アニメ・ドラマ感想まとめの記事 (1/11)

劇場版プリヤと首の痛みと今週のアニメ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
休みでした。 


日曜は外に出たくないので、早めに買い出しを済ませる事に。
外に出たら、仕事帰りの父とエンカウントして草。 
肩パンされたから誰かと思った。  ビックリする。 


何も言わずに肩パンだけしてくるからビビる以外のアレが無いんだよね。
僕もあんまり言葉多くないからアレなんだけどさ。
冷静に思い返すと、父と似てきているんだろうなぁ・・・
って思って、結構イヤwww  

両親に愛されてないわけではないんだけど、
コミュニケーション取るのが難しすぎる・・・ 
面倒臭いからあんまり喋らないからなぁ・・・ 
いや、本当に何も言わず肩パンしてくる父は色々どうかと思うよ。 
何考えてるのか分からない。 



んで、雪がそれなりに積もってたから、除雪してきました。  
ゼーハー言いながら。  
息切れはしたけど、ガス欠前にある程度は出来たかなぁ。
外に出たから、ついでに除雪するかーってしないと動きたくない。


ガス欠までの時間が少し延びたような気がする・・・
体力少し戻ってきたんだろうか・・・ 
分からないわ。  

で、首が痛くて、昼寝しました。 
起きていられなかったんだよね。 
今日はどうも首が痛かったです。


さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

劇場版プリヤ 雪下の誓い  エクストラLE  弱ペダGL  ダリフラ  
オバロ2  ポプテピピック  エヴァーガーデン

のラインナップでお送りします。

この前円盤買った劇場版プリヤ見ました。
見たかったんだよね~。
銀魂、オーズ、ニチアサ感想は個別記事で書いています。



劇場版プリヤ 雪下の誓い  

平行世界の冬木市。
世界の平和のために活動する衛宮切嗣、士郎という二人組がいた。
冬木では大災害が起こり、街の中心に大きなクレーターが発生。
大災害が謎の光により収まり、そこにやってきた切嗣と士郎は美遊という少女と出会う。
美遊は神稚児であり、人々の願いを叶える異能を備えた生きた聖杯であった。
切嗣と士郎は美遊を引き取り、冬木でしばらく過ごす。
そして切嗣は志半ばで息を引き取った。

それから5年後。
士郎は高校生となり、平和な日常を送っていた。
高校生をやりながら、義妹である美遊を家の中で本を読ませて教育。
そして、偽りの家族生活を本物にするために、士郎は美遊を引き取った場所に連れてくる。
そこで、友人だったジュリアン・エインズワースが乱入。
圧倒的な力を持つアンジェリカにやられ、美遊は連れ去られてしまった。

士郎は謎の神父に救われ、聖杯戦争というものを知らされる。
後輩の桜が家を訪ねてきたが、士郎は美遊の事で頭がいっぱいだった。
そして間桐の家は魔術師である事を知る。 
桜はアサシンに殺され、士郎も殺されそうになる。
しかし、アーチャーカードは士郎と接続。 
どこかの衛宮士郎が成りうる英霊エミヤへと変身した。
英霊のまがい物となった士郎は、他5人のサーヴァントカードを持つ者を
全員倒し、聖杯のある地へと向かう。

聖杯:美遊の元に辿り着いた士郎。
士郎は美遊が笑顔で過ごせる世界を願い、どこかの並行世界へと飛ばした。
そして士郎は最後の敵:英雄王の力を持つアンジェリカと戦う。
士郎は固有結界:無限の剣製を発動。 英雄王をきっちり足止めする。
士郎が破竹の勢いで戦えたのは、美遊との絆があったからであった。
美遊が完全に並行世界へと飛ぶと、士郎は崩れ落ちた。

その後、平和な世界にやってきた美遊。
しかしその世界には美遊と共にサーヴァントカードもやってきていた。
美遊はルヴィアに居場所を求める。 
これは美遊がイリヤと出会い、友情を育む前の物語である。


って感じでした。
プリヤドライ原作だと7、8巻の内容だった。
うーん。 この話好きだったけど、映像も素晴らしかった。
ここから、プリヤの世界が始まるんだよね。


士郎が精神的に追い詰められて、切嗣のように目が死んでしまうルート。
この世界では、藤ねえ、遠坂、一成、イリヤ、他色々がいない。
かなり救いが無い世界なんだよな。

サーヴァントカード。 マスターとモチーフの鯖は・・・
剣:ザカリー(ジュリアンの父)、アーサー王
弓:衛宮士郎(主人公)、エミヤ
槍:水銀魔術を使う金髪の男、クーフーリン
騎:間桐のおじさん、メドゥーサ
殺:桜の兄、どっかのハサン
術:褐色肌の男、メディア
狂:ベアトリス(エインズワース)、ヘラクレス
弓:アンジェリカ(エインズワース)、ギルガメッシュ

って感じだったな。
ステイナイトとゼロからモデル取られててわろた。
士郎以外人形かホムンクルスなんだよな。 確か。

まぁ、面白かったよ。
ステイナイトHFルートっぽい感じが。
美遊にここまで重たいものを背負わせるとは。
最も勝率の高い、強い士郎だったと思う。
聖杯(美遊)のバックアップを受けてると士郎強いな。



エクストラLE  

シンジシティでズタボロになるハクノとセイバーだったが、
リンの助けにより一時離脱する事に成功。
第一階層は、聖杯戦争がイヤになった人々の受け皿になっていたらしい。
次の階層に上がるためには、フロアマスターを倒さなくてはならない。
ハクノ、セイバー、リンはシンジの元へ。
リンに雑魚の処理を任せて、ハクノとセイバーはシンジとライダーに戦いを挑む。
シンジ&ライダーのコンビになんとか勝利するハクノ達。
次の階層へ・・・


って感じかな。
シンジシティでの話は終わった。
全部で七つの階層があるようだが・・・
2話1階層では進めてはいけないだろうな・・・
才能あるシンジとドレイクさんのコンビは良かった。




弱ペダGL  

インハイ1日目、表彰式。
スプリント、山岳、ゴール全てを箱根学園が制した。
総北は全て僅差の2位に終わり、しかもボロボロになってしまった。
手嶋先輩が倒れ、そして鏑木も倒れてしまう。
どこかへ行った鳴子を探しに行った小野田は金城先輩と出会う。
引退した先輩からエールを送られた小野田はやる気を出す。


って感じかな。
小野田くんがオーラ出しててわろた。
やっぱり小野田くんは何かおかしいんだよな・・・
小野田くんがオーラ出してたから満足したわ。



ダリフラ 

ヒロのいる移動都市と、他の移動都市が燃料を交換し合う
キッシングというのが始まった。
ヒロの住む寮にしばらく世話になるゼロツー。
ゼロツーと乗った者には何か異変が起きる。
ヒロもその例外ではないようで、体に異常が起きていた。
ゴローから心配され、イチゴの精神もおかしくなる。
ヒロは体がおかしくなっても、ゼロツーと乗る事を選ぶ。
ヒロがゼロツーと乗るのは次で3回目・・・ 


って感じかな。
ちょっとずつ面白くなってきたな。
恋を知らない子供達はどうなっていくのか。
ゼロツーがエロい。  



オバロ2  

街で活動していたセバスは、
路地裏でボロボロになった女性を保護する。
八本指という凶悪な組織が関わっているらしい。
ある村では、麻薬を栽培していた村が謎の人物達により焼かれる。


みたいな。
一転してよく分からん話になったな。
今度の敵は八本指か・・・ 多分。
ナザリック勢力が強すぎて、どんなに強そうな人でも雑魚に見える。
セバスで充分だな・・・ アインズの出番あんま無さそう。



ポプテピピック 

今回は将棋バトルアニメ。
四天王を破り、スーパーコンピュータと戦う。
きーみーのーなーはー!

みたいな。
まぁ、6話にもなると慣れてきたな・・・
今回も歌パートはなかったから若干物足りない。
でも、音作りはすごいと思う。

ジャンプ漫画みたいな・・・
アレか。 ソードマスターヤマトみたいな感じなんだ。
テンプレ展開を皮肉ったものなんだろうな。 
ブルゾンみたいな人出てきてわろた。
解説役がどんな時でも冷静に解説しててヤバかった。




エヴァーガーデン

今回のヴァイオレットの仕事は、
山の天文台図書館にある、古代の文献を写本する事。
天文台の解読班とドールがペアを組んで仕事に取り組む事となる。
ヴァイオレットとペアになったのは孤児の青年。
青年は女嫌いだったが、飾り気無しのヴァイオレットに惹かれる。
200年に一度の彗星の鑑賞にヴァイオレットを誘う青年。
青年はヴァイオレットの話を聞いていくと、意中の人がいる事が分かる。
そしてドール達との仕事が終わり、青年は世界へ飛び立つ覚悟を決めた。


みたいな感じだろうか。
なんかかなり場数を踏んでるヴァイオレット。
戦争を経験した軍人で、人殺しだから、
ドールという仕事をしていていいのか・・・
みたいな疑問を持ってるのは前回あった通りか。

いやぁ、青年の父親をヴァイオレットが殺していたら・・・
とか考えたけどそれは救いが無いな。
でも、戦争に出てたらそういう事ってありそうなのよね。






では。 アディオー!

スポンサーサイト

雨降りとエクレアと今週のアニメ感想

雨うぜー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
ちょっと出かけてきました。 
本棚を整理するために、ブックオフまで。

ある程度余裕を持たせておかないとな・・・
欲しい漫画は色々あるんだけど、スペースが足りないね。
金よりスペースの方が問題だ。  

そして、ゲームばかりやってて消化出来てない。 
1年以上積んでる本が結構あるんだよな。 

雨降りの予報だったので、天気が悪くならない内に出かけました。
漫画が濡れたら売れないからです。

極論、売ってから雨降ったなら被害は少ないんだよね。
まぁ、帰りに雨降ってきました。  ウザいですね。


ローソンで買い出しをしました。
艦これコラボ、酸素魚雷エクレアとかジャンプとか買いました。
でかかったけど美味しかったです。
エクレアって結構食いづらいんだよな。 こぼれるんだよ。
そして僕はよくこぼしてしまうんだよな。


ジャンプは読みましたが、感想はいつも通り月曜深夜となります。
土曜発売は毎回困るんだよね。 
土曜も日曜もジャンプにかまってられないほど色々あるしさ。
ただ、日曜は本当にヤバいので、土曜に読むのが安全だった。


ライダー2本、プリキュア1本見てるから、そこにジャンプまで入るのヤバい。
朝早く起きるから昼寝タイムも取るし。 感想書いてる暇無いのよね。
オーズ感想もテキスト作ってるからねぇ。 早めに書かないと忘れるのよ。


今日は今日でアニメ感想のテキスト作ってたから、
ジャンプ感想雛形くらいしか出来てないし。


さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

エクストラLE  弱ペダGL  ダリフラ  オバロ2  ポプテピピック  
衛宮ごはん  エヴァーガーデン

のラインナップでお送りします。

今期は結構見るもんあるなぁ。
音楽で突出しているのはポプテピピック、
内容で突出しているのはヴァイオレット・エヴァーガーデンだわ。




エクストラLE  

金髪の美少女:セイバーと出会ったハクノ。
学園のデスゲームから抜け出し、次の階層へ。
風呂に入りながら聖杯戦争について説明を聞く。
一回戦目の階層へ辿り着くと、そこはお祭りムードの都市だった。
シンジシティはマスターはサーヴァントを売って楽しく暮らす世界だった。
シンジ市長と会うハクノとセイバー。
ハクノはサーヴァントを売らないと宣言。
ハクノとセイバーは別々に分かれ、シンジと部下に襲われる。
美人秘書からめった刺しにされるハクノは、デッドフェイスになる。


って感じかな。
多分こういう感じの話だと思う。
まるで意味が分からんぞ!
とりあえず、原作エクストラとはまるで違う話らしい。
ネロの裸で話が頭に入ってこねえ・・・

シンジシティは笑った。
ものすごい傾いてくるなぁ・・・ シャフ度だわ。
ビルドの焼肉太郎みたいでわろた。
シンジ市長「夜は焼肉っしょ!」



弱ペダGL  

インハイ1日目ゴール付近。
御堂筋と鳴子が競っていて、
箱根の黒田&アシキバ、総北の今泉が後を追う。
全力でタイムを削った黒田はアシキバを送って倒れる。
御堂筋、鳴子、アシキバでゴール争いをする。
ゴールしたのはアシキバだった。


って感じだな。
1日目は箱根が全部取ったなぁ・・・
小野田くん1年の時のレース1日目の結果ってどんな感じだっけ。
アシキバがゴール取ったかぁ・・・
鳴子に取って欲しかったけどダメだったかぁ。
鳴子に足りなかったのは主人公補正だったな・・・


熱かったし面白いんだけど、
小野田くんがチート発揮しないからイマイチ。
小野田くん1年生の時活躍しすぎたな・・・
アシキバは小野田くんに負けてたので、小野田くんの方が強いっしょ!
やっぱり最強は小野田くんという事になるな・・・




ダリフラ  

ゼロツーと乗ったミツルはズタボロになり、
ゼロツーに怯えるようになってしまう。
自分の道はゼロツーと乗る事しかないヒロは覚悟を決め一人で訓練していた。
子供部隊が叫竜と戦う事になり、フランクスが出撃。
しかし、今回の叫竜も強く・・・ ゼロツーに出撃許可は降りない。
ゼロツーは前線に戻される事となり、ヒロの元から去ってしまう。
ヒロはゼロツーを追いかけ、思いをぶちまけた。
ゼロツーはヒロと共にストレリチアに乗り、叫竜を倒す。


って感じかな。
4話でようやくエンジンがかかった。
掴みが遅すぎる・・・

なんだろう・・・
ヒロは特殊性癖の持ち主だったという事かな・・・
人間の女の子じゃ満足出来ない体になっていたとか・・・
角生えた女の子の方が良かった的な。 
ヒロの愛の告白は結構良かったと思うけど。 



オバロ2  

アインズ達はリザードマンを監視していると、
ザリュースとクルシュが交尾をしている所であった。
コキュートスはリザードマンの精鋭を力で圧倒。
武闘派の族長は全て死に、リザードマンの集落はアインズの手に落ちた。
コキュートスはザリュースを生き返らせる事を提案。
クルシュにはリザードマンの監視を命じ、その対価としてザリュースを蘇生させた。
生死を操るアインズは力を持ってリザードマンの集落を支配完了した。


という感じかな。
ナザリックの面々が強すぎるんだよなぁ・・・
一方的なワンサイドゲームは面白くはない。

ゲームにおいては蘇生魔法はあるけど、
蘇生魔法使えると、マジで神扱いされるだろうなぁ・・・



ポプテピピック  

今回は、イモ★ヨバ(妹なんて呼ばないで!)。
とある少女は、イケメンの先輩に恋をしていた。
しかし、少女の両親が再婚。 憧れの先輩は義兄になってしまう。
両親は働きもせず、ギャンブル狂い。 少女は絶望する。
今月の家賃すら払えなくなった所で少女の怒りが爆発し、両親を殺そうとする。
そこで少女を庇った先輩。 少女と先輩は結ばれる。


みたいな。
イモヨバだけストーリーがあった。
そして絵が可愛かった・・・
未来ある少女漫画家がキャラデザしたらしい。
確かに絵柄が少女漫画っぽかった。

今回は歌パートも無かったし、
まぁイマイチな回だったかな・・・

元ネタも分からんのが多くてね。
デズニーネタはやめとけ。

大御所ってほどでもなかったからだろうか。
キャストは有名アニメでなら見られる感じだった。
良い曲だけ出しときゃいいんだよ。



衛宮ごはん 

深山商店街で夕飯を考えて魚屋に入った士郎はランサーと出会う。
シャケを使った料理を作る事にした士郎。
衛宮邸にやってくるランサー。
士郎は鮭のホイル焼きを作る。
大好評であった。


って感じかな。
美味しそうだった。
ここでも、士郎はランサーに一度殺されている設定は生きているんだろうか。
聖杯戦争のプロローグは士郎がランサーに殺され、凛に蘇生される所だからね。

ホイル焼きってあんな感じで作るんだなー。



エヴァーガーデン

今回のヴァイオレットの仕事は、
政略結婚するとある王国の姫の公開恋文の代筆であった。
耳障りの良い手紙を書いていくヴァイオレットだったが、
姫は王子の本当の気持ちが知りたいと泣いてしまう。
ヴァイオレットは王子側の代筆と連絡し、
ありのままの文章で手紙交換が始まる。
それが国民にも伝わり、姫と王子の恋文は国民をやきもきさせた。
姫と王子は思いが通じ合い、結婚式の日を迎える・・・


って感じかな。
ヴァイオレットが自然に笑えるようになる良い回。
しかし、次回にかけての展開が不穏だな・・・
戦争の少女兵だったしなぁ・・・
人殺しが、人の心を結ぶ手紙を書くのか。

これは結構重要なテーマなのかもしれないな。

人形みたいだったヴァイオレットがどんどん感情を獲得していくのはいいかと。
前回は切れたナイフみたいな発言ばかりだったけど・・・
なんか一気に丸くなったなって感じがしてしまった。 
喜びストリーム! (ゴッドオメガトライブ!





では。 アディオー!

体調崩してる暇は無い事と今週のアニメ感想

首が重たい・・・  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
休みでした。  
ちょっとずつ進んでいくな。


インフルになった弟マーク2 ですが・・・
大丈夫なのかねぇ。 
まぁ、感染が怖いのが一番あるんだけど。
薬漬けだから、インフルになってる暇が無いんだよね。
薬が増えてツラくなるから。  インフルの検査方法もクソ過ぎるし。



さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

フェイトエクストラLE(新)  弱ペダGL  ダリフラ  オバロ2  
ポプテピピック  エヴァーガーデン

のラインナップでお送りします。

これで今期アニメは大体出揃ったかな。
なかなか見るアニメがあって良い感じですわ。



フェイトエクストラLE(新) 

とある学園で、岸浪ハクノは退屈な日常を過ごしつつ何故か憎しみを抱いていた。
学生がどんどん消えていき、ハクノはシンジに刺されて殺されかけてしまう。
生き延びたハクノは地下へと潜ると、謎の廃墟に辿り着く。
そこで謎の男に襲われるも、赤い剣を手に取ると、金髪の美女が現れた。


って感じかな。
何が起こってるのかまるで分からない。
エクストラってどういう話なんだ・・・?
ラストアンコールって名前だから、エクストラとかなり変えてるみたい。
普通に初見バイバイな作品だと思う。

ネロを表現する時、美女と美少女のどっちが的確なんやろ。
まぁ、美少女なのかな。
主人公が阿部敦さんだから、実質禁書なのでは? 
上条さんとはノリが全然違うけど。  だから違うけど。



弱ペダGL  

インハイ1日目、ゴール付近。
御堂筋と鳴子のデッドヒート。
そして彼等を追う箱根の黒田&アシキバ、総北の今泉。
1日目のゴール争いはこの5人の戦いになった。
黒田達は全力で追っていくが、御堂筋は距離のマージンを計算していた。
そして、御堂筋は変態して羽を生やす・・・


みたいな。
御堂筋くんが本当にバカみたいに強い。
それを追いかける鳴子も強く見えるけどな。

箱根組がなかなか味わい深い。
京都は大体御堂筋くんで出来ているからなぁ。
小野田くんのチートが発揮されないから、
やはり少し物足りない。  面白いけど。




ダリフラ 

ヒロはかつて番号でしか呼ばれない子供達に名前を付けていく天才だった。
しかし現在のヒロは落ちこぼれであり・・・
適正テストで色々あったヒロとイチゴは気まずくなっていた。
諦められないヒロはもう一度ゼロツーとフランクスに乗りたいと思うが頼み込めない。
そんな中、子供部隊に初任務が下り、小さな叫竜と戦う事になる。

小さな叫竜は一体だと弱かったが、多くの軍勢であった。
ゼロツーの乗るフランクスが助けに出る事になったが、
ヒロより優秀な子供がゼロツーと乗りたいと言い出した。
ヒロはビビッてゼロツーと他の子供がフランクスに乗ってしまったが・・・
ゼロツーと乗ると、パートナーはズタボロになってしまった。


みたいな。
とりあえず、ヒロがビビって他の人に譲る話。
土壇場でヘタレたなぁ・・・
まぁ、ゼロツーと実際に一緒に乗るとこんな感じで酷い目に遭うよって話だろう。

ヒロなら本当に大丈夫なのだろうか。

次回を楽しみにしたい。
エヴァみたいだな・・・ とか言われてたけど・・・
戦う事が義務づけられている子供なだけあって、
シンジくんよりは前向きに戦う事を決意するの早くて環境の違いを感じた。
エヴァは平和な日常にいる少年を戦いに駆り立てるから過酷なのでは。



オバロ2  

リザードマン同盟VSコキュートス軍は、リザードマン同盟の勝利となった。
アインズはナザリックの部下達を呼び集める。
敗北という結果になったが、アインズの目的はコキュートスが戦術を学ぶ事にあった。
罰としてコキュートスにはリザードマン達の殲滅を命じるが、
コキュートスはリザードマンを支配する事にして欲しいと殲滅に反対。
デミウルゴスの助言もあって、リザードマン達は占領という形になった。
圧倒的な力を持ってリザードマン同盟の前に姿を現すアインズの軍勢。
リザードマン達は勝ち目の薄い戦いに挑む事となる・・・


って感じだろうか。
リザードマン達がメインで描かれてるから、
この展開はなかなかにキツいんだよね。

ここまではコミックス版で読んだから、次からが未知の世界なんだよな。

ザリュースとクルシュの交尾、
尺使われるのか、放送出来るのか心配だ。 
ナザリックメンバー強すぎるんだよなぁ。
そして、魔法の解説が欲しい。 



ポプテピピック  

今回は、謎のスノーダイビングがあったり、
よく分からないディスコで流れてそうなノリノリの曲を踊ったり、
開幕ボブミミだったり。

開幕ボブは笑う。
ボブミミは二人で作ってるらしいからすごい。
けど、絵が気持ち悪過ぎる・・・ すげぇ・・・


Let's Pop Togeter、無駄にいい曲でムカつくwww
元ネタは、Let's Groove っていう30年以上前の曲らしい。
アース・ウインド・アンド・ファイアーの曲か。
聞いた事あったわ! 改めてPVを見たらめっちゃ忠実にパロってた。
赤羽根Pと武内Pのデュエット最高っすわ。




エヴァーガーデン

アイリスが故郷の村で指名を受けた。
アイリスが怪我をしてしまい、ヴァイオレットが補助役として一緒に村に向かう。
アイリスと両親には決定的な溝があり、
誕生日会の招待状や家庭環境で揉めに揉めてしまう。
アイリスは幼馴染に告白して振られてしまい、故郷を出てしまった事が明らかに。
ヴァイオレットとアイリスが腹を割って話した結果、
手紙では素直な気持ちを言葉に出来るという事で、
アイリスの両親に今の思いを代筆する事となったヴァイオレット。
アイリスの由来を聞いて、自らの名前の由来も明らかに。


みたいな感じかな。
うーん・・・ 
地味だけどグッときてしまった。
前半めっちゃツラかったけど、後半やべーな。


発達障害者としては、ヴァイオレットの気持ちは分からんでもない。
普通の人でも、人の心は分からない時があるし。
察するのが難しいんだよな。 人間の心は複雑怪奇だ・・・
エスパーとかサトリみたいに人の心が読めても困るんだよな。

理解出来ない少女が、
ドールになりたいと思った理由を語った途端、
少し分かった感じになる・・・
なんかそういう微妙な表現が上手いと思う。

悲しいビターエンドを想像してしまうけど・・・
少佐? がまだ生きてる可能性はゼロではないのかな。
なんかもう死んでる気しかしないんだけどね。
ラストにサブタイを持ってくるセンスは高い。 ゾクッとする。





では。 アディオー!

寝すぎた事と出かけた事と今週のアニメ感想

寝すぎた。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
なんか疲れてたんだろうね。 
結構ガッツリ寝ちゃって。 

気付いたら、11時でした。
即起きましたね。


この前注文した、「映画実写銀魂(DVD)」と「実写銀魂 ミツバ篇(DVD)」が届きました。
もう劇場版で見たのは半年くらい前なんだよなー。
しばらく時間が無いので、しばらく見ない気がします。

でも、いつでも見られる状況にあるのは安心します。
だから積んでしまうんだよなぁ。


月末なので、デパートへ行ってきました。
疲れましたが、なんとかミッションコンプリート。
帰ってきてから、欲しい漫画一冊買い忘れに気付くポカ。
やっちまったぜ。  買い物メモを見直すという作業を忘れてました。



さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

ダリフラ  弱ペダGL  オバロ2  ポプテピピック  
エヴァーガーデン 1~3話(新)

のラインナップでお送りします。

今期は結構見るもんあるなぁ。
銀魂とかは個別記事で書いています。



ダリフラ  

ゼロツーの乗るフランクスに乗せられたヒロ。
しかし、フランクスに乗っていた時の事を覚えていない。
もう一度フランクスに乗って落ちこぼれではない事を証明したいと一人鍛錬するヒロ。
しかし、ゾロメに難癖を付けられ喧嘩。
その後、ヒロの適正テストが行われる事となる。
イチゴとフランクスに乗るヒロだったが、ヒロは上手く動かせなかった。


って感じかな。
女の子を操縦桿にして操作する・・・
とか、もうタイトルとか、性行為のメタファーにしか思えないわ。
そして、同年代の女の子に「下手くそ。」って言われるとか、
普通に立ち直れないと思う。 


ヒロはアレなのかな。 特殊な性癖の持ち主なのかな。
エロ過ぎる痴女のゼロツーじゃないとダメになったのか。
次回もどんな下品な感じになるのか楽しみや。



弱ペダGL  

インハイ1日目続き。
箱根の黒田&アシキバ、総北の鳴子&今泉が走っている先頭に、
京都の御堂筋&小鞠が追いついた。
小鞠が変態的な行動を取っている間に御堂筋はスパートをかけて一気に先頭に。
御堂筋を唯一見失わず追いついたのが鳴子のみだった。
黒田、アシキバ、今泉は共闘して御堂筋を追う。
御堂筋と鳴子は、以前戦った時の再戦をする・・・


って感じかな。
うーん。 面白い。
御堂筋くんが相変わらず強すぎる。
新3年が良い味出してきたな・・・


ただ、小野田くんがチートを発揮して来ないから、
個人的にイマイチな部分もある。
やっぱり弱虫ペダルは、小野田くんがチート発揮する所が面白い。
小野田くん1年の時は面白すぎたからなぁ。 インハイ逆転しすぎ。



オバロ2  

ザリュースはドラゴン・タスク族の族長と戦い勝利。
5部族の同盟を締結するまでに至る。 
リザードマン陣営と、コキュートス軍の戦いがついに始まった。
リザードマンの戦力を見誤ったコキュートスは
デミウルゴスに知恵を貸して欲しいと頼むが、
切り札を出さねばならない所まで追い詰められてしまった。
コキュートスは切り札のエルダーリッチを召喚。
リザードマン達は苦戦するも、見事な連携でエルダーリッチを倒した。


って所までかな。
戦闘に入ってからは結構いい感じに進んだな。
動くとなかなか壮観である。

しばらくリザードマンのラブコメかな。
リザードマン編はどれくらい使うんだろうか。
4~6話くらいになるのかねぇ。



ポプテピピック 

今回は、喫煙アイドルとクローン計画とか。
「今日も一日がんばるぞい☆」とか「かしこま☆」とか。
そういうパロディ。

ダンロンの人類史上最大最悪の絶望的事件みたいな事が起きててわろた。
前半は女性声優なんだけど・・・
ダメだ。 もはや女性声優より、おっさん声優の方が似合う・・・
なんだあのキャラは・・・ 


フリーザ様とセルで笑ったw
中尾さんの声はまだかわいい系のボイスなんだなぁと。
若本さんはやっぱり威圧感たっぷりだった。 ぶるぁぁぁ!! 


エヴァーガーデン 1~3話(新)

1話。
戦争で戦う事しか知らなかった少女:ヴァイオレット。
戦争終結後、上司の友人に拾われ、平和になった街で暮らす事になる。
郵便会社で働く事になったヴァイオレットだったが、
機械のように色々な事をこなし、他人からビックリされる。
手紙代筆業、通称ドールを知ったヴァイオレットはドールの仕事がしたいと言う。
傷だらけの上司からかけられた「愛してる」を知りたいと思ったから・・・


2話。
郵便会社でドールの仕事をする事になったヴァイオレット。
タイプライターは上手くなったが、
代筆業の仕事では、機械的に正直過ぎて多くの苦情が来た。
辞めさせた方がいいんじゃないかという先輩の声もあったが、
メガネの先輩に庇われる。 言葉には裏表がある。


3話。
ドール養成学校へ通う事になったヴァイオレット。
色々な学生がいたが、ルクリアという少女と知り合う。
実技は素晴らしい成績を収めたヴァイオレットだったが、
人の気持ちを汲み取る事がまるで出来ず卒業出来ないまま学校が終わってしまう。
ルクリアには兄がいて、その兄は戦争に行ったが戦闘は無く生きて戻った。
しかし両親が亡くなってしまったため、自暴自棄になってしまったという。
ヴァイオレットは初めてルクリアの心を代筆出来、ルクリアの兄の心を解かした。
ルクリアから感謝され、終わった学校で教官からドールの卒業資格をもらう。


って感じかな。
感情が薄い少女が感情を獲得し、
人と人の心を繋いでいく話のようだ。
なかなか悪くないアニメだった。

なんだろう。
ティーチング・フィーリング(奴隷との生活)と、
アプローチこそ違うけど、やりたい事って似てる気がするなぁ。
良い人に拾われてから変わっていくというか。

ヴァイオレットはもう愛する人に出会えてると思うんだけど。
今までの描写からだと、もう想い人は死んでるように見えるんだよね。
ミスリードだったらズコーってなる。 
悲恋が確定してるのか、それでも実は生きてましたー展開なのか。




では。 アディオー!

ゲーム色々やって飛んだ一日と今週のアニメ感想

なんか分からんけど時が経っていた。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
なんだろう。


午前中はFGO のイベントのラストスパートかけてて、
脱出ゲームをやったり、
とりあえずゲームしてたな・・・  

「仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」を見てました。
エグゼイド最終回とビルド本編と平成ジェネファイナルを見てると、
若干感想変わった気がするなぁ。



永夢の綺麗事にはもううんざりだ!
って感じは消えないんだけどね。
ドクターは患者を救えても、アフターケアは出来ないよね・・・
VR の世界で幸せならそれはそれでいいのでは・・・ と思うんだけど。
現実世界で苦しんでるんだもんなぁ。 意識はゲームの世界へ飛んでるけど。


檀黎斗神が割りと落ち着いた演技だったので笑いました。
平成ジェネファイナルはぶっ飛んでたからなぁ。 
なんであんなにテンション高くなってたんだろう。 
トゥルー・エンディングでそれなりに落ち着いていた方がおかしいんだけど。


黎斗神の才能が無いと、どうしようもない場面が多すぎる。
それだけ黎斗神の才能が便利というかチートというか。
黎斗神の才能と永夢が両方備わってハイパームテキが出来たからな。

円盤を買うほどでもないから、グーグルプレイのレンタルで。
一度見たら3日で期限切れだからなかなか厳しい。

「君の名は。」見たいけど、大体2時間だから時間取れないなぁ・・・
本当に3連休で見ておけば良かった。  あの時何してたんだ。


平成ジェネファイナルは本当に面白いので、
円盤を買う事は決定している・・・ 大体半年後になるんだけどね。

トゥルー・エンディングが去年8月公開で、円盤発売が今年1月だし、
大体半年だよねぇ・・・ 6月くらいには出るのかな。

ゴーストのタケル殿と、エグゼイドの永夢はかなり嫌いなタイプの主人公だったけど、
平成ジェネファイナルだと、なんかもう割りと許せるようになってたよ。
綺麗事を言い過ぎるとイラッとするのかもしれない。
綺麗事を体現出来てこそのヒーローだと思うんだけどね。 

何でだろうね。 


さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

弱ペダGL  ダーリン・フランキス(新)  オバロ2  ポプテピピック1、2話(新)
のラインナップでお送りします。

ざっくり切りました。
なんか微妙に僕の好みに合わない気がするのが・・・
難しいね。



弱ペダGL  

インハイ1日目続き。
1日目もあとはゴール争いを残す事となり、
箱根からは黒田とアシキバ、総北からは鳴子と今泉が出ていた。
鳴子と今泉は自分がエースだと言い張りながら走っていく。
給水所では、杉元と古賀先輩がなんとか間に合って仲間に給水する。
そしてゴールが近づいてから、京都伏見の御堂筋とコマリもゴール争いに参戦・・・


って感じかな。
鳴子がよく分からないけど速くなったって話。

鳴子と今泉は競い合って強くなる仲なんだよな・・・
箱根学園は役割がきっちり決まってて良いというか。
総北はよく分からんチームである。 

小野田くんがチート発揮しないから、1年生編ほどは面白くはないかな。
弱ペダの熱い所はやっぱり小野田くんのチートで出来てたよ。
御堂筋くんがついに本気出してきた。 コマリの方は変態過ぎる・・・



ダーリン・フランキス(新)  

正式名称は、ダーリン・イン・ザ・フランキス。
略称はダリフラ。 もうダリフラでいいか。

荒廃した世界で、巨大な怪物を討伐するために
男女一組で動かすロボ:フランクスがあった。
操縦者候補生がそこそこ出る中、主人公ヒロは落第して森に引きこもっていた。
そんな中、角の生えた美少女:ゼロツーに出会う。 
施設を出て行く日。 落第したコンビの女子と共にどこかへ行こうとするが、
そこに怪物が出現。 一機のフランクスが対抗。
ヒロはたまたま現場に居合わせるが、ゼロツーのパートナーは傷ついて倒れた。
ヒロはゼロツーを放っておけなくて、彼女のダーリンになる。
フランクスは覚醒して怪物を倒したが、ヒロは昏倒していて・・・


って感じかな。
世界観が難しくて、上手くまとめられなかった。
でも、なかなか面白そうに思える。
ロボものとは相性悪かったりするんだけどね。

エヴァが好きな人からはエヴァっぽいって言われてたね。
二人で動かすロボ・・・  パシフィック・リムで見た!
男女で動かす・・・ なんかやらしい意味ですか? 
鬼みたいな美少女がえっち過ぎる・・・ 




オバロ2  

複数の顔を持つ悪霊に滅びを予告されたリザードマンの集落。
グリーン・クロウ族の族長の弟であり旅人であるザリュースは
現在5部族ある全ての部族と同盟を結び、相手に勝とうとする。
ザリュースはレッド・アイ族の族長代理のクルシュと面会し、
一目惚れをしつつ、同盟を持ちかける。
その後、ドラゴン・タスク族の集落へ行くと族長に喧嘩を売られ・・・


って感じかな。
リザードマン編は、リザードマンの方が主役なんだよな。
リザードマンのラブコメを見せられる。 
アインズの出番はほとんど無いです。 

オバロとは一体何なのか・・・
ナザリック陣営が強すぎて、異世界の人々が弱く見えるんだよな。
廃人の集まりが作ったギルドだからなぁ・・・
オバロ1期の最強の敵は、操られたシャルティアだったし。 



ポプテピピック1、2話(新)

これはシナリオはあって無いものなので、
まとめは無しです。 まとめられない。

15分アニメ×2 というなかなか変なアニメ。
セルフ再放送とはビビった。 

声優さんが豪華過ぎる・・・ 
大御所過ぎて、名前くらいしか知らない・・・

1話は結構なクソだったんだけど、
2話はカッコいいOPを出してきたり、
挿入歌が良い曲だったので、ドロップドロップしました。
2話は不覚にも面白かった。 


地味に音楽がいいんだよね・・・
パロディが多いから、最大限楽しむためには教養が必要。
そういう意味で、難しいアニメだと思うけど。

星色ガールドロップだかって嘘予告的なやつは、
銀魂の金魂篇の「まんたま」かな? って思ったけど。
作品ごと違ったからね。 OP映像と曲の本気度とかもすごかった。
ポプテピピック本編の次回予告は難しいから、
ガールドロップの嘘予告を毎回やる事になるのかな。 





では。 アディオー!


緊張感の無い逃避行とメカバレと今週のアニメ感想

クソ冷える。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
寒さで目覚めました。  


なんか、母方の祖母が夢に出てきたような。
現実ではもう寝たきりで、巨大ベッドで寝てて、
母とか叔母が介護してるんですけどね。
夢の中の祖母はまだ寝たきりではなかったような気がする。


現実を直視しない僕の夢らしい感じのアレですね。
現実は厳しいなぁ・・・  
まぁ、仕事とかもしてるので、なかなか会いに行けないんですけど。


さっきまで、映画「テルマエ・ロマエ(1作)」を見ていました。
実写映画は1本だけだと思っていたが・・・  2本目もあったらしい。


原作の展開を忘れたけど、
普通にタイムスリップものとして面白かったなぁ。  
前半はある程度原作通りで、初期には登場してなかったヒロインがいたくらいか。

ヒロインがラテン語分からないのは、流石に原作舐めてんのか。
と、怒りそうになったんですが・・・
猛勉強して喋れるようになってたから、まぁいいかって感じ。


実写映画は、原作が終わる前に作ってたりするから、
結構独自のシナリオに魔改造されるよね。
ま、これはこれで面白かったかな。  
まとまりは良かったと思う。  



さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

弱ペダGL(新)  オバロ2(新)  怪獣娘2(新)  刀使  ビートレス(新)
のラインナップでお送りします。

銀魂、オーズ、ニチアサ感想は個別で書いております。
継続作品がなくなり、新規アニメだけになりました。
フェイトエクストラはよ始まらんかな。
しばらく迷走します。



弱ペダGL(新)  

インハイ1日目の続きからリスタート。
山岳でトップを取った箱根学園は、1日目のレースのゴールを取りにスタート。
アシキバと黒田がスタート。 総北からは鳴子と今泉が出た。
黒田の足はしなやかだった。

みたいな。
1年前は3年生がいたからなぁ。
3年が良いキャラだったから・・・
ちょっとインパクトは薄いかな。

でも、今回のインハイも面白くなりそうだ。
サポートの杉元も気合入ってるし。
次のインハイがあったら杉元も走りそうだけどそこまで長く続くのか。




オバロ2(新)  

プレイしたネトゲと同じ魔法が使える異世界にいたアインズ。
ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」を世界に轟かせ、
自らの本拠地であるナザリックでは王として頑張り、
異世界では冒険者モモンとして活躍していた。

部下であるコキュートスにリザードマンの集落を攻め落とさせるという、
ミッションを出して送り出すアインズ。
リザードマンの里では、亡霊が死刑宣告を出していた・・・


みたいな感じかな。
前半で全く知らないキャラが多く出たな・・・
まぁ、これから出てくるキャラなんだろうけど。
アインズが来る前に、ユグドラシルプレイヤーが来ていた可能性はあるなぁこれ。


今回はよく分からなかったけど、
リザードマン編に突入。
アインズという巨大勢力を前に団結していくリザードマンをお楽しみに。



怪獣娘2(新)  

怪獣娘という、怪獣の魂を宿した少女達がいた。
彼女らはガールズという組織で色々やっていて・・・
アギラは、アイドルであるキングジョーの護衛に回る事に。
キングジョーの元に怪しい男が現れ・・・
そこに、ガッツ星人の少女が応援として登場した。


みたいな感じかな。
久々の怪獣娘だ。 
なんだかんだ悪くないんだよね。 短いアニメだし。
1期のようなグッとくる曲ではなかったけど。



刀使

刀使の現当主に刃を向けた罪で、追われる事となったヒヨリとカナミ。
二人は色々な手を使って逃げ続ける。 
時には人通りの多い所を使い、観光したり。
そして荒魂が現れ退治していると、カナミの友人に見つかる。
ヒヨリが当主に刃を向けた理由。 それは当主が人型の荒魂であるという事。
だからまだ捕まるわけにはいかず、逃げる事になったのだ。


みたいな感じだろうか。
1話だと意味不明だったけど、少し分かってきた。
組織のボスが敵かもしれない展開かぁ。
組織に離反して、親衛隊を倒していく話になるのかね。

組織に反逆する話だと、クレイモアが浮かぶんだけど・・・
悪くはないんだけど、ストーリーライン的にあんまり好みじゃないかな。
2クールと長いみたいだし、半年付き合えるか不安だ。


緊張感がなさ過ぎて、前半は見るのツラかった。 
何がしたいのか分からない話は、なかなか厳しいね。 
後半ようやく少し謎を明かしてきて、少し許せた。
でも、切る可能性は高いと思う。  



ビートレス(新)

人型ロボット:HIE が生活の大部分を担うようになった近未来が舞台。
5体の女性型HIE が研究所から脱走した。
人型ロボットにも感情移入をしてしまう少年アラトは、
マシンの暴走事件に巻き込まれ、死にかけてしまう。
そこに現れた美女HIE:レイシア。 レイシアとオーナー契約を結ぶと、窮地を脱出。
自宅に招き、厄介事を抱えてしまうアラトであった。


みたいな感じかな。
人型ロボットの腕や首がもげたりして、
断面図メカバレがして・・・  そういうの苦手なのでグロいなと感じました。


SF小説が元になったアニメらしい。
まぁ、悪くはないんだけど・・・
クロプラみたいに、安易でマニアックなエロに走らなかったし。
絵柄が幼すぎるとキツいんだよな。  ビートレスのキャラデザはいいと思う。

ただ、ロボットの反乱がメインかぁ・・・
戦いは避けられないな。 レイシアがクソ可愛いけど。
脱走者の5体の一人なんだけど、スノードロップと仲悪いの?
よく分からない事が多いな・・・  
これもなんか話が合わない気がする。  







では。 アディオー!

スキャナー復活と雪と今週のアニメ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。


今日はそうだな。
休みでした。 今日から三連休か。 

うーん。 
とりあえず嬉しかった事を書いていこう。
2012年に買ったらしい(過去の写真を見て)スキャナーが動かなくて困っていたんですが。


スキャナーを動かすための、Win10 対応のドライバが無かったんです。
無い・・・ と思っていたんですが、スキャナーの機種の名前を間違えていた事が判明。
買った時の箱を何気なく眺めていたら、機種の記憶違いが分かって、
買ったスキャナーのドライバを探したら、Win10 に対応したものがありました。


ドライバをインストールしたら、動かなかったスキャナーが動きました。
まぁ、なんかスキャン出来なかったりして、焦ったんですが。
どうも自分が使ってるUSB穴を増設したやつと相性が悪くて。
PC に直に挿し込んだら、普通にスキャン出来ました。  


5年近くは前のスキャナーなので流石に古すぎてダメか・・・?
と思いましたが、まだ使えるようで良かったです。
スキャナー買い直す必要が無くて本当に助かりました。
今月の出費が抑えられたかな・・・ と思ったら、ソシャゲにいくんだよな。
セールしているエロゲも買いたいし。 


買い出しにも出かけましたが・・・
出かけようと思った時には雪がもりもり降ってきました。
もっと早く出かければ良かったね。
明日は外に出たくないので、2日ちょい分の食料を買いました。



さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

えー、12月第4週は見るもんが1本しかないのと年末だったので、
1月迎えてからやる事にしました。
2週間分まとめてって事ですね。 

アポクリファ(終)  FGOロストルーム  孤独のグルメ大晦日SP  
衛宮さんちの今日のごはん  刀使ノ巫女(新)

のラインナップでお送りします。



アポクリファ(終)  

先週。
天草四郎は人類を救済しようとしていた。
人に対する憎しみを捨て、人を聖杯の力で不老不死にしようとしていた。

ジャンヌはシェイクスピアの宝具の精神攻撃により屈しかけていた。
ジークが到着。 ジークは人の可能性を信じていた。
ジャンヌと天草は相容れない聖人で・・・
交渉は決裂。 天草はジャンヌを、ジルを、ジークを殺そうとした。
ジルがジャンヌの旗を使い天草の攻撃を防御。 そしてジャンヌは宝具を発動。
ジャンヌは炎の剣を使い、天草は右手をブラックホールにする。
ジャンヌは消滅。 依代のレティシアが残り・・・

そして最後の決戦。 ジークVS天草。
天草の戦闘力と互角で戦うジーク。 
ジークはフランケンシュタインの宝具を間近で浴びていたために、
第二のフランとなっていた。
天草を捕らえ、自爆宝具を発動し・・・


今週。(最終回)
戦いは終わり、空中庭園は崩壊しようとしていた。
ボロボロの天草はセミラミスに看取られて死亡。
セミラミスも消滅。 空中庭園は崩壊。
シェイクスピアも消えていった。

最後の勝者となったジーク。
人類救済計画は成立してしまい、取り消す事は不可能だった。
ジークは最後の選択として、竜となり聖杯を人の手の届かない所まで持っていく事に。
アストルフォ、カウレス、レティシアは崩壊する空中庭園から何とか脱出した。

その後色々あり、ジャンヌは長い時をかけて竜となったジークの元へ・・・


みたいな感じだった。
最終的に良い感じになったな。
前回の話どんな感じだっけ? と思ったら自爆宝具で終わってたやん。
なのに最終回バトル終了からだよ。
最終的な勝者はジークとアストルフォかぁ。 


ユグドレミア陣営はマスターが各々いたけど、
赤陣営のマスターは獅子劫と天草の他は名前が分からないまま退場したね。
殺されてないだけマシだけど。 その方が幸せだったのかもしれない。

ユグドレミア&ジャンヌ陣営
・剣マスター:ゴルドおじさん(生存)、鯖:ジークフリート(ジークの心臓に)
・弓マスター:フィオレ姉さん(生存)、鯖:ケイローン(退場)
・槍マスター:ダーニック(退場)、鯖:ヴラド公(退場)
・騎マスター:セレニケ(退場)、ジーク(竜)、鯖:アストルフォ(生存)
・術マスター:ゴーレム使いのショタ(退場)、鯖:アヴィケブロン(退場)
・殺マスター:ドスケベお姉さん(退場)、鯖:ジャック(退場)
・狂マスター:カウレス(生存)、鯖:フランケンシュタイン(退場、ジークの力に)
・裁依代:レティシア(生存)、鯖:ジャンヌ(退場)


赤(天草)陣営
・剣マスター:獅子劫(退場)、鯖:モードレッド(退場)
・弓マスター:(不明)、鯖:アタランテ(退場)
・槍マスター:(不明)、鯖:カルナ(退場)
・騎マスター:(不明)、鯖:アキレウス(退場)
・術マスター:(不明)、鯖:シェイクスピア(引っかき回して退場)
・殺マスター:天草四郎(退場)、鯖:セミラミス(退場)
・狂マスター;(不明)、鯖:スパルタクス(退場)


こうまとめてみると、確かにジークとアストルフォしか残ってないな。
キャラが多すぎてとっちらかったというか・・・
赤マスターのほとんどがよく分からないまま脱落してて草。
まぁ、色々やるとまとめられないよね。 

ステイナイトに対するリスペクトっぽいものは感じた。
全体的に見て、めっちゃ面白いとは思わなかったけど。
アニメの演出、なんか滑ってた感じはするなぁ。
気合入った作画も、別人過ぎてネタにされてるし。 
終わり良ければ全て良し! って感じで、まぁ、悪くないアニメでした。
せいぜい75点といった所だけど。 面白い部類だな。



FGO ロストルーム

2017年12月のカルデア。
新所長を迎える前のクリスマスムード。
藤丸を探すマシュだが、職員によると倉庫の近くで見かけたらしい。
倉庫の近くには、いわくつきのある部屋:ロストルームがあった・・・


みたいな。
まぁ、オルガマリー前所長が出てきたり、
レフ教授、ロマニ(顔出し無し)が出てきたり、
昔の話をやってるのかな・・・? って思ったけど、
オルガマリー所長がマスターとしてサーヴァントを従えてたり、
ゲームと世界線が異なる可能性も出してきた謎のアニメでした。


そして、2部のネタバレというwww
2部序章が18時に公開され、4時間後に放送されるとか、
まぁ頭おかしいスケジュールでしたね。

(2部序章)大晦日だからやってる暇なかったよ! 
0時くらいから新年にかけてやってたけどw
2部序章、面白かったわ。 



孤独のグルメ大晦日SP  

2017年末、井之頭五郎は瀬戸内出張で慌ただしく過ごしていた。
出張先の香川での仕事を昨日終え、30日は次の愛媛県での仕事に向かおうとしていた。
その途中で"手打ちうどん"の文字が目に入り、セルフサービスのうどん店に
ふと立ち寄りうどん1玉とコロッケをたいらげる。
愛媛県松山に向かうバスで、中年女性達が集まりに乗り合わせたが、
その賑やかさに少々戸惑う。

松山での仕事の打ち合わせを終えた五郎がふと立ち寄った居酒屋の店内は、
まるで魚屋さんのよう。
たくさんの魚を前に悩む五郎に、大将が助け舟を出す。
五郎はお通しの「さば生姜煮」と「とこぶしのバター焼き」
そして「かんぱちの炒り煮」「あまぎの唐揚げ・あんかけ」「あなごすまし汁」
最後は「鯛どんぶり」をたいらげ翌日の仕事に備える。

翌朝の大晦日。 五郎は今年最後の仕事のためフェリーで広島県広島市へ。
仕事を終えた五郎は、ポツンと佇む"焼肉ラーメン"と暖簾に書かれた
焼肉店みっちゃんを見つけ立ち寄ると、
女将と常連客にメニューにある肉の部位などを訪ね、
おでんの「牛すじ」と「大根」を食べてから、
「コーネ」「牛ロース」「豆もやし」を頼み、年内最後の焼き納めを堪能する。
そんな中、下の階の客席から男性客が出てくる。
締めに「ラーメン」とおでんの「たまご」を注文し、
満足して帰京する五郎に想定外のトラブルが!

急いで今年最後の仕事先の成田の得意先に向かうが、
途中、小腹が空いた五郎は早めの年越しそばを食べるために
蕎麦屋に立ち寄り、「せいろそば」を食べる事に。
果たして五郎は、無事新年を迎える事ができたのか?


って話でした。
12月30日から31日にかけての話。
最終的に、見ていた31日23時頃とリンクするという仕掛けでした。

まさかのラストは生ドラマになってて笑ったwww

セルフサービスのうどん店、
魚屋みたいな居酒屋、
焼肉ラーメンみっちゃん、
そして蕎麦屋の合計4店に行ったのかな。

仕事パートがなかなかアレだった。
自営業は大変だなー。 
前の無茶振りで朝方まで仕事するみたいな感じだった。
仕事行きたくなくなったから蕎麦屋でだらだらする所で笑ったね。

録画見直すの忘れてたので、薄い感想になってしまったが・・・
まぁ、こどグルで年越し出来たのは良い思い出だったよ。



衛宮さんちの今日のごはん  

年末の冬木市。
商店街で買い物を済ませた士郎とセイバー。
士郎のクッキングがスタートし、年越しそばが出来る。
士郎、藤ねえ、セイバー、イリヤの4人で年越しそばを食べた。
そしてその後、初詣に行く士郎とセイバーであった。


って感じかな。
うーん。 ホロウ世界にかなり近いな。
実質フェイトホロウアタラクシアのアニメ化といっても良いのではないか。
グルメアニメになっていてわろた。 ワカメも食卓に来てくれるならいいな。
ホロウだと麻婆神父死んでるから、神父も生きてたらいいな。




刀使ノ巫女(新)

怪物:荒魂。 
荒魂を倒せる存在は、刀使(とじ)と呼ばれていた。

そんな刀使を育成する5つの学校から、
名門家で御前試合をする事になり、
主人公の少女は自らの学校で優勝し、準優勝の友人と
二人の代表として御前試合に参加する事に。

御前試合が進み、主人公は順調に勝ち進んで決勝戦に入った。
決勝戦の相手は、御前試合を観戦していた名門の英雄に斬りかかる。
護衛に阻まれ斬られたが、主人公が救って会場から逃げた。


みたいな感じ。
いきなりよく分からない展開になったな・・・
邪道に入ったというか。 わけがわからないよ。
なんとなく見始めたけど、微妙かもしれない。 
本当に意味が分からない。


ワートリのトリオン体みたいなの作ってた。
まぁ、真剣勝負の斬り合いならね。
エネルギー体になっておかないと、死ぬよね。
ワートリみたいな感じだから、主要人物は死なないとは思う。







では。 アディオー!


疲れた事と遊んだ事と2018年冬アニメ特集記事

疲れた・・・  (挨拶)


はい。 こんにちは。
木曜でした。

今日はそうだな。
仕事納めでした。  
明日も会社はやってるんですが、20日働いたので休む事に。
来月は勤務日が19日しか無いので休めないっすね。  


有休も使えるようになったし、
ある程度自由度は出来たのかなーと。
会社の大掃除なんですが、あんま参加したくなくてね・・・ 

去年も参加しなかったし。 
去年の時点では、来年は参加するかもしれないので(去年は)休んでおく。
って言ってたんですが、今年も余裕があったので休みました。


まぁ、それでですね。 
仕事終わってから、会社の同僚と遊びに行きました。
なんかどっかで飯食いに行きたいね。 って話をしていたのでね。
予定メンバーから欠員が出てしまい、二人でサポーロの街を
練り歩く事になったけど。


ゲーセン巡りやらやってました。 
慣れ親しんでいた地下鉄出口が封鎖されてたのが地味にショック。
半年くらい使ってなかったもんなぁ。

ま、4人くらいで飲み会的な事をするのは来年に入ってからでいいでしょう。

クイズゲーム(マジアカ)を久々にやりましたけど難しいね。
だべってました。  口下手だから、大丈夫だったのか心配だ。
まぁ、普通に楽しかったですよ。  来年も楽しみやな。



さて、ここからは、アニメ特集。
来年の冬アニメのチェックをそろそろせねばなるまい。
年末だから忙しいなー。


2018年 冬アニメ 一覧 あにぽた


今まで参考にしてたサイトが更新休止みたいなので、
いつもと違う所を参照してます。
いつも通り、独断と偏見でピックアップしていきます。



オーバーロードII

2年くらい前の1期に続く2期。
1年どころの騒ぎじゃないな・・・
多分2年くらい前だね。 

今回のOP は先にショートMV 出たから聞いたけど、
個人的には微妙だったかな・・・
EDのミスアンドロイドに期待しておく。

まぁ、面白いから曲が好みじゃなくても見るよ。



怪獣娘 2期

ウルトラ怪獣の擬人化したキャラのアニメ2期。
1期も見たからねー。 
これも見るよ。 

ウルトラマンも怪獣もよく知らなかったからなぁ。
エレキングさんとゼットンさんが好きです。




銀魂 銀ノ魂篇

「しろがねのたましいへん」ね。
銀魂の、現在も本誌で進行中の最終長編のアニメ化。
クソ長いので、原作は結構批判されてます。
ワンパターンだしグダグダだし・・・ みたいな。

まぁ、そういうのはあるんですが。
過去キャラがかなり再登場するので、
豪華ラストオールスターとなっています。
僕は大好きだよ。 

設定が無駄に難解なんだけどね。
アニメになればコンパクトになり、迫力もあって、
いい感じになると思います。


銀魂のファンには是非見て欲しい。
ギャグ回しか求めてない人は、残念だけど銀魂見るの向いてないよ。



刀使ノ巫女

古来より人の世を脅かしてきた異形の存在・荒魂を
御刀によって祓う神薙ぎの巫女たちを主人公とした
オリジナルアニメ作品。

らしい。
これちょっと気になるなー。



BEATLESS

綿密で壮大な世界観を生み出し続けるSF作家・長谷敏司さんによるSF作品をアニメ化。
hIEと呼ばれる人型ロボットに社会活動の
ほとんどを任せた世界で、17歳の少年・遠藤アラトは人間よりもはるかに優れた
アンドロイド・レイシアと出会う。
それは、人間とロボットとの関係を問い直す、新たな戦いの始まりだった。
100年後の未来を舞台に、新たな“SF Boy meets Girl”の物語が幕を上げる!


らしい。
これも気になるなー。 SFは好きだし。
名前がややこしいんだが。 
ガルニデリアとクラリスだから曲も良さそう。



フェイトエクストラ ラストアンコール

エクストラLEと略そう。
人気タイトル「Fate」シリーズの世界観がベースのゲーム
「Fate/EXTRA」シリーズを原作としたTVアニメ。
月海原学園に通う学生である主人公は、万能の願望機「聖杯」に等しい物体を巡る
「聖杯戦争」に参加することになるも、予選最終段階で絶命しかけてしまう。
しかし、最後まで諦めなかった意思を見たサーヴァントによって救われ、
マスターとして契約。
聖杯戦争本戦へ進出した後も、強敵たちと戦いを繰り広げる。


らしい。
エクストラはゲームが神隠しされて出来なくなったからなー。
かなりめんどい戦闘システムだったからやる気起きなかったんだ。
ようやくアニメになるのか・・・ 多分見る。



弱虫ペダル GLORY LINE

弱ペダの4期。
小野田くん2年生編のインハイ1日目の途中で終わったんだっけかなー。
流石に今度は2回目のインハイのラストまでアニメでやって欲しい。
また中途半端な所で終わるのはイヤ過ぎる・・・



こんな所か。 

思ったより見たいアニメがあって困ったぞ・・・
ディエスアニメは続投(ネット配信)だしね。
全部は見られないかなぁ・・・ 

本命としては、
・オバロ2期
・怪獣娘2期
・銀魂最終章
・エクストラLE
・弱ペダGL
・ディエスアニメ(ネット配信、継続)


だろうね。




では。 アディオー!

頭痛と映画館と今週のアニメ感想

頭いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

今日はそうだな。
頭痛スタートで始まりました。  

映画館に行こうと思っていたのですが・・・
楽しみ過ぎたのか、夢でも映画館に行っててわろた。
結局の所、映画館で映画を見ると、その日一日の体調を生贄に捧げなければいけない。
簡単に言えば、映画見た日は頭痛に悩まされるという事です。 


今日も例外ではなく、10時間くらい頭痛で苦しんでます。
現在も痛くて困ります。  
出来る限りベストは尽くしたんだけどなぁ・・・
体が壊れてるから仕方ないね。  ブロック注射が報われないぜ。



さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

アポクリファ  ジード(終)  ディエスアニメ
のラインナップでお送りします。

今週も終了していきます。
今期だと、僕見てるやつは・・・
銀魂ポロリ篇、アポクリファ、しょびっち、ジードが終わりかな。

平成ジェネファイナルを2週間ぶりに見ましたけど、
2回目だけど面白かったな~。
ストレス無く見られる構成なのが本当にすごい。
レジェンドライダーが皆頼れる先輩みたいな感じになってて良かった。


ゴーストは脚本家に恵まれなかったんだろうな・・・
題材自体難しかったんだろうし。
先輩になってからは輝いているよゴースト。

ポストカードセット(6種の内ランダム)が目当てだったんですけどね。
結果は、焼肉太郎(ビルド)でした。
ゴーストとエグゼイドじゃなければいいやって感じだったから、
まぁそこそこの当たりかな。 
 犬飼くんの顔は好みだし。



アポクリファ  

空中庭園での最終決戦。
セミラミスVSモードレッド&獅子劫組。
毒を撒き散らしていたため、獅子劫を避難させるモードレッド。
全力を尽くし、セミラミスをたたっ斬るモードレッド。
そして、ジャンヌはシェイクスピアの宝具により精神攻撃される。
自分はいくら攻撃されても大丈夫なジャンヌだったが、
ジークの生首を出されるとダメであった。


って感じかな。
モードレッド組は最高だったな・・・
最近は出番少なめだったけど・・・
次回では終わら無さそうだなぁ・・・

赤陣営は天草と獅子劫しかマスターが出てこなくて、
黒陣営はマスターと鯖がどっちも出てきたけど・・・
なんだろうな。 インパクトあるキャラと薄いキャラがいたような。
獅子劫とモードレッド組がやっぱり最高でした。 

知ってる人の生首はちょっとね・・・
ジルは殺人鬼としての知名度が高すぎるのではないか。
綺麗なジルから汚いジルに変貌していくのはホラーだった。



ジード(終)  

ベリアルアトロシアスとの最終決戦。
ゼロが敗れ、ジードも満身創痍の中、突如ウルトラの父が場を食い止めにやってきた。
ウルトラの父がベリアルを食い止めた事で一時休戦。
レイトは病院に運ばれたが、一命をとりとめた。

ジードは最終決戦に挑む。 絶望的かに見えたが・・・
ウルトラマンの力を借りて、ジードプリミティブ、ソリッドバーニング、
アクロスマッシャー、マグニフィセント、ロイヤルメガマスターの5人に別々に登場。
ゼガンの時空ビームにより、ベリアル共々時空間で激闘を繰り広げ、
ついにジードはベリアルを倒す事に成功。 無事生還。
人々から悪印象を持たれていたが、ついに皆のヒーローになったのだ。


って感じかな。
ついにラストか。
2クールお疲れ様でした。

20年ぶりに見たウルトラマンだったが・・・
まぁ、なかなか面白かったかな。
上手い事ハマらなかったけど。 オーブ見ておけば良かったな。
1月からオーブの何かがやるようだし見てみるか。
ジードはちょっと変化球だったように思う。


レイトとゼロが好きでした。
なんとか生きてて良かった。 
メインキャラが死なないのは良かったですね。
フクイデ先生は消えていったけど。 

ウルトラの父、角がすごかった。
ウルトラの母はなんかエロかった。 
色々なウルトラマンが出てきたなぁ・・・
よく分からなかったけど。  
ティガの記憶ほぼ無いし、ウルトラマンほぼ初心者です。



ディエスアニメ

香純の父は科学者だった。
メルクリウスの手のひらの上で転がされる人々。
メルクリウスから生まれた子供、蓮を引き取った香純の父。
そして香純の母はリザの息子のヨハンの血筋。
香純と蓮は同じ家で育ち、いつしか司狼とも知り合う。
蓮に向かって怪しげな実験をしようとしていた香純の父を殺す司狼。
蓮と司狼は香純の父を殺した事を秘密にしていて・・・
司狼は神の玩具であり、自滅因子という存在であった。

ルサルカに食われた司狼だったが、
教会で、ルサルカの腹を破って聖遺物を奪って復活。
ヴィルヘルムと戦う事になる。
ヴィルヘルムの創造により劣勢となるが、
ラインハルトの近衛の一人であるシュライバーがやってきてヴィルヘルムを倒してしまう。
ここで6つ目のスワスチカが完成。 

シュライバーは司狼を殺す事を宣言。
司狼をまず逃がす。



大体こんな話だったかな。
あー。 こんな感じだっけ。
過去の話に関しては、原作だとほとんど触れられてないから、
アニメの方が分かりやすいな。

原作となんか細かい所が違う気がするけど。
ヴィルヘルムの創造はやっぱりカッコいいなぁ。
姉ちゃんロリロリしているなぁ。 


シュライバーも巨人出してきてわろたwww
なんとなく、魂の含有量を視覚的に表現したものなのでは?
って思ってたんだけど・・・
ラインハルト、ザミエル、マキナ、シュライバーは格が違うからね。
この4人は巨人を持っているんだなぁ。 

メルクリウスは神だから、元々段違いだし。 




では。 アディオー!

明日を迎えるための最後の日常、今週のアニメ感想

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
土曜でした。

休みだー! ウェーイ!!
今週は結構忙しかったので、一息つけますね。
今年のワーキング生活もあと2週間か・・・ 

頭痛で目が覚めました。
ロキソニン飲んで寝直し。 
ぐっすり眠ってたら、起きたの10時でした。
まぁ、そこそこ眠れたかな。  明日は早起きせんとだし。


母も普通に帰ってきました。 良かったです。 
面倒臭い生き方をしているので・・・ 
栄養足りない生活してるはずなので、
今まで栄養失調で倒れなかったのが不思議なんですよね・・・
口内炎はクソ出来るけど。  



まぁ、それなりに良い一日を過ごしましたね。
動画見てたら結構過ぎてた。 
ゲームやってたら、結構過ぎてた。 

で、今日更新予定のアニメ感想のテキストをまとめ忘れてました。
前日からテキストは用意しておくんですがね。
気付いたのが22時半で、あと1時間くらいあって良かったです。

1時間あれば一応ある程度まとめられるので。  
今期はあまりアニメ見る気になりませんでしたからね。 忘れてたZE!


さて、ここからは、あにかん! のコーナー。
ネタバレ注意っす。

アポクリファ  しょびっち(終)  ジード  ディエスアニメ
のラインナップでお送りします。

12月なので、流石に終わるのが出てきたな。
アポクリファも今月で終わるんだよなー。
大体見てるのが終わって、来年1月から新しいのが始まるな。
銀魂も1月から最終章やるらしいし。



アポクリファ 

空中庭園での最終決戦続き。
アタランテは魔獣の姿となり、ジャンヌへ復讐する。
ジークフリートとカルナは全力で戦うが、途中で変身が解けてしまう。
カルナの全力宝具に、ジークは令呪を更に使い、アキレウスから
譲り受けた盾をアストルフォが持ってきた。
カルナは全ての力を使い果たし、消えていく。
そして、魔獣アタランテを全力で止めたアキレウス。 共に散っていった。
ジャンヌはセミラミスの元へたどり着くが、奥へ行く事を許可される。
最後に待ち受けるは、赤のキャスター。  


って感じだな。
ついに最終決戦、赤陣営もかなり消えていった。
今回で、カルナ、アタランテ、アキレウスが消滅か。

残るはジーク、アストルフォ、ジャンヌ、モードレッド、
天草、セミラミス、シェイクスピアかな?

一応英霊クラスは。 ジークくん、令呪使い果たしたよねこれ?

作画が気合入って、若干劇画ちっくになっていたせいで、
作画が崩壊したwww とか言われてたのが不幸ですね。
まぁ、画風をいきなり変えてきた気がするので・・・ 
放送を休んでないし、アニメーターさんは頑張ったと思うんだけどなぁ。
あんま緻密で崩れない作画を求めるのは酷いと思うよ。




しょびっち(終) 

好きになった女の子は、なんか変わった女の子でした・・・
試験勉強をするハルカと香坂さんだったが、
変な方向にいきそうだったので一人で勉強しようとする。
その後、妹のカナタに勉強を教える事になり・・・
カナタの友人がバイトしてると、変な客が多くて参ってしまう話、
そしてハルカと香坂さんが良い雰囲気になる話。
思い描いた恋愛と違ったけど、それでも彼女の事が好きだった。


って話だった。
最後までおバカなアニメだった。
いやー、良いバカアニメでした。
下品過ぎる所はあったけど、なかなかおもしろかったよ。 

本当に変態ばっかりだった・・・
ハルカは男女共にモテていた。  
星川くんがくそみそテクニックしてきて笑うわ。 
ハルカは総受けというやつなんじゃないかなとは思わなくもない。

女の子は大体可愛かったんだけどね。
なんかえっちで良かったと思います。
モブはエキサイトしてたのに、当人達はエキサイトしてないんだよな。
キスにたどり着いてたか覚えてない。  



ジード 

ベリアルアトロシアスが復活し、地球が滅びの危機を迎えていた。
フクイデ先生の持つ力を利用し、宇宙のエネルギーを吸い取っているとか。
リク達は、対ベリアルの作戦を練り、ゼロが囮となって宇宙船で弱体化させる事に。
そして時空を操るゼガンを使い、違う空間へと追放する作戦を立てた。
明日を迎えるための最後の一日を過ごすリク達。
レイトは家族サービスをし、家族の明日のために戦いに出る。
フクイデ先生は卑劣にもレイトの家族を人質に取るが、ライハが到着。
ライハとフクイデ先生は激しい攻防を繰り広げ・・・
ベリアルとゼロも戦う。 弱体化はさせられなかった。


って感じかな。
ベリアルとの最終決戦。
フクイデ先生、卑劣にも生き残っていた。
多分次回が最終回だな・・・ 30日土曜は何かしらあるだろうし・・・

レイトの家族サービスがすごく良かった。
ルミナさん、色々察していたんだな・・・
良い家族だった・・・ 思わず涙してしまったので、
レイトが死んでしまったらショック過ぎる。   


まぁ、作品の総括は、最終回見終わった後でいいか。
来週が楽しみです。  とりあえずレイトとゼロが好きです。



ディエスアニメ

櫻井の家系は鍛冶屋で、表舞台で見せる聖槍を作る事となった。
しかし、櫻井の初代トバルカインは自身の作った槍に呪われてしまい、
以後、櫻井の家系は代々トバルカインという屍の兵士となってしまう。
螢の兄が妹だけは何とか守ろうとしたが、親しい者だった兄とベアトリスは死んでしまう。
失ってしまった大切な者を取り戻すため、螢は黒円卓の騎士になったが・・・

5つ目のスワスチカとなる病院では、
ラインハルトの近衛である三人の一人、ザミエルにより蓮がボコられて気絶していた。
マリィは蓮を守ろうとザミエルの前に立ちはだかるが、ザミエルにボコられてしまう。
蓮とマリィの繋がりは深くなり、一緒に戦うという気持ちが芽生える。
ザミエルの炎は気合で斬ったが、まだまだ歯が立たない。

リザはトバルカインを使い、蓮と螢を逃し、自らはザミエルにより消し炭になる。
ここに5つ目のスワスチカは完成した・・・
蓮はなんとかザミエルから逃げようとし、時が止まればいいという渇望が力を成す。
ヴァレリアはなんとか病院から逃げ出し、蓮と共闘しようと話を持ちかけ・・・


って所だな。
話をまとめてみると、情報量が多いわ。
30分でまとめる内容としては盛りだくさんなんだよな。
そうそう、大体こんな話だった。 
あと残るスワスチカは3つ。 なんとかなるかな?

マキナも巨人出してきて笑ったwww
ラインハルトの金の巨人、ザミエルの炎の巨人、マキナの巨人で3人か。
見栄えがすごいけど、なんだこれは・・・

今回は螢と櫻井の家の過去、
リザとヴァレリアの舌戦、
ザミエル大暴れ、リザの最期、
蓮の創造のとっかかりと、色々な要素が盛りだくさんだったな。

これで、現世組からは、
・ヴァレリア神父(生存)
・螢(生存)
・ヴィルヘルム(生存)
・ルサルカ(生存)
・ベアトリス(退場)
・トバルカイン(退場だっけ?)
・リザ(退場)
・シュピーネさん(退場)

別世界組からは、
・ラインハルト(ラスボス)
・ザミエル(生存)
・マキナ(生存)
・シュライバー(生存)
・イザーク(部品)
・メルクリウス(神)


って所かな。 
蓮とゾーネンキントを除くと、過去組と神も合わせて14人いるはず。
もっと死にます。  



では。 アディオー!