Introduction ~ブログ説明~

◎ Introduction ~はじめに~ 

この記事は、ブログトップに固定表示する記事です。
まぁ、色々ありまして。  まずは理由から。

「イントロダクションページ」 (この記事)
「本日更新分の記事」 (毎日更新予定の記事)
という2つの記事をトップに表示する構成で行く事にしました。
 (ことあるごとに、少しずつ仕様変更しています)


◎ 概要 ~セツメーション~

私の、アニメや漫画雑誌(WJ)、特撮などの感想を書いたり、
日記帳的な感じのもので構成されています。 一応毎日更新です。
いつまで続けるか完全に未定の、日記帳です。 
いつか更新出来なくなる日が来るでしょう。



タイムスケジュールとしては、このような予定です。
(実際には、次の日投稿なので曜日が一つズレます)

月曜 : ジャンプ感想 (無ければ、何か適当に)
火曜 : 通院日なので病院ネタなど (銀魂放送中は、銀魂感想を)
水曜 : お題的な何かのネタを ()
木曜 : 雑談系を適当に (作品感想を書く場合も)
金曜 : お題的な何かのネタを ()
土曜 : 今週のアニメ感想 (ここは固定)
日曜 : 仮面ライダー&プリキュア感想 (主に仮面ライダー感想)

ブログとミクソーの二つの媒体で記事を書いていましたが、
2016年5月から時間の都合とコスパの関係で、一本化する事になりました。 
ブログとツイッターを毎日更新する形となります。



まぁ、こんな所で。  概要長くなってもアレだからね。
下の記事が、本日更新分の記事になります。 ご覧頂けると幸いです。 

もし興が乗ったら、コメント頂けるとありがたいです。 
確認ページありますが、面倒な認証はありませんので。
コメントの誤字脱字を確認する時間としてワンクッション置いてます。
意味不明なコメントを書く方は、コメント禁止にします。 ご了承下さい。



~ここまで~
スポンサーサイト

それは違うよ! ~ダンロン初代(リロード)感想~

首いてー。  (挨拶)


はい。 こんにちは。
木曜でした。

今日はそうだな。
ようやく晴れてて良かったです。
今週天気悪かったから・・・



仕事の方は、今日は出戻りでした。
途方もない作業をやっていました。
なかなか疲れますね。  
そして、定義が曖昧なので、若干苦手かもしれない・・・


人員を割いてほしいくらい膨大な量なんですけど、
なかなか人員がいないみたいです。 
今年終わるまでに終わらないくらいの量だな。
10人くらいでやれば、そんなにかからないだろうけど。


で、今日は診察の日でした。
変則的な木曜日。  
次からは、火曜に戻します。  
先月、今月は病院のグループワークに参加出来なかったなー。
出来そうな日を潰されてしまったし。  


仕事を主体にすると、なかなか病院の方は参加出来ない。
診察メインで疲れちゃうからね・・・ 
病院の方のGW は、あまり参加しなくなっちゃったな。
会いたい人ともなかなか会えないし。  
2つのコミュニティに参加して人の名前を覚えていられる器用さは無い。



ここからは、ゲーム感想のコーナー。
先日から、「ダンガンロンパ 1・2リロード」をプレイしていまして。
PSP で出たダンロン初代と2が入ったものです。
初代だけ、5年ぶりにプレイしました。 (PSP版は2012年にプレイ
ダンロン2 は、暇が出来たらという事でまた今度。

「ダンガンロンパ 1・2リロード
 ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(PS Vita)」


公式サイトは「こちら」



はじめに

システム&音楽  世界観   キャラ&シナリオ感想  総評
の構成で感想を書いていきます。



システム&音楽  

まずシステム面。
PSP版(5年前)は、周回しづらいわ、スクールモードも無かったので・・・
正直、クソでした。
で、やっぱりリロードもチャプターはクリアしないとリプレイ出来ない仕様なので、
チャプター1は周回するなら2回はクリアする必要があります。


学級裁判パートが長くなり、ミニゲームも多くなってくる最新作「V3」に比べると、
難易度はとても低く、かなり楽にプレイ出来ました。
学級裁判も30分くらいで終わりますからね。
周回するのが現実的な所は良かったかな。 V3 は難しすぎるのでもう二度とやりたくない。


セーブデータ依存なのはもう慣れました。
男のロマンの時と、チャプター5のバッドエンド分岐の所だけセーブデータ残してます。

音楽は、もうめっちゃ良いです。
ダンロンの曲、本当に好きなんだよね。
メインテーマからして、ダンガンロンパって感じがするからな。
すごく好き・・・



世界観   

舞台は、あらゆる分野の超一流高校生を集めて育て上げるために設立された、
政府公認の特権的な学園「私立 希望ヶ峰学園」。
国の将来を担う"希望"を育て上げるべく設立された学園に、至極平凡な主人公、
苗木誠もまた入学を許可されていた。
平均的な学生の中から、抽選によってただ1名選出された「超高校級の幸運」として・・・

入学式当日、玄関ホールで気を失った苗木が目を覚ましたのは、
密室となった学園内と思われる場所だった。
「希望ヶ峰学園」という名前にはほど遠い、陰鬱な雰囲気。
薄汚れた廊下、窓には鉄板が打ち付けられ外が見えない、牢獄のような圧迫感。
・・・何かがおかしい。

入学式会場の体育館で、自らを学園長と称するモノクマは生徒達へ語り始める。
「今後一生をこの閉鎖空間である学園内で過ごす事。 外に出たければ殺人をする事。」
主人公の苗木を含め、この絶望の学園に閉じ込められたのは、
全国から集められた超高校級の学生15人。
生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々。
卑劣な学級裁判。 黒幕は誰なのか。 その真の目論見とは・・・
目に見えない敵との戦いが今、幕を開ける。


って話らしい。
公式サイトを元にまとめました。
良い感じにまとまってるね。 



キャラ&シナリオ感想  

・プロローグ
・1章(動機:人間関係)
・2章(動機:他人に知られたくない思い出)
・3章(動機:欲望)
・4章(動機:裏切り)
・5章(謎の16人目の生徒殺人事件)
・6章(全ての謎が明かされる解決編)
・エピローグ


の8章構成。
どの話も、悲しくなる・・・
チャプター5 から、めちゃくちゃ面白くなるんだよな。

キャラ別に感想書いていきます。
ネタバレしてるので注意。



・苗木くん
 主人公。 超高校級の幸運と呼ばれる不運であり希望。
 スクールモードでようやくパンツハンターになれる。
 普通の少年なのに、主人公なので事件を解決に導く事となる。
 まぁ、大体霧切さんが助けてくれたけど。

・舞園さん
 1章の被害者。 超高校級のアイドル。
 可愛いけど、本当に学園外に出るために何でもした。
 メインヒロインかと思ったらそんな事はなかったぜ!
 スクールモードでようやく奇跡的に救える。 奇跡が無いと舞園さんを生存させられない。
 なので、スクールモードめっちゃ良かった。 舞園さんのパンツゲット。


・江ノ島さん(偽)
 1章の被害者。 超高校級のギャル(?)
 彼女の存在がめちゃくちゃ重要なんだよね。
 正体は、超高校級の軍人:戦刃むくろちゃん。 可愛い。

・桑田くん
 1章の犯人。 超高校級の野球選手。
 あまりにもすごすぎるトリックを使ってくる。
 超高校級の才能を持つ者が頑張った第一号。

 とにかく悲惨で可哀想。  仲良くなると悲しくなる。

・不二咲さん
 2章の被害者。 超高校級のプログラマー。
 女の子の格好をしている美少女だけど、だが男だ。
 不二咲くんと呼べないので、不二咲さんと呼ぶ。

 強くなろうとした男。 この勇気が悲劇を生んでしまう・・・

・大和田くん
 2章の犯人。 超高校級の暴走族。
 良い奴なんだけど・・・ 切れやすいのがアレだったか。
 弱さを隠しきれなかった男。 それが悲劇を生んでしまった。

・石丸くん
 3章の被害者。 超高校級の風紀委員。
 覚醒して別人になる第一号。
 なんか仲良くなる機会無い内に退場してしまったが、
 普通に親交を深めると良かった。


・山田くん
 3章の被害者。 超高校級の同人作家。
 イロモノ枠。 でも何気に重要キャラ。
 彼が死に際に失った記憶を取り戻したのは重要なシーン。


・セレスさん
 3章の犯人。 超高校級のギャンブラー。
 手に入れられるスキルが有用な人。 
 やっぱり日本人には見えないわ。 化粧とかのせいなのかな。

 縦ロールはウィッグらしい。

・大神さくらちゃん
 4章の被害者であり犯人。 超高校級の格闘家。
 ムキムキ枠。 の、唯一の女性かな。 その後はムキムキの男性だし。
 本当にすげぇ良い人。 黒幕に脅されて内通者やってた。
 さくらちゃんも可哀想なんだよなぁ。


・葉隠くん
 生き残り枠。 超高校級の占い師。
 天然のクズ。 どうして生き残ったのか分からない。
 悪人ではないけど善人でもない、最も人間臭いキャラ。

 消去法で生き残った気がする。
 
・十神くん
 生き残り枠。 超高校級の御曹司。
 かませメガネ。 元々頭が切れるが、5章から頼りになる。
友達にはなれないが、仲間としては頼りになるんだよな。


・腐川さん
 生き残り枠。 超高校級の文学少女。
 二重人格で、「ジェノサイダー翔」という殺人鬼でもある。
 昔は仲良くなる暇なかったけど、悪くはなかった。

・朝日奈さん
 生き残り枠。 超高校級のスイマー。
 お色気枠。 存在とボディーがエロい。
 バッドエンドでは子作りする。 エロい。


・霧切さん
 生き残り枠。 超高校級の探偵。
 メインヒロイン。 そしてダンロン世界で僕が好きなキャラで唯一生き残った人。
 とにかく霧切さんが好きです。
スクールモードでは真っ先に攻略。  霧切さんのパンツゲット。
 やりきったぜ・・・


・江ノ島さん(本物)
 KUROMAKU。 超高校級のギャルであり絶望。
 後で、分析力がとんでもなくずば抜けてる事も判明。
 とにかく強いし有能。 学級裁判という名目でもないと負かせないんじゃないか。
 江ノ島さんの影響がありすぎるせいで、希望ヶ峰学園編はもう江ノ島パラダイス。
 まぁ、今見るとやっぱ良いキャラしてるなぁ。 可愛いし。




総評

といった感じ。

総合評価としては、「82点」くらいかなー。 
ストーリー、キャラは好きなんだけどね。
あまりにもキツい展開とオシオキの胸糞悪さ、
そして周回しづらいというシステム面の劣悪さ、
そこらへんで減点してこれくらい。
5年前は「88点」付けてたけど、今やると控えめかな。 





では。 アディオー!