Introduction ~ブログ説明~

◎ Introduction ~はじめに~ 

この記事は、ブログトップに固定表示する記事です。
まぁ、色々ありまして。  まずは理由から。

「イントロダクションページ」 (この記事)
「本日更新分の記事」 (毎日更新予定の記事)
という2つの記事をトップに表示する構成で行く事にしました。
 (ことあるごとに、少しずつ仕様変更しています)


◎ 概要 ~セツメーション~

私の、アニメや漫画雑誌(WJ)、特撮などの感想を書いたり、
日記帳的な感じのもので構成されています。 一応毎日更新です。
いつまで続けるか完全に未定の、日記帳です。 
いつか更新出来なくなる日が来るでしょう。



タイムスケジュールとしては、このような予定です。
(実際には、次の日投稿なので曜日が一つズレます)

月曜 : ジャンプ感想 (無ければ、何か適当に)
火曜 : 通院日なので病院ネタなど (銀魂放送中は、銀魂感想を)
水曜 : お題的な何かのネタを ()
木曜 : 雑談系を適当に (作品感想を書く場合も)
金曜 : お題的な何かのネタを ()
土曜 : 今週のアニメ感想 (ここは固定)
日曜 : 仮面ライダー&プリキュア感想 (主に仮面ライダー感想)

ブログとミクソーの二つの媒体で記事を書いていましたが、
2016年5月から時間の都合とコスパの関係で、一本化する事になりました。 
ブログとツイッターを毎日更新する形となります。



まぁ、こんな所で。  概要長くなってもアレだからね。
下の記事が、本日更新分の記事になります。 ご覧頂けると幸いです。 

もし興が乗ったら、コメント頂けるとありがたいです。 
確認ページありますが、面倒な認証はありませんので。
コメントの誤字脱字を確認する時間としてワンクッション置いてます。
意味不明なコメントを書く方は、コメント禁止にします。 ご了承下さい。



~ここまで~
スポンサーサイト

選挙投票とメモリと今週のニチアサ感想

天気は明日から崩れるんだろうなぁ。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
日曜でした。

まぁ・・・ うん。 
選挙でしたわー。  
ワード検索してみると、1年前に行ってるのかな。
記憶も無いしな・・・  投票しないのもアレなのでね。 

ウチは普通に投票に行きます。  

世間は台風で大荒れですが・・・
北海道にまではまだ到達していません。 
明日はほぼ雨確定なのでげんなりしてますけどね。
仕事行きたくねぇ・・・  しかも結構な労働確定してるんだった。



ニチアサ感想に入ろう。
まずは、キラプリ。

キラパティで活動していたシエルの元に、
パリから世話になっているオーナーがやってくる。
何故パリに戻ってこないのか。 小さい町にとどまっているのか。
大会もあり、才能を腐らせたくないのでオーナーは強引だった。
悩むシエルだったが、いちご坂でやっていく方針を固めた。
エリシオに狙われたが撃退した。


って感じかな。
諸事情により動けないんだよね。  
プリキュアとしての戦いが終わるまで・・・
って事と、そういえばシエルって妖精だったわ。 忘れてた。

映画キャラも出てきたし、映画に繋がる話なんだろうなぁ。
映画コラボ回なんだろう・・・  
オーナーが強引だった。 まぁ、才能ある若者のために強引になるのも分かる。


ビルド。
北都に潜入し、葛城の母に接触した戦兎と龍我。
息子の死にまつわる戦兎達の事情に納得した母は、
葛城の父がパンドラボックスの責任者であった事を語り始める。
スカイウォールの惨劇が起こったために葛城父はバッシングを受け自殺。
葛城はそんな父の無念を晴らすために科学者となりパンドラボックスの責任者へ。

研究に没頭し、人体実験を行おうとしたがために研究所を解雇された葛城。
そんな彼がファウストを創設したとしても不思議ではない・・・ 母はショックを受ける。
葛城からUSBメモリを受け取っており、東都のある場所に隠してあるという。
葛城母は自ら取りに行き、(戦兎に)渡すかどうかはそれから決めるという。

戦兎と龍我を車のトランクに隠し、東都へ向かう母。 
検問は通過したが、東都にたどり着いた途端ナイトローグにさらわれてしまう。
ファウストのアジトにつれてこられた母は、氷室補佐官から葛城の遺書と交換で
研究データを渡せと迫ってくる。 
息子の手紙という言葉に屈した母は貸金庫の鍵を渡すが遺書は嘘。
そして葛城母はネビュラガスを投与されスマッシュにされてしまう。

スマッシュの発見報告を聞いて戦兎と龍我は現場に急行。
ストロングスマッシュを前に戦兎はビルドに変身、
ファイヤーヘッジホッグになり葛城母を救う事に成功する。

氷室補佐官に渡った貸金庫は、葛城が用意したダミー。
本当の隠し場所を教えてもらった戦兎と龍我はUSBメモリを見つける。
そこをスタークに狙われ、メモリを奪われてしまう。
ナイトローグも参戦し、メモリの熾烈な奪い合いがスタート。

龍我の攻撃を余裕で受けていたスタークは、
ハザードレベルが上がっていく龍我に歓喜する。
龍我の成長を見込んでスタークはメモリを投げ渡してくる。
ローグとスタークの本当の狙いはデータではなく、
データを応用して出来たライダーシステムそのもの。
スタークの説得に渋々頷くローグ・・・ 

葛城が研究日誌に密かに綴っていた母への感謝の言葉を伝えた戦兎。
アジトに戻ると、メモリのデータを見る戦兎。 
そこには「プロジェクト・ビルド」という文字が・・・



って感じ。
公式サイトを元にまとめました。
毎回情報量が多いよ!  まだ8話だぞ!?

1クールで駆け抜けすぎなんですよね。
出し惜しみをするライダーの1クール目は面白くないからなぁ。
ここ近年でも、1クール目が面白いライダーは珍しい。 
ビルド、先週と今週でかなり面白くなった。  すごい。



うーん・・・ 何から書いていこうか。
葛城がやっぱりガチの天才だったな・・・ 
ダミーも用意してるとは抜け目無いな。  

葛城は確かに死んでるはずなんだけど、
テレビで流れている葛城の死体、顔が映ってない所が気になるんだよね。
葛城の影武者で本人生きてるなんて事は無いよな・・・?


今の所考えられる事としては、桐生戦兎の真実は・・・
佐藤太郎! 葛城巧! ベストマッチ!(人体実験)
チャラ男な天才物理学者!  桐生戦兎ォ! イエーイ! 

って感じな気がしてならない。  
ファウストの実験が産んだとんでもない奴なんじゃね。

佐藤太郎の体に、葛城の頭脳が入ってるように見えるんだよなぁ。
葛城は母へ気持ちを伝えるのが苦手だったようだけど。
戦兎は結構素直なのは、佐藤が素直なチャラ男だからなのかなぁ。


ビルドと龍我が指名手配犯のまま1クール終わりそうだよね。
本当に冤罪を晴らせるのかよ・・・  
冤罪を立証するのって難しいからなぁ。  
東都政府がグルなんだけど、政府ってでかいからね。 


プロジェクト・ビルド。
葛城がファウストを創設したってのは、ローグの嘘な気がするんだよね。
まぁ、氷室補佐官に利用されてたのかなぁ。  
ただ、ライダーシステムの生みの親である事は確定か・・・ 
ビルドドライバーとか作ったのは葛城っぽいね。

葛城がドライバーを作ったとすれば・・・
戦兎はドライバーを改良して、武器も自作する・・・ 
葛城の知識があれば、可能なはずなんだよね。
葛城の頭脳が入ってる説、どんどん信憑性を帯びてきていると思う。


サンシャイン池崎ネタをやっぱり感じるので、
池崎ネタを調べて、今度ビルド改変ネタをやってみたいと思う。
とりあえず、貸金庫の番号は3405 だったな。 




では。 アディオー!