仮想現実の世界で誰かに喜んでもらおうとしたのか?
実は、風魔:南雲は失踪していたまどかの父親であった。
南雲は現実に絶望し、ゲーム世界で娘を元気に駆け回らせてあげたい
という願望を仮想現実に込めていた。
そしてまどかは、南雲を一目見て自分の父親だという事を
本能的に看破していたのではないか。
永夢はその真実にたどり着いていた。

永夢は南雲にまどかの現状と、現実で本当の笑顔を取り戻してあげたい、
そのためには本当の父親の存在が必要なのだと殴って分からせる。
南雲はレーザーバイクに連れられ、病院へ急行した。
まどかの元に辿り着く南雲。 まどかは意識を取り戻し、笑顔になった。

永夢はハイパームテキに変身し、ゲムデウスマキナを倒す。
ある程度時間が経ち、永夢は研修医から正式な小児科医となっていた・・・



って感じでした。
一回見ただけじゃ分からん事もあるな。

いやー・・・ 面白かった。
1時間くらいの話だけど、2時間くらいに感じたわ。
情報量が多すぎる・・・  
前半はパンフの内容を参考に、後半は見た記憶を頼りにまとめました。


うーん。 何から書いていこうか。 
トゥルー・エンディング。  普通にハッピーエンドだった。
本編との齟齬が結構あるので、何が違うんだ? 


Wiki 見たら、本編終了から1年後が舞台らしい。  本編の後日談が今回とか。
それなら、本編でクロノスを倒した後なのか・・・  
クロノスいつ死んだの? って思ってたからな・・・ 
ライダークロニクルは完全に終わった後の世界みたいだしな。

檀黎斗神が、CR で幽閉されていた理由は、最新話で明らかになったしな。
残りライフは4 だったはずだが、トゥルーでは残り2まで落ちてる。
そして、黎斗神のライフが残り1 に・・・  

脚本の高橋さんのインタビューで、パラレルや夢オチにはしません。
って言ってたから、マジで本編終了後っぽいな。 
こうなると、本編のノーマルエンディングはどんな形になるやら・・・
テレビ本編は本編で完結させてるようだから信頼出来る。


前半の仮想現実(ヴァーチャル・リアリティ)の世界。
まどかの願望である、運動会がモチーフ。 (実際は父の願望でもある
ゲーム世界をメインにした話を予想してたので、
こういう形で実際にやってくれたのは、結構嬉しい。  

ヒイロがパパ役をやっててわろたwww  僕より若いのに・・・
ま、僕も小学生くらいの子供はいてもおかしくない年齢だけどね。
大我も小学校の先生www  前半ヒイロ大活躍だったな・・・
ニコが小学生のコスプレさせられてて可哀想だった。  
本人が「???」ってなるのは仕方ないね・・・
  


全体的に、天才外科医のヒイロが活躍した話だったなぁ。
レベル100 のタドルレガシーもガンガン活躍したし。
え? ここで次回作ライダーが助けに来てくれる流れじゃないの?
って思ったけどね。

ビルドくん、終了後に通り魔として表れてて笑った。  
高橋さん、本編を進めるために、無駄を省いていた・・・  

医療ドラマ部分もしっかり出来てたし。  
まさか意外とちゃんと医療ドラマもやるとはなぁ・・・
1クール目のドクターは皆ドクター失格な行為ばかりしてたけど。
3クール目くらいから、ドクターがちゃんとしてた。 ダークヒイロは除く。

永夢の発言にはイラついたけど。  
他人の人生全てに責任を持てるわけが無いのに、
ガンガン南雲の胸ぐらを掴んでいたな。  
4クール通して、永夢は最後の最後まで嫌いだったけど。 面白かったよ。

通常の病気+ゲーム病 は、あんまり無かったな・・・
前にガン患者を治療した時以来か。  
レベル0 の力を使うとは思わなかった。  


VR の世界を、現実より良い世界・・・
みたいに描くのは、やりすぎ都市伝説でこの前やった、
これから未来で起きるかもしれない事みたいな感じだな。


現実で身体がいくら悪くても、ゲームの世界ではそんな制約は無い。
ゲーム世界で自分の身体をガンガン動かせたら楽しそうだなぁ。
確かに現実逃避ではあるけど、そこを完全否定されると悲しいかな。
現実を頑張って生きろよ! ってメッセージなんだけどな。  
そこらへんは同意出来ないっす。





では。 アディオー!

無人島と、黎斗神と、今週のニチアサ感想

休みが終わった・・・   (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
昨日寝ようとしたら、頭痛が酷くてね。 
しかも吐き気も襲ってきたから、しばらく眠れなくて。
2時間近く苦しんでた気がするんだけど。  


多分2時は過ぎた気がするんだよね。
正確な時間は時計見てないので覚えてない。
ので、なんとか眠れて良かったです。  
朝起きる事も出来たしね。  頭痛は悪い文明。  


自堕落に過ごしてました。  
首が痛くて、頭痛になりそうで怖かったですよ。 
昨日はちょっと酷すぎたなぁ。  


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

夏だ! 海だ! 水着だ!
って事で、海に行き、ウォータースポーツをするいちか達。
キラパティに浮き輪を付けて浮島みたいな感じにしておいたが・・・
疲れて眠っている間に、謎の無人島に漂着していた。

キラキラルが無いと、島を脱出する事が出来ない。
が、肝心の食材が無い。 
妖精に戻ったキラリンは島で人の足跡を見て辿ってみると、
旅に出て島に遭難したビブリーと出会う。 

いちか達は洞窟で氷を発見。 かき氷を作ってキラキラルを手に入れる。
シエルはビブリーにかき氷を食べてもらおうとするが・・・
仲間がいるシエルを嫉妬したビブリーが聞く耳を持たず・・・
ビブリーの人形が何故かビブリーを襲ったので、プリキュアは助ける。
かき氷は食べてもらえなかったが、二人の因縁は出来た。



って感じかな。
結構良い話だった。  
ビブリーはメンヘラこじらせてて、手を掴んでくれるキャラではなかった。
いつか、分かってくれる日は来るのかな。  

ビブリーも救えたら最高だったんだけどな。
敵キャラの扱いは難しいよなぁ。  
すぐ手を取ってくれたらチョロインとか言われそうだし。
だから、利害の一致、一時共闘くらいがいい落とし所だと思うんだけど。
どう考えても、利害は一致してたんだよなぁ・・・  脱出までは一緒で良くない?
という感じで、面白かったけどなんかちょっと残念でした。  



エグゼイド。
ライダークロニクルのラスボス:ゲムデウスの出現により、ゲーム病感染者が拡大。
病院は大量の患者で溢れ、大混乱になった。
原因は、正宗がゲムデウス自らウイルスを撒き散らすようにプログラムを書き換えたから。
ゲムデウスを倒せば、全ての患者が救える。
永夢とパラドはエグゼイドとパラドクスに変身しゲムデウスと戦うが、苦戦する。

一方、監察医:キリヤは、新黎斗をゲムデウスウイルスに感染させ、
レーザーターボに変身。 戦いを仕掛ける。
新黎斗もゲンムに変身し受けて立つが、キリヤの狙いは自分達バグスターの身体を使い、
ゲムデウスウイルスの抗体を作る事だった。

そして、新黎斗は多大なライフを消費し、ついにゲムデウスに対抗出来るワクチン、
ドクターマイティXXガシャットの開発に成功。 
キリヤによってそのガシャットを手に入れたエグゼイドはゲムデウスを追い詰める。

これでゲムデウスを攻略。 患者を救える・・・ と思った瞬間、
クロノスが現れ、ゲムデウスを倒してデータを回収、自らの身体に取り込んでしまう。
そして正宗は、ゲムデウスとクロノスの両方の力を手に入れたバグスターに変貌。
自分こそが真のラスボスである事を宣言し去っていく。

バグスターとなった正宗は脅威だが、ゲムデウスは倒され、多くの患者は救われた。
そして活躍を認められたキリヤは、正式にCRのメンバーとして迎えられる。
新黎斗は衛生省に捕まり、CRの筐体の牢獄に囚われる事となった。
新黎斗は、またも名前を変え、「檀黎斗神」になった。  これが、GOD降臨・・・



って感じでした。
いやー、展開巻いてるなーと思うけど、
面白かったわ。  

まだトゥルーエンディング見てないので、
ちんぷんかんぷんですけどね。  
後半は、映画とリンクする部分が結構あったらしい。



うーん。 何から書いていこうかな。
情報が多すぎる・・・  毎回、全てを書ききれないんだよね。

今回の見所というか、重要なシーンは、
キリヤと新黎斗の殺し合いでしょう。  (荒療治で抗体を作る
多くのライフを持ち、コンティニューが出来る新黎斗じゃないとキツかったかも。
70回ちょい殺しててわろた。  キリヤ頑張り過ぎでしょ。

ま、グラファイト(ゲムデウス持ち)が、適合してたんだけどね。
バグスターが出来たんだから、同じバグスターである新黎斗ならば、
実験体にもってこいだったんだろうね。
展開的に無理がなくて見事としか言えない。  前回も良かったけど。


そして、唯一ドクターライダーでなかった新黎斗が、
身体を張って、人類の未来につなげるための抗体を作ると。
ドクターマイティは、音声こそ漫才だったが、ドラマティックでした。
ま、黎斗神は、神なんだけどね。  


黎斗神の才能が無いと、エグゼイドは成り立たなくなってる。
正宗社長がチート過ぎるんだよなぁ・・・
本当に、厄介な親子だわ。  今回は、完璧なる親子でしたね。

クロノスはもう、いい加減にしろ。
正宗の生き汚さは、流石過ぎる。  
ここまで殺そうとしても殺せないのは、なかなかに強い。
でも、やってる事は本当に最低なんだよな。  
黎斗がもし運営のままだったとしても、同じ事やってたと思う。 


クソゲーの真のラスボスは、運営って・・・
現実でも結構あるから・・・  すごい皮肉だね。 
いくつかのゲームが浮かぶ。  
ネトゲとソシャゲは、クソ運営が運営してると酷いからな。 


で、光医者の綺麗な大我とニコも良かった。 
天才ゲーマーN が、子供と一緒に遊んであげるって、初めて見るような。
CR にキリヤを迎えるのは良いが、
医師免許を剥奪した大我の免許も戻して欲しい。  




では。 アディオー!

ドドドドドドド紅蓮爆龍剣!、今週のニチアサ感想

眠い。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
いつも通り早起きしてニチアサを見た後、
動画を見ていたんですが・・・ 
最近ネットの通信が悪くてね。  2525も重くてクソでした。


で、昼頃昼寝しようと思ったんですが。
若干吐き気が出てきて、眠るのに苦労しました。
なんとか1時間くらいは睡眠取れたけど。  



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

ゆかりさんが、とある国の王子に一目惚れされた。
王子はゆかりさんに求婚する。
あきらさんは、キラパティや学校の事を考えてゆかりさんを止めるが・・・
王子に恋敵と認識されたあきらさんは、ゆかりさんを巡ってバトルをする事に。
世間からズレてはいたが、想いは真剣だった。  
あきらさんと王子は、スイーツ作りで勝負する事となる。
ゆかりさんは自分の事を真っ直ぐ見られる事に慣れてなくて、
仲間を突き放そうとするが・・・  あきらさんは決して逃げない。
ノワールの部下のトランプ使いがやってきて、プリキュアに変身して倒した。
王子もなんとか分かってくれて国に帰っていった・・・



って感じの話ですね。
うーん・・・  今回はちょっとガチな感じで。
見ててちょっと苦痛だったかなぁ・・・

恋愛要素が入ってくるとちょっとね。  

僕はただ、純粋にプリキュアを性的な目で見てるだけだから・・・
ゆかりさんは色々な人から人気であるのはすでにわかってるので、
展開としてはさほど悪くはない。 
王子のキャラがダメだったかな・・・  苦手だわ・・・

ドラマが重視され、戦闘はオマケになっている。
そこも悪くはないんだけどね。  
なんか不満点の方が大きいかなー。  
最終話辺りで、面白かったわ・・・ って言えるようになればいいな。



エグゼイド。
正宗(クロノス)によって、「仮面ライダークロニクル」がリセットされ、
ハイパームテキガシャット完成前まで時間が巻き戻ってしまった。
ハイパームテキの力を失った永夢とパラドは、
ゲムデウスウイルスの力を持つグラファイトに共闘を持ちかけるが拒否される。

新黎斗が永夢のイメージを元にハイパームテキガシャットを新たに生み出そうとする一方、
ヒイロ、大我、ニコは打倒グラファイトに立ち上がる。

ヒイロ、大我、そしてグラファイトはそれぞれ変身。
激しくぶつかり合い、ブレイブとスナイプはついにグラファイトを倒す。
あとはとどめを刺すだけ、と思ったその時、クロノスがまた邪魔をしに来た。
「クロニクル」を終わらせないよう、グラファイトを守ろうとする。
しかし、純粋に戦う事に喜びを感じていたグラファイトは逆にクロノスを攻撃。
自らの負けを潔く認め、ついには消え去っていく。

全てのガシャットロフィーを手に入れたヒイロらは、ゲムデウスを呼び出そうとするが、
クロノスはまたもリセットを使い、自らに都合の悪い現実を変えようとする。
しかし、新黎斗が再び開発に成功したハイパームテキガシャットでエグゼイドが登場。
セーブ機能を駆使して、クロノスのリセットを阻止する。

そして、永夢らの前に、クロニクルのラスボス:ゲムデウスが姿を現す・・・!



って感じでした。
公式サイトを参考にまとめました。

いやぁ・・・  クロノスのクロニクル運営が酷すぎる。
ゲームをクリアさせない! っていうイヤがらせが徹底している。
オンラインゲームの運営がクソだと、終了に追い込まれる・・・
って感じの話になりましたね。 


クロニクルは普通のゲームではなく、オンラインゲームであり、
運営のサーバにデータが記録されてますからね。
ゲームマスター(運営)の権限で、データを消したりリセットは可能なんだよな。
だからこそ、ハイパームテキにセーブ機能を搭載したのはすごい。 
運営の横暴を阻止するための策ですね。


リセットは、ゲーム時間だけを戻したみたいで、
プレイヤーの記憶までは戻ってなかったようだけど・・・
何がリセットされたんだ・・・?  

分かる範囲だと、
・ハイパームテキガシャット
・クロノスに没収されたヒイロ、大我、キリヤのドライバー
・キリヤが奪還したプロトガシャット
・ニコのゲーム病(ゲムデウスウイルス)
・グラファイトの中にいるゲムデウスウイルスの適合状況
・新黎斗の残りライフ(70 → 94)


かな。
そういえば、ヒイロの恋人のデータもハイパームテキ以降に消されたけど、
これはデータ復活してたりするか・・・  
恋人を救う道が消滅してなくてよかった。


さて、グラファイトだよ。  
今回の彼は、ひたすらカッコ良かった。 
一気に好きになってしまった。  

エグゼイドの敵に、正統派な悪役いなかったしなぁ。
檀親子がとにかく性格に問題ありすぎてね。 

人間との共存を選んだパラドとポッピーの事を否定しない所とか、
ブレイブ、スナイプと正々堂々戦う所とか、
ドラゴナイトハンターZ の誇り高い龍戦士である所とか、
バグスター仲間とかつてのライバルに感謝を告げる所とか、
グラファイトの魅力が詰まっていましたね。  男気があった。


新黎斗のライフが94まで戻っていたが、
ハイパームテキを開発している間に、過労死してライフ減らしてわろたwww
残り82 だったかな?  まさか10回以上過労死(ゲームオーバー)するとは・・・

ギャグシーンではあったけど、エンジニアが命削って仕事してると死ぬよ。
っていう、あまりにも現代日本ではありそうなテーマで・・・
過労死の怖さを教えてくれる。  コンティニュー出来るから命が軽く見えるけど。

バンバン死んでるからな・・・  新檀黎斗ってやっぱ神だわ。




では。 アディオー!

ニコの運命は俺が変える!、今週のニチアサ感想

休みが終わってしまった。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今日はそうだな。
いつも通り早起きして。 
昼頃にがっつり昼寝してたりとか。  


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

ピカリオは消滅の危機にひんしていたが、
休眠という形で一命はとりとめた。
シエルはいちか父と意気投合して武道をやったり、
いちか達のいる中学校に転校してきた。
文武両道である事が判明したが、外国にいたために日本語はイマイチ。
そして、お腹が減ると妖精に戻ってしまうという事実が判明する。
街に空飛ぶ車がやってきて、新たなノワールの部下がキラキラルを集めていた。
グレイブと戦うプリキュア。 敵を浄化して倒す。



って感じかな。
ピカリオが消えなくて良かったわ。  
シエルも秀才で、やっぱジュリオの姉だなぁ・・・
みたいな所があって良かったですね。  


プライドが高い所も似てるしな・・・
シエルが本当の仲間になる回だったような気がする。
人間じゃないからこそのポンコツ。  
そんな所も愛らしい。  パルフェにムラムラします。


エグゼイド。
クロノスの元へ挑むブレイブ、スナイプ、レーザー、ゲンム。
ハイパームテキのムテキモードを使い戦うが、
クロノスには全く歯が立たず・・・  ゲンム以外はドライバーを没収されてしまう。
ゲンムはハイパームテキを取られないように逃げた。

永夢の手によってパラドが消滅。 
これで永夢の変身能力は失われた・・・ と思いきや、
永夢はパラドを自分の身体に取り込み、その命を救っていた。
全ては、パラドに死の恐怖を思い知らせるため。
復活したパラドは、改めて恐怖し、心がグチャグチャになる。

そんなパラドに、ポッピーは「命を奪われる側の気持ちが分かるはず」と説得。
人類と敵対していたパラドだったが、実は永夢と同じ人間でありたかっただけ。
全てを見抜かれたパラドに、永夢に対抗する力は残っていなかった・・・

再び永夢の前に現れたパラドは、涙を流しながら奪ってきた命に対して謝罪。
永夢は、そんなパラドも自分に感染したゲームウイルス、
だから共に罪を背負って償って生きていくと思いを伝える。
ただし、これからは命を救うために共に戦ってくれ、と。

ニコの身体がゲーム病で弱っていくなか、永夢とパラドはクロノスに戦いを挑む!
「ニコの運命は俺が変える!!」
永夢とパラドは同時変身。 ハイパームテキエグゼイド、パラドクスレベル99は、
見事な連携でクロノスを究極の一発で沈めた。 

正宗は変身を解除。 クロニクルマスターガシャットも破損した。
が、正宗の両目が謎の光を発すると、突然「リセット」の声が。
何故かハイパームテキガシャットが消え、クロニクルマスターガシャットは復元していた。



って感じですね。
永夢が変身出来なくなってたかと思いきや、
パラドのデータをしっかり取り込んで救出していたという。 
そんな気はしてたけど、先週の絶望感はすごかったよ。  

永夢は長年ゲーム病になってたし、オリジナルのゲーム病だから、
なんか色々勝手が違ったのかもしれないね。 

たまに発作は起きてたようだけど。  
最初の事故もゲーム病が発端だったみたいだしな。  


パラドがバグスターというデータの存在なので、
パラドが死んだ! とか、パラドが生きていた・・・!
って言ってるのがいまいちピンと来なかったんだよね。  


やっぱり、永夢周りの設定ややこしくし過ぎた気がするなぁ。
わかりづらいよ。  
パラドが永夢の身体を乗っ取った事があったから、
その逆も可能だと思ってるけどね。  
永夢とパラドは切っても切れない存在だから、互いに干渉し合えるんだと思う。


死の恐怖を味わってもらうために抹殺した。
って、主人公がやっていい所業だったんだろうか。
荒療治過ぎるでしょ・・・  ポッピーに、自分を殺してみろよ!
ってやった永夢ならでは。  外道過ぎる。  


永夢が頭おかしいって、1クール目から主張してたから別にいいけどさ。
ドン引きするレベルで怖かったよ?  
前回の永夢のダーティなヤクザスタイルはヤバかった。 
正義のヒーローではないと思う。  

ま、僕は永夢がどうしても好きになれないのでいいんだけどね。
ゴースト、エグゼイドと2年連続で全く好きになれない主人公だったので、
見ててキツかった所はあるなぁ。  エグゼイドは面白かったからいいけど。

彼がどうしておかしくなってしまったのか分からん。  
なんかおかしいから、友達いなかったんじゃねーかな・・・  


エグゼイドとゲンム(二人のマイティ)の共闘も演出クッソカッコ良かったけど、
ハイパームテキエグゼイドとパラドクス99 の共闘も演出がクッソ良かった。
激熱なんだよなぁ・・・  本当にすごい。  面白い。


やっぱり、エナジーアイテムを好き放題使えるパーフェクトパズルはヤバいな。
能力的な意味で、パーフェクトパズルがやっぱ好き。 
マイティブラザーズXX は、やっぱり重要なガシャットだったな。  
超協力プレーでクリアしてやるぜ!  


クロノスはもう本当にクソ。
そろそろ彼には商品価値は無くなったと思う。
まだクロノス死なないのか・・・ と、フラストレーションが溜まった。

ハイパームテキ無くなったら、マジでゲムデウスしか勝てないぞ。
テレビ本編は、バッドエンドすらありえる。  




では。 アディオー!

大雨とパフェと水ポチャ

大雨ドバドバ。   (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

今回は三連休なので、
まだ休みは終わらないぞ。
明日は何をしようかなぁ・・・

首が痛いので、明日にでも整体行こうかどうか迷ってます。


今日は、昼くらいだったかな。
すんごい大雨が降りましてね。
スコールと言っても良かったかも。
窓がびちゃびちゃに濡れました。  災難だ。


ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

ピカリオの苦悩を知ったシエル。 
家族を見てあげられなかった事に対して罪悪感を感じる。
スイーツ作りをする気力がなくなり、沈んでしまっていた。
ピカリオは闇の存在となっていたため、スイーツが灰になる呪いを受けているようだ。

シエルの闇に対して、ノワールがやってくる。 
ノワールの闇の空間に、シエル、いちか、ジュリオが巻き込まれる。
ビブリーは人形と合体して、カスタード、ジェラート、マカロン、ショコラを苦しめる。

シエルの気持ちを分かってあげられるのはジュリオだけ。
いつかの勧めで、ジュリオはワッフル作りをする。
ジュリオのワッフルを食べた事で、シエルは光を取り戻す。 
ノワールの邪魔を受けたが、ジュリオが盾になる事で、
シエルはプリキュアの力を手に入れた。 キュアパルフェに変身。
そして、ビブリーを倒す。  ピカリオは消えてしまうのか・・・?



って感じかな。
罪悪感でスイーツ作りが出来なくなるシエル。 
気持ちを奪われたいちかと同じような事になっていたな。

天才であるシエルを超えるために闇の力に手を染めたジュリオ、
シエルが先を進む者でないと、強くなった意味がない!

とか、とりあえず、めんどくせえなwww  
でも、最後にジュリオはケジメをつけられて良かったと思う。

ピカリオには消えて欲しくないなぁ・・・
次回、シエルが転校生になるみたいで笑った。
確かに、ジュリオの役割はもう終わったに近いが・・・

大丈夫なんだろうか・・・  


エグゼイド。
永夢のエグゼイドへの変身能力を奪うため、執拗にパラドを狙うクロノス。
圧倒的な力による攻撃でパラドクスは絶体絶命の状態に追い込まれるが、
ハイパームテキエグゼイドに救われる。
しかし、パラドは今までに無い恐怖を感じて・・・

クロノスによって、ニコがゲーム病にまた感染してしまった。
しかもバグスターウイルスは、ラスボスのゲムデウス。
ニコの治療をするためにはパラドら上級バグスターを倒さねばならない。
が、パラドを倒せば永夢の変身能力は失われる。
ニコの命か? それとも変身能力か? 守るべきものを巡り、永夢らは苦悩する。

それでもニコの笑顔を取り戻す! 
決断した永夢は、いつかのパラドとの約束を果たす事に。
パラドの要求は、永夢との決着をつける事。 
永夢はハイパームテキエグゼイドに、パラドはパラドクスレベル99 に変身。
激しくぶつかり合うが、エグゼイドが圧倒。 次第にパラドクスを追い詰めていく。

このままパラドを消滅させれば、永夢の変身能力は失われる。
新黎斗は永夢を必死に止めようとするが、エグゼイドは決め技を使い、
パラドを消滅させてしまった。 これで永夢はエグゼイドに変身出来ない・・・
変身を解除した永夢は、新黎斗の悲痛な叫びも耳に入らないかのように、
その場に立ち尽くしていた・・・



って感じ。
公式サイトを参考にまとめました。

永夢周りの設定はやっぱりややこしいんだよな。
クロノスは、前回で学んだのか・・・
今度はニコを人質にするとかえげつないなぁ。  
生きてる人間を人質にしたら、早々殺せないからね。  



何故そんなにパラドを重要視するの? って思う人もいると思うんですが・・・
仮面ライダーの中で、永夢だけが特殊な出自なんですよね。

>ヒイロ、大我、キリヤ、黎斗(初期人間ライダー)
・適合手術を受け、バグスターウイルスを投入されている
・身体にバグスターウイルスの抗体が出来ていて変身出来る


>永夢
・適合手術は受けていない(通常手術と、バグスター分離手術は受けている)
・16年前にバグスターウイルスに感染し、ゲーム病となる
・ゲーム病に長年感染していたため、バグスターの抗体が出来る(多分)
・変身出来るが、パラド(ゲーム病の元)を倒すとゲーム病が治るので、
 パラドを倒したら変身能力を失う(と、現段階では思われている)


という違いがあります。  
永夢だけは、ゲーム病だから変身出来るライダーなんだよね。
永夢のゲーム病は最初のバグスターウイルス感染症だから、
普通のゲーム病とは違う可能性もあるからなぁ。 
パラドだけは、やっぱり特別なバグスターって感じがする。  


さて、パラドはどうなったのか。 
永夢は本当に変身出来なくなったのか。  
物理的に変身不可能になるのは初めてだなぁ。  

次回も楽しみだから、引きが毎回凶悪だ。  

パラドって、幼少時の永夢の願望が産んだ「もう一人の永夢」だからなぁ。
中身が子供だよね。  ゲーマーM は大体こいつだし。
次回は、マイティブラザーズXX が久々に活躍するみたいで。
どうなるのか楽しみです。  


エグゼイドは、「死にたくない・・・」という声が、
やっぱり切実で良いものだな・・・
黎斗も、アレだったしな・・・  すごい動揺してた。
イヤだー! 死にたくない! って言って消えた黎斗。
それからしばらく経って、イヤだ・・・! イヤだ・・・! って消えてくパラド。
完全に因果応報なんだよな。  

永夢のダーティーな戦いは、外道過ぎて笑った。
でも、最初はパラドが始めた事だからなぁ。
やっぱり因果応報なんだよな。  やったらやり返される。
永夢がサイコ野郎なので、僕は嫌いですけどね。




では。 アディオー!